カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. WEBライターが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!
  • NEW
  • 職種・ポジション

WEBライターが転職する際にあると有利なスキルや経験について徹底解説!

Webメディアでコンテンツ記事を書くWebライターの仕事。会社員・副業・フリーランスなどはたらきかたが多様な職種の1つです。Webライターとしての転職だけでなく異業界・異職種へ転職時に有利なスキルや経験などはどんなものがあるのでしょうか?今回は転職活動の進め方を含めて徹底解説します。

WEBライターが転職するときに有利なスキルは?

 

 

クライアントのニーズを汲み取るスキル

 

Webライターの仕事は「書く仕事」と思われがちですが、正確にいうとクライアントのニーズを汲み取り記事を書く仕事です。

Webライターが執筆した記事を校正・編集する編集者も相性があります。SEOを重視するのか、日本語文法を重視するのか人それぞれです。原稿の修正も、編集者側で校正をかけてWebライターに修正させない人もいれば、完璧になるまで何度もWebライター側に修正させる人もいます。

フリーランスで安定していないWebライターの場合、時間的拘束が発生する原稿修正が苦痛に感じるもいます。クライアントの編集者がどのような人物でどんな記事を書いてほしいかというニーズをチャットなどのやりとりから汲み取ることがWebライターには求められます。この経験は転職活動で有利になるスキルでしょう。

 

案件を受注できる営業力

 

副業・フリーランスのWebライターの場合は、クラウドソーシングサイトなどを活用して、案件を受注する営業力がある人が収入を得ています。

募集案件には「文字単価」という記載があるものが多いです。この文字単価が高い案件には応募が集中することが多く、倍率が数十倍ということもあります。

このような案件を受注できる営業力は転職活動に有利に働く可能性はあります。Webライターから同職種の場合だけでなく、営業職といった異職種に転職する場合もこの経験を記載することで選考時に加点される可能性もあります。

 

WEBライターが転職するときに有利な経験は?

 

 

「書くこと」以外の経験があるか

 

Webライターが転職するときに有利になる経験は、「書くこと」以外の強みがあるかです。

例を挙げると、記事構成やタイトル案について自らが提案して採用になった経験や、インタビュー取材での交渉経験があるかなどです。

「書くこと」ができるWebライターは無数に存在します。他のWebライターと転職活動で差をつける場合は、「書く」ということ以外で自己PRすることが大切です。また、Webライター以外で編集やディクション業務、Webマーケティングのような経験がある場合は、職務経歴に追記することで、転職選択肢が広がる可能性があります。

 

知名度のあるWebメディアでの実績があるか

 

知名度のあるWebメディアで記事執筆した実績があることも有利になります。

例を挙げるとYahoo!ニュース提携メディア」などです。トップニュースに掲載される場合は、運営元メディアに多くのアクセスが流入します。多くの人の目にとまることになるので、記事の質も問われてきます。

Webライターとしての採用ハードルも高いですが、新聞記者出身のキャリアを持つ人とも仕事をする機会もあるかもしれません。そのような環境でWebライターとして経験を積むことはスキルアップにつながります。知名度のあるWebメディアでのライター経験は有利になるでしょう。

 

Webライターが転職するときに有利な業界・職種は?

 

 

転職に有利な業界は?

 

Webライターが転職に有利なのはWeb業界です。これまでの業界経験が転職時に加点されるでしょう。正社員からの転職を志望する人は、キャリアアップといった位置づけで進めたらよいと思います。Webライターはフリーランスなどで働いている人もいると思います。そのような場合は正社員として組織のなかで仕事をすることを選ぶのか、得意な分野で自らのスキルを活かすフリーランスではたらくのか慎重に判断しましょう。正社員経験のない人が目指す場合は、書類選考突破のハードルが正社員経験者と比較すると高いです。Web業界以外にも幅広く業界を見ることもおススメします。

 

転職に有利な職種は?

 

Webライターが転職に有利なのは職種ですが、WebライターWebディレクターといった職種が有利です。経験を活かして転職できる可能性があります。

ライター以外にもSNS運用Web制作などの経験がある場合は、Web関連の様々な知識を必要とするWebマーケティングなどのポイジョンも可能性があります。フリーランスなどで自ら案件を提案した経験を持つ人は営業職へ転職できる可能性があります。

会社という看板がないなか、個人の力量で案件を受注して納品した経験は、営業職の「商品の魅力を伝えて提案する」という業務で活かせます。チャットワークという非対面というコミュニケーションでクライアントとやりとりする経験もインサイドセールスなどで活かすチャンスはあるでしょう。営業職として転職する場合は、業界経験を活かすことができるWeb業界や、未経験でも営業職を多く募集している人材業界がおススメです。

 

Webライターが転職するには

 

 

Webライターとしての自らの実力を知る

 

Webライターとしての仕事を続けるには自らの実力を知ることが大切です。現在はクラウドソーシングサイトの広がりによりWebライターは副業として参入しやすい職種になっています。知名度があるWebメディアや高単価の案件には応募が集中していることも事実です。高単価案件を受注するためには専門性や実績が問われてきます。Webライター経験のない人が準備なく独立することは収入を得ることが困難になる可能性もあります。Webライターを目指す人はまず会社員として転職して経験を積むことをおススメします。また、現在フリーランスのWebライターで活動している人は、今後生活をすることができるかという視点を持つことも大切です。大きく収入を得ることが難しいと判断した場合は転職も視野に入れましょう。

 

Webライターが転職方法は?

 

Webライターが転職するためには、Web業界に強い業界特化型の転職エージェントを利用することがおススメです。

業界出身者であることが多く、「業界全体の動き・トレンド」を知ることが可能です。業界・職種自体の求人数・給与の変動や、ソフトのスキル需要などを詳しく知ることができます。特化型は各企業との太いパイプを活かし、それを内定へと繋げている傾向があります。

各企業の選考状況や、応募書類の書き方についても情報を持っています。ノウハウを元に面接対策や各種書類を作成するので、内定率が高い傾向があります。

 

Geeklyにライターのキャリアプランを聞いてみる☞

まとめ~書く仕事ってなんだろう~

 

 

本記事では、WEBライターが転職する際にあると有利なスキルや経験、転職の有利な業界・職種、転職活動の方法まで解説しました。

Webライターの仕事をしている人は「書くこと」が好きな人が多いと思います。「書くこと」を仕事にすることを考えると、Web業界のほかは広告やマスコミ業界ではたらくことをイメージする人がいると思います。

一方で、仕事で「書く」という業務で様々な場面で発生します。営業職として提案書を作る、人事職として自社の求人票を作成するなど様々です。

現在、Webライターとして書く仕事に挑戦したい、引き続きWebライターして書く仕事をしたいと思っている人もいると思います。Webライターとして転職が叶うことがベストだと思いますが、現在では、副業から参入する人もいる人気職種でもあります。

「書く」仕事は他にないか、視野を広く持ち転職活動を進めることがおススメです。正社員ではなくフリーランスでWebライターとして活動している場合は、組織に所属せずに案件に対して提案したという「営業力」が評価される可能性もあります。営業職への転職も視野に入れることをおススメします。

転職活動を進めるときは1人で悩まず転職エージェントと一緒に進めることで、自らの市場価値を知り転職の成功に近づきます。

 

IT業界に転職するならGeekly☞
MIKIRURI

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。