カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 履歴書に貼る写真ってどれくらい重要?重要性から良い印象を与える撮り方について徹底解説!
  • NEW
  • 転職活動

履歴書に貼る写真ってどれくらい重要?重要性から良い印象を与える撮り方について徹底解説!

転職・就職活動において必需品である履歴書。「履歴書の写真て重要なの?」や「履歴書の写真を少しでもキレイに撮影する方法は?」といった思う方もいるでしょう。この記事では、履歴書の写真の重要性や撮影する際の注意点、良い印象を与える写真の撮り方についてご紹介します。採用担当社に与える第一印象を良くするキッカケになるかと思いますので、ぜひご一読ください。

履歴書の写真は第一印象を決める重要な要素

 

まとめ

 

結論から述べると履歴書の写真は、あなたの第一印象決める重要な要素です。なぜなら、あなたのビジュアルの情報が分かる唯一の情報のためです。

履歴書はあなたの経歴や自己PRといったテキストでの情報が大半を占めますが、その中で写真はあなたの印象や雰囲気を伝える要因の一つになり得ます。履歴書の写真から得る印象と実際に会った時の印象が異なることが少ないと言われるほど、履歴書の写真であなたの印象は伝わるのです。顔の表情や雰囲気のみならず社会人としてのマナーがあるかといった情報まで伝わります。そのため寝癖がついていたり、パーカーを着用していたり、プリクラの写真を使っていたりというのは避けましょう。採用担当者からの印象を良くするため、履歴書の写真にも気を配るようにしましょう。

 

履歴書の写真を使う際の基本知識

 

 

ここでは、履歴書の写真を使う際の基本知識をご紹介します。

当たり前と思われる情報も記載していますが、非常に重要なポイントですのでしっかりと確認するようにしましょう。

 

写真のサイズ

 

履歴書の写真のサイズは、縦40mm×横30mmが一般的です。

写真のサイズが合わず、履歴書の写真の幅よりも小さかったり大きくなったりすると不格好になります。写真のサイズが小さい場合は取り直すことをおすすめしますが、大きい場合は写真をカットして適切なサイズに調整が可能です。写真のサイズを間違えずに適切なサイズを選択するようにしましょう。

 

写真の裏側には名前を記載しておく

 

写真の裏側には、自分の名前を記載するようにしましょう。なぜなら、万が一履歴書の写真が剥がれてしまったときでも、誰の写真であるか分かるようにするためです。

採用担当者は多くの履歴書を確認します。その中でいくつか履歴書の写真が剥がれていれば、どの写真がどの履歴書のものか判断が付きません。そのため履歴書の裏には自分の名前を忘れずに記載するようにしましょう。

 

撮影後3ヶ月以内の写真を使用すべき

 

履歴書の写真は、撮影後3ヶ月以内の写真を利用することが望ましいです。

撮影してから期間が経過しすぎると、写真を撮った時のあなたと実物のあなたで差が生じてしまうためです。髪型や体型、顔の印象などが変化する可能性があります。3ヶ月以内であっても大きく印象が変化したと自覚しているならば、再度撮影し直すことをおすすめします。

 

背景色は白・青・明るいグレーがおすすめ

 

撮影をする時の背景色は、白・青・明るいグレーにすることをおすすめします。

写真の背景色が派手すぎであったり、暗すぎたりするとあなたの写真の印象に影響与えてしまうためです。背景にあなたの顔以外のものを写り込ませないため、背景色を設定するのです。

ほとんどの撮影場所では背景色が白・青・グレーに基本で設定されているので、そこまで気を付ける必要はありません。

 

撮影時の服装は男女ともにスーツが基本

 

写真撮影時は男女ともにスーツが基本です。

襟付きのシャツとジャケットの着用をして撮影に臨みます。就職・転職に使う写真となるとフォーマルな格好が必要になるため、ジャージやパーカーといった私服での撮影は避けなければいけません。社会人としてのマナーがないと判断されてしまう可能性があります。

 

履歴書の写真を撮影する際に注意すべきポイント

 

軸を定めない転職は注意!

 

ここでは、履歴書の写真を撮影する際に注意すべきことをご紹介します。

写真撮影前に確認し、満足のいく写真を撮影しましょう。

 

前髪で顔が隠れていないか

 

まずは前髪で顔が隠れていないか確認しましょう。

基準としては目にかからず、おでこの見えるくらいが良いです。目は顔の印象を決める大きな要素のため、前髪で目が隠れることのないようにしましょう。髪が長い場合は、目立たないピンで固定したり、整髪剤で整えたりと対処してください。

 

髪型はナチュラルヘアであるか

 

髪型はナチュラルヘアーであるかを確認しましょう。

寝癖がついていたり、ワックスなどでボリュームを出しすぎていたりする写真は好まれません。男性ならば軽く髪の毛をまとめて清潔感を、髪が長い女性であれば耳にかけたり、後ろでまとめたりしましょう。

 

インナーは派手すぎないか

 

インナーにも注意を払いましょう。

濃い色や派手な柄のシャツ、ボタンダウンのシャツ、カジュアルなネクタイ、胸元開きすぎたインナーなどを使用していませんか?写真撮影の際はジャケットを羽織ることが多いため、意外にインナーに目を向けていない方もいらっしゃいます。そのため忘れずにインナーも気にして下さい。

 

服装が乱れていないか

 

写真撮影の際は服装の乱れがないか確認しましょう。

家を出る時は服装がしっかり整っていても、撮影場所に移動する中で崩れる可能性は往々にしてあります。ネクタイが曲がっていたり、ジャケットに汚れやホコリが付いていたり、シャツのボタンが開いていたりです。服装の乱れはすぐに修正できるものばかりですので、撮影前に今一度確認してから撮影に臨みましょう。

 

好印象を与える履歴書の写真の撮り方を解説

 

 

ここでは、好印象を与える履歴書の写真の撮り方を解説します。

スピード写真や自撮りで写真を撮影しようと考えている方は、写真の質を一段以上あげるキッカケになるので参考にしていただければと思います。

 

白いハンカチや紙を膝の上に乗せておく

 

白いハンカチや紙をカメラに映らないよう膝の上に乗せて撮影をするようにしましょう。

白いハンカチや紙がレフ板と同じ役割をし、顔を明るくしてくれます。光が足りないとあごの下に影がつき表情が硬く見えてしまいます。白いハンカチや紙を膝に乗せるだけでレフ板と同じ役割をしてくれるのは嬉しいですね。

 

椅子を少し高めにしておく

 

椅子を少し高めにしておくことで、自然にあごをひいた写真を撮影できます

少し高めというのが重要で、高すぎると見下ろした印象を与えてしまうので、目線に注意して椅子の高さを調整しましょう。少しの手間で印象をあげることができますので、ぜひ試してみてください。

 

写真の仕上がりをキレイにしたい方は写真館がおすすめ

 

本をよむ子

 

写真の仕上がりをきれいにしたいと考えている方は、少し値ははりますが写真館で撮影することをおすすめします。撮影機材や撮影技術、スタジオなど質の高い写真を撮影するために必要なものが揃っているためです。

履歴書の写真を撮影するとなるとスピード写真で撮影したり、自撮りで撮影してコンビニで印刷したりするかと思います。しかし写真の撮影方法によって大きく写真の仕上がりは異なります。

写真館は少し値がはるため、避ける方もいるかと思いますが、その写真が合否に少しでも影響を与える可能性があるならば良い写真を使った方が良いですよ。

 

まとめ

 

時計

 

この記事では、履歴書の写真の重要性や撮影する際の注意点、良い印象を与える写真の撮り方についてご紹介しました。履歴書の写真はあなたの第一印象決める重要な項目で、履歴書の経歴や自己紹介文を書くときと同じ位しっかり注力しましょう。

履歴書の写真は、髪型や服装、表情によって大きく印象が異なります。少しでも採用担当者から好印象を抱いてもらえるよう、この記事でご紹介した注意点などを心がけて撮影をするようにしましょう。

キレイな写真を撮影したいと考えている方は写真館での撮影を検討してみて下さい。

大坂 健太

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。