1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. コピーライターの仕事内容を解説!年収や求められるスキルは?求人情報を元に転職エージェントが解説します
  • 職種・ポジション

コピーライターの仕事内容を解説!年収や求められるスキルは?求人情報を元に転職エージェントが解説します

コピーライターは商品やサービスの宣伝のため人の心を掴むようなフレーズを生み出しています。一度はあるコピーに目を奪われたという人も多いのではないでしょうか。今回はそんなコピーライターの仕事内容から年収、求められるスキルなどについて詳しくみていきます。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

コピーライターとは?

 

ライティング

 

コピーライターの「コピー」とは広告の世界では広告文字全般のことを指します。

広告の中には雑誌などの紙媒体から、テレビCMやラジオなどの電波媒体、最近ではインターネットの世界まで含まれています。

クライアントから依頼を受けた商品やサービスを、魅力的なコピーで広告し、消費者を行動に移させることが主な仕事です。

最近ではただコピーという文字だけを生み出すだけでなく、商品企画からブランディングまで業務の幅が広がっています。

 

コピーライターの求人傾向

 

求人

 

コピーライターの求人は数多くはありませんが、広告代理店広告制作会社などは必要となれば人材の募集を行っています。

コピーライターの求人の中には未経験でも応募できるものもありますが、数は少ないでしょう。

ある程度の経験者か実績がある人向けの求人がほとんどです。

そのため未経験の場合はコピーライター養成講座を受講したり、どこかの企業でアシスタントとして経験を積んだりする必要があります。

最近はインターネットなどのデジタル広告がテレビ広告を上回ったというデータもあり、WEB制作会社での求人が増えている傾向です。

 

コピーライターの仕事内容

 

仕事道具

 

ではコピーライターの仕事内容はどのようなものか、詳しくみていきましょう。

 

広告企画のコンセプト作り

 

良いコピーを生み出すためには、最初のコンセプト作りから重要になります。

そのためクライアントと広告にしたいサービスや商品の特徴や課題、広告する目的から予算までを洗い出します。

それらの情報を元にクリエイティブディレクターなどと全体的な広告のコンセプトを固めていきます。

「どんな広告にするか」が明確であればあるほど良いコピーが作成できるようになります。

 

ターゲット層向けの市場調査

 

市場調査

 

広告のコンセプトが決まったら、次は広告商品関連の市場調査を行います。

ターゲットとする性別、年齢における嗜好や流行を読み取り、効果的なコピーを生み出すための情報を集めていきます。

広告商材に関連する資料を読んだり、関連商品が販売されている店頭に足を運んだりして調査を行うこともあります。

そういった市場調査の上、グラフィックや映像なども含めた全体像を話し合いながら、クライアントへ提出するコピー案を練っていきます。

 

コピー作成

 

リサーチを元に消費者が目にした時に「サービスを利用したい」「商品を購入したい」という気持ちにさせるようなコピーを作成します。

ただ目を引くようなインパクトのある言葉だけでなく、商品の魅力特徴を伝えながら斬新であることが求められます。

また商品のことだけでなく、クライアント企業のブランドイメージにも合ったコピーという要素が必要になることもあります。

一瞬の閃きのようなセンスでコピーができるのではなく、地道なリサーチから出た数多くのコピー案から、ベストなコピー案が出てくるのです。

 

撮影などの現場立ち合い

 

コピーライターはただコピーを出すだけの仕事ではありません。

実際に生み出されたコピーはチラシやCMなど、写真や動画などの中で使用されるものです。

そのため実際に写真撮影やCM撮影などにも立ち合い、コピー自体がビジュアルとも合っているのかどうかを確認します。

そのためコピーライターは言葉だけを扱うのではなく、企画から世に送り出されるまでの一連全てに関わっていく仕事になります。

 

コピーライティングの種類

 

広告

 

コピーライターが生み出すコピーには様々な種類のものがあります。

それぞれのコピーについて詳しくみていきましょう。

 

ブランディングコピー

 

一般的にコピーライターと聞いて、思い浮かべるのがこの「ブランディングコピー」でしょう。

写真やCM映像などに印象的な短いコピーを合わせることで、消費者にインパクトを与え、その商品や企業のブランディングを行うものです。

賞やコンテストなどもあり、コピーが一つのアート作品として捉えられることもあります。

広告代理店や制作会社などにクライアントが依頼し、コピーライターやディレクターなどチームとして仕事を行う場合が多いです。

 

セールスコピー

 

「セールスコピー」はその文字通り、商品やサービスの販売するという目的を達成するために打ち出すコピーです。

ダイレクトメールPOPなどの販促ツールに書かれているような、販売意欲を刺激する言葉が分かりやすい例でしょう。

インターネット上であれば、バナーランディングページ特集記事などその表現方法は様々あります。

セールスコピーが書ければ企業の広報や販売促進部門、WEBサイトやオンラインショップの運営担当などで活躍できます。

 

オンラインとオフライン

 

インターネット媒体での広告費が、テレビや新聞を上回ってきていることもあり、オンラインでのセールスコピーの需要が高まっています。

WEB上でのセールスコピーは、チラシや紙のダイレクトメールなどのオフラインのものとは大きく異なってきます。

オンラインでのコピーに関しては、SEO対策として検索されやすいようなワードを選んだり、クリック率を高めるなど独特な検証が必要です。

そのため今後はオンラインとオフラインでのセールスコピーの書き分けがうまくできるコピーライターは重宝されていくでしょう。

 

コピーライターの求人一覧をチェック

 

コピーライターの年収は?

 

お金

 

ではコピーライターはどれくらい稼げるのでしょうか。

ここではコピーライターの年収について詳しくみていきましょう。

 

会社員の場合

 

コピーライターの多くは広告会社や制作プロダクションなどで勤める会社員です。

そのためその会社の給与形態によってばらつきはありますが、平均すると年収300万~500万程度の所が多いです。

大手広告会社になると600万~800万程のところもあります。

会社員であれば年齢によっても給与は変わってくるため、20代では250万円程度でも、40代の時には600万円台以上ということもあり得ます。

 

フリーランスの場合

 

通常のフリーランスの年収は200万~300万程度と、会社員よりも少なくなる可能性が高いです。

会社員とは違い、フリーランスは案件ごとに報酬として稼いでいくことになります。

報酬金額はコピーライターの実力や掲載媒体、クライアントとの関係性などで決まってきます。

そのため、あまり実績がなければ年収も低くなりますが、人気コピーライターとなれば1,000万円を超える年収も夢ではありません。

 

コピーライターになるには

 

書く人

 

コピーライターになるためには、特に資格も特別な条件もないため、誰でも名乗ればすぐにコピーライターになれます。

その分、経験と実績で評価される世界になるため、全くの未経験の人が広告会社などにコピーライターとして採用されることは少ないでしょう。

まずはコピーライター養成講座などに参加したり、企業のクリエイティブ部門などで広告全体の業務経験を積んでいきましょう。

その経験や実績を元に広告代理店などに転職したり、今いる社内でコピーライティングを担当させてもらうことができます。

 

コピーライターに求められるスキル

 

スキル

 

ではコピーライターの仕事にはどんなスキルが求められるのかをみていきましょう。

 

リサーチ力

 

コピーを考える上では、土台となる情報を効率よく収集できるリサーチ力が必要になってきます。

様々な資料を読んだり、実際にお店に足を運び関連商品の動向をリサーチしたりと、膨大な情報を集めることになります。

その膨大な情報から必要なものだけを取捨選択していくには時間がかかるため、効率よくリサーチできる力が求められます。

 

マーケティング力

 

人の心を動かすコピーを書くためには、ターゲット層の隠れたニーズ欲求まで掘り起こし、それらに訴えかけるような言葉が必要です。

その隠れたニーズを見つけるためには、ターゲット層の嗜好や流行を敏感に読みれるマーケティング力が求められます。

このマーケティング力が優れていることが、より消費者の心に刺さるコピーを生み出すことに繋がります。

 

コミュニケーション力

 

コピーライターは、広告を作る際に自分の好きなようにコピーを考えられる訳ではありません。

クライアントやクリエイティブディレクターなど多くの人と打ち合わせを重ねながら、最適なコピーを試行錯誤していきます。

そのためクライアントなどの希望を取り入れながら、自分の考えも伝えていくコミュニケーション能力が求められます。

 

コピーライターの魅力

 

魅力

 

では、コピーライターの仕事にはどのような魅力があるのかみていきましょう。

 

自分が関わった広告を見た時

 

コピーライターは一つのコピーを作るのにも多くの時間手間をかけます。

一つの短いコピーでも何日もかけ数十、数百のコピー案を考えることもあります。

その分、採用されたコピーが街中のポスターやCMなどで実際に見られた時は、大きな達成感を得られるでしょう。

 

自分のコピーによりヒット商品が誕生

 

コピーライターは一つのコピーが商品を大ヒットに導いたり、流行語になったりと世の中に大きな影響を与えられる仕事です。

また、売上はもちろんブランドイメージの向上など、様々な面からクライアント企業に貢献することができます。

その貢献が認められれば、直接個人的に仕事を依頼されるケースも増え、将来的に独立し、より大きなステージで活躍していくことも可能です。

 

様々な人、モノ、場所との出会い

 

コピーライターは世の中にある商品やサービスが全て仕事の対象になります。

そのため、様々な世界との出会いがあり、色んな価値観を学べる機会もあります。

活動範囲が広いため、業務的に大変という面もありますが、人としての幅を広げられる仕事でもあります。

 

コピーライターへの転職も一つの選択肢に

 

仕事

 

コピーライターと聞くと、クリエイティブで発想力のみで仕事しているように思われがちです。

しかし、実際は一つのコピーのために下調べや多くのコピー案を出すなど、地道な作業が必要な面もあります。

その代わりに世の中に大きな影響を与えたり、独立して高収入を得ることもできる仕事です。

今回の記事を参考にコピーライターへの転職も一つの選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

無料転職相談に登録してクリエイティブ職に転職しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー