カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Geekly コラム
  4. 40代Web系エンジニアの転職事例をご紹介します!特徴的なキャリアパスから転職成功の秘訣まで、詳しく解説します。
  • Geekly コラム

40代Web系エンジニアの転職事例をご紹介します!特徴的なキャリアパスから転職成功の秘訣まで、詳しく解説します。

今回は、40代Web系エンジニアの弊社経由での転職事例を取り上げました!Web系エンジニアへの転職事例、年収アップした転職事例、オープン系エンジニアへキャリアチェンジを果たした転職事例の合計3つの転職事例をご紹介しています。転職に対する具体的なイメージを湧かせるための「きっかけ」としていただければと思います!

アイキャッチ

概要

 

40代 Web系エンジニアに見られた転職事例は、大きく以下3つに大別できました。

 

➀ Web系エンジニアへの転職事例

② 年収がアップした転職事例

③ オープン系エンジニアへの転職事例

 

今回は上記3つの転職事例をもとに、40代のWeb系エンジニアからどのような転職の事例があるのかを知っていただければと思います。

順を追ってご説明します。

 

(転職事例➀)Web系エンジニアへの転職

 

 

【ステータス】

42歳、現年収720万円のWeb系エンジニア

Web/モバイルアプリの開発会社にてチーフエンジニアをご経験されていらっしゃいました。フルスタックにご活躍いただける方で、言語に関しましてもマルチにご対応いただけました。

 

【転職理由】

受託での開発が続いており、自社での開発をご希望となり、ご転職活動を始められました。

 

【転職成功ポイント】

15年以上システム開発に携わっており、最終的にはチーフエンジニアとしてマネジメント経験もお持ちでしたので、即戦力として期待されました。加えて、転職先企業様も急拡大するフェーズで、採用熱も高まっていましたので、絶好のタイミングでのご転職となりました。

 

(転職事例②)年収アップの転職

 

技術力とマネジメント経験がポイント

 

 

【ステータス】

40歳、現年収450万円のWeb系エンジニア

Java、JavaScriptの経験がございます。直近2社で様々なWebシステムの開発に携わっており、設計、開発、テスト、そしてリーダーとしてスケジュール管理も行っていらっしゃいました。

 

【転職理由】

リーダー職として成果も出しているのに年収が上がらず、また、よりスキルアップを狙っていくことができる環境に身を移すためです。

 

【年収アップポイント】

技術力もありながらマネジメント経験もあり、成果も出されていたことがポイントでした。

 

このような状況でも、思った以上に現職で年収が出ないケースもあります。そういったスキルのある方を求める企業様もまだまだ多いですので、そのような時は、転職を選択肢として考えてみてもいいでしょう。

 

「希少、かつ、市場価値の高い技術力」がポイント

 

 

【ステータス】

40歳、現年収440万円のWeb系エンジニア

Flash、Javascript、Unityと、一貫してクライアントサイドの開発に携わっていらっしゃいました。プラットフォームもiOS/Androidだけでなく、WebGL対応もできます。

 

【転職理由】

担当していたプロジェクトが終了し、今後を考え、ご転職活動を始められました。

 

【年収アップポイント】

「UnityやiOS/Androidなどのスマートフォン環境での開発」という希少、かつ、市場価値の高い技術に一貫して携われてきた経験が評価され、転職先企業様でも大きく年収をアップさせることが出来ました。

 

相談する

 

(転職事例③)オープン系エンジニアへの転職事例

 

キャリアチェンジのケースはいくつかありましたが、その中でも特に事例として多かったオープン系エンジニアへの転職事例を2つ取り上げたいと思います。

 

安心してキャリアチェンジできる企業への転職

 

 

【ステータス】

45歳、現年収350万円のWeb系エンジニア

Webシステム開発エンジニアとして、詳細設計以下、実装業務をメインにキャリアを積まれていらっしゃいました。Java、PHP、Perlなど、幅広い開発環境でのご経験をお持ちでした。

 

【転職理由】

年齢も上がり、現状のまま一生働くということは考えにくく、これまでの経験を活かせる環境への転職を希望して、転職活動を始められました。

 

【転職成功ポイント】

ご転職先の企業様が「幅広い研修制度」を用意している企業様で、メインの下地となる技術力さえあれば、しっかり活躍できる環境であったことが大きい要因でした。

技術的な下地と真面目に仕事に取り組む姿勢があれば、研修制度などのフォローアップ制度によって、キャリアチェンジもしやすくなるでしょう。

 

経験マッチの転職

 

 

【ステータス】

45歳、現年収740万円のWeb系エンジニア

システムエンジニアとしてキャリアをスタートさせ、様々なWeb開発に携わっていらっしゃいました。また、システムの導入プロジェクトや導入後のカスタマーサポートなどもご経験されていらっしゃいました。

 

【転職理由】

更なるスキルアップを求めて、ご転職活動を始められました。

 

【年収アップポイント】

オープン系エンジニアへのキャリアチェンジとなりますが、技術力がありながら、お客様への提案や導入・サポートも経験しており、これらは今後の働き方と重なってくるため、即戦力として評価されました。

 

経験とマッチする求人を見つけることも、キャリアチェンジを可能にする1つのやり方でしょう。

 

最後に

 

イメージ画像-まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

40代 Web系エンジニアの転職事例を振り返ってみて、大きく2種類の転職があったことがお分かりいただけたかと思います。

1つ目が「既存の技術力をさらに伸ばしていく転職」です。既存の技術をより磨くための転職活動となるので、自分自身の経験を活かせるポジションへの転職がポイントになるでしょう。2つ目が「新しい技術を身に付ける転職」です。これに関しては、研修制度の整った企業様への転職事例を取り上げました。

両者ともに共通するのは、自分の能力やスキルをしっかり理解すること、そして求人を幅広く見ることです。その両者が噛み合うことで、理想的な転職活動の実現に繋がると思います。

IT業界に関する求人情報に興味のある方は、弊社でも10000件以上の求人から、あなた様に見合った求人をご紹介することが可能です。IT/Web/ゲーム業界に特化した専門的な情報提供から、書類作成の代行サービス、年収交渉まで、幅広く転職支援サービスを展開しておりますので、ぜひご検討くださいませ。

 

無料転職相談に登録して自分に合う会社を聞いてみる

 

geekly

Geekly Media
ライター

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。