カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. R言語ってどんな言語?転職で活かせる?特徴やできることについて徹底解説!
  • 技術・テクノロジー

R言語ってどんな言語?転職で活かせる?特徴やできることについて徹底解説!

統計分析やデータ分析の分野において注目されているR言語。エンジニアとして働いている人の中には、R言語の存在は知っていても、R言語について詳しく知らない方も多いでしょう。そこで本記事では、R言語の特徴やR言語でできること、メリットとデメリットについて解説していきます。「転職で活かせるのか?」についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

R言語とは?

 

developer, programmer, technology

 

R言語は1995年に海外で開発された、「統計分析」や「データ分析」を得意とするプログラミング言語

まずは、R言語の特徴やできることについて解説していきます。

 

R言語の特徴

 

R言語の大きな特徴は、データの解析や処理などを、他の言語よりも簡単に行える点です。

R言語には統計分析やデータ分析に役立つ機能・ライブラリが豊富に用意されています。

R言語を活用するためには統計学の知識が必要な場面が多いものの、データ処理やグラフ作成などが簡単に行えるのです。

近年はデータサイエンスやビッグデータ解析の需要増加に伴い、R言語の注目度も上がっています。

 

R言語でできること

 

R言語でできることとして、以下が挙げられます。

・統計分析
・データ分析

・機械学習

R言語は、主に統計分析やデータ分析などの場面で利用されることが多いです。

実際に世界的に有名な企業である「Google」や「Facebook」も、R言語を使ったデータ解析を行っています。

また、統計分析を活かした機械学習も可能です。

データ分析や機械学習という言葉から、「Pythonとほぼ同じ言語なのでは?」と思う方もいるでしょう。

しかしR言語とPythonには明確な違いがあり、その違いについては後述します。

 

R言語のメリット

 

finger, feedback, confirming

 

R言語のメリットとして、以下3つが挙げられます。

・他の言語よりも簡単にデータ分析できる
・無料かつほとんどのOSで利用可能
・文法やコードがシンプル

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

他の言語よりも簡単にデータ分析できる

 

R言語を使えば、他の言語よりも簡単に統計解析やデータ分析ができます。

なぜなら、R言語にはデータ分析を行うための関数や機能が、豊富に用意されているからです。

便利な機能の例として、グラフ作成機能が挙げられます。

R言語のグラフ作成機能を使えば、解析したデータから棒グラフや円グラフ、折れ線グラフなどの作成が可能です。

さらに、作成したグラフを画像(JPEG、PNG)やPDF形式で保存できる機能も用意されています。

上記以外にも豊富なパッケージ(ライブラリ)が用意されているため、R言語を使うことで統計解析やデータ分析が容易になるでしょう。

 

無料かつほとんどのOSで利用可能

 

R言語はオープンソースソフトウェア(OSS)なので、無料で利用できます。

また、WindowsやMac、LinuxなどのOSで動作するため、ほとんどのOSで利用できると言っても過言ではありません。

R言語の開発環境として有名な「RStudio」についても、無料で利用できる点が魅力です。

 

文法やコードがシンプル

 

R言語は、文法やコードがシンプルという点でも人気を集めている言語です。

実際に「異なる2つのデータからグラフを作成する」という命令を記述する際、Pythonでは5行以上の記述を必要とする一方で、R言語は1行のみで完結するというケースもあります。

コードがシンプルなため習得しやすく、学習の手間や時間を抑えることも可能です。

 

R言語のデメリット

 

emoji, smiley, bad mood

 

データ分析などの分野に強いR言語ですが、以下のようなデメリットがあるのも事実です。

・汎用性が低い
・統計学の知識が必要
・日本語のリファレンスが少ない

ひとつずつ解説していきます。

 

汎用性が低い

 

R言語は他の言語と比べて、汎用性が低い言語だと言えます。

R言語は統計分析やデータ分析に特化している反面、アプリケーションやWebシステムなどの開発ができないのです。

アプリケーションやWebシステムの開発にも興味がある方は、JavaやPythonなどの汎用性が高い言語もあわせて学ぶことをおすすめします。

 

統計学の知識が必要

 

R言語のエンジニアとして働く場合、統計分析やデータ分析などを行う「データサイエンティスト」として採用されることがほとんどです。

そのため、R言語を扱うためには統計学の知識が欠かせません。

たしかに、R言語にはデータ分析を行うための機能が豊富に用意されていますが、統計学を理解していないとそれらを最大限に活かすのは難しいでしょう。

 

