カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 内定は保留や辞退できる?人事への伝え方やその注意点について解説
  • 転職準備

内定は保留や辞退できる?人事への伝え方やその注意点について解説

就職活動は多くの企業の選考を受けるものです。「別の企業の最終面接が終わる前に内定が出た。嬉しいけれど、できるならその企業の選考も最後まで受けたい。」そんな時あなたならどうしますか?本記事では内定が出ている企業に対して、内定承諾の保留ができるのかどうか、またその際の注意点についてご紹介します。

そもそも内定の定義とは?

 

 

志望順位が何番にしても、企業から内定が出ることは嬉しいことです。

 

転職活動をしている人の中には「志望度が低い企業だから最終面接に進むのは心苦しい。いざ内定をいただても、入社しないのは申し訳ない。」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、内定を勘違いしてはいけません。

内定とは、「あなたが会社に入社する基準に達している。もしくはその見込みがあります。弊社で仕事しませんか?」という通知です。つまり、内定が出たからといって入社を強いるものではありません。

内定が出てすぐに決断しても構いませんが、焦らずに再度しっかりと検討してから内定を承諾することをお勧めします。

 

内定承諾の返事は保留できる?

 

 

結論からいうと、内定承諾の返事は保留できます

 

面接官も求職者が複数の企業の選考を受けていることは、しっかりと把握したうえで行動しています。明確に把握するために、面接内で他社の選考状況を確認する企業もあります。

いざ求職者に内定を出しても、他社と悩むことは想定内なのです。ですので、保留することはもちろん可能で、その理由も正直に伝えてしまって問題ありません。

 

ただし、企業としても早めに人材が欲しいためいつまでも待つわけにはいきません。あまりに保留期間が長いと、内定取り消しになる可能性もあります

概ね、内定のお返事は、オファー内容提示後、1週間が目安です。延長しても、2週間程度が限度だと考えましょう。

内定先に確認する際は、明確な期日を提示し、それが可能かどうかを確認しましょう。

 

メールで内定保留をお願いする場合の例

 

株式会社○○○

□□様

 

お世話になっております。

貴社の採用選考を受けさせていただいております△△です。

 

この度は内定を頂き、誠にありがとうございます。

現在、他社の選考におきまして、最終面接が○月○日に行われます。

 

せっかくいただいた機会ですので、しっかりと比較検討した上で、お返事させていただきたいと考えております。

つきましては、お返事を○月○日までお待ちいただくことは可能でしょうか。

 

ご検討いただけますと幸いでございます。

何卒よろしくお願いいたします。

 

△△

 

内定を辞退する場合はどうしたら良いの?

 

 

もし、複数社から内定が決まった場合、入社する企業を選ばなくてはいけません。つまり、内定辞退の連絡をする必要もあるのです。

選考の場を設定していただき、内定を出していただいている企業に対して、何も返事をせずに内定を辞退するのは失礼にあたります。内定辞退の連絡はしづらいかもしれませんが、誠意をもって必ず連絡をしましょう。

内定辞退をすること自体は失礼ではありません。

たしかに、人事から見ると非常に残念なことではありますが、内定承諾の返事が出るまでは、基本的にその他の人の選考も続けます。

「不快にさせてしまうかもしれない。」と心配をせずに連絡をとりましょう。

 

メール例

 

□□様

 

お世話になっております。

この度、貴社より内定を頂きました△△と申します。

 

内定のお返事をさせていただきたくご連絡いたしました。

御社への入社も非常に迷いましたが、別で選考を進めておりました企業様より

内定をいただきまして、そちらの企業様にお世話になることに決めました。

 

選考の機会を設けていただき、内定まで頂いたのにも関わらず申し訳ございません。

また何かのご縁がございましたら、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

末筆ながら、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

 

△△

 

内定の保留の際の注意点

 

 

内定承諾の返事を保留する場合には、いくつか注意点があります。

場合によっては、内定取り消しになんてことにもなり兼ねませんのでしっかりと把握しておきましょう。

 

内定承諾するまでは応募者である自覚を持つ

 

当たり前ですが、内定を承諾するまでは、まだ社員ではありません。あくまで選考途中の求職者なのです。

人事としては、なるべく内定を出した人には入社をして欲しいので、頻繁に連絡をくれるかもしれません。そういった連絡に対して、メールにはなるべく早く返信し、丁寧な言葉遣いで対応しましょう

 

内定保留が認められたら必ずお礼を述べる

 

内定保留は会社としてはなるべく避けたい事態です。

他の選考者の選考が先延ばしになったり、内定が出せない状況になったりする可能性があるからです。

そのリスクを負ってまで、あなたの内定への返事を保留してくれたわけですから必ずお礼のメールを送りましょう

可能であれば、内定をくれた企業様に対する思いや抱負を述べるのも1つの手です。

 

進捗があればすぐに報告をしよう

 

採用担当者は、内定承諾だけではなく内定辞退に関してもなるべく早く返事が欲しいと考えています。

その他の最終面接が終わったタイミングや、選考結果が出るタイミングがわかればすぐに報告をしましょう。

 

例えるのなら、採用担当は大切な知人だと考えてみてださい。

予定していたにもかかわらず、重要な別件が入り予定を変更しなくてはいけない状況になったとします。

あなたは状況が分かり次第すぐに連絡をいれるかと思います。

このように、内定の返事をする約束の期日の前であっても、状況が分かり次第頻繁に連絡を入れることで採用担当者の不安を取り除くことになります。

また、豆に連絡をすることで、内定承諾した際にも「仕事ができる人」という印象を与えることができるでしょう。

 

長く待たせないようにする

 

いくら内定を保留してもらえるからと言って、何週間も、何ヶ月間も待ってもらえるものではありません。

なぜ待ってもらいたいのか、どのくらい待って欲しいのかを必ず明確にしましょう。

 

ただし、中には内定承諾の返事を待ってもらえない企業もあります。

その場合でも焦って決めずにしっかりと検討したうえで返事をするようにしましょう。

 

内定保留をしてから内定承諾しても悪印象ではない

 

 

内定保留をして悩んだ末に、その企業に入社することに決めたとします。

 

そうなると「即決できないほどの志望度なんだろう」と企業から思われてしまい入社後の風当たりが悪くなるのではないかと心配する方もいるかもしれません。

しかしご安心ください。

内定を出している時点で、企業は来て欲しいと思っています。また内定保留も想定内です。決して悪い印象を与えることはありません。

余計な心配をせず、内定承諾の返事をしましょう

 

まとめ

 

 

企業にとって内定を出した人は期待の星です。

一緒によりよい会社を作っていきたいと考えています。だからこそ、内定がでてもしっかりと検討して、悩んだうえで内定承諾をするようにしましょう。

 

常に丁寧な対応を心がける

 

内定承諾の返事を保留することは何も問題ありません。保留した後の行動についてもしっかりと意識するようにしましょう。

例え内定は出てたとしても承諾をするまではあくまで応募者です。

・状況が分かればすぐに連絡をする。

・企業からのメールに関してはすぐに返事をする

といったように企業に対して丁寧な対応を心がけましょう。

 

保留しても気にしない

 

内定承諾の返事を保留したからと言って、印象が悪くなるわけではありません。

承諾するにしても、辞退するにしても、誠意をもって堂々と連絡をとりましょう。

内定を受けた段階で、あなたはその企業に認められているのです。

あなたが入社する企業、それはあなたのこれからの人生を左右する場所、と言っても過言ではありません。

しっかりと考えたうえで入社し転職成功できたと胸を張って言えるようにしましょう。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。