株式会社ハイレゾ

本社所在地:
東京都新宿区

株式会社ハイレゾ

本社所在地:
東京都新宿区
株式会社ハイレゾ イメージ画像1
株式会社ハイレゾ イメージ画像2
株式会社ハイレゾ イメージ画像3
業種
インターネット
設立
2007年12月
従業員数
40名
資本金
9億5,600万円
売上高
12億円
お気軽にご相談ください! まずは無料で相談してみる

事業内容・福利厚生例

事業内容
同社は、日本最大級のGPUデータセンターを運営しており、GPU事業と広告事業を展開している企業です。 ◇GPU事業 ・GPUデータセンターの運営 ・GPUクラウドサービス「GPUSOROBAN(ソロバン)」の提供 ・GPUデータセンター施工コンサルティング、ハウジング、運用代行 ◇広告事業 ・各種マーケティングおよびプロモーションの設計・運営、クリエイティブ制作 ・リアルとネットを融合したトータルプロモーションサービス
保険
健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険
休日・休暇
慶弔休暇 年末年始 夏期休暇 有給休暇 育児休暇
諸手当
通勤手当 交通費(月2万円まで)、資格取得補助制度、月間社長賞・優秀企画賞制度、退職金制度、慶弔一時金 昼食代補助 フリードリンク フリーフード
※募集求人によって条件が異なる場合がございますので、詳しくは求人詳細をご確認ください。
ご利用は完全無料!まずは相談だけでもOK 募集求人について話を聞いてみる

この企業の特徴

担当アドバイザー
床井俊介

<GPUSOROBANについて>
日本最大級のGPUデータセンター規模を有する、ビッグデータを高速で計算処理できる自社GPUクラウドサービスです。
たとえば、医療現場で数日かかった検査結果の通知が、数時間でできるようになるほどの優れた演算力を有しています。
AI音声認識を研究すシンクタンクや、ビッグデータ処理に取り組む大手企業から高いニーズがあり、売上も大きく拡大中です!

■唯一の国産GPUクラウドサービス
GPUが盛んに活用されるAI国内市場は年20%以上で成長しており、2026年には8000億円規模となる見込みです。
世界的にはAWSやAzure、GCPなど米国大手がこの市場を席捲しており国内市場も同様の状況です。
同社の「GPUSOROBANは、唯一の国産高性能GPUクラウドサービスで、コストはAWSの半分程度。
そのため、すでに導入している企業も多数あります。
また、同社はNVIDIAパートナプログラムの最上位クラスとなる「NVIDIAエリートパートナー」に国内で初認定された
GPUクラウド事業者です(CSP Compute分野)

IT職種に詳しい専門アドバイザーが
ご希望に合う求人を的確に選定してご紹介します。

サイトには載っていない
専門家情報が、転職成功カギになる!

無料 詳しくはこちら
非公開
求人約
9000 *1
*1:2024年1月時点
転職で
年収UP
5人中4 *2
*2:2024年2月時点

ご利用の流れ

STEP01

STEP01ご登録

WEBで
簡単お申し込み

STEP02

STEP02カウンセリング

転職のお悩みや
ご希望条件を
ヒアリング

STEP03

STEP03求人のご招待

ご希望に沿った
求人をご提案

STEP04

STEP04応募・面接

応募書類の添削や
面接対策まで
徹底サポート

STEP05

STEP05内定・交渉

年収や入社日の
交渉も
ギークリー
が代行

STEP06

STEP06ご入社

ご状況に応じて
入社後もフォロー

あなたにおすすめの求人

あなたにおすすめの企業

PayPayカード株式会社の画像

PayPayカード株式会社

【Zホールディングス、ソフトバンクグループともに最注力しているFintech企業】 昨今、コロナ禍において社会は大きな変革期にあり、「新しい生活様式」の普及は人々の意識や価値観の多様化をもたらしました。決済・金融業界においては、スマートフォン決済など様々な決済手段が普及し、既に生活の一部となっています。さらにFintech、IoT、AIといった先進テクノロジーの創出により今後益々キャッシュレス社会が浸透していくと考えられます。こうした環境のなかで、同社はインターネット企業であるZホールディングスグループの中核会社として、PayPayへのブランド統一によりグループ企業との連携を一層強固にしています。 【PayPayアプリ上で完結する便利な支払い方式「PayPayあと払い」を提供】 ヤフー株式会社と共同開発した「Yahoo! JAPANカード」が「PayPayカード」に切り替わっています。このカードを用いて実現しているのが、「PayPayあと払い」です。これは、当月に利用した金額を翌月まとめて支払える「PayPay」の支払い手段です。また、取り扱い金額/会員数は急成長を遂げています。取扱い金額は626憶円(2015年)から2兆円(現在)となっております。また 会員数は取扱い金額は625憶円(2015年)から2兆9千憶円(2022年3月現在)となっております。また 会員数は59万人(2015年)から800万人以上に大きく伸長しております。「インターネット屋がやる金融ビジネスの創造・実現」を目指し、グループ一丸となって邁進している会社です。

業種
金融全般
事業
所在地
東京都千代田区
資本金
1億円
企業の雰囲気や選考情報が詳しく聞ける この企業について相談する