カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 営業からエンジニアへの転職方法を解説!キャリアチェンジに必要なスキルは?メリットや注意点を確認しよう
  • 転職準備

営業からエンジニアへの転職方法を解説!キャリアチェンジに必要なスキルは?メリットや注意点を確認しよう

営業出身のエンジニアはIT業界でも大変ニーズの高い人材です。そこで営業経験を活かしたエンジニア職や転職方法についてご紹介!転職のメリットやキャリアに必要なスキルと習得方法。また営業出身者が転職後に気を付けるべき注意点についても解説します。

手帳とノートPC

営業からエンジニアへの転職メリットとは?

 

プログラミングする手とコーヒーカップ

 

IT業界では営業からエンジニアへと転職する人が年々増えています。

営業職から技術職であるエンジニアに転職した場合、どのような「メリット」があるのでしょうか?

以下にて主なメリットをまとめてみます。

 

・IT業界は平均年収が高く設定されている

・様々な分野で活用できる接客スキルは高評価の対象

・営業の経験を活かすことができる

・一般的なエンジニアと差別化が図れる

・進行や調整役など重要なポジションにつきやすい

・企画から関われるのでやり甲斐のある仕事ができる

 

IT業界は実力重視の世界であり日本では完全な売り手市場となっています。

また営業や接客業はどの分野でも活用できる「共通スキル」のため転職後も重宝される人材です。

そこで転職方法やキャリアチェンジに必要なスキルについてご紹介していきましょう。

 

営業出身者の市場ニーズと企業の採用基準

 

IT業界の求人状況はどの様になっているのでしょうか?

営業からの転職者に対する市場ニーズや企業の採用基準について紹介します。

 

日本のIT業界は幅広い人材を募集中

 

棒グラフ

 

意外かもしれませんが営業職からエンジニアへと転職する方は年々増加傾向です。

その理由の一つとして日本IT業界の慢性的な「人材不足」が挙げられます。

AIやビッグデータなどの最先端技術によって今後のIT需要はますます増加します。

しかし、日本IT市場では2019年をピークにIT人材は徐々に減少。

2030年には最大で79万人ものIT人材が不足するとの予想結果があるのです。

このため日本では国籍や性別、経験を問わず広い分野から多くの人材を募集。

なかでも「営業出身者」はその経験やスキルを多くの企業が求めているといえます。

以下にて企業から求められる転職者の特徴をまとめてみましょう。

 

企業から求められる転職者の特徴

 

握手

 

・働きながらでもスキル習得に励めるような「やる気」がある人

・顧客対応に慣れたビジネススキルの高い人

・コミュニケーション能力が高く人当たりの良い人

・ポジティブな思考と向上心を持つ人

 

このように各企業の採用基準において上位を占めるのは技術的な要素ではありません。

たとえ技術面で優れたエンジニアであってもチームワークを蔑ろにしては仕事に影響するからです。

またエンジニアが1からビジネススキル習得を試みるとなれば膨大な時間を費やすことになります。

そのため後から習得可能な技術スキルよりも上記の能力を企業は重視しているのです。

このことから顧客の対応を任せられる接客や営業出身者の市場ニーズは年々高くなっています。

 

営業経験を活かす「セールスエンジニア」

 

営業からエンジニアに転職するなら前職の経験も活かしたいと誰もが考えることでしょう。

ここでは営業経験者に向いているエンジニア職についてご紹介します。

 

営業と技術を併せ持つ「セールスエンジニア」の仕事

 

提案する女性

 

「セールスエンイジニア」はその名からも分かる通り営業職と技術職を合わせた職種になります。

これまでは営業職が顧客の要望を聞きサービスや製品を提案してきました。

そして営業から依頼を受けたエンジニアがその通りに作るという役割分担が一般的です。

しかし、技術面の知識が無い営業は顧客相手に「説得力のある提案」がなかなかできません。

そのため顧客の要望をそのまま持ち帰り、エンジニアに困難な仕事を要求することもよくありました。

一方「セールスエンジニア」は技術的な視点を持つため顧客の疑問や質問にも即座に答えられます。

自社製品やサービスの魅力を顧客に提案しサービス導入後のサポートも行っていきます。

 

気になるセールスエンジニアの年収とは?

 

セールスエンジニアの平均年収は女性で500万円前後、男性は600万円前後となっています。

これは平均年収がおよそ420万円の一般的な営業職と比較しても高い設定です。

なおエンジニアとセールス、どちら寄りのキャリアを選択するかによっても平均年収は変化します。

 

文系から人気の「システムエンジニア」

 

近年では「文理融合」学部が登場するなど「理系」と「文系」の壁も徐々に無くなりつつあります。

従来の「理系=エンジニア」のイメージも緩和され、文系が多いとされる女性エンジニアも増えています。

こちらでは文系の転職者に人気の職業「システムエンジニア(SE)」についてご紹介しましょう。

 

システムエンジニアの仕事

 

システムエンジニア

 

数多くあるIT技術職の中でも「システムエンジニア(SE)」の仕事は文系の方に人気です。

システムエンジニアは主にシステムの企画や設計などの上流工程を担当します。

仕事内容を以下にまとめてみましょう。

 

