カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. URLとURIの違いとは!今更聞けないWebの基礎知識を解説します!
  • Web・ゲーム

URLとURIの違いとは!今更聞けないWebの基礎知識を解説します!

普段インターネットを触っていると「https:/(http://)」から始まる「URL」と呼ばれるものをよく目にすると思います。しかし似たような単語に「URI」とよばれる単語も存在します。この記事ではURLとURIの違いについて徹底解説しています。豆知識として新たな教養が育まれると思いますので、ぜひご一読を。

Webサイトの仕組みは?

 

 

URL、URIの違いを説明する前に、基本的なWebサイトの仕組みのご説明をします。これを知っておくことでスムーズにURL、URIを理解していただくためです。それでは見ていきましょう。

 

Webとは?

 

Webとはインターネットで扱われるサービスの一つです。正式名称であらわすとWorld Wide Web(ワールド・ワイド・ウェブ)といいます。「世界中の情報と情報が蜘蛛の巣のように繋がってみえる」ことからそのように名づけされました。

このWebによって、さまざまな情報(動画、画像、文章)を閲覧できるのです。Web上の情報は「HTML」等のプログラミング言語によって記述されています。そしてそのHTMLをブラウザでわたしたちが見れる状態に変換してくれるのです。

 

Webページの仕組み

 

わたしたちが普段、閲覧しているWebページの裏側の仕組みをご紹介します。こんな仕組みなんだなぁと軽い気持ちで読んでください。

まず、仕組みを説明するためには、WebサーバーとWebクライアントの2種類の存在が欠かせません

WebサーバーはWeb情報を公開しているコンピュータのこと。Webクライアントとは、わたしたちが普段サイトを見ているパソコンやスマホのこと。つまりWebサーバーが情報を提供して、Webクライアントで情報を受け取ります。

実際にサイトを表示する際は、Webクライアントが「このURLのWebサイトを見せて!」とWebサーバーにリクエストします。そのリクエストに対してWebサーバーが、Webクライアントに要求されたファイルを提供することで私たちはサイトを閲覧できるのです。

だいぶざっくりと説明してみました。このように日々、Webサイトを使うなかでURLは非常に重要な役割を担っているのです。

 

URLとは

 

情報があるWeb上の住所

 

Internet

 

 前段が長くなりましたがようやく本題です。

URLとは「Uniform Resource Locator(ユニフォーム・リソース・ロケータ)」の略で、インターネット上に存在するあらゆるファイルの場所を示すものです。いわゆるWeb上の住所です。

例えばブラウザを表示する際、上部にhttps://(http://)~で表記されているものです。インターネットは世界中で利用されており、無数のWebサイトが存在しています。その無数にあるWebサイトの中から、特定の一つを表示させるためにURLをつかってWeb上の住所を指定しているのです。

 

URLの構成

 

ここではURLの構成を見ていきます。URLはアルファベットの適当な羅列だと思う方もいらっしゃると思いますが、ちゃんと法則があるのです。

URLは「プロトコル名」、「ホスト名」、「ドメイン名」、「ディレクトリパス名」、「ファイル名」によって構成されています。単語だけ聞いてもピンとこないと思いますので、例を使って説明します。

 

例: https://www.geekly.co.jp/example/wp/index.html

▲上記のURLをみていきましょう。

 

・プロトコル名:通信方式のようなもので「https」の部分です。

・ホスト名:サーバーを表しており「www」の部分です。

・ドメイン名:自分で選択できる固有の文字列で「geekly.co.jp」の部分です。

・ディレクトリパス名:接続先のどのページを表示するかを表しており「example/wp」の部分です。

・ファイル名:接続するファイル名を表しており「index.html」の部分です。

 

URLのアルファベットの羅列にはそれぞれ意味があり、今後URLを目にするときは「プロトコル名」、「ホスト名」、「ドメイン名」、「ディレクトリパス名」、「ファイル名」を意識して確認すると面白いかもしれません。

 

無料転職相談に登録してGeeklyで転職しよう

 

URNとは

 

続いてURIのご紹介をしたいところですが、URIのご紹介をする前にURNのご説明が欠かせないため、ここではURNの説明をします。

 

Web上の名前

 

web

URNとは「Uniform Resource Name(ユニフォーム・リソース・ネーム)」の略でインターネット上に存在するあらゆるファイルの名前を示すものです。

このURNは基本的に、ずっと固定の名前です。Webサイトを制作して、場所を引っ越しすればURLは変更になりますが、URNは変更されません。

 

Web側で認識されている

 

しかしこのURNですが、なじみがない方が多いのではないでしょうか。この記事で初めて知った方も多いかと思います。実はURN、わたしたちのような一般ユーザの目に触れることはあまりありません。

どちらかというとWeb側で認識されている名前のためです。実用性がある単語ではありませんがURL、URIの関係性を知るために、そんなものがあるのだなぁ程度に覚えてくだされば大丈夫です。

 

URIとは

 

URLURNの総称

 

 

imagewebsite

  

URIとは、「Uniform Resource Identifier(ユニフォーム・リソース・アイデンティファイア)」の略でインターネット上に存在するあらゆるファイルを識別する総称のことです。

インターネット上のファイルを識別するためには、ファイルの名前と場所が必要です。ここでいうファイルの名前が「URN」、場所が「URLです。なんとなくURI、URL、URNについて理解できたでしょうか。

 

そもそも何が違うの

 

URI、URL、URNについて知識が深まったと思いますが、どのような違いがあって、どのような関係性があるのでしょうか。ここではそれをご説明していきます。

 

URIURLURNの関係性

 

imageweb

 

URI、URL、URNの違いというより、URI=URL+URIという関係性をもっています。「URL」と「URN」は「URI」の一部です。私たちが普段、目にする以下の表記はURLでもありURIでもあるのです。

 

例:https://www.geekly.co.jp/example/wp/index.html

 

よく「上記のようなアドレスはURIで、URLではない」という意見を見かけます。http://(https://)はURI側の一部で、URLには含まれないとういうものです。しかし、http://(https://)はURLの重要な要素のため、URLと読もうがURIと読もうがどちらも正解なのです。

 

まとめ

 

この記事ではURLとURIの違いについて徹底解説しました。URIURIURNWeb上にあるファイルを定義付けするために必要な要素でした。

URNは、Web上にあるファイルの名前を示すもの。URLは、Web上にあるファイルの住所を示すもの。URIは、Web上にあるファイルを示す総称のもの。

わたしたちが何気なく触れているWebサイト等は上記のようなURIURLURNなどで構成されていることが分かりました。今回の豆知識で周りのひとに、Webアドレスを指し「これ実はURIなんだよ」と自慢げに違いを話してあげましょう。

 

無料転職相談に登録して基礎の知識を活かせる会社に転職しよう

 

大坂 健太

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。