カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 【入門】今人気の最新プログラミング言語Scalaとは?Javaとの関係性やScalaで作られたサービスなど徹底解説します!
  • 技術・テクノロジー

【入門】今人気の最新プログラミング言語Scalaとは?Javaとの関係性やScalaで作られたサービスなど徹底解説します!

Scalaというプログラム言語をご存知でしょうか?サービスを開発する上で、多くの言語がありますが、Scalaという言語の人気が出てきており注目を浴びています。本記事では【Scala入門】と題してScalaという言語の特徴やJavaとの関係性、Scalaが使用されているサービスなど幅広く解説します!

Scalaとは

 

Scalaの成り立ち

 

 

Scalaはオブジェクト指向と関数型プログラミングを融合させたハイブリッド言語で、Javaの開発を行なっていたマーティン・オーダスキー氏によって設計されました。そのためかScalaにはJavaで出来る事が全て出来ると言う特徴が有り、「Javaの後継言語」、「幅広い開発領域で使用する事ができる言語」としてじわじわと人気が出てきています。

オブジェクト指向と関数型プログラミングという少々難しい単語も出てきましたが、 Scalaの優位性を知る上でこの2つは理解する必要があるのでそれぞれを次の項目で説明します。

 

オブジェクト指向とは?

 

 

オブジェクト指向について詳しく書くと、それだけで本が一冊書けてしまいますのでここでは出来るだけ分かりやすく簡潔に説明します。

例えば車を操作する際に利用者はなぜ車が動くのかということを理解しなくてもエンジンをかけてサイドブレーキを下ろし、アクセルを踏めば車が走るということを理解しています。

車がどのように動くかは製作者が知っておけば良いですよね。更にいえば、タイヤはどのように動くのか、エンジンはどのように動くのかはパーツを製作する人が理解しておけば良く、車の開発はそれぞれの担当が同時に製作し、後でパーツを合体させることで車を作る事ができます。

つまり車という規格を考え、それに準じたパーツを作成することで車の開発者が車の製作工程を全て把握する必要がなく、部分部分を皆で共同制作ができるような理念の元開発されたものをオブジェクト指向と呼びます。

更に簡単にいうと、大型開発の際にミスを減らし、手間を減らし、共同作業の利便性を上げるための指向方です。

 

関数型プログラミングとは?

 

 

関数型プログラミングは、問題を関数の組み合わせで記述するプログラミング方法です。

関数は数学で言うと例えば y=2xなどが関数です。xが2ならばyは4になりますし、xが4ならyは8になります。

関数型プログラミングとは、この関数の方式をプログラミングに落とし込み、xの部分を何で入れるかによってyの表示結果を決定しようと言う方式です。

関数型を使用しない場合は命令型のプログラミング手法を使用しますが、命令型の場合、状態を変化させながら繰り返し処理を行う方式を取るのですが、関数型の場合は、状態を扱うことなく再起処理を行います。

上記の説明では分かりにくいと言う方は、自販機を想像してみてください。お金を入れるとその金額の商品が出てきますよね。このお金がxで自販機が=、商品がyです。

 

ScalaとJavaの関係

 

 

ScalaはJVM(Java Virtual Machine )と呼ばれるJava仮想マシン上で動作する事ができます

JVMとは、Javaで記述したソースコードをパソコンで読みとってもらうための通訳機能です。Javaで記述されたソースコードはJVMで処理され、JVMがMac、Windows、Linuxなど様々なOSとやり取りしてくれます。

つまり、Javaで行う膨大な処理を簡単に記述できるようにしたものがScalaであると思って良いでしょう。

ScalaはこのJVM上で動かす事ができるため、OSを気にしたプログラミング処理を行う必要がありません。また、誕生から20年以上蓄積されてきたJavaの膨大なライブラリーを好きに使用出来るわけですから、他の言語と比較しても大きな有用性があると言えます。

 

Scalaのメリット

 

オブジェクト指向でも関数型プログラミングでも好きな方を選択出来る

 

 

章の最初でオブジェクト指向と関数型プログラミングについて触れましたが、Scalaでは、どちらかを使ってプログラミングしてくださいと言ったルールが存在しません。そのため開発者はオブジェクト指向の記述が適しているところはオブジェクト指向で、関数型プログラミングが適しているところは関数型プログラミングで好きに記述する事が出来ます

 

他の言語と比べて年収が高い

 

 

2018年にビズリーチが行なった国内のプログラミング言語別の平均年収ランキングによると、Scalaは600万円と一番高水準に位置しており、最大額は1300万円にものぼる事が分かりました。

これは、世界的にもScalaを使用した開発を推奨している企業が増えているのに対して、コードを書けるエンジニアが少ない事が原因のようです。

高収入を狙いたいエンジニアの方はScalaを勉強してみると言うのも一つの手だと思います。

 

Scalaで作れるもの

 

 

Scalaで作れるものは全てJavaで作れるものです。Javaは開発の現場全てで使用する事ができるため、Scalaは何でも出来ることになります。

PHPやRuby、Pythonといった言語で作成される事が一般的なWebサイトの開発もScalaで行う事ができます。

会計システムや業務処理といった業務システムも可能ですし、PC向けのアプリケーション、モバイルアプリでももちろん制作可能です。

もちろん全ての開発において優位性があるわけではなく、機械学習であればPythonの方が優れている部分があり、iOSアプリを制作したいのであればSwift言語を使用した方が効率的です。

しかし、Scalaを覚えればほぼ全てのことが出来るようになるため覚えればかなり強いスキルの一つになるのではないでしょうか。エンジニアとしてスキルアップしたい方におすすめの言語です。

 

Scalaで製作されたWebサービス

 

国内の有名サービス

 

 

実際にScalaで開発された身近な国内のサービス例を紹介します。

 

・SmartNews

スマートニュースは国内外の政治経済、エンタメ、グルメ、2chまとめなど400チャンネル以上のコンテンツから好きな情報を毎日更新して届けるキュレーションメディアです。

iOS、Androidのアプリケーションとして主にモバイルユーザーをターゲットにしたニュース発信を行なっています。

 

・Chatwork

Chatworkはクラウド型のビジネスチャットツールです。Lineなどの会話に特化したメッセージングアプリケーションとは違いファル共有機能やタスク管理、ビデオを使用したグループ通話機能などを盛り込むことで、日本やアジア地域で広く使用されています。

 

海外の有名サービス

 

 

続いて海外でScalaを使用して開発された有名サービスも紹介します。

 

・Twitter

アメリカの会社が運営しているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、140文字以内の短文や画像を気軽に発信できるサービスを提供しています。月間のアクティブユーザーは日本国内で4 ,500万人、世界全体で見ると3億3,000 万人と巨大なユーザー数を獲得しています。

 

・Linkdin

Linkdinもアメリカの会社が運営しており、世界最大のビジネス特化型SNSです。経歴やバックグラウンド、現在のポジション、上司、同僚、取引先などの繋がりといったビジネス上で知りたい情報が全て乗っています。世界中で5億4 ,000 万人以上が使用しており、2016年にMicrosoftによって2兆7 ,000億円という巨額の金額で買収されました。

 

まとめ

 

 

本記事ではScalaについて出来るだけ分かりやすく説明しましたが、Scalaで出来ることやJavaとの関係など理解できたでしょうか。

Scalaは幅広く様々な開発に使用することができ、有用性が高いためその需要は増えています。他のエンジニアよりも高収入を稼ぎたい、Scalaを使用して開発している会社に就職したい、と考えている方は是非トライしてみてください。

とげみ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。