日本語のリファレンスが少ない

 

R言語は、もともと海外で開発された言語のため、日本語のリファレンスが少ないです。

そのため、R言語の使い方などがわからない場合は、英語のリファレンスや海外のサイトから情報収集しなければなりません。

よって英語が苦手な方は、R言語の習得に苦労する可能性が高いです。

 

R言語とPythonとの違い

 

scale, question, importance

 

R言語と特徴が似ている言語である、Python。

Pythonも、データ分析やAI開発に利用される機会が多いため「R言語とPythonって何が違うの?」と感じる方も多いでしょう。

R言語とPythonは、データ分析やAI開発に利用されるという点では似ていますが、以下のような違いがあります。

 

【R言語とPythonとの違い】
・R言語のほうが統計やデータ分析、グラフ作成が容易

・Pythonのほうが汎用性が高く、Webシステムなどの開発が可能
・Pythonのほうが機械学習・ディープラーニングに関するライブラリが豊富

 

データ分析を行ったりグラフを作成する際は、Pythonで記述するよりもR言語のほうが短い記述ですむケースが多いです。

そのため、統計・データ分析に特化したエンジニアになりたいなら、R言語の習得をおすすめします。

しかしPythonよりも汎用性の面で劣ってしまうため、データ分析だけではなくWebシステムの開発などに興味のある方は、Pythonを習得したほうが良いでしょう。

 

R言語は転職に活かせるのか?

 

man, work, desk

 

R言語のスキルは、転職においても十分に活かせるスキルだと言えます。

近年はAIやITサービスの発展により、統計分析やデータ分析などの需要が高まっているからです。

たとえばインターネットショッピングサイトを運営する際も、顧客データや購買データなどをもとに、より売上を向上させられるようデータ分析を行う必要があります。

上記の例以外にも、データ分析は金融や医療など、さまざまな業界から必要とされているスキルなのです。

またR言語のスキルがあれば、機械学習に関する業務に携われる機会もあるでしょう。

そのためデータアナリストやデータサイエンティスト、AIエンジニアへの転職を考えているなら、R言語のスキルが活かせます。

さらに市場価値の高いエンジニアとして活躍したいなら、汎用性が高いJavaやPythonなどの言語も習得しておくと良いでしょう。

 

データサイエンティストやAIエンジニアに求められる能力を聞いてみる☞

 

R言語のスキルを活かして転職する方法

 

girl, young, student

 

さいごにR言語のスキルを活かして転職する、またはR言語のエンジニアになる方法を2つ紹介します。

 

転職サイトを利用する

 

R言語のスキルを活かして転職する方法、1つ目は転職サイトを利用する方法です。

求人を検索する際に、「R言語」や「データサイエンティスト」などのキーワードを入力することで、R言語を活かせる企業を探せます。

ただし、転職サイトによっては該当する求人が少ない可能性もあるため、IT業界やエンジニア職に特化した転職サイトを利用しましょう。

 

転職エージェントに相談する

 

R言語のスキルを活かして転職する方法、2つ目は転職エージェントに相談する方法です。

R言語の求人数は、JavaやPythonと比べるとまだまだ少ない傾向にあるため、自力でマッチする企業を見つけるのは難しいでしょう。

転職エージェントに相談すれば、業界に詳しいアドバイザーが、あなたの希望や経験に合った求人を探してくれます。

企業とのやり取り(日程調整など)も代行してくれるため、普段の仕事やR言語の勉強で忙しい方にとっては、強い味方となるでしょう。

 

まとめ

 

analysis, analytics, business

 

R言語は「統計分析」や「データ分析」に強いプログラミング言語であり、データ分析に関する機能やパッケージが豊富です。

AIやITサービスの発展に伴い、統計分析やデータ分析の需要が高まっているため、R言語は転職にも活かせる言語だと言えるでしょう。

「R言語を習得して転職したい」と考えている方は、ぜひ一度転職エージェントに相談されてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントに相談すれば、丁寧なヒアリングから、あなたに合ったキャリアプランを一緒に考えてくれるだけではなく、求人探しもサポートしてくれます。

 

【簡単1分!】転職エージェントで情報収集してみる

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。