・顧客とのヒアリングを行いその要望に対し提案する

・顧客のニーズを実現するシステムの基本設計

・プログラミングに関わる技術や仕組みを設計

・システムの動作テスト工程を行う

 

このように「システムエンジニア(SE)」の仕事は顧客と関わりその「求めるもの」を把握すること。

そこからニーズを満たしたサービスや製品作りの方向性を決めシステムの完成まで携わります。

 

システムエンジニアの平均年収

 

システムエンジニアの平均年収は約400万円ほど、また上位職なら600万円以上も可能です。

ITエンジニアの年収はその経験やスキルのほか働く業界の種類によっても変化します。

また顧客のシステム開発や自社サービスかによっても変わることを覚えておきましょう。

 

システムエンジニアの求人一覧をチェック

 

キャリアチェンジに必要なスキルと習得方法

 

上記でシステムエンジニアとセールスエンジニアをご紹介しました。

どちらの仕事も必要なスキルとして以下のものが挙げられます。

 

双方のエンジニアに必要なスキル

 

プログラミング

 

・顧客ごとに異なる対応も可能な接客スキル

・コミュニケーション能力

・プロジェクトを管理するマネジメント能力

・問題解決策を提示できる技術的な知識

 

このようにどの技術職でもキャリアチェンジするにあたりIT関連の知識が必要です。

営業職の「強み」を最大限に活かすためにもプログラミングの知識やIT用語を勉強しましょう。

 

スキルの習得方法のおすすめ

 

サイコロに書かれたSTUDYの文字

 

プログラミングを学ぶにはオンラインのプログラミングスクールがおすすめです。

専門家講師から手ほどきを受けられるカリキュラムなら実践的なノウハウも習得できます。

またフリータイム制のスクールならば、仕事をしながらでも無理のない学習が可能でしょう。

最先端IT技術の導入による新しいサービスが日々誕生している今日。

IT業界で活躍するには常に新しい「情報と知識」を獲得し続けることが大切です。

転職後も自ら積極的に「学ぶ」ことを意識すると良いでしょう。

 

営業経験者の「強み」とは?

 

メガネをかけた女性

 

多くの顧客と関わってきた営業出身者は「ユーザー視点」に立てることが強みです。

営業というポジションは多くの分野に関わるためジェネラリストのようになります。

多角的な視点や顧客との関りで培われてきたユーザー「視点」は営業職ならではの強みです。

これら営業職の‟強み”はユーザーの「求めるもの」を反映した製品開発に欠かせません。

またプロダクト改善に役立つユーザーからの情報も営業経験者の方が比較的得やすいといえます。

組織やチームを活性化させる「マネジメント」も営業職の経験が活かされます。

顧客との調整にも慣れているため自然と部門間の‟調整役”が回ってくるのです。

つまり営業職からエンジニアへキャリアチェンジした人は重要なポジションを任されやすいといえます。

このことから転職者の「コミュニケーション能力」は企業が最も重要視するポイントです。

営業目線を活かしたフォローが行える人は転職後も重宝されることでしょう。

 

営業からエンジニアへ転職する際の注意点

 

営業からエンジニアに転職するにあたり陥りがちな注意点を解説します。

 

コミュニケーション不足に注意

 

パズルピースを持つ手

 

人と人が関わる以上さまざまなシーンでコミュニケーション不足による相違はでてきます。

たとえば営業とエンジニアでは言葉の「認識」が食い違うことがあります。

開発に携わるエンジニアはプログラミングの間違いや仕様外の異なる動作に対して‟バグ”と表現します。

しかし営業では「想定外のこと全て」をバグと認識している人が多く、意図した通りに伝わり難いのです。

プロダクトの開発には何よりもチームワークが大切になります。

双方の認識のズレを把握して適切なコミュニケーションを心掛るようにしましょう。

 

「チーム開発」だということを忘れない

 

グータッチするチーム

 

営業職では主に売上や利益など事業価値にポイントを置きがちです。

そのため「数字に囚われやすい」という営業ならではの欠点があります。

たとえば顧客からのフィードバックでも「今月は〇件で先月より〇%多く…」と数字が並びます。

確かにユーザーのフィードバックはエンジニアにとってモチベーションアップにつながります。

しかし、余りにも日常的に使用すれば「利益」しか興味がない人と誤解されることでしょう。

エンジニアとして「ものづくり」への意識を大切にし、営業目線に偏り過ぎないよう注意してください。

 

「企業研究」で転職の不安を解消する

 

ボードを見る男性の後ろ姿

 

異なる分野からしかも未経験での転職活動となれば誰もが不安を覚えます。

しかし営業で培ってきた自分の「強み」を最大限に発揮できる環境がIT業界にはあるのです。

あなたの転職に理想的な企業が見つかったら、まずはその企業に関する様々な情報を集めましょう。

実際に営業からエンジニアへ転職された知人などIT業界で働いている人の意見も貴重です。

また転職エージェントなど専門家のアドバイスは企業の情報収集に役立ちます。

相手企業について研究し理解を深めることであなたの転職や面接への不安も解消できることでしょう。

 

無料転職相談に登録して理想の企業で働こう

Geekly Media
ライター

手帳とノートPC

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook