カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. マーケティングリサーチャーに未経験で転職する方法を紹介!必要な資格は?求人をもとにエージェントが紹介
  • 職種・ポジション

マーケティングリサーチャーに未経験で転職する方法を紹介!必要な資格は?求人をもとにエージェントが紹介

マーケティングリサーチャーは企業が抱える課題を共有し市場調査を行いその結果を報告するのが仕事です。未経験者の積極採用している企業も多くあります。この記事では必要とされるスキルや年収、転職先に関する情報について解説します。

パソコン作業をする人

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

マーケティングリサーチャーとは

 

タブレット

 

マーケティングリサーチャーは、文字通り市場調査を行う職業です。

ただ、アンケートを取って集計するなどという役割とは異なります。企業が抱える課題について共有し、リサーチの目的を明確にするところからリサーチャーの仕事ははじまります。

企業の課題をどのように調査すればよいのか、どのような回答形式にすればよいのか、結果をどう分析するべきかを考えます。

そしてそれらを実行に移し、結果を企業に伝えることがマーケティングリサーチャーです。基本的にはリサーチのテーマ設定から分析結果の報告までを一貫して行います。

 

マーケティングリサーチャーの仕事内容

 

タブレットと資料

 

マーケティングリサーチャーの仕事は市場調査だけでなく商品やサービスの企画・開発市場導入後の調査まで多岐に渡ります。

ここからはマーケティングリサーチャーの仕事内容について具体的にみていきましょう。

 

市場調査

 

基本的な仕事内容は市場調査が基本です。

市場調査の方法はインターネットを利用したアンケートや街頭アンケート、電話やFAXによるアンケートがあります。

市場調査の目的を明確にすることもマーケティングリサーチャーの仕事です。アンケートによって市場動向を把握したら誰に向けて商品やサービスを開発して販売するかを考えます。

ターゲティングを行ったあとは、競合サービスや商品をの差別化についても検討します。

 

サービスや商品の企画・開発

 

パソコンと文具

 

市場調査を行ったあとは、ターゲットとする人たちの購買意欲を向上させるための企画や開発を行います。

価格設定もマーケティングリサーチャーの仕事です。さらに商品やサービスの特徴が市場にうまく伝わるように視覚的アプローチも行います。

 

導入後の調査

 

マーケティングリサーチャーは市場調査を行い商品やサービスの企画・開発を行って終了ではありません。

市場に導入した商品やサービスがどのような経過を辿っているのかを調査するのも仕事です。

特に競合商品との売れ行きの差などはしっかりと調査します。売れ行きが悪い場合は自社製品に顧客を取り込めていない原因や広告の効果などについて調査を行います。

ブランディングを行うこともマーケティングリサーチャーの仕事です。

 

マーケティングリサーチャーが所属する会社

 

携帯を見ながら作業する人

 

マーケティングリサーチャーは市場調査を行ってリサーチした結果を企業に伝えるのが仕事です。そのためリサーチを行いたい企業には属していないケースが大半です。

マーケティングリサーチャーは、マーケティングリサーチ会社コンサルティング会社各企業のマーケティング部門に属します。

具体的には次のとおりです。

 

マーケティングリサーチ会社

 

マーケティングリサーチ会社はマーケティングリサーチを事業としている企業です。

自社製品やサービスのリサーチを行いたいと考えている企業からの依頼を受ける形で調査を行います。

リサーチ会社には幅広いジャンルの調査を行う企業や、特定の業界や特定の手法でリサーチを行う企業があります。

 

コンサルティング会社

 

パソコン作業をする人

 

コンサルティング会社はコンサルテインングファームと呼ばれることもあります。

企業が抱える課題に対して改善策を提案するのがコンサルティング会社の仕事です。そのなかで必要となるリサーチを自社で行っている企業も多くあります。

つまりコンサルティング会社のなかでリサーチャーとして働くという方法もあるということです。

コンサルティング会社に所属する場合は、一般企業だけが対象とならないケースもあります。コンサルティング会社によっては官公庁とのつながりがあることもあります。

そのためマーケティングリサーチ会社とは調査の内容や対象が異なるケースもあります。

 

各企業のマーケティング部門

 

他社に依頼をせずに自社にマーケティング部門でリサーチを行っている企業もあります。

自社製品やサービスのリサーチを行うという点では、社内広報や企画職との関わりが強くなるのがこのケースの特徴です。

企業に務めるということはジョブローテーションで異動になる可能性もあるという点は注意が必要です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

マーケティングリサーチャーの年収

 

ユーロとカード

 

マーケティングリサーチャーの年収は、業種や企業規模によって変動します。

おおよその目安を提示するとすれば20代前半で年収200〜600万円20代後半で150〜800万円です。20〜40代以上の全体平均年収は520万円程度とされています。

採用される企業によってバラつきがあるため一概にはいえませんがジャンルとしてはIT企業や外資系企業は年収が高めの傾向です。たとえば外資系であれば、勤続3年以上で500〜800万円5年以上で800〜1,000万円程度とされています。

転職者に関しては、スキルや実績、企業規模によって年収が決定されることが多いでしょう。

 

マーケティングリサーチャーになるために必要なスキル

 

スキルアップの構図

 

マーケティングリサーチャーに転職したいと考えている人にとってスキルは重要です。

リサーチ能力は天性のものだけでなく努力で身につけることができるものも多くあります。未経験でもこれからスキルを身につけることも可能です。

 

顧客の心を掴むスキル

 

リサーチャーに必要なのは、まず顧客の心を掴むスキルです。

BtoB企業やBtoC企業に関係なく調査結果の奥にある潜在的なニーズを掴むことが重要です。

BtoB企業なら市場動向やトレンドと顧客心理をあわせて掴むことが重要です。BtoC企業なら消費者心理を掴むことが重要です。

 

語学力

 

メガネと本

 

リサーチする対象によっては外部の公的官などの調査結果なども資料として必要となることがあります。

海外の資料を日本語訳することを求められるケースもあるでしょう。場合によっては実際に海外市場に出向いて調査を行うこともあります。

こうなると語学力があるほうが有利になるといえるでしょう。

 

スピードと丁寧さ

 

リサーチャーは企業に対して丁寧な調査報告を行う必要があります。

調査結果を詳しく数字化して報告するため丁寧で細かな作業が求められるのが特徴です。

リサーチの結果は市場の動向やトレンドによって絶えず変動します。そのため依頼を受けてから報告を行うまでに時間をかけすぎると結果が変化してしまう可能性もあるでしょう。

リサーチャーには丁寧さと同時にスピード性も求められます。

 

忍耐力と好奇心

 

リサーチャーは企業の課題に対して仮説を設定し、そこに対して検証を行うことが仕事です。

課題に対してさまざまな角度から検証を行う必要があるため忍耐力が必要とされます。

行き詰まっても正解を導き出したい、新しいことを知りたいという知的好奇心を持っていることも重要です。

 

マーケティングリサーチャーに向いている人

 

ビジネスマン

 

マーケティングリサーチャーに転職を希望している人のなかには自分にできるだろうかと不安を抱える未経験の人もいるでしょう。

ここからはマーケティングリサーチャーに向いている人や適性について解説します。

 

流行に敏感

 

商品やサービスについて調査を行う上でトレンドに敏感であることは需要です。

世の中の流行を敏感に掴むことができる能力がある人はマーケティングリサーチャーに向いているといえるでしょう。

テレビや雑誌、インターネットなどで常に新しい情報をチェックしている人にも向いています。

 

コミュニケーション能力がある

 

マーケティングリサーチャーは市場調査を行うために多くの人と連携を取る必要がある職種でもあります。

自社製品のマーケティングを行うならさまざまな部署との連携も求められます。

また消費者の声を聞き出すために質問力や雑談力なども必要です。コミュニケーション能力が高い人のほうがマーケティングリサーチャーに向いているといえるでしょう。

 

倫理的・客観的な思考を持つ

 

調査を行う上で必要となるのは客観的な視点です。

消費者の視点から客観的に物事を捉えていくことができる人がマーケティングリサーチャーに向いているといえます。さらにそれらの結果を倫理的な思考でまとめる能力も求められます。

客観的な思考と倫理的思考の両方を持つ人が適している仕事といえるでしょう。

 

マーケティングリサーチャーの将来性

 

たくさんの付箋

 

マーケティングリサーチャーとして転職したいと考えている人にとって市場の将来性については重要なポイントです。

最近のマーケティングリサーチ業界で取り上げられている課題は次の3点です。

 

・中堅リサーチャーの不足

・調査スキルの不足

・コンサルティング力の不足

 

つまりは業界内で人材不足が問題視されているということです。そのため未経験者の採用を積極的に行う企業も多くあります。

即戦力人材確保のためにスカウトを行うケースもあります。

経験者は、キャリアチェンジも可能です。消費財メーカーなどのマーケティングリサーチ部門やコンサルティングファームへの転職も期待できます。

高いスキルのある若手リサーチャーが求められているのが現在の市場ということになります。

 

マーケティングリサーチャーに転職しよう

 

パソコンで作業する人

 

マーケティングリサーチャーに転職するための情報について解説してきました。

マーケティングリサーチャーとして働くにはいくつかの方法があります。マーケティングリサーチ会社、コンサルティング会社、企業のマーケティング事業部への転職がメインです。

自分にはどれが向いているのかをよく考えて転職先を検討することも大切なポイントです。

未経験であっても積極的に採用している企業もあります。スキルがないから無理だと諦めてしまうのではなく自分にできることからはじめてみることも大切です。

 

挑戦してみたいけれど自分だけでは判断できないという場合には転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントは多くの企業とつながりを持っています。そのため自分にあった所属先を見つけることができる可能性が高まります。

マーケティングリサーチャーに転職を希望しているなら、まずは転職エージェントに登録してみましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

パソコン作業をする人

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook