カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. CxOってなに??主な10種の意味と、その役割についてご紹介します!
  • 職種・ポジション

CxOってなに??主な10種の意味と、その役割についてご紹介します!

FacebookのCEOマイク・ザッカーバーグなど、ニュースで最初がC、最後がOで終わるアルファベットの役職(CxO)を目にすることがよくあります。しかし、その詳しい意味について実はよくわかっていないという方は意外と多いのではないでしょうか。この記事では主なCxOの意味と、CxOの役割を解説します。

CxOとは?

 

 

CxOの意味

 

主に欧米の企業で用いられている役職名で、近年外資系企業やグローバル化を進める日本企業でも取り入れられるようになりました。
CxOのCはChief(組織・集団の長)、OはOfficer(幹部・役員・執行役)を意味します。
間に入るxはそれぞれの役割・業務の頭文字です。合わせて「企業におけるXの業務・役割の最高責任者」を表す略語となります。

日本企業におけるCxOと取締役の違い

 

日本企業における役員の肩書によく見られる「取締役○○」とCxOは何が違うのでしょうか?
会社法で定められた日本の株式会社に置くことが義務付けられている機関は「株主総会」と「取締役」です。
つまり取締役は必ず置くことが法で定められているのに対し、CxOについては特に規定がありません。企業が自社の組織の形に合わせて自由に置くことが出来る役職といえます。

CxOを置くメリット

 

経営と業務執行の役割を分けることが出来る

 

欧米の企業では通常CEOのみが取締役を兼ね、そのほかの取締役と業務の執行役(CxO)は明確に分けられています。この役割分担により取締役は会社経営に関わる意思決定、執行役は業務の観点から経営課題を解決することにそれぞれ集中することが可能です。結果組織運営を効率化し、企業全体の意思決定をスムーズにすることができます。CxOを取り入れている日本企業も、よりスピード感のある経営判断が可能な欧米型の組織運営を目指しているといえるでしょう。

責任範囲が明確になる

 

「社長」「専務」といった従来の日本の企業でよく見られる役職は、具体的に何をするのかがその肩書からはわかりにくいです。一方CxOはxの中身で担当する内容が明確になっており、各々の業務の責任者を社内・社外に広く知らせることができます。また、担当する範囲を定めることでその分野の専門家を役職につけ、能力を最大限発揮させることができます。

旧来の縦割り組織を変えることが出来る

 

旧来の縦割り組織の企業では、異なる組織を横断的に見ることができる人材がいないがゆえに、部門同士の考え方・仕事の進め方などの違いから来る衝突が起きがちでした。CxOはある業務・部門のリーダーであるだけではなく、経営という観点から部門の戦略を考える役割を担っています。CxOが経営の視点で全体をみながら自分の部門がどのような役割を果たすべきか考えることで、旧来の会社組織で起きていたような社内での衝突を脱することが期待されています。

経営と現場の橋渡しをすることが出来る

 

企業の上層部が業務の知識に乏しい場合、往々にして現場の状況に合わない目標を押し付けてしまいがちになります。
一方経営の視点を持ち、かつ担当する業務のプロフェッショナルであるCxOがいることで、より実際の業務の現場に根ざした実践的な戦略が立てられます。また業務の知識を活かしながら現場の声を吸い上げて、経営に反映することもできます。結果として、経営と現場の間の壁をなくすことができます。
無料転職相談に登録して自分に合う会社を聞いてみる

 

主なCxO

 

以下では、主なCxO職の正式名称と担っている役割について解説していきます。

CEO

 

Chief Executive Officer/最高経営責任者
業務の全てを統括し、経営戦略を立てて最終的な経営判断を行う企業の実質的なトップです。
別に社長がいる場合は、CEOがより大きな権限を持ちます。日本企業においては会長や社長がCEOを兼ねているケースが多いです。

COO

 

Chief Operating Officer/最高執行責任者
CEOの立案した経営戦略の執行する責任者です。CEOに次ぐ企業のNo. 2とされることが多いです。

CSO

 

Chief strategic officer/最高経営戦略責任者
会社の中・長期的な経営戦略を立てる責任者です。CEOは最高責任者として意思決定、経営判断においてより強い権限を持つ、CSOは戦略の立案を専門とするという特徴がありますが、CEOとCSOの境目が曖昧になることも多いです。そのためCSOはミニCEOと呼ばれることもあります。

CHRO

 

Chief Human Resource Officer/最高人事責任者
人材の配置、育成など人事関連の業務を統括し、ヒト・モノ・カネのうちの「ヒト」を活用する戦略を立てる責任者です。CHO(Chief Human Officer)と表記されることもあります。

CFO

 

Chief Financial Officer/最高財務責任者
資金調達・運用、予算の管理など財務面の戦略を立案・実行します。

CMO

 

Chief Marketing Officer/最高マーケティング責任者
全社のマーケティング施策を統括し、企業のブランドを強化します。

CCO

 

Chief Communication Officer/最高コミュニケーション責任者
他社との交渉・記者会見などの対外的コミュニケーションを担います。日本企業においてはあまり一般的ではありませんが、欧米では任命する企業が増加しています。

CTO

 

Chief Technical Officer/最高技術責任者
技術部門の総責任者であり、技術や研究開発の戦略を立案・実行します。

CIO

 

Chief Information Officer/最高情報責任者
社内インフラ・システムの整備、IT資産の調達・保持の最適化、情報管理など、企業内における情報化戦略を牽引します。

CDO

 

Chief Digital Officer/最高デジタル責任者 または Chief Data Officer/最高データ責任者
ビッグデータ活用の推進、デジタル技術を活用した新規事業企画などITを利用した組織変革をリードし、企業の新たな価値を創出します。

CTO、CIO、CDOの違い

 

情報技術を扱う役職であるCTO・CIO・CDOの役割の違いを整理しましょう。
CTO:製造・研究開発等における技術的な方針を決定し、社内のエンジニアを統括する
CIO:社内システムの導入など、社内の情報化戦略を担う
CDO:デジタル技術を利用して新たな市場を切り拓く
というイメージです。
CTO、CIOは情報を利用して社内を変えるのに対し、CDOはより対外的な戦略を立案する役割を担っているとも言いかえることができるでしょう。
もちろんこの3つの役職を全て置いている企業ばかりではなく、個々の企業によってその役割は微妙に異なっています。

CxO役職からわかる企業の特徴

 

先に書いたように日本企業ではCxOは必ず置く必要がある役職ではありません。それゆえにどんな役職を置いているかで、その企業が何を重視しているかがわかります。たとえば日本ではあまり一般的でないCCOがいる企業であれば、一貫性のあるメッセージを発することで信頼性やブランド価値を高めることに重きを置いていると考えられます。CDOがいる企業はデジタルトランスフォーメーション(デジタル技術を浸透させることによって変革を起こすこと)の推進を重視しているといえるでしょう。ある企業について詳しく知りたい場合、どんなCxOのもとで組織運営がなされているか調べてみるのは一つの良い方法です。

まとめ

 

町を見る人
近年日本の企業でも見られるようになった役職であるCxOは、その企業の戦略やビジョンを反映する存在でもあります。その意味と役割を知っておけば、企業研究の新たな視点を獲得することが出来るでしょう。
無料転職相談に登録して自分の知識や経験を活かせる会社に転職しよう

 

ウラサワミホ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
1+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。