カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. 広告代理店に求められる人材になる方法を解説!企業が転職者に求める要素は?未経験者は必要スキルも確認
  • 職種・ポジション

広告代理店に求められる人材になる方法を解説!企業が転職者に求める要素は?未経験者は必要スキルも確認

広告代理店のミッションはクライアントの課題解決です。それを実現するためには流行に対する感度・柔軟な発想力・コミュニケーション能力などが求められます。必要なスキルを身に着け地道で堅実な実行力を発揮できれば、未経験者や20代の転職者も十分活躍のチャンスがある業界です。

デジタルマーケティング,オンラインマーケティング,オンライン

広告代理店のミッション

 

手,虫眼鏡,分析

 

広告代理店で求められる人材を考えるなら「広告代理店は何をするのか?」「どのような仕事内容があるのか?」を考える必要があります。

広告代理店の最も重要な仕事はクライアントの課題解決です。

売り上げアップ・ブランディングによるファン獲得など、クライアントの抱える課題や要望に合わせたインパクトのある提案を行います。

また、広告代理店にはクライアントが抱える課題の解決だけでなく、クライアントが気づいていない課題を発見する役割も持っています。

適切なメディアを選定し、時にはエンドユーザーを巻き込んで大きなムーブメントを起こすような提案が広告代理店に求められています。

 

広告代理店の種類

 

広告代理店は大きく分けて3種類あります。

広告代理店の種類によってクライアントの幅・エンドユーザーが誰なのか・仕事内容・必要なスキルが変わります。

 

総合広告代理店

 

ソーシャルメディア,ソーシャル,キーボード

 

総合広告代理店はメディアを問わずあらゆる媒体を扱う広告代理店です。電通博報堂が代表的な企業として挙げられます。

メディアミックス戦略に長けていて、自社で用意できないリソースをグループ会社から確保する連携も可能です。

 

専門広告代理店

 

ビジネスパーソン,仕事,社会

 

専門広告代理店は特定のメディアや特定業種のクライアントに特化した広告代理店です。

仕事内容がある程度決まっているため、専門スキルを持ったクリエイターを集めやすい利点があります。

また、提案できるソリューションやノウハウの実践を通じて深い知見を得られるメリットも見逃せません。

 

ハウスエージェンシー

 

影,チームビルディング,握手

 

ハウスエージェンシーとは特定企業専属の広告代理店です。JR東日本企画・東急エージェンシーなどの企業が該当します。

仲介手数料の削減などコスト適正化しやすく、クライアントとのスムーズな連携でプロジェクトを進行できるのがメリットです。

 

広告代理店に求められる人材とは

 

広告業界は既存の広告ノウハウに加え、動画やSNSを活用したデジタルマーケティングに対応できる人材のニーズが高まっています。

特に、新しい情報やスキルに対して好奇心を持ち続けられる人材が求められています。

 

世の中の動きや流行に敏感

 

ベオグラード,セルビア,パノラマ

 

広告代理店で活躍できる人材は世の中の動きに敏感であることが不可欠です。

ここでいう「世の中の動き」の例として下記が挙げられます。

 

・商材やお金の使い方に対するターゲットの価値観

・流行しているコンテンツ

・新しいメディア(広告媒体として可能性があるもの)

・これまでになかったテクノロジー

・斬新なビジネスモデル など

 

常にアンテナを広く張って世の中の動きに注目し情報をアップデートし続ければ、広告代理店の仕事で役立つ知識の蓄積ができます。

また、引き出しの多さは柔軟な発想力の源となり、日々の業務を助けるひらめき・やりがいにつながっていくでしょう。

 

発想の柔らかさ

 

電球,電気,光

 

ステレオタイプなイメージにとらわれない柔軟な発想も広告代理店で求められる人材の特徴です。

ここで注意しておきたいのが、常識や既成概念にとらわれない柔軟な発想とは「奇抜」とイコールではありません。

例えば、多くのビジネスマンが活用しているシャーボや多色ボールペンは既存の文房具を組み合わせただけの発明品です。

ありふれたものを組み合わせるだけのシンプルなソリューションで消費者ニーズに応えた画期的な事例として知られています。

つまり、よくあるアイデアでも組み合わせや取り入れ方によっては新鮮な独自の発想を生み出すことができるのです。

広告代理店でも個性を活かした着眼点を論理的に磨き上げ、柔軟でオリジナリティのあるソリューションに昇華できる力が求められています。

 

論理的に分析する力

 

データ,チャート,グラフ

 

広告代理店がクライアントへ最適なソリューションを提供するためには、世の中の動きとそのメカニズムを分析する必要があります。

 

・今人気があるコンテンツは何か?

・そのコンテンツはなぜ人気なのか

・その商品のレビュー記事はなぜPV数が多いのか

・そのサービスのまとめ記事はなぜ多いのか?

・実際に利用してみた感想を自分の言葉で説明できるか?

・想定していなかったターゲットにウケているメカニズムを説明できるか?

・そのコンテンツが人気なのは特定のエリアだけなのか?

・そのコンテンツや商材の人気は一過性のものか、それとも普遍的なものに発展するのか?

 

こうした疑問に答えるためには最低でも6W2Hでトレンドを分析する力が必要です。

 

要望を汲み取る力

 

スタートアップ,起業,人々

 

要望を正確に汲み取るコミュニケーション能力は広告代理店内のどの仕事内容でも欠かせないものです。

例えば、営業職やディレクターの仕事は大部分が関係各所との調整といっても過言ではありません。

また、クライアントに的確なソリューションを提案するにはスタートとなるクライアント要望の分析が必要です。

しかし、クライアントによっては要望が明確でなかったりクライアント自身が気づいていなかったりすることも多くあります。

曖昧なクライアント要望を汲み取るためにも高いコミュニケーション能力は習得しておくべきスキルの1つです。

さらに、コミュニケーション能力はクリエイターにも必要です。

広告制作のプロジェクトは営業やディレクターマーケターを含めたワンチームで進めていきます。

それぞれのステークホルダーからの要求を汲み取り、アウトプットする力が欠かせません。

 

無料転職相談に登録して転職を成功に導くサポートを受けよう

 

広告代理店で求められる人材のモデルケース

 

広告代理店で求められる人材になる方法は役割を理解し業界の変化に対応できるようにすることです。

 

ITに精通した人材

 

手,タイピング,キーボード

 

インターネット広告の需要拡大により、広告代理店ではアドテクノロジーに通じたIT人材の採用件数が増加しています。

Web関連スキルが採用条件に含まれる求人も増えていて、その流れは今後ますます加速していくでしょう。

特に、既存の広告理論とデジタルマーケティング理論をバランスよく取り入れられる人材へのニーズが高まっています。

 

ビジネスを創造できる人材

 

手,大きい,植物

 

近い将来、広告代理店や広告業界で新しい事業のアイデアを創造する役職の登場が予想されます。

例えば、海外の広告業界ではクライアントのブランドビジネスを広告代理店が起業・運営する事例がすでに登場しています。

広告代理店に求められる役割として消費者に行動を起こさせる広告制作だけでなく、自ら需要を生み出す提案が加わる可能性があるのです。

 

深い考察を可能にする統計学の知見

 

地図,世界,雑多

 

広告代理店がクライアントに提案する課題解決施策には自分なりの根拠が必要です。

根拠の提示にはトレンドの綿密な分析が欠かせませんが、そのためには複数のデータが求められます。

 

・現状の商材認知度や売上

・現状のユーザー数と潜在的なユーザー数

・オウンドメディアのPV数やコンバージョン率

・SNSのフォロワー数やリアクション数 など

 

元々こうしたデータの蓄積は広告代理店の専属領域というイメージでした。

しかし、オウンドメディアやソーシャルメディアの普及に伴い、現在はクライアントだけでもある程度のデータ収集が可能です。

つまり、広告代理店にはクライアントが到達しえない独自の提案が求められています。

だからこそ、クライアントには対応できない統計学的な目線と手法をもった人材が重宝されます。

特に、ビッグデータに関する知識やノウハウを持った人材は広告代理店や広告業界でのチャンスがあると考えてよいでしょう。

 

未経験者に必要なスキル

 

歯車,スキル,起業

 

広告代理店で求められる人材になるために未経験者が身につけておきたい知識やスキルがいくつかあります。

 

・デジタルマーケティングの知識

・インターネット広告で収益化できるビジネスモデルについての知識

・SEOのメカニズムに関する知識

・ホームページ制作ノウハウ

・アドテクノロジーに関する知識 など

 

特に、Google検索エンジンやSNSのタイムライン表示のアルゴリズムについて知見を有する人材は多くありません。

専門スキルを持った人材にとって、広告代理店や広告業界への転職はキャリアアップのチャンスに満ちています。

 

転職時に注目したい資格

 

構造,計画,コーディング

 

広告代理店で求められる人材が習得しておきたい知見を得られる資格もあります。

 

・Webリテラシー試験

・Google Analytics Individual Qualification

・Webアナリスト検定

・Google AdWords認定資格

・Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験 など

 

ただし、広告業界は知識・ノウハウの刷新が目まぐるしい業界です。

資格の勉強は業界知識を得るためには役立ちますが、資格それ自体が採用可否を決定するケースは多くありません。

 

企業が転職者に求める要素

 

法律事務所,事務所,テーブル

 

広告代理店が就職・転職希望者に求める要素は2つあります。

 

・地に足をつけて着実にミッションを遂行できる堅実さと実行力

・粘り強く課題に向き合い積極的に改善施策を提案できる思考力と体力

 

広告業界は華やかな仕事というイメージがあります。

例えば、誰もが知るタレントと仕事をする機会やネームバリューがある企業からのオファーを受ける機会があります。

しかし、日々の仕事内容は光の当たるものばかりではありません。

地道な営業活動による広告枠の獲得や統計分析スタッフとのコミュニケーションがほとんどです。

コツコツと努力を重ねる堅実さが求められるため、華やかな世界への憧れだけではついていくのが難しいかもしれません。

また、広告代理店の業務で肝となる日常的な情報収集はネット上の情報だけに頼っていると限界があります。

時には当事者から直接話を聞くなど、鮮度の高い情報を自ら獲りに行く積極性と行動力が求められます。

 

まとめ

 

チーム,手,歯車

 

インターネット広告の需要増加は今後も続くと予想されます。

既存のマス広告で用いられてきた手法に加え、動画やSNSの活用ニーズがこれからも高まっていくでしょう。

また、最近の広告代理店に多く見られる傾向として新しい部署や新会社設立が活発に行われています。

今までにない職業経験・スキルの活用機会も多く、未経験者や若い人材がプロジェクトの中心で活躍できるチャンスです。

もし、広告代理店への転職や広告業界での活躍を目指すなら、転職エージェントの活用も検討してみてください。

転職エージェントは業界経験の有無にかかわらず、転職を成功に導くパートナーとしてあらゆるサポートを行います。

もちろん広告代理店への転職を成功させたモデルケースについても豊富な情報を有し、業界・企業研究に有利な情報を提供できます。

最短距離で広告代理店への転職を実現するなら転職エージェントに相談してみるのもおすすめです。

 

無料転職相談に登録して最短で転職できるプランを相談しよう

Geekly Media
ライター

デジタルマーケティング,オンラインマーケティング,オンライン

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。