1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職目的を明確にする理由を解説!転職を成功させるために考えるべき事を転職エージェントが紹介
スーツの前のボタンをとめる男性

転職目的を明確にする理由を解説!転職を成功させるために考えるべき事を転職エージェントが紹介

転職において、その目的を明確にすべき理由とは一体何なのでしょうか。目的を明確にすることのメリットや、転職準備で考えるべきことも解説していきます。これから転職活動を始めるにあたって、準備を行っている方はこの記事を読むことによって転職活動を有利に進めていくことができるでしょう。

  • twitter
  • facebook

転職の目的とは?

 

 

転職の目的を考える際に大切なことは何でしょうか。

まずは転職の目的を設定する時に気をつけるべきことを紹介していきます。目的を明確にするためにも目的をどのように設定すべきかを考えていきましょう。

 

転職することを目的にしない

 

転職活動を始める際、転職自体を目的にしないように注意しましょう。

そのように目的を設定した場合には、転職先がなかなか決まらないということが起こり得ます。何故なら転職自体がゴールになっており、その先の仕事に向かっている自分が想像できていないためです。

これは転職で起こりがちなミスでしょう。目的を設定するためにはまず転職しようと思ったきっかけを振り返ることが大切です。

このようなミスに陥るのも自身の目的を明確にできていないことが原因だと考えられます。

 

転職理由を目的にする

 

転職しようと思い立った時には何か理由があるはずです。

例えば「今の仕事がつまらない」というのも理由の1つといえます。こうした理由というのは会社に対する不満から発生しています。

そしてそうした不満が転職理由となり、多くの人が自身の目的に沿って転職先を決めるのです。

 

しかし、その目的も漠然とした物ではいけません。

何故今の環境に不満を持ったのかという部分まで突き詰める必要があります。そうして突き詰めることで自分が転職で達成すべき目的が見えてくるのです。

 

転職理由と目的はイコールではない

 

転職の目的と転職を決めた理由はイコールではありません。

先ほどの例でいうと「仕事にやりがいを感じる企業」へ転職することは目的とはいえないでしょう。目的というのは目標の更に先にある将来的なビジョンに繋がるものです。

自分にとって「仕事にやりがいを感じる企業」というのはどのようなものかを考えて、見つけたものが真の転職目的だといえるでしょう。

転職の目的を明確にするには何故「やりがいを感じる仕事をしたい」と考えたのかなども含めて、そう思っている訳を分析する必要があります。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職の「目的」と「目標」の違い

 

 

目的と似た言葉として目標というものがあります。この2つは似て非なるものです。

次は転職の目標についてご紹介していきます。

この2つの違いを知ることによって目的と目標の2つの違いを明らかにしていきましょう。また、これらについて知ることによって目的を明確にする作業も楽になります。

 

目標は目的を達成するためのもの

 

転職における目標というのは転職で達成したいことを指します。転職においては「今の会社よりも自分の理想に近い会社へと転職する」ということが目標だといえるでしょう。

目的というのはこれとは違って目標の先にあるものです。目標の先にある自身の将来に対してのビジョンから設定するものが目的といえます。

転職が成功した後に自身が将来的にどうなっていたいかということが目的なのです。目標というのはそのための中間地点に過ぎません。

 

目標の設定だけではダメ

 

転職する際の目標を設定するにはその先の将来も見据えることが大切です。

ただ「今よりも理想に近い職場に転職すること」だけを追い求めては、入社した後に自身の目的を見失ってしまいます。目標というのは将来の自分像、つまり目的から逆算する形で設定することが大切です。目標だけを設定して転職を行い、その後に目的を成功しては自分の道筋が見えてきません。

現在地からの目的を定めることで自身の目指すべき場所が決まります。その筋道の上にある地点を目標とすることが大切なのです。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職目的を明確にする方法

 

 

転職をする際にはその人によって様々な理由があるでしょう。

目的がないにも関わらず転職するということはあまりないでしょう。しかし、中には漠然とした転職理由によって転職しようと考えている方もいるのではないでしょうか。

なぜ転職目的を明確にするべきなのかをご紹介します。

 

目標との違いから真の目的を見出す

 

先述したように目標と目的は違うものです。

この2つの違いを知ったことで、どのように目的を設定すればいいのかが明確になったことでしょう。転職における目的が指すものは転職の先にある5年後、10年後の将来の自分像に他なりません。

自分がどのようになりたいかということが転職の目的に繋がっていくのです。ここまで分かれば目的を明確にすることも出来ることでしょう。

次は具体的にどのようなものを目的と設定すれば良いのかを考えます。

 

真の目的を定めるためのキーワード

「真の目的」が指すのは下記の内容です。

 

・5年後、10年後にはどんなキャリアになっているか

・どんな仕事なのか

・どんな役割なのか

・年収はいくらなのか

・仕事とプライベートの割合はどうなのか

目的を決めるためにはしっかりと自己分析を行い、自分自身の価値基準を明確にしましょう。

 

目的を明確にするには

 

転職を考えた理由には現状に対して不満を抱えている原因が隠されているはずです。

例えば「仕事がつまらない」と感じてるのならその原因を分析する必要があります。それが今の会社で自身のスキルが生かされていないと感じているからだとしましょう。その場合、転職における目的は「自身のスキルを活かせる企業に転職し新規事業に携わりたい」となります。

このように転職の理由を分析することで自ずとどのような企業に転職すべきかも明確になってくることでしょう。

 

転職目的につながる不満の例

転職目的につながる不満の例として、以下の項目等が考えられます。

 

・労働時間が長い

・残業が多い

・社風が合わない

・実績が評価に反映されていないと感じる

・昇給がない

労働環境への不満であれば「ただ時間を長くかけるのではなく、課題を明確にしてから取り組むことでメリハリをもって仕事に臨みたい」「ワークライフバランスを実現することで、業務効率を上げたい」

給与や待遇面への不満であれば「査定内容が明示された企業で、モチベーションを高く保ちたい」「現職でこのような実績を上げており、御社ではそのノウハウを活かしてこのように貢献したいと考えているので、適性な評価制度を求めている」

このように言い換えることができます。

 

 

目的を明確にすることのメリット

 

 

次は転職の目的を明確にすることで生まれるメリットをご紹介します。

目的を明確にすることは転職活動で自信を持つためにも大切なことです。メリットを知ることによって、その大切さを分かっていただけることでしょう。

 

転職の判断が容易になる

 

転職の目的を明確にすることは自分がなりたい将来を思い描くことでもなります。転職する際にも、その自分の将来像に従って判断を下せば良いため判断が容易になるでしょう。

転職先がなかなか決まらない場合、転職後の自分の姿が想像できていないということが原因の可能性があります。

採用担当者もそのような人材に対しては、入社後に業務に取り組んでいる姿が想像できないため魅力的に見えません。

自分の行動に芯が通ることによって企業側からも魅力的な人材に見えることでしょう。

 

業界・業種・企業選びがスムーズになる

 

転職の目的が定まっていれば、おのずと業界・業種・企業選びに多くの時間を費やす必要がなくなります。

何より転職後のミスマッチ防止にもつながるでしょう。

自分のありたい姿が描けていれば、現在の自分に足りないものを洗い出し、補える職場はどこなのかという視点で選べるからです。

逆算した設計に活かすことができるのはやはり大きなメリットです。

 

面接対策に活用できる

 

面接において大事なのは一貫性です。

自己紹介から始まり、転職理由、志望動機などそれぞれ別軸で考えてしまうと、どうしてもちぐはぐになってしまうものです。

ところがひとつ軸を定めることで、すべての回答が自然と根拠をもって浮かぶだけでなく筋が通ります。

採用担当者としても、その一貫性が求める人物像にマッチしていればより好印象を抱きやすいはずです。

 

自己PRに強くなる

 

自分の転職における目的が明確になることで、面接や職務経歴書における自己PRにも強くなります。これは自身の言動に一貫性が生まれることによって自分の長所をアピールしやすくなるからです。

自分が「どこで何をしたいか」というはっきりとしたビジョンがあることで、自己PRにおける説得力もますでしょう。自身がなりたい将来像を思い描き、企業からどのような人材に見られたいかなども意識することができるようになります。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

 

 

転職の目的が無い人はいない

 

 

何か目的が無ければ転職活動を始めようとは思わないでしょう。そのため転職活動をする人は全員自分には目的がないと思わずに分析することが必要です。

先述したように分析して明確にすることには自分にとって大きなメリットがあります。転職活動を有利に進めていくためにも目的を明確に設定することは大切です。

転職というのはその後のキャリアにおいてもとても重要な決断となります。モヤモヤを抱えたままでは上手く転職活動を行うことはできません。

自身と対話することで目的を明確にしていくという作業は誰しもが通るべき道なのです。自分が何故そう思っているのかを分析し、後悔のない転職活動にしていきましょう。

 

 

優先する転職条件を決める

 

 

転職条件を決める際には優先すべき条件を定めることが必要です。

転職する企業を考えた時、給与や待遇など様々な面から条件を定めようとしてしまうことでしょう。これら全てが自分の理想通りにいく会社に入社できれば良いですが、ほとんどの場合そう上手くはいきません。

転職が成功しにくい人の中には自身の転職への理想が高すぎるために、企業とマッチングができないというケースがあります。なかなか上手くいかないと転職条件や目的に迷いが生じてきます。そうしたことが無いように自分の芯となる条件をきちんと定めておきましょう。

 

では具体的に何を優先すれば良いのでしょうか。これも転職の目的から逆算して定めることができます。

自身の目的を達成するために1番必要な条件を考え、それに沿って意思決定をしましょう。

優先すべき条件というのは、自分にとって転職活動を通して1番手に入れたいものと言い換えられます。どういった環境やキャリアを手にしたいのかを考えることで条件も固まっていきます。

 

 

 

転職活動前に考えるべきこと

 

 

転職活動をする前には転職の目的を明確にしたり、優先すべき条件を考えたりする以外にも様々な準備が必要となります。ここでは具体的にどのようなことを考えるべきなのかをご紹介していきましょう。

 

将来のキャリア

 

目的を定めるということと似ていますが、将来的なキャリアについても想像しておくことが大切です。

キャリアアップへの筋道を転職活動を始める前に思い描くことで、転職するべき企業も絞られてきます。

具体的にどのような職種・ポジションに就きたいのかを考え、それに沿って転職活動を行っていきましょう。

 

いつまでの入社を目指すか

 

転職活動が長期化する人にありがちなのがいつまでに入社するかを定めていないというパターンです。

内定を貰っても他の企業を受けたいと思い、内定辞退をしてしまうという場合もあります。

こうしたケースでは転職活動をいつまでに終えるかをあらかじめ決めておくことが大切です。100%理想通りの会社に入社しようとするといつまでも決まらないということもあります。

定めた期間内で自分にとって好条件の企業への入社が決まった段階で、転職活動を終えるというのが1番良い選択でしょう。

 

選考への準備

 

また、選考に向けた準備をしておくことも忘れないようにしましょう。

転職の目的や将来のキャリア像から自己PRや志望動機をまとめたり、履歴書・職務経歴書の準備をしたりなどやることが多いのが選考準備です。

面接対策なども忘れてはいけません。書類選考を通過した後に待ち受けている面接は、転職において結果を左右するとても大切な場です。入念に準備することで自信を持って自分のことをプレゼンできるようにしましょう。

 

 

ギークリーに相談し、転職活動のアドバイスをもらおう

 

 

今回は転職の目的を明確にするべき理由を中心に、転職活動前に考えるべきことをご紹介しました。

転職活動を成功させるためにも、転職活動を始める前にその目的や目標を明確にすることが大切です。選考の場で自分の考えに芯を持っていることは採用担当者からの良い評価にも繋がるでしょう。

今回ご紹介したことをもとに転職準備を行い、自分の条件に合った転職先を見つけていただければと思います。

 

転職エージェントである株式会社ギークリーでは、プロのアドバイザーとのカウンセリングを無料で承っております。

キャリアや転職活動にお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

 

まずはキャリアの相談をしてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

スーツの前のボタンをとめる男性

この記事が気に入った場合は、
SNSでシェアをお願いします

あわせて読みたい関連記事

この記事を読んでいる人におすすめの記事