1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 面接で「あなたにとって仕事とは」の答え方を解説!質問の意図や目的は?回答例を転職エージェントがご紹介
  • 転職活動

面接で「あなたにとって仕事とは」の答え方を解説!質問の意図や目的は?回答例を転職エージェントがご紹介

面接において「あなたにとって仕事とは」という質問をされることは少なくありません。この質問というのはシンプルなようで難しく、回答に詰まってしまう可能性もあるでしょう。今回はこの質問の答え方や回答を考える際のポイントなどを中心にご紹介していきます。

スーツ

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

「あなたにとって仕事とは」という質問の意図と目的

 

スタートアップ

 

企業の面接で「あなたにとって仕事とは」と質問されることは少なくありません。

この質問は答えが人によって異なるため、どのように答えるべきか迷う人も多いでしょう。

まずは企業が何故このような質問をするのか知ることで、その答え方を考えていきます。

この質問にはどのような意図があるのでしょうか。

 

仕事の価値観を知りたい

 

「あなたにとって仕事とは」という質問には働くことに対しての価値観を知りたいという企業の意図が隠されている場合があります。

企業は仕事への価値観を通してこれまでの業務経験から得たことや仕事への取り組み方を知りたいと考えているのです。

こうしたことを知ることによって、入社後にどういった姿勢で業務に取り組むかを想像することができます。

面接官は転職希望者の内面を知るためにこの質問をしている場合もあるのです。

 

仕事への意欲を知りたい

 

仕事に対して深く考えているということはそれだけ意欲があるということです。

「あなたにとって仕事とは」という質問はその人にとっての仕事に対しての哲学を尋ねているようなものといえます。

企業というのは哲学を持つほど真剣に仕事に対して取り組んでいる人材を求めているといえるでしょう。

そのため面接官はこの質問によって仕事に対してどれだけ意欲を持っているのかを確認している場合もあります。

もし未経験の職種への転職を考えている人はこの質問が自身のやる気を伝えるチャンスだと思うようにしましょう。

 

成長性を知りたい

 

ライティング

 

企業側は今後どれだけ成長を見込めるかをこの質問によって知ろうとしている場合もあります。

特に未経験の職種での入社を目指して転職活動を行っているのであれば、企業は今後の成長込みで採用を考えていることでしょう。

そうした場合にはこの質問を通して、人材として成長していく中で企業に何をもたらしてくれるのかを知りたいと考えていることがあります。

どれだけ伸び代があるのかということは企業が人材を採用する上での基準の1つです。

この質問にはこうした意図が隠されている可能性もあります。

 

社風にマッチするかを確かめるため

 

仕事に対しての考え方が自社とマッチしているかを調べるためにこの質問をする場合もあります。

この質問を通して自社の社風に合うかどうかを見極めているというケースもあるのです。

入社後でミスマッチが判明してしまった場合、両者の考え方の相違によって業務が上手く行かない可能性も出てきます。

結局すぐに再度転職活動を行うことになってしまっては、企業からしても転職者からしてもデメリットしかありません。

この質問をすることでそうした事態を避けている場合もあるようです。

 

答えを考える際のポイント

 

ノートパッド

 

次はこの質問への答えを考える際のポイントをご紹介していきます。

どのようなことに重点を置いて答えを用意すれば良いのか解説していきましょう。

 

仕事をする上で1番大切にしているものを考える

 

答える際に重要となることは自身が仕事において1番大切にしていることを明確にすることです。

これをはっきりと持っていなければこの質問に的確に答えることは難しくなるでしょう。

1番大切にしているということは自分にとってそれが欠かせないものであるということです。

「信頼できる仲間がいること」や「自分のやりたいことを追求できること」など、自分が重視していることを考えてみましょう。

これは今までの自分の経験を振り返ることによって導き出すことができます。

これまで経験してきた業務において自身が1番何を重要視してきたのかを考えることで、自ずとこの質問への答えが出せることでしょう。

 

自己分析を入念に行う

 

ジャーナル

 

自身の答えを導き出すためには、必然的に自己分析が必要となります。

自己分析が甘かった場合には企業側にもそれが見透かされてしまうと思ったほうが良いでしょう。

先述した自分にとって大切なものを今までの経験から見つけ出すためにこの工程は欠かすことができません。

自己分析は職務経歴書を書く際のスキル・経験の棚卸しの段階で共に行うと良いでしょう。

自分の内面と向き合いこれまでの仕事で大切にしてきたことを明確にすることが大切です。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

「あなたにとって仕事とは」の質問の答え方

 

ラップトップ

 

次は具体的にどのような形で質問に答えれば良いのか、その答え方をご紹介していきます。

 

結論を述べた後に今までの経験を述べる

 

「あなたにとって仕事とは」と聞かれたらまず質問に対する結論を述べます。

その後にその結論に至った背景を述べることでその結論の説得力を増すことができるでしょう。

ここでいう経験というのは、その結論に至った出来事のことを指します。

どのような環境で働いてきてどのような経験をし、その結論に至ったのかを具体的に述べましょう。

自分がどうしてそう思うのかということを述べるためには、結論だけでは不十分です。

しっかりとこれまでの自分のことを振り返り、何故そう思うのかを自己分析することが大切だといえるでしょう。

 

企業と考え方がマッチしていることを伝える

 

ノートブック

 

企業にとって1番大切なのは、社風や企業の考え方に合っているかどうかです。

その部分で大きなズレがあった場合には採用を躊躇してしまうことでしょう。

ミスマッチではないことを企業側に伝えるためにも、考え方が企業と同じであることをアピールしましょう。

 

そのためには事前に企業に対しての入念なリサーチが重要となります。

企業がどのような企業理念に沿って動いているのかを調べてそれに沿った回答を考えていきましょう。

しかし企業側に回答を寄せるあまり、嘘をついてしまってはいけません。

自身と企業の共通項を見つけることによって最適な答えというのを考えていくことが重要です。

嘘ではなく、自分自身の中にある気持ちをどうすれば的確に企業に届けることができるのか。

そういった視点を持って伝えることを心がけましょう。

 

今後のキャリアビジョンを伝える

 

ネクタイ

 

この質問は必然的に自身の今後のキャリアビジョンを伝えることにも繋がっていきます。

企業側は転職者のこれからの仕事における成長も知りたいと考えているため、その成長の形を明確に示すことが大切です。

今後自分がどういったキャリアを積んでいきたいのかをはっきりと伝えるような答え方を意識すれば、面接官の興味を引くことができるでしょう。

将来の自分を見据えて質問の答えを考えることも大切だといえます。

これまでの経験とこれからのキャリアの両面から答えを導き出しましょう。

 

「あなたにとって仕事とは」の回答例

 

ミーティング

 

ここでは「あなたにとって仕事とは」と聞かれた際の回答例をご紹介します。

以下のような回答を参考にして自身の答えを考えてみてはいかがでしょうか。

 

自分が成長すること

 

私にとって仕事とは自分が成長を遂げることです。

前職の業務に携わってきた中で周囲の成長を見守ってきました。

そうした姿を見ていると自身も更にステップアップしていきたいという気持ちが強くなっていったのです。

そこで私は自身にとって理想の将来のビジョンと合致する御社を志望させていただこうと考えました。

将来的には御社の新規事業や企業の中核を担えるほどに成長できるよう頑張っていきたいと考えております。

 

人に感動を与えること

 

私にとって仕事とは人に感動を与えることです。

自分が携わったプロジェクトを成功に導いてクライアントに対して感動を与えたり、開発した製品がユーザーを感動させたりすること。

それが私にとって仕事のモチベーションであり大きなやりがいとなっているのです。

御社での仕事において地道に自身のスキルや能力を向上・活用していくこと。

それによって周囲の人々に大きな感動を届けられるような仕事をしていきたいと考えております。

 

社会に貢献すること

 

ビジネスパートナー

 

私にとって仕事とは社会に貢献することです。

前職で自身が開発に携わったある製品が福祉の現場で利用されており、その製品によって助けられているという声を多く貰いました。

このことによって自分の仕事におけるやりがいが社会に貢献することであるということに気づいたのです。

更に社会貢献できるような経験を転職によって実現していきたいと考えた時に、御社の求人を見つけました。

自身のこの仕事に向ける熱意が御社の社風と合致すると考え、応募させていただいた次第です。

入社後は自身のスキル・能力を活用し、社会貢献できるような仕事を行っていきたいと考えております。

 

仕事を通して何を実現したいのか

 

面接

 

この質問の答えは今後やりたいことを明確にすることで自ずと導き出されます。

自分にとって理想のキャリアパスやどういったことに重点をおいて仕事をしていきたいかを見つけることが大切です。

自分が今後の人生において仕事を通して実現していきたいことをもう1度考え直すことで納得の行く回答が見つかるのではないでしょうか。

「自分は何故仕事をしているのか」ということを深掘りしていくことは今後仕事をしていく上でも役立ちます。

これまで自分がどんなことに重点を置いてきたのかを考え直すことで面接官の評価がプラスとなる回答も思いつくことでしょう。

 

避けるべき回答

 

マネー

 

「あなたにとって仕事とは」という質問をされた際に「お金のため」だという回答は避けた方が良いでしょう。

もし自身が応募した求人の年収に惹かれたのだとしてもこうした回答は面接官にとってマイナスの評価となってしまうと考えられます。

何故ならこれを1番の理由にしてしまうと企業側は別に入社するのが自社でなくても良いのではと考える可能性があるからです。

「あなたにとって仕事とは」という質問の答えとして、年収やお金に関することを言及するのは避けた方が無難でしょう。

面接官の立場になった時に納得するような理由は何かという視点で考えるのも良いのではないでしょうか。

 

まとめ

 

ワークスペース

 

今回は面接で「あなたにとって仕事とは」と質問された際の答えについて解説してきました。

この質問は自分の仕事観をアピールするのにも最適です。

面接官が何を尋ねたいのかを考えながら、今回の記事を参考に適切な答えを導き出していただければと思います。

事前に入念な対策をすることで転職活動を有利に進めていきましょう。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー