カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. ヘルスケアITの有名企業5社を紹介!ITで健康を支える取り組みは?ヘルスケア業界への転職希望者は必見
  • 技術・テクノロジー

ヘルスケアITの有名企業5社を紹介!ITで健康を支える取り組みは?ヘルスケア業界への転職希望者は必見

昨今では、人気が出てきているIT×ヘルスケア業界に転職しようと考えている人が増え始めています。現在ITは物流やファッション何度様々な事業・業界に参入しており、ヘルスケアも例外ではありません。一重にIT×ヘルスケア業界といっても医療の内容や事業によっては様々なITサービスがあり、色々な事業展開がされています。そこで今回はIT×ヘルスケア業界ではどのようなビジネスをしているのかなど転職に役立つ業界情報をお届けしていきます。

病院の処置

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

IT×ヘルスケア業界の需要が高まり続ける理由

 

薬と注射器

 

IT×ヘルスケア業界が何故ここまで人気なっているのかには理由があります。

多くの人が興味を持つ理由として、「いかに健康に長生きするか」という意識があるという点です。

健康に長生きするための、医師いらずの健康チェックツールがサービスとしてシェアされ、様々な事業が展開され始めています。

ただ、ヘルスケア業界は全体的に未だIT化が追いつき切れていません

医療や薬の発展により、人の平均寿命を伸ばすことはできました。

しかし、医療の技術や薬などは進化しても、他の部分は全く手つかずなことが多いのもヘルスケア業界の特徴です。

例えば、連絡を取るのに未だにFAXを用いるなど、最近の一般企業から見るとかなり古いことが今でも普通に行われています。

そのため、そういった部分を改善するために最近のIT×ヘルスケア業界は

 

・サービスの提供

・事業展開の手助け

・医師などの人材管理

・データ管理のAI提供

・システム構築

 

など様々なことを行いつつあるのが現状です。

 

IT×ヘルスケア企業有名5社

 

スマートフォン

 

ヘルスケア業界をITで支えている有名企業5社を紹介します。

 

株式会社メドレー

 

株式会社メドレーはヘルスケア業界で問題視されている、人材不足をITの力を用いることで解決するシステムを構築している企業です。

システムの名前は「ジョブメドレー」といい、構築から10年経過した今では国内で最も多い案件掲載数を誇るサービスへとなっています。

また医療業界の情報発信などにも努めており、現在ヘルスケア×IT業界を盛り上げている企業です。

 

株式会社Sun Asterisk

 

こちらの企業はヘルスケア業界を、クリエイティブエンジニアリングの面や人材育成の面でサービスを提供している企業になります。

ユーザーに使いやすいウェブデザインやシステムやプロダクトの開発など、様々な点からヘルスケア業界のサポートが可能です。

チームの構成もテック・ビジネス・デザインの面から専門家を集めたチーム構成をとっていて、安心して仕事を任せることができます。

そのためそういった専門性を磨いていきたいという人におすすめな企業になります。

 

株式会社イグニス

 

こちらの企業は、マッチングサービスの提供を主に行っている企業です。ヘルスケア業界へのサービスも提供されています。

中でも主に医療業界に対して、サービスの提供をしているのです。

医療機関向けのSaaSやVR医療などを主に力を入れており、ヘルスケア業界を支えている企業になります。

医療機関向けのSaaSというのはVRでの診断を可能にし、来院しなくても処方箋がもらうことができる。

このような「次の当たり前」を実現したい、という思いから始められた事業となります。

まだ実績を残しているわけではないですが、これからどのようにして活躍していくのかという点に関しては期待される企業になります。

 

株式会社おいしい健康

 

カロリー計測

 

主に病気の予防・管理・ダイエットなどを目的とした、管理栄養士監修のレシピ検索・献立作成をするサービスを提供する企業です。

もともとはクックパッド株式会社のヘルスケア事業部から始まり、そこから会社分割して生まれた会社でもあります。

有名企業のクックパッド株式会社のバックがあることも考えれば、安心して転職することを考えられる企業です。

 

株式会社DeNAライフサイエンス

 

こちらの企業は遺伝子解析サービスを提供している企業になります。

この企業が提供しているのが、遺伝子解析サービス「MYCODE」です。

唾液を使って遺伝子解析をし、どんな病気にかかりやすいのかなどを調べることができます。

遺伝子分野というのは、多くのIT企業が現在注目している分野です。

Googleなども参入していることからも、とても注目すべき分野となっています。

今後も人気が高まっていく分野になるため、転職する際は遺伝子というキーワードで探してみるのもおすすめです。

 

ITはどのようにして健康を支えるのか

 

聴診器

 

ヘルスケア業界では、ITがどのような事業としてサービスを提供していて、人々の健康を支えているのでしょうか。

 

コミュニケーション分野

 

まず、ITはヘルスケア業界をコミュニケーションの分野で支えています。

例えば連絡のやりとりについては、今までは連絡の手段としてFAXなどを多用していました。

現在では、様々な連絡ツールがサービスとして提供されている企業も増えてきています。

具体的な連絡ツールとしては、slackChatworkが挙げられるでしょう。

こういったサービスの開発にあたってやりとりの円滑化などが進められてきました。

 

システム分野

 

次に挙げるのが、システム分野でヘルスケア業界を支える構造です。

ヘルスケア業界では様々なデータを扱います。

そこではデータの整理などに大きな人材を割かれている状況です。

しかしIT化してデータを管理するシステムを構築することで、AIが代わりにやってくれる仕組みを作ることができます。

そうすることで現在、ヘルスケア業界で様々な人を苦しめている労働問題などの手助けをすることが可能です。

 

働き方分野

 

働き方を改善するという点でも、IT×ヘルスケア企業はヘルスケア業界を支えているのです。

例えば、医療機関に属しているスタッフというのはとても仕事に追われています。

そこで、ITサービスやシステムの手を借りることで、作業の効率化を図ることができるのです。

自分でなければ行えない手術などに専念することができるのです。

つまり、医師などスタッフの仕事をIT化を進めることで軽減することができます。

 

IT転職のプロに情報を聞いてみる

 

現在使われている主なサービス

 

手を握る

 

ここでは現在使われている、主なサービスなどを紹介します。

 

健康管理アプリケーション

 

健康管理というのは、いままで医者があって成り立っていました。

現在はデータなどをAIに管理させることで、健康管理が自分でできるようなアプリケーションの開発が進められています。

そのため健康管理のアプリケーションというのは、現在とても活気のある産業だといってもいいでしょう。

 

AIを用いたデータ管理サービス

 

AIを用いたデータ管理とは、作業を自動化する上でとても重要な内容です。

IT化するメリットとは作業を簡単にしたり、楽にしたりするというところが挙げられます。

このような背景から、データ管理サービスという分野はとても人気があるのです。

 

IT×ヘルスケア業界が求める人材とは

 

人事採用

 

IT×ヘルスケア業界への転職を目指している人が気になるのは、どのような人材が必要とされているのかということではないでしょうか。

そこで以下にどのような人材が、ヘルスケア業界で必要とされているのかについて紹介していきます。

 

IT知識を身につけた人

 

まず、IT知識を身につけているということは非常に重要視されます。

多くの企業で即戦力となる人材が求められているため、プログラミングなどの知識を持ち合わせていることが大切です。

そうすることで、システム構築やサービス開発といったメインとなる分野で活躍することができます。

 

実際に現場でIT化を進められる人

 

次に求められるのは、実際に現場でシステム構築やサービス開発をしたことがある人です。

なぜ経験がある人が求められるのかというと、実際にシステムを開発する能力があったとしても、それを実際に実装できる人は少ないのです。

そのためそういった能力を持ち合わせている人が、IT×ヘルスケア業界で必要とされています。

 

ヘルスケア業界での経験がある人

 

IT知識を持ち合わせていなくても、ヘルスケア業界の知識を持ち合わせている人はやはり重宝されます。

システム開発をする能力があるだけでは、実際に現場ではどのようなことに困っているのかなどはわかりません。

そこで必要とされるのは実際にヘルスケアの分野で働いたことがある人などのヘルスケア業界への知識を持ち合わせた人が必要となります。

 

今後必要となっていくサービス

 

システム

 

今後どのようなサービスがヘルスケア業界に必要とされていくのか、という事について見ていきます。

今後必要とされていくサービスというのは、個人情報の管理を代用してくれるサービスです。

医療機関などにはとても多くの個人情報があります。

そういった情報を管理してくれるサービスは個人情報の安全な管理だけでなく、システムの構築などにとってもとても価値があります。

現在も時々個人情報の流出が問題視されていることから、その重要性が分かるのではないでしょうか。

そういったことが起こらないようにするサービスなども、医療×ヘルスケア業界にとっては必要な物です。

最近ではブロックチェーン技術の発展などもあり、そういった情報を管理する運営側にとって嬉しい技術なども現れてきました。

人々の健康に役立つIT×ヘルスケア業界は、今後も発展していく分野となります。

凄まじいスピードで進化していくため、IT×ヘルスケアの世界で働くなら、トレンドや流行などに置いていかれないようにしましょう。

 

ヘルスケア業界への転職メリット

 

聴診器とスマートフォン・PC

 

ヘルスケア業界へ転職するとなると、どのような点がメリットになるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

そこでどのような点がヘルスケア業界の転職メリットになるのか、ということについて解説していきます。

 

市場規模の拡大

 

まず市場規模の拡大が挙げられます。

ヘルスケア業界というのは現在とても注目されていて、今後の発展も大きなものになるでしょう。

ヘルスケア業界は、未開拓な部分が多く残っています。

そういった分野で事業としてサービスを作っていくとなると、かなりの市場規模が手に入ることになるのです。

 

高い報酬

 

またIT×ヘルスケア業界での仕事というのは高い報酬を見込むことができます。

医者を例にとってみると分かりやすいでしょう。ヘルスケア業界は多くのお金が動いている市場でもあります。

そういった分野でスキルを持って活躍することで、高い報酬というものを獲得することができるでしょう。

AI開発などができる人にとってはうってつけの市場です。

 

ヘルスケア業界への転職で注意する点

 

面接

 

次にヘルスケア業界に転職しようとしている人に向けて、転職する際の注意点を紹介していきます。

注意点として挙げられるのが、人材が不足しているという点です。

人材不足はもちろんメリットとなることもあります。

しかしながら、自分の時間を確保したいという人にとっては、少し辛い部分があるかもしれません。

なぜなら人が少ないという事は、自分にその分仕事が回ってくるということを意味しているからです。

さらにプレッシャーやストレスなどを強く感じることもあります。

忙しい中で少ない人材で働くとなると、一人当たりの仕事のクオリティももちろん期待されていきます。

そこで十分に能力を発揮できないと、プレッシャーやストレスを感じやすくなる傾向があります。

ある程度のストレス耐性は持ち合わせておく必要がある、といってもいいでしょう。

 

まとめ

 

ランニングする女性

 

IT×ヘルスケアの有名企業と、業界を取り巻く状況について解説しました。

ITが入ることによって、ヘルスケアの世界は更に広がっていくでしょう。

注目と期待が大きいコラボではありますが、未だに発展途上という面も否めません。

人の命にかかわる業界であるが故に、正確さと誠実さも必要です。ITとはいえ、作ったシステムは人の健康に直結するのです。

また人材不足故に忙しい業界でもあるため、転職はよく考えて検討してみましょう。

 

情報収集ベースで相談してみる

Geekly Media
ライター

病院の処置

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook