カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職時の適正検査とは!種類、内容、対策法をわかりやすく解説!
  • 転職活動

転職時の適正検査とは!種類、内容、対策法をわかりやすく解説!

新卒採用の際に受験したことがあるだろう適性検査。近年では中途採用にも適性検査を導入する企業が増えています。転職活動を優位に進めていくためにも適性検査の対策は重要です。そこで今回は、転職時の適性検査の種類、内容、対策法を徹底解説していきます。

Tie

適性検査とは

Examination

 

適性検査とは企業にどれだけ適したスキルを備えているかを判断する検査です。この対策をどれだけ講じたかにより、就活ライフでの心の余裕が変わります。

そんな適性検査ですが、大きく分けて性格検査と能力検査の2種類があります。性格検査は簡単な質問に答え自分の性格を診断するテスト、能力検査は基礎学力や論理的思考力、判断能力を見極めるテストです。

性格と能力の観点から、企業に合った人材であるかを総合的にジャッジできます。突出した能力は不要で、応募者の足きりの意味合いが強いです。大企業であるほど、適性検査での足切りラインが高いといわれていますので自分の目指す企業はどれくらいのスコアが必要なのか事前に調べておいた方が良いです。

 

適性検査の目的は?

 

適性検査って何のために実施しているのかご存じですか?適性検査を受験する目的を把握することで、適切な対策ができます。それぞれの目的をみていきましょう。

 

会社にマッチしている人材か

matching

 

適性検査とは応募者が企業に適しているかを確認するための検査です。企業によって理念や社風、求める人材はかなり異なります。会社側も応募者側もお互いが長くお付き合いしていきたいと考えていると思うので、そこに乖離が生じないよう事前に検査をしています。

 

能力の確認

 

適性検査は短期間で応募者のスキルを品定めできます。面接などの選考過程では把握できない力量をあらかじめ見極められます。

特に転職の場合は、即戦力として活躍してほしいと企業から期待されているはずです。その期待に応えてくれる人材であるかどうかを適性検査のスコアで確認されるでしょう。

 

入社後の配属先の選定

 

meeting

 

適性検査は入社後の配属先の選定にも利用されます。あなたが希望している配属先と、本当に能力や性格がマッチしているのか判定しています。

もちろん適性検査のみで判定するわけではありません。面接やグループワークなどの選考を通して分かるあなたの能力や性格も加味しています。

 

適性検査の種類と内容は?

Examination director

 

適性検査と一口にいっても数多くの検査が存在します。それぞれ内容や対策方法が異なってきます。それぞれの特徴をふまえて適性検査を攻略しましょう。

 

クレペリン検査

 

クレペリン検査とは心理テストの一種で、一度に性格と能力の二つを判断できる検査です。内容としては制限時間内で一桁の足し算をどれだけ実施できるかといったもので、作業としては比較的簡単です。

「作業量」や「正解率」「作業量の変化」を主に確認し、その人の働きぶりを予測できる検査です。このテストは事前に対策をして慣れておくと、本来の「作業量」や「正解率」「作業量の変化」を計測できないため対策はあえてしないのが良いでしょう。

 

Y-G性格検査

 

Y-G性格検査とは性格検査の一種で、人の性格を形成する項目の12の項目に対しての強み、弱みを判断できます。出題される質問に対して「はい」「いいえ」の2択で回答します。

検査時間は2.30分ほどで信頼性が80%以上と短期間で信頼できるデータを確認できるため採用している企業が多い検査です。

 

SPI(エス・ピー・アイ)

 

SPIとは応募者の性格と能力をチェックします。多くの企業で採用されており、受験した経験がある方も多いのではないでしょうか。

能力検査、性格検査ともに実施します。能力検査では専門知識ではなく、どのような職種でも必要とされる知的能力を分析され、言語、非言語、英語の問題が主に出題されます。

性格検査では、出題される問題に対して回答の選択肢がいくつか用意されており、その選択肢の中から自分に最も適するものを回答します。企業によってはスコアの水準を明確に定めている企業もありますので、しっかり対策を講じましょう。

 

CAB

 

CABは性格と能力をジャッジできます。主に、情報処理、システム関連企業で導入されています。

能力テストでは「暗号」や「暗算」「法則性」「命令表」の4つの分野で問題が出題され、知的能力を判断されます。制限時間に対して、問題数が多いため、いかに短時間で多くの問題を解答できるかが問われます。

性格テストでは、システムエンジニアやプログラマとしての適性、ストレス耐性などを確認できます。

 

適性検査の有効な対策方法

advise

 

数多くある適性検査の壁を突破するために必要な手段をここではご紹介します。

 

ニュースを確認する

適性検査の能力検査では、時事問題のような一般常識問題が出題されます。このような一般常識問題で他の人に差をつけられないよう、日々情報収集をしておきましょう。そうすれば、本番でも余裕をもって問題に取り組めます。

新聞やニュースなどの媒体を利用するのがオススメです。最近だとスマホなどのアプリでも手軽に情報を収集できます。あまり話題になっていないコアな記事は問題になりづらいため、大きく取り上げられているトピックに目を通すだけでもスコアに変化があるでしょう

 

問題集をこなす

能力検査は問題集をこなして問題に慣れるのが好スコアへの一番の近道です。能力検査は限られた時間内で多くの問題に回答しなければいけません

初見で余裕を持って取り組める人は少ないでしょう。適性検査の対策には時間がかかりますが、英語の能力テストTOEICのように、こなせばこなす程スコアが向上します。

本の問題集を購入して取り組んだり、最近だとスマートフォンで問題集に回答したり、自分の好みや勉強のシチュエーションによって使い分けるのが良いでしょう。

特に中途として転職をする人は、新卒の人よりも高いスコアを求められるケースが多いためしっかり対策をしましょう。

 

適性検査を受験するために重要なこと

study

性格検査はありのままに回答する

 

性格検査を受験する際は、直感でありのままの回答をした方が良いです。

自分を良くみせようとウソの回答をしてもバレる確率が極めて高いです。性格検査は非常に精巧に作成されていますので、回答の統一性、違和感からウソが見抜かれてしまいます。

適性検査はその企業とマッチしているかを判断するテストのため、どんなに良い回答をしても企業側がマッチしていないと判断したら、採用されません。また、診断結果と面接での印象がかけ離れなすぎても良く思われないです。

これをご覧のあなたも、自分にマッチした企業を探していると思いますので、なおさら正直に回答した方が入社後のミスマッチにも繋がりにくいでしょう。

 

能力検査は事前準備がカギ

 

能力検査は事前準備がカギです。受験するにあたりさまざまな能力検査にあたると思います。能力検査は性格検査とは異なり、明確な答えが用意されています。そのため、本番に正解を導けるようにしておけば、合格がグッと近づきます。

適性検査の種類によって、出題される問題の種類や、傾向も全く異なります。対策をしっかりしなければ好スコアを目指すことは難しいでしょう。制限時間内にどれだけ正解を積み重ねられるかが重要で、一瞬の判断能力が明暗を分けます。

事前に準備をすればするほど問題の傾向が分かりますし、その判断能力が磨かれます。

焦らずに余裕を持ってテストに望むためにも事前準備はしっかりしましょう。

 

まとめ

イメージ画像-調査する人

 

今回は、転職時の適性検査の種類、内容、対策法を徹底解説してきました。自分がどの業界のどの企業に転職したいかによってチョイスや判断基準が大きく変わります。

事前にどのような内容かを調べておくとよいです。適性検査のスコアで足きりにあわないよう手ぐすねを引いておきましょう。

しかし、時間を割きすぎても他のことに手を付けられないため、効率よく対応し、面接練習や他の選考練習に注力してください。

大坂 健太

Geekly Media
ライター

Tie

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。