カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. シェアリングエコノミーの有名なサービス3選!種類やサービスを提供している企業についてもご紹介します
  • 転職準備

シェアリングエコノミーの有名なサービス3選!種類やサービスを提供している企業についてもご紹介します

皆さんは「シェアリングエコノミー」というものをご存じでしょうか?これは、学生や社会人、高齢者などと幅広い世代に利用されているサービスです。シェアリングエコノミーって聞いたことない…と思っている方は多いのではないでしょうか?実は既に利用しているのかもしれません。今回はこの「シェアリングエコノミー」のサービスについてご紹介させていただきます。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

シェアリングエコノミーとは?

 

 

シェアリングエコノミーは個人が持っている遊休資産を貸し出して仲介するサービスのことです。

「シェアエコ」と略されたり「共有型経済」ともいわれております。

インターネットやSNSの発展してことにより多くの人がこのシェアリングエコノミーの利用しています。

 

シェアリングエコノミーはお互いの評価によって信頼が蓄積される

 

 

シェアリングエコノミーは見知らぬ誰かと取引をしていきます。

ですので、信頼性に欠けるのではないかという懸念も大きいです

そこで、シェアリングエコノミーはサービスを通して様々な人とシェアすることで、安心や信頼を確保することができます。

「相互評価」という方法ででお互いに評価をします。

その評価が高ければ高いほど安心や信頼が得られる仕組みとなっています。

 

シェアリングエコノミーサービスの種類について

 

 

スキル

 

スキルのシェアは、育児や家事やITなどに関するスキルを使って、人の役に立つサービスを提供します。

 

仕事をするにあたり、スキルを身に付けるのは必須ですよね。
仕事や独学で得たスキルを使い、個人的にビジネスを行うことが可能なのです。

 

日本では「ビザスク」や「タイムチケット」や「ココナラ」が人気を博しています

また、旅行や出張に出かける時、大事なペットを預けてくれる「ドッグハギー」
買い物を代わりにしてくれたり、食事の用意や洗濯、電球交換もしてくれる「エニタイムズ」もスキルシェアに含まれます。

 

移動手段

 

移動手段とは、自転車やバイク、車など貸し出してシェアするサービスとなります。
バイクや車を持っている人が、持っていない人に貸すことが主なサービス内容です。

 

世界でも展開されている有名な移動シェアサービスといえば「Uber」になります。

このサービスはいわばタクシーを個人間で行うイメージです。
ですが、日本で「Uber」が発展すると、タクシーを使用する人が少なってしまします。そのため、タクシー業界では賛成の声があまりありません。

また、白タク営業などの法律的な問題もあるので、日本での展開はあまり行われてません。

 

「ノッテコ」という自転車の移動シェアサービスでは、なんと無料で自転車を使用することができます。 (自転車の貸し出しは、物のシェアにも含まれます。)

 

自転車の他にも、電動キックボードがシェアされている「モビー」や、トラックの貸し出しをしている「Hi! MOVE」 などがあります。

のように移動手段もシェアすることが可能であり、移動手段を持ち合わせているものの効率的に使えていない人と、ちょっとした移動手動手段を必要とする人をつないでいます。

 

空間

 

空間のシェアは、空き部屋や家などを貸し出すシェアサービスになります。

また、車を置くための駐車場の貸し出しもこの空間シェアサービスにの中に含まれます。

 

海外でも、空間を使ったシェアサービスが非常に多いです。
特に代表的なのは「OYO Hotels & Homes(オヨ ホテルズアンドホームズ)」や「 Inc. Airbnb(エアビーアンドビー)」というサービスです。

 

日本の空間のシェアで有名なサービスは、イベントの活動場所をシェアする「スペースマーケット」や駐車場の貸し出しで「あきっぱ」がよく利用されています。

また、コインパーキングとしてシェアサービスを展開を行っている「タイムズ」も有名どころになります。

 

その他でも、空き部屋の貸し出しを展開している「モノオク」 や、さらに畑を共にシェアすることができる「シェア畑」なども存在しています。

オフィスのシェアサービスは「サーブコープ」や「ウィーワーク」、住居の貸し出しサービスは「アドレス」が有名です。

 

 

物のシェアは、インテリアやファッションや本、ゲームなどの持ち物を貸し出したり、交換や売買することができるサービスです。

 

物の売買で有名どころといえば「メルカリ 」や「ラクマ」 などが有名です。いわばネット上のフリーマーケットのようなサービスです。

 

洋服専門である「エアークロゼット」 は、服の貸し出しのサービスを行っています。他の企業と差別化をはかるために、服の返却するときは「クリーニング不要」というビジネス展開なども行っています。

 

しかし、この物のシェアは、中国では一部問題視されています

中国は自転車の普及が発達しており、自転車のシェアリングが非常に広まっています。

その影響で自転車をシェアする企業が急激に増加し、それと同時に自転車業界でのライバル企業も増えていきました。

結果として、次々と倒産する自転車企業が立て続けに起こる事態に発展しています。
さらに、自転車の不法投棄なども中国で頻繁に発生されています。

 

このように社リングサービスの普及によって起こる社会的な問題が次々と出てきました。

物のシェアリングは経済発展などによる理由で、現代の法律やルールではなかなか対処しきれない所があります。

 

お金

 

お金のシェアは「クラウドファンディング」が最も代表的なものになります。

「クラウドファンディング」とは新しいサービスが具現化したり、面白いアイデアが商品化したりとこのようなサービス展開を援助したい!と思う人とシェアリングしていくことを言います。

 

最近、コロナによって営業停止となって運営が難しい飲食店などは、割引券や期間限定で使うことができるチケットなどをクラウドファンディングを使って募集していくというやり方で活用することがあります。

 

お金のシェアの代表的なサービスと言えば「キャンプファイヤー」や「マクアケ」が例に挙げられます。

 

クラウドファンディングには3種類ジャンルが分けられています。

・サービスや商品を提供する権利を買うことで援助する「購入型」
・お金のリターンを伴う「投資型」
・お金のリターンがない「寄付型」

また、個人から資金を収集して企業に融資する「ソーシャルレンディング」も、お金のシェアリングに 含まれます。

もし、日本でこのシェアリングをするには「第二種金融商品取引業」の登録をしなければなりません。

 

シェアリングエコノミーサービスの有名な企業3選!

 

 

Airbnb

 

さまざまな国発展しているサービスです。自分の空き部屋をお客さんに貸し出しすることができる空間シェアサービスになります。

また、宿泊サービス以外にも、例えば陶芸教室など、体験などのシェアリングサービスも行っています。

 

タイムズカーシェア

 

車を使いたい時にいつでも車を貸し出しすることができる移動シェアサービスになります。
これはマンションや企業などに車に設備を整えることで、資産価値を上げることも可能です。

 

クラウドワークス

 

日本トップクラスに及ぶクラウドソーシングサイトになります。
インターネットを使い、仕事を発注することができるスキルシェアのサービスとなります。

会員登録は無料で行うことができ、ライティングやデザイン制作、アプリの開発、データ入力、編集、HPの制作など、様々な仕事を行うことが可能です。

副業としてやっている人もいれば、フリーランスで仕事としてやっている人もいます。

収益を得るためにこのようなシェアリングエコノミーサービスを利用することも1つの手です。

 

まとめ

 

 

シェアリングエコノミーはとは、保有するものを自由にシェアするサービスです。

個人単位でビジネスを行うことが可能になってきています。

今後、このようにちょっとしたシェアサービスが流行ってくることで、新しいビジネスが生まれてくるかもしれません。

利用したことが無い方は使ってみるのはいかがでしょうか。

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部
ギークリーメディア編集部
主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook