カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 管理職転職のメリットを解説!転職が難しいといわれる理由は?転職成功のコツや注意点をエージェントが紹介
  • 職種・ポジション

管理職転職のメリットを解説!転職が難しいといわれる理由は?転職成功のコツや注意点をエージェントが紹介

「今のまま働いていて良いのだろうか」「転職したいけど管理職の仕事につけるかな」と悩んでいませんか?そこで今回は仕事を変えようかと悩む方へ「管理職へ転職するメリットや転職活動の方法」をご紹介します。この記事を読むと転職活動をするときに知っておくと役に立つ情報が分かるのでぜひ最後までご覧ください。

管理職転職のメリット

 

これまで管理職をされていた方はもちろん管理職のメリットはご存知でしょう。

ここではキャリアアップとして管理職を狙う方に管理職転職のメリットをお伝えします。

 

キャリアップを狙うことができる

 

キャリアアップ

 

中小企業で働いている方はポジションの枠が少ないためなかなか昇進のチャンスがありません。

しかし、他の企業に移ることで今より上のポジションを獲得することも可能になります。

ポジションが上がれば収入も自ずと上がり、理想的なキャリアに近づけるのです。

 

年収アップ

 

年収アップ

 

転職する理由として上位に挙げられる理由が「年収」ではないでしょうか。

転職先を選ぶとき基本給が今よりも高いところは十分あります。

そしてキャリアアップを目指せる会社であればもっと年収アップを目指せるのです。

管理職の場合、平社員より任される立場が重くなることで年収が上がります。

 

やりがいアップ

 

やりがい

 

「仕事がマンネリ化してきた」と感じる方は転職をすることでマンネリ化が解消されるでしょう。

新しい環境で視野も広がり知識と経験も身に付けることができるのです。

また、大企業へ転職すると部下も増えるためマネジメントにも一層やりがいを感じることができます。

やりがいが上がれば自ずと仕事のスキルも身について行くのではないでしょうか。

 

ヘッドハンティング

 

管理職で実力や人脈が上昇すると別の会社から直接声をかけられることもあります。

ヘッドハンティングする人はある程度あなたのことを知っている人が多いでしょう。

今の会社よりも良い条件で受け入れてくれる可能性が高くあなたにとって有利です。

このようにして次から次へとビジネスのチャンスが広がって行くことが最大のメリットになります。

 

転職のデメリット

 

転職活動でつまずかないためにもメリットだけでなくデメリットも知っておきましょう。

しかし、ご紹介するデメリットは全て転職エージェントを使うことでカバーできます。

何も怖がる必要はありませんので安心して下さい。

 

転職先が合わない

 

拒絶

 

転職すると今より良い環境になることもあれば、寧ろ前職より難しくなってしまうかもしれません。

仕事内容は良くてもその他が合わないと続けることは難しくなりやりがいを感じにくくなります。

しかし環境面に関しての不安なことや関わる部署にいる人たちの人柄は転職エージェントが教えてくれます。

このように転職先をよく知る方々の情報を有効活用して、転職先の選択を間違えないようにしましょう。

そうすれば入社後のミスマッチをかなり少なくして仕事することができます。

 

業務内容の相違や前職のスキルが活かせない

 

新しい会社に入ってすぐ管理職につき仕事ができるのが1番良いでしょう。

しかし、転職先の中には管理者候補として求人をしている場合もあります。

候補で入ってしまうとそのポストが開くまでに自分のスキルや知識・実績が活かせないことが多いのです。

自分のスキルを活かして管理職につけるかは求人情報をしっかり確認し転職エージェントと相談して下さい。

転職エージェントが把握しているか企業に問い合わせてくれるので質問をしておきましょう。

 

仕事で高い能力を求められ期待値が高い

 

能力

 

管理職として採用される場合のほとんどが即戦力を期待されます。

そのため仕事が始まってすぐにプレッシャーを感じることがあるでしょう。

しかし、ある程度イメージができていればそのプレッシャーは跳ね除けらます。

期待値と自分のやる気にギャップが少なくなるため仕事にも取り組みやすくなるのです。

転職エージェントは持っている情報だけでなくあなたの質問を元に追加で企業にヒアリングをします。

プレッシャーに負けないためにも事前に情報を仕入れておきましょう。

 

無料転職相談に登録して憧れの企業に転職しよう

 

管理職転職が難しいといわれる理由

 

管理職への転職は他のポジションと違って難しい点が3つあります。

どれも管理職ならではなものなので把握しておきたいところです。

転職活動をするときに事前に対策をすることができます。

 

転職サイトに求人が少ない

 

情報

 

一般的に転職サイトに載っている求人は一般職がメインであり管理職の掲載は2割といわれています。

元々管理職は会社が社員の能力や経験、スキルを元に判断し上に上げていく職種です。

そのため外部から募集するときは本当に内部に適した人材がいない時に行われます。

確実な人を見つけてヘッドハンティングするため転職サイトに求人が少ないのです。

 

選考でレベルを判断するのが難しい

 

内部の人間が下から上に上がって管理職につく場合は何も問題ありません。

その場合管理職を任せられる人材かどうかはこれまでの実績や能力から会社が判断できます。

しかし、外部からの募集となると転職者が前職で優秀な人材だったとしても判断は難しいでしょう。

採用する側はあなたの良さや能力を選考過程で判断するしかないので情報量が少なすぎるのです。

 

実績と能力が求められる

 

実績

 

これまでの実績はもちろん大切ですが求人を出す会社は即戦力となる人材を求めています。

新しい事業の立ち上げや前任者が残した仕事をすぐに任せられるかどうかを見ているのです。

多くの場合は実績以上のことを求めてくるため、転職が難航することも珍しくありません。

 

転職活動で使うべき3つのコツ

 

こうしてみると一見難しそうな管理職としての転職ですが、方法次第では不可能ではありません。

ここでは求人に応募する際に考えておいた方がいい転職のコツ3つをご紹介します。

 

転職の理由と志望動機を考える

 

志望動機

 

どんなに能力や実績があっても転職のスタートは書類からです。

書類審査を通過するためにもしっかりと転職理由と志望動機は明記しましょう。

ネットには例文もありますが、面接官はネットから取ってきたかどうか見分けられる百戦錬磨です。

文章は1から自分で考えるか転職エージェントを活用して一緒に考えて作成して下さい。

 

譲れない条件を出す

 

年収や業務内容、通勤距離など譲れないポイントを出してそれを転職活動の軸として持っておいて下さい。

譲れない条件を決めておくと求人情報を見るポイントが絞られるため本命も見つけやすくなります。

転職エージェントに依頼するときも譲れないポイントを伝えておきましょう。

そうすればスムーズに求人を募集している会社を教えてくれます。

 

実績や経験などアピールポイントを整理

 

上記でもお伝えしたように選考でレベルを見極めるのが難しいのが管理職です。

そのためなるべく自分のレベルを知ってもらうためにも実績や経験を整理しておきましょう。

数値化できるものは数値化しておくとより伝わりやすくなります。

転職後にその実績をどう活かすことができるのかを考えておくことが大切です。

 

転職の注意点

 

転職をすると決めたら注意して欲しいことを2つご紹介します。

 

転職先の状況・体勢を調査

 

調査

 

求人の中には残業代を抑えるための名目として”管理職”と出している場合もあります。

そういった詐欺まがいの求人情報に騙されないようにして注意して下さい。

転職サイトや転職エージェントを活用していると教えてもらえるため安心です。

 

転職のタイミング

 

転職のタイミングですが、繁忙期と繁忙期前はなるべく避けて下さい。

繁忙期の時期に引き継ぎをすることは部署のメンバーに迷惑がかかってしまいます。

転職先が同じ業種ならば「繁忙期の前に退職した人」としてあまり良い印象になりません。

もし大きなプロジェクトを進めているなら終了後まで業務を行い、また仕事の引き継ぎも行いましょう。

立つ鳥跡を濁さずでありきちんと円満な転職を行うことを心がけることが大事です。

 

転職エージェントをうまく使うコツ

 

エージェント

 

次に転職エージェントを上手に使うコツですが、次の2点です。

 

・転職エージェントに嘘をつかない

希望はしっかり伝える

 

転職エージェントに嘘をついてしまうと確実に転職活動は難航するため正直に打ち明けましょう。

そして、譲れない部分は確実に伝えてあなたの希望に合う場所だけをピックアップしてもらって下さい。

また、実績やスキルに自信がなかったりすると不安から「いわない方がいいかも」と思いがちです。

しかし、転職エージェントは転職者のマイナスをカバーしアドバイスをしてくれるあなたの味方となります。

とにかく自分に正直であることが転職を成功させる大前提です。

 

転職活動は転職エージェント活用が近道

 

握手2

 

転職活動においてはどうやって自分をアピールすれば良いかがわからなくなりがちです。

路頭に迷わないよう転職先を希望の期間内に見つける為にも転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントは求職者の味方なのであなたの転職活動が成功するよう親身になって話を聞いてくれます。

話がうまくなくても聞いたことを要約してあなたのいいところも見つけ出してくれるのです。

転職活動が久しぶりという方や時間がない方は活用してみて下さい。

 

転職サイトは2〜3社に登録

 

転職サイト

 

転職サイトには総合型と特化型の2種類の転職サイトがありますが、まずは総合型の大手に登録しましょう。

転職業界の流れや業界ごとの情報を広く集めているため、業界に迷ったとしても一通りの話が聴けます。

次に転職する業界の情報を深く知っている特化型の転職サイトに登録してください。

両方を有効活用することで転職活動のスピードと効率が格段に上がります。

 

まとめ

 

ビジネスマン

 

いかがでしたでしょうか?

今回は管理職へ転職するメリットや転職活動の方法を具体的にご紹介しました。

仕事を辞めて転職するというのはとても労力がかかりますが、管理職であればそのハードルは更に上がるでしょう。

1人で行うと心身ともに疲弊しかねないので是非転職エージェントやアドバイスを有効活用して下さい。

新たな一歩を踏み出して自分が満足いく転職を行うためにも転職エージェントのアドバイスは大事です。

そうした方々の力を拝借しながら、素敵な転職活動を進めていきましょう。

管理職への転職が成功すれば理想的なキャリアプランを実現できるのではないでしょうか。

 

無料転職相談に登録して理想のキャリアを実現しよう

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook