1. HOME
  2. Geekly Media
  3. ソフトウェアエンジニアの年収は?仕事内容やスキル、年収を上げる方法を解説

ソフトウェアエンジニアの年収は?仕事内容やスキル、年収を上げる方法を解説

「ソフトウェアエンジニアの平均年収はどのくらい?」ソフトウェアエンジニアへの転職や、今よりもっと年収を上げたいとお考えの方に向けて、今回はソフトウェアエンジニアの年代別の平均年収や仕事内容、求められるスキルや年収、将来性を解説します。

最終更新日:

  • twitter
  • facebook

ソフトウェアエンジニアの平均年収は558万円

 

 

【年齢別】ソフトウェアエンジニアの平均年収

 

 

厚生労働省が発表しているデータによると、ソフトウェアエンジニアの平均年収は558万円です。

国税庁による給与所得者全体の平均年収は443万円であり、ソフトウェアエンジニアの平均年収558万円は比較的高い年収水準であることが分かります。

 

出典:厚生労働省_令和4年賃金構造基本統計調査

出典:令和3年分 民間給与実態統計調査

 

他エンジニア職種との年収比較

 

ソフトウェアエンジニアの平均年収と、当社の独自データによる他エンジニア職種の平均年収を比較して解説します。

 

システムエンジニア

システムエンジニアの平均年収は593万円であり、ソフトウェアエンジニアよりも少し高い年収水準です。

プロジェクトマネージャーやシステムコンサルタントは特に年収が高くなる傾向にあるため、高年収を目指す場合は勤め先企業の規模や求められる資格などを確認しておくことをおすすめします。

 

ソフトウェアエンジニアとシステムエンジニアの違い

ソフトウェアエンジニアは基本的にソフトウェア開発のみに携わりますが、システムエンジニアはソフトウェアを含むシステム開発において全体像をつかみ、クライアントの要望の分析やシステムの要件定義から運用保守までを行います。

 

【あわせて読みたい】システムエンジニアの年収についてはこちら⇓

 

インフラエンジニア

インフラエンジニアの平均年収は539万円であり、ソフトウェアエンジニアの方が平均年収が高くなっています。
インフラエンジニアはネットワークやサーバーといったITインフラの設計や構築、運用保守を担っており、「サーバーエンジニア」や「ネットワークエンジニア」等の種類があります。

平均年収は539万円ですが、保有資格やスキルなどによっても変化するため求人に記載されている情報を確認しましょう。

 

【あわせて読みたい】インフラエンジニアの年収についてはこちら⇓

 

データサイエンティスト

データサイエンティストの平均年収は570万円であり、ソフトウェアエンジニアと比較すると少し高い水準です。

データサイエンティストは、あらゆる意思決定の際にデータに基づいた合理的な判断をできるようサポートする役割があります。
統計学やプログラミングスキルなどの高い専門性が求められ、IT業界の中でも年収が高い職種とされています。

 

【あわせて読みたい】データサイエンティストの年収についてはこちら⇓

 

IT人材1万人のデータで年収UP予想額がわかる「IT人材 年収診断」

 

 

仕事量が多いのに周りと比べて年収が低い、評価されにくくて給料が上がりにくい、転職したいけど今より年収が落ちないか不安、など、IT・Web・ゲーム業界で勤めている方にとって「年収」に関する悩みは多いですよね。

年収のことで悩んだら、一度ご自身の年収の現在地と年収アップ予想額を調べてみませんか?現在地から目指せる年収を知ることで、この先どうするか納得のいく決断ができるでしょう。

 

【無料】年収アップ予想額を見てみる

 

 

「IT人材年収診断」は年収の現在地から転職時の年収アップ予想額までわかる!

 

 

ギークリーの「IT年収診断」では同年代・同職種と比較した年収の現在地が分かるだけでなく、同年代・同職種の転職時の年収アップ予想額までわかります。

ご自身の診断結果を参考に転職活動をすることで、転職の目的が明確となり納得のいく転職を実現できるでしょう。

 

年収約120万円アップ!年収診断の利用から約2週間以内に転職成功した方の例

 

年収アップに成功したAさんの例
  • ご年齢:30代
  • ご経歴:プロジェクトマネージャー⇒アプリエンジニア
  • 勤務地:西日本⇒東京へ転職
  • 転職期間:2週間以内に転職成功

 

Aさんは、スピード転職に成功、かつ年収を約120万円アップすることに成功しています。

もともとアプリエンジニアとしてのご経験もお持ちで、年収診断を行った結果、同職種・同年代のボリュームゾーンより年収が下回っていることから年収を上げたいとお考えになり、転職で年収アップを成功させました。また、開発に携わりたいという希望も転職により叶えることができました。

 

【あわせて読みたい】転職で年収アップに成功した事例はこちら⇓

 

「IT人材年収診断」ご利用の流れ

 

「IT人材年収診断」は4つのステップで完結!

 

STEP1:以下のボタンから年収診断のページへ

 

STEP2:年収診断のページから氏名と連絡先を入力してスタート

 

STEP3:プロフィールと簡単な職務経歴を入力して診断

 

STEP4:ご自身の年収の現在地を把握

 

診断後は、年収が上がる求人や、ご希望に沿った求人のご紹介、IT職種を熟知したキャリアアドバイザーに転職の相談をすることもできます。是非一度、ご自身の年収の現在から年収アップ予想額を見てみてください。

 

【無料】さっそく年収診断をしてみる

 

 

ソフトウェアエンジニアの仕事内容

 

 

要件定義

 

ソフトウェアエンジニアはシステム開発に関わる場合、システムを正常に動かすために必要なソフトウェアの要件定義から行います。
ソフトウェア単体の開発を行う場合は、開発するソフトウェアの要件定義に携わります。

 

要件定義の際は、クライアントの要望をヒアリングしたうえで具体的な実現方法などを考え、クライアントが持つ課題解決に向けて要件を整理していきます。

 

ソフトウェアの設計

 

設計ではハードウェアとの互換性の調整や、ソフトウェアに組み込む機能などを決定します。
この段階で目的に合わせた設計をしなければ、後の作業工程のすべてに影響を与えてしまうため非常に重要な仕事です。

 

設計は基本設計詳細設計に分類され、基本設計ではどのような機能をシステムやソフトウェアに実装するかを考えるフェーズであり、主にシステムエンジニアが担当します。
ソフトウェアエンジニアは詳細設計を担い、さらに細かな機能や仕組み部分を検討します。

 

プログラミング

 

ソフトウェアエンジニアは設計のみならずプログラミングも行う場合があります。
プログラミング言語も複数扱うケースが多いため、多くのプログラミング言語を習得しておくと仕事の幅が広がるでしょう。

ソフトウェアエンジニアは主にウェブ上で動くアプリや、携帯電話で利用するツールなどを開発します。

 

ソフトウェアの実装テスト

 

このフェーズでは、開発したソフトウェアが正常に動くかどうかをテストします。
ここでミスが見つかった場合は修正作業を行い、テストが問題なく終了するまで繰り返し行います。

リリース後に正常に動作できるようにするためには、念入りな確認とユーザー目線でのテストが重要です。

 

クライアントへの提案

 

IT化が進む中で、業務にITを取り入れようと検討する企業は少なくありません。ソフトウェアエンジニアはそういった企業に対し、プロとして提案を行います。

またITコンサルタントと協業してクライアントの課題解決に取り組むケースもあります。

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

ソフトウェアエンジニアが年収を上げる方法

 

 

求められている資格を取得する

 

ソフトウェアエンジニアにおすすめの資格として、IPA(情報処理推進機構)主催の「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」などの国家資格が挙げられます。

基本技術者情報試験はITエンジニア初学者向けとされる試験であり、ITに関する基礎的な知識が求められます。

応用情報技術者試験は基本情報技術者試験の応用であり、高度なIT人材に必要な知識やスキルを問われるため、取得することでIT知識やスキルをアピールできるでしょう。

 

また企業によっては資格手当がある場合もあり、資格の種別や難易度によって月の基本給に加えて数千円から数万円が支給されます。

 

【あわせて読みたい】資格手当の相場について詳しくはこちら⇓

 

キャリアアップする

 

今よりも年収アップを目指すなら、キャリアアップすることも有効な手段です。ソフトウェアエンジニアからのキャリアアップでは、プロジェクトマネージャーやITコンサルタント、ITアーキテクトなどがあります。

 

マネジメントに携わる職種や専門性の高い職種は年収が高くなる傾向にあるため、業務を通してスキルを磨いておくことで社内での昇進や転職時に役立つでしょう。

 

無料の転職エージェントを活用する

 

ソフトウェアエンジニアとして年収を上げたい場合は、無料の転職エージェントを活用することもおすすめです。
IT業界の転職に特化したエージェントを利用することで、条件の良い求人の紹介や年収交渉もサポートしてくれます。

年収を上げたいけど転職するのは不安、というお悩みがある方はぜひお気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

ソフトウェアエンジニアの将来性

 

 

IT化が進むなかで、企業に課題解決に寄与するソフトウェアの開発や運用保守に強みを持つソフトウェアエンジニアの需要は拡大し、将来性は高くなるでしょう。

 

しかし、今よりも高い年収を目指す場合は最新情報をキャッチし、スキルアップしていくことが大切です。

ソフトウェアエンジニアとして様々な開発案件に携わったり、資格取得などを通して市場価値高めることで、年収アップに繋がります。

当社の独自調査では約80%以上のIT人材が自己研鑽を行っており、仕事と両立しながら自身のスキルアップに取り組んでいます。詳しくは以下の記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【あわせて読みたい】IT人材の自己研鑽事情についてはこちら⇓

 

<簡単1分>年収診断をしてみる

 

 

ソフトウェアエンジニアの求人例

 

 

自社の業務システムに携わる求人例

 

鉄道、バス、飛行機などの一番便利な乗換方法を提案する乗換案内サービスをモバイル端末やPCのサイト、アプリなどを通じて提供しています。

「移動サポートナンバー1の企業」を目指し、近年は研究&開発部門を置き、乗換案内の周辺サービスにも力を入れています。

 

【年収】

450~570万円

 

【仕事内容・求められるスキル】

オペレーション業務をシステムのリニューアルを通して、改善・課題解決を担っていただきます。アプリケーションの開発に加え、業務フローの設計や要件定義など、上流工程で力を発揮していただけます。業務の効率化に直結するポジションです。

多くのオペレータの方のディレクションやデータ生成オペレーションを通じて、効率化や顕在化されていない課題の抽出を行っていただきますので、開発の上流工程で必要なスキルが身につきます。

 

【あわせて読みたい】求人の詳細はこちら⇓

 

Flutterアプリの設計、開発に携わる求人例

 

テクノロジーの力で、建設業界の可能性を広げることに挑戦するConTech企業です。登録料無料で利用できる建設業者様向けのマッチングサービスを提供しており、案件の内容に合わせ、それを得意とする協力会社や職人さんを見つけて依頼が可能です。

 

【年収】
500~900万円

 

【仕事内容・求められるスキル】
事業責任者やPdMと協力しながら、要件定義から設計、実装、リリースまで開発業務全般に携わっていただきます。

また開発チーム内でKPIの達成に向けた企画を立案し、デザイナーやデータアナリストと連携して開発とリリースを進め、その結果をチーム内で分析し、さらなる改善に取り組むことも求められます。
こちらのポジションではFlutterアプリと連携するためのバックエンドの開発をメインに行う予定のため、Flutterアプリの設計、開発にも携わることが出来ます。

 

【あわせて読みたい】求人の詳細はこちら⇓

 

data / AI 領域に携わる求人例

 

「誰もが価値創造に夢中になれる世界」をビジョンに掲げ、現在4ヶ国、6都市にて1500名以上のクリエイターやエンジニアが在籍するデジタル・クリエイティブスタジオです。
300を超えるサービス・プロダクトの開発を通して構築した、価値創造のプロセスと開発の効率化を支えるプラットフォームを活かし、ユーザー中心設計でのリーンなサービス開発を強みとしています。

 

【年収】
800~1000万円

 

【仕事内容・求められるスキル】
同社では「アイデアを持つパートナー(起案者)」に対して、サービスデザインから技術選定、開発までを一気通貫で提供しています。
スタートアップの開発支援から大手企業の新規サービス立ち上げまで様々な規模のプロジェクトがあり、その中でもdata/AI 領域のプロジェクトにおけるエンジニアリングを担っていただくため、Azureを用いた開発経験などがあるとスムーズです。

 

【あわせて読みたい】求人の詳細はこちら⇓

 

求人を紹介してもらう

 

 

年収アップを目指すなら転職のプロに相談しよう

 

 

今回はソフトウェアエンジニアの年収や仕事内容、年収を上げる方法などを解説しました。

ソフトウェアエンジニアの平均年収は558万円であり、キャリアアップや資格取得によってさらに年収を上げることが可能です。

ソフトウェアエンジニアは将来性も高く、今後も需要が高まるでしょう。

 

今よりも年収を上げたい場合は、無料の転職エージェントの活用もおすすめです。IT・Web・ゲーム業界の転職に強い転職エージェントのGeekly(ギークリー)では、職種や企業の情報を多数保有しているだけでなく、年収アップに関するご相談も承っています。

年収や今後のキャリアに悩みをお持ちの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

この記事の監修者

【国家資格保有】キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事