カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. インテントデータ(intent data)とは?活用法を解説!BtoBトレンドを理解して有利な転職を
  • 技術・テクノロジー

インテントデータ(intent data)とは?活用法を解説!BtoBトレンドを理解して有利な転職を

今回ご紹介するのは、現在BtoBマーケティングの分野において最新トレンドとして多くの企業が取り入れようとしているインテントデータ(intent data)についてです。この言葉の意味を知り、転職に役立てていきましょう。

トレンドの理解が有利な転職に繋がる

 

ビジネスブランディング

 

企業を相手として行うBtoBマーケティング(BtoB Marketing)において、近年トレンドとして注目度の高いインテントデータ(intent data)。

この記事ではインテントデータという言葉の持つ意味について解説していきます。

言葉の意味を知ることで、効果的な活用法や転職後にどのような形でマーケティングに役立てていくことができるのかを解説していきます。

転職する際、トレンドを認識し理解するということは、現在企業から求められているスキルを知るということでもあります。

企業からの要望に応えられる業界の最先端を把握した人材であることをアピールすることによって、転職を有利に進めていきましょう。

 

インテントデータ(intent data)とは?

 

顧客の興味・関心を特定するデータ

 

コーディング

 

業界全体で注目されている、インテントデータ(intent data)。

インテントデータ(intent data)とは、顧客(企業)がどのようなものに対して興味・関心を持っているかを特定するためのデータです。

インテント(intent)は、「意図・目的」等を意味する英単語を語源としています。

ここからも分かるように、顧客がWeb上でどのような目的に沿って行動しているかを表すのがインテントデータなのです。

以前から業界内では自社サイトへのアクセス解析で、顧客のWebでの閲覧情報などを知ることのできるインテントデータが用いられることがありました。

それでは何故今になって、このワードが取り沙汰されるようになったのでしょうか。

 

より精度の高い情報を得られる

 

スタートアップ

 

従来は、顧客のWebでの閲覧情報やダウンロード情報については、自社のサイトを訪問したIPアドレスから顧客(企業)を特定。

そこから自社の顧客がどのようなものに対して興味・関心を抱いているのかを推測する形で活用していました。

この際、自社のサイトを訪問した際のデータ(ファーストパーティ・データ)のみでしか判断ができませんでした。

そのため、他社サイトでの閲覧情報などについては知り得ることがなかったのです。

自社サイト内での情報からの推測でしか、マーケティングにこの情報を効率良く役立てることができませんでした。

しかし近年ベンダーが外部のWebサイトで顧客がどのような行動を取っているか(サードパーティ・データ)を知ることのできるデータ。

つまり、外部サイト上でのインテントデータを販売するようになったのです。

これを用いることで、自社サイトのみならず外部サイトにアクセスした際の閲覧情報やダウンロード情報などが得られるようになりました。

このことによって自社がどの企業に対してアプローチするべきかが分かるようになったのです。

それに加えて、従来の自社サイト内のみで行われる推測よるものでは成し得なかった高い精度でのターゲティングが可能になりました。

 

マーケティングに合ったデータ活用方法

 

グローバリゼーション

 

ベンダーは提携するメディアサイトなどへのアクセスを解析することで、企業のインテントデータを入手できるようになりました。

つまりこれはその企業の担当者がどのようなものに対して興味や関心を持っているかという情報を意味しています。

ベンダーは、そのデータをマーケティングに役立てたい企業に対して販売しているのです。

インテントデータを手に入れることによって、接点を持っていない企業のWeb上での行動も把握することができるようになります。

情報を自社と関連性の高いキーワードに照らし合わせることで、どの企業が自社の製品に興味を持ってくれるか選定することに役立てられるのです。

BtoBマーケティングで自社の製品を売り込む企業において、どのようにアプローチしていけば自社製品を購買に繋げることができるのか。

また、確実性の高い施策を実行していくにはどうすればいいのか。

それを吟味する上で、インテントデータを活用することが重要視されているのです。

そしてその傾向は今後も更に加速していくことでしょう。

 

無料転職相談に登録してエージェントを活用しよう

 

インテントデータを活用する方法

 

最先端のマーケティング

 

デジタルマーケティング

 

それではこれからのBtoBマーケティングにおいて、インテントデータをどのように活用していくことが必要なのでしょうか。

国内ではまだ一般的とはいえない、この最先端トレンドをどのように活用していけば製品を売り込むことができるのでしょう。

このデータを上手く活用していくために重要なこと。

それはベンダーの提供するサードパーティのインテントデータと、自社サイト内で取得した顧客のインテントデータを組み合わせることです。

これにより、自社サイトのデータと他サイトでの行動を組み合わせ、自社の製品に興味を持つ可能性の高い顧客を正しく吟味することができます。

 

新たな見込み顧客を発見できる

 

スマートフォン

 

これまでは自社サイト内の既に接点のある顧客の情報を得ることができませんでした。

しかし他社サイト内でのWeb上での行動に関する情報を手に入れられるようになりました。

これにより自社の製品の購入に結びつく確実性の高い新たな顧客に関しての情報を手に入れることが可能となったのです。

ベンダーの提供するインテントデータの中には、自社と接点がない企業についての情報も含まれています。

そのため自社の製品に興味を持ちそうな、未だ接点のない企業に対してもアプローチしていくことができるようになりました。

これにより今までは分かり得なかった自社の製品を購入してくれそうな「見込み顧客」を発見することに繋げられるようになったのです。

 

インテントデータを活用する利点とは

 

導入するメリット

 

ホワイトボード

 

先ほど述べたように自社サイトのデータ以外に、外部サイトのインテントデータを入手すること。

それによって自社と直接接点を持たない企業の閲覧情報等をベンダーから手に入れることができます。

これは大きなメリットの1つであるといえるでしょう。

外部のWebサイトでの行動情報を得ることで、企業がどのようなカテゴリに対して興味・関心を抱いているのか分かります。

またどのようなキーワードに対して特に反応しているのかを知ることができるのです。

これらのことが分かれば、今までは推測で行っていた自社製品の売り込みも、今までよりも確実性の高い商談の形を作っていくことが出来ます。

 

・自社の製品に関心を抱いてくれそうな顧客に対して広告を打つ

・企業に対してキーワードに沿った情報を提供する

 

こうした方法で商談への流れをスムーズにすることができるでしょう。

 

インテントデータを活用することで可能になること

 

インテントデータを活用すれば、自社製品と関連性の高いキーワードについて頻繁にWeb上で検索・閲覧している企業を知ることができます。

また、それを知ることによってその企業の担当者に対してアプローチを行うことが可能になるでしょう。

 

インテントデータが重要視される理由

 

BtoBマーケティングの特色

 

ビジネスミーティング

 

BtoBマーケティングでは、顧客である企業が商品を購入する判断を行います。

そのため個人(一般消費者)を相手に行うBtoCとは異なり、合理的な判断によってその購入が決定されます。

その際、自社の製品を購入してくれそうな顧客へとアプローチするために必要となるのが論理的なデータに基づくマーケティングです。

BtoCでは消費者の感情的な面でその購入が決定されることが多くあります。

しかしBtoBでは企業を相手にしているため、その製品が持つ「顧客にとってメリット」を売込まなければいけないのです。

 

合理的な判断が鍵

 

高性能な製品であっても費用対効果が悪かったり、顧客のニーズに沿っていなかったりすればその製品が選ばれることはありません。

そのためには合理的かつ多面的に購入を検討する存在である企業(顧客)が、どのようなものに対して興味や関心を抱いているか。

そしてそのものの中でもどういったキーワードを重要視しているのかを把握することが大切だといえます。

それに沿って企業に対してアプローチしていくことが商談に漕ぎ着けるために必要な施策だといえるでしょう。

 

転職する上でインテントデータについて理解するメリット

 

転職後に通用する人材

 

タイピング

 

IT業界、特にBtoBマーケティングを主とする企業に絞って転職活動中の方々にとってインテントデータを理解するメリットは何でしょうか。

現在のトレンドであるインテントデータへの理解を深めることは、転職後のマーケティング戦略を有利に進めることに繋がっていくのです。

BtoBにおいて最先端のトレンドであるインテントデータの活用方法を理解することにより業界をリードする人材として活躍できるでしょう。

世界的には活用する企業も多いこのインテントデータ。

しかし日本国内ではまだサードパーティのインテントデータを提供するベンダーはまだ少ない状況です。

国内ではこれからどんどん発展していくマーケティング方法の1つであるといえるでしょう。

 

業界内でアドバンテージを得られる

 

国内では発展途上といえるこのマーケティング方法。

今のうちから情報を抑えていくことで転職後のIT業界における仕事において大きなアドバンテージとなることは間違いないでしょう。

それだけでなく、業界におけるトレンドをいち早く知っているということは転職する際の面接の場でも役立つことは間違いありません。

最先端のトレンドを理解しているということは、日々それらの情報をチェックしていなければ不可能なことです。

マーケティングのトレンドを押さえ、専門知識に対する勉強を積み重ねていることをアピールすれば、担当者も好印象を抱くことは間違いありません。

IT業界というのは、トレンドも日々刻々と変化していき、移り変わりの激しい業界です。

その業界におけるトレンドを理解していることをアピールすれば、自身が業界の最先端で活躍できる人材だと企業に印象付けることができるのです。

 

まとめ

 

歩行者、人、忙しい

 

今回はIT業界のBtoBマーケティングにおいて、最先端トレンドとして大きな注目を集めているインテントデータ(intent data)について解説しました。

BtoBを主戦場としているIT企業の中には、まだインテントデータを用いていなくとも、既に導入を検討している企業も多いのではないでしょうか。

今後更に流れが拡大していくであろうこのトレンドの流れ。

今のうちからその活用方法を深く理解しておいて転職後の仕事に役立てていきましょう

 

システムコンサルタントの求人一覧をチェック

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。