1. HOME
  2. Geekly Media
  3. SESから自社開発企業へ転職するには?求められるスキルも解説

SESから自社開発企業へ転職するには?求められるスキルも解説

SESで働いているエンジニアの方が、受託開発から自社開発企業への転職を目指すケースは珍しくありません。しかし開発の経験値によっては転職できないなんてことも。本記事ではSESから自社開発企業へ転職する難易度と、転職を成功させるポイントを解説します。

最終更新日:

  • twitter
  • facebook

SES(客先常駐)と自社開発の違い

 

 

SESとは

 

SESとは「System Engineering Service」の略であり、SES企業(ベンダー)からクライアント企業にエンジニアを派遣して技術力を提供する業務委託契約の一種です。

業務としてはクライアント企業に客先常駐し、システム開発や運用・保守などを行います。

SIerなどと違い、成果物の完成・納品により報酬を受け取るのではなく、労働の対価にとして報酬を受け取る仕組みです。

派遣契約と混同されがちですが、クライアント企業側に派遣された社員の指揮命令権がある派遣契約に対し、SES契約ではベンダー側、つまりSES企業側にエンジニアに対する指揮命令権があります。

 
【合わせて読みたい】SESを辞めたくなったときにやるべきことはこちら⇓
 

自社開発とは

 

自社開発は、システムの企画・開発から運用・保守まで一貫して自社のシステム部門を担います。

自社開発では多重下請けの仕組みがなく、中抜きのリスクが発生しません。

また自社で開発業務にあたるため、周囲のスタッフと密接にコミュニケーションが取りやすいメリットがあります。

納期についてもクライアント企業とのすり合わせが不要であることから、柔軟にスケジュールを組むことができます。

 
【合わせて読みたい】自社開発企業の注目企業5選!転職成功事例も紹介⇓

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

SESから自社開発企業に転職するメリット

 

 

年収が上がる

 

SESエンジニアはクライアント企業からの影響が強く、値下げを要求されるとSESエンジニアの給料も下がってしまいます。

一方、システム開発の全工程を担うことができる高い技術レベルをもつ人材を登用する必要がある自社開発では、高い年収を提示して優秀なエンジニアを募集する傾向にあります。

自社開発企業では、求められるスキルに応じて年収が高いうえにクライアント企業の意向による値下げもないため、SESから自社開発に転職する場合、年収が上がる可能性が高まるでしょう。

 

【合わせて読みたい】受託開発 vs 自社開発!身につくスキルについてはこちら⇓

 

職場環境の変化が少ない

 

SESは、1つの案件が終わるとまた別の客先に常駐して業務を行うため、職場環境がよく変わります。

定期的に働く環境が変わり、人間関係の構築や文化に馴染むことが苦にならない場合はSESでの働き方を楽しめますが、負担に感じることもあるかもしれません。

自社開発は異動があったとしても配置転換が行われる程度で、大きな変化は起きにくい環境であるため、安定した環境を好む方にとっては自社開発企業にメリットを感じやすいでしょう。

 

社内でスキルアップ、キャリアアップを叶えられる

 

自社開発企業は、特定分野で飛躍している大手・有名企業が多いという特徴があります。

企業の主力事業である大きなプロジェクトに携わる機会も多いため、常駐先が変わるごとに業務内容も変わるSESと比較すると、特定分野のスキルを磨きやすい点がメリットです。

また、自社開発ではプロジェクトリーダーやマネージャーなどの役割を設置していることも多く、プロジェクトの進捗管理やスタッフ配置、勤怠管理などの経験を積む機会もあるでしょう。

マネジメント経験があると市場価値が高まるため、転職においても有利です。

 
【合わせて読みたい】SESが年収を上げる方法と、キャリアアップする方法についてはこちら⇓
 
 
 
 
 

SESから自社開発企業に転職するデメリット

 

 

環境を変えたくても時間がかかる

 

同じ環境で長く働ける自社開発企業ですが、環境を変えて働きたいときはデメリットに感じるかもしれません。

1つの案件が完了するたびに職場が変わるSESのような大きな環境変化は、自社開発企業では稀です。

人間関係や業務内容への不満が理由で環境を変えたい場合や、環境を大きく変えて刺激がほしい場合であっても、自分1人の力では実現に時間がかかってしまいます。

 

人脈を広げにくい

 

自社開発企業では、仮に配置換えがあったとしても一部のスタッフの顔ぶれが変わるだけであり、共に働く人が大きく変わることはありません。

そのため、メンバーが大きく変わることがないまま業務にあたることが多く、新たな人脈を形成する機会は少ないでしょう。

エンジニアとして新しいスキルや経験、知識に触れる機会が不足していると感じたら、自己研鑽などで補うことが大事です。

 

給料の上がり幅が狭いことも

 

自社開発企業は年収の高い企業が多い一方で、転職後の給料が上がりにくいことがあります。

特にヒットしたサービスや製品1つを主力として、その範囲内での利益に依存している形態の企業では、大きな昇給が望めないかもしれません。

1つヒットを生みだしたものの、新サービスや商品を展開してもなかなか利益を拡大するにいたらず、過去のヒット作に頼るしかない状態の自社開発企業がこれに該当します。

一般的に、企業の業績が上がらなければ社員の給料が上がる見込みがないため、自社開発企業への転職の際は業界研究や企業研究を怠らないことや、業界知識が豊富なプロのアドバイスを参考にするのがおすすめです。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 
 
 

自社開発企業に向いている人の特徴

 

 

愛着を持ってサービス・プロダクト開発ができる人

 

自社開発企業に向いているのは、自社のサービス・プロダクト開発などに強い思い入れを持つことができる方です。

愛着を持つことで、業務に対するモチベーションを高く保つことができ、課題解決の効率も上がりやすいからです。

たとえばゲームの制作会社で開発業務に従事するのであれば、ゲーム自体への興味が薄い人よりも、自社のゲームをプレイしていた人の方が理解度が高く、もっと面白いゲームにするための施策を講じやすいでしょう。

自社開発では企画からリリースまで全てに関わるため、業務に対する興味が強まりやすく、システム開発に熱意を持っている方におすすめです。

 

チームで開発を行いたい人

 

自社開発企業では、チームに分かれて複数人で開発業務に当たります。

そのため、コミュニケーションスキルを活かしたい方や、周囲のメンバーと同じゴールを目指し達成感を共有することがモチベーションになる方は適性があります。

チーム内でのコミュニケーションが重要視されるため、多くの人と関わりながら経験を積み、業務を通して人間力も高めたい方にとっては、自社開発企業の環境が働きやすいでしょう。

 

自分に向いている仕事は「IT人材 仕事タイプ診断」で見つけてみよう

 

 

次のキャリアでどの職種を目指すか、マネージャーを目指すか、スペシャリストになるか悩んだり、転職したいけど自分の価値観に合う企業がわからない、次の職場選びで重視した方がいいことがわからないなど、職場選びで悩むことは多々ありますよね。

 

ギークリーの「IT人材 仕事タイプ診断」では、自分の適性だけではなく、自分に合う働き方、企業のタイプを知ることができるので、転職軸を決めるときや求人選びに役立ちます。

 

キャリアや仕事選びで悩んだら、一度ご自身の価値観に合う仕事のタイプや企業のタイプを調べてみませんか?自身の適性を知ることで、納得のいくキャリア選択や求人選びができるでしょう。

 

希望の職種に転職!診断利用から約1か月で転職成功した方の例

 

希望の職種に転職成功したAさんの例
  • ご年齢:30代前半
  • ご経歴:システムエンジニア⇒システムエンジニア
  • 転職期間:仕事タイプ診断利用から1ヶ月弱でご転職

 

Aさんは元々Salesforceエンジニアとして運用保守に従事されていましたが、案件が変わることが多く、知見を活かして働けない、個人よりも切磋琢磨できる仲間・チームで成長していきたいというご意向があり転職活動を始めておりました。

 

前職のご状況と、ご自身の価値観・志向にギャップを感じられていたAさんですが、「IT人材 仕事タイプ診断」によってご自身に合う価値観の企業タイプを見つけ、診断から1ヶ月弱で転職成功されました。

 

【あわせて読みたい】転職でキャリアアップに成功した事例はこちら⇓

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

「IT人材 仕事タイプ診断」ご利用の流れ

 

「IT人材 仕事タイプ診断」は4つのステップで完結!

 

STEP1:以下のボタンから仕事タイプ診断のページへ

 

STEP2:仕事タイプ診断のページから職種を選択

 

STEP3:プロフィール(お名前とご連絡先)を入力

 

STEP4:必要な質問に答える

 

診断後、自分の志向にあう企業の求人を見たい場合は、IT専門のキャリアアドバイザーがご希望の条件をお伺いし、志向性に合わせた求人を紹介させていただきます。

たった3分、無料で診断できるので、ぜひ一度「IT人材 仕事タイプ診断」で企業選びの軸を見てみてください。

 

【完全無料】仕事タイプ診断をしてみる

 

 

自社開発企業で求められるスキル

 

 

自社開発企業のエンジニアには、基本的なITスキルやプログラミングスキルに加えて、ユーザーのニーズを正確に把握しシステムに反映する力が求められるため、企画力や提案力、ビジネスモデルや市場の動向を日頃から情報収集する行動力があると良いでしょう。

 

また、収集した情報を分析しシステム開発に活かすスキルは、要件定義や設計など上流工程で求められます。

SES企業から自社開発企業への転職を検討する際に、このような経験がないと難易度が高く感じられるため、積極的に上流工程に携わり経験を積むようにするとよいでしょう。

クライアントからの要求に基づいて開発業務を進めるわけではない自社開発企業では、自分たちで考えることが前提であるため、自発的に動くことが何より重要です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

自社開発企業に転職する方法

 

 

キャリアの棚卸をして、活躍できそうな分野で求人を探す

 
 
キャリアの棚卸とは、これまでの業務経験を振り返り、自己分析も含めて以下の事柄を言語化することです。
 
  • ・自分がこなしてきた業務について
  • ・現在できる業務について
  • ・これからやりたい業務について

転職市場における自身の市場価値を正確に把握し、転職でミスマッチを引き起こさないためにも、キャリアの棚卸は必須です。

また、自身の職能が目指している企業にマッチしているかを客観的に判断することも、満足できる転職を実現するために欠かせません。

自己分析をより充実させるためには、SESから実際に自社開発企業へ転職したという人のブログ、SNS、口コミ、企業の公式サイトなどから情報収集することも効果的でしょう。

 

メールマガジン会員限定

自己分析からキャリアプラン作成まで
役立つワークシート

こんな方におすすめ

  • キャリアプランを見つけたい
  • キャリアの方向性を再確認して仕事のモチベーションを上げたい
  • 能力や興味に合った新しいキャリアの方向性を見つけたい

いますぐダウンロード

 

 

IT業界に特化した転職エージェントに相談する

 

転職エージェントには専任キャリアアドバイザーがいて、求職者のキャリアの棚卸しや面接対策、応募書類の添削の他、本人の経験やスキルと見合った企業とのマッチングも行っています。

 

特に特化型と呼ばれるIT系の転職エージェントは、一般の転職エージェントよりもIT業界に精通しており、キャリアアドバイザーは現在の転職市場の動向や企業ごとの特徴、求められる人物像の情報も保有しています。

求人数も多く、一般では公開されていない非公開求人を持っているのも転職エージェントの特徴です。

また、選考通過しやすい書類のコツや面接のポイントなどをお伝えできるため、IT系自社開発企業に転職したい人に特におすすめです。

 

転職エージェントに相談することで、自分でも気づかなかった可能性が掘り起こされ、本人はSESに向いていると思っていても「実は自社開発企業に向いていた」ということが判明するケースもあります。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 
 
 

自社開発企業への転職はIT業界特化の転職のプロに相談!

 

 

SESから自社開発企業への転職はメリットもデメリットもありますが、年収アップやキャリアアップの面から見るとやはり自社開発企業は魅力的です。

自社開発企業ではプロジェクトのスタートからゴールまで一貫して携わることができるため、スキルやキャリアも積みやすく、その結果、さらにハイクラスの転職まで目指せる可能性が高まります。

もしも現職への不安や不満、ライフスタイルの変化、キャリアプランを再考したいと考える方は、転職エージェントで情報収集を行うことから始めてみてもよいでしょう。

 

IT・Web・ゲーム業界の転職に強い転職エージェントのGeekly(ギークリー)では、自社開発企業の情報を多数保有しています。

自社開発企業への転職に興味がある方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事