カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. アフィリエイト広告の種類って何がある?そもそもの意味から仕組みついてまで徹底解説!
  • Web・ゲーム

アフィリエイト広告の種類って何がある?そもそもの意味から仕組みついてまで徹底解説!

アフィリエイトとは、インターネット上の自分のページに企業の広告を出して、その商品が売れたら対価として報酬をもらうというものです。アフィリエイトの商材にはどのような種類があるのでしょうか?アフィリエイト広告の種類の紹介から、仕組み、始め方までご紹介します!

アフィリエイト広告って何?

 

インターネットの広告を掲載して報酬を得ること

 

 

アフィリエイト広告とは、インターネット上の自分のページを用いて、企業の製品などを紹介し、その見返りとして報酬を得るというものになります。

簡単に言うと、自分のページで紹介した商品が購入された場合、その契約内容に応じて報酬が支払われる仕組みになります。

アフィリエイト広告は自宅でもできる副業として注目を集めています。

中には「アフィリエイター」と言って、アフィリエイトの収入のみで生計を立ている方もいます。

次の章ではアフィリエイトの報酬の種類について解説します。また、扱う商品の種類についても解説していきます。

 

課金の種類

 

アフィリエイト広告の報酬は主に

【成果報酬】【クリック数】【インプレッション数】の3つの種類に分けられます。

 

成果報酬

 

広告を通して商品を購入されたり、会員登録されたりと、成約に直結して初めて報酬がもらえる方式です。

成約に直結する内容なので、基本的に他の方式と比較して報酬が高い傾向があります。

また、アクセス数が少ないサイトでも成約に導ければよいので、導線を工夫したりすれば効率よく稼ぐことが出来ます。

 

クリック数

 

表示した広告のクリック数に応じて報酬がもらえる方式です。

こちらも導線を工夫することで、よりクリック率を上げることが可能ですが、PV数も大きく関わってきます。

 

インプレッション数

 

広告が表示された回数に応じて報酬が入る方式です。

こちらは、単純に表示されればよいだけなので、単価は安いです。

そのため、非常に多くのアクセス数を集める必要があります。

既にアクセス数を稼いでいるブログを持っている方に向いているかもしれません。

 

成果報酬型広告について

先の項目でご紹介したように、アフィリエイトには3つの種類があります。

この項目では、その中でも「成果報酬型」のメリットとデメリット、代表的なサービスについてお伝えします。

成果報酬型広告のメリット

成果報酬型広告のメリットは何といっても、報酬額の高さ。これについては「課金の種類」でも述べたとおりです。

アフィリエイト広告は費用対効果が高いといわれているため、広告出稿する企業が多いです。

企業の多くはASP(Affiliate Service Provider。詳しくは後の項目で述べます)などを通して、販売してほしいサービスの広告を提供します。

そして、販売すれば約束した広告費を支払うというのが成果報酬型広告。そんなこのタイプのもう1つのメリットは、ターゲットを選定しやすいところです。

「広告掲載をして、○○が売れたら●●円の報酬を与える」というようなルールが存在するため、ニーズのあるユーザー獲得ができるアフィリエイトサイトを構築できれば、一定以上の報酬額を得られる魅力があります。

成果報酬型広告のデメリット

 

結果ありきの広告なので、アフィリエイトサイトに設置したとしても成果が上がらなければ収益を得られません

成果報酬型広告の代表的なサービス

A8.netバリューコマースなどのASP、ポイントサイトなど。

リスティング広告バナー広告テキスト広告など自分の手法に合った広告と提携することができるのでおすすめです。

美容ジャンルが強いASP、情報商材を扱っているASP、スマホアプリのアフィリエイトができるASPなど、ASPにはさまざまなものがあります。

自分の売りたいもの・作りたいサイトに合わせてASPを選ぶと良いでしょう。

無料案件などもあるので、「気になる方は、無料で試してみては?」などの誘導テキストを記載して収益獲得を狙ってみてはいかがでしょうか。

最初は数多くのASPに登録しておいて、そこから自分に合った商材を選ぶのがおすすめです。

ポイントサイトのアフィリエイトは、自分の紹介でポイントサイト加入ユーザーを獲得するというもの。

アフィリエイトサイトを作成せずとも、TwitterやInstagramなどのSNSを通じてアフィリエイトすることが可能です。

クリック報酬型広告について

次に、「クリック課金型の広告」のメリットとデメリット、代表的なサービスについてお伝えします。

クリック報酬型広告のメリット

ユーザーが広告をクリックするだけで収益を得られるのが最大のメリットです。

クリック報酬型広告のデメリット

同一ユーザーが短期間に何度も同じ広告をクリックしたり、自分で広告をクリックしてしまったりなど、広告の規約に違反するような行為があった際は広告が停止してしまいます。

悪意がないこと、規約に違反していた部分を修正すれば再びクリック広告は表示されるようになりますが、復旧するまでは収益を得ることができません。

クリック報酬型広告の代表的なサービス

有名なものにGoogleアドセンスというGoogleが提供しているクリック広告があります。

Googleアドセンスを導入する際には、アドセンス広告を貼り付けるサイトの審査を受けてそれに合格する必要があります。

 

 

広告の対象の種類

 

アフィリエイト広告で扱う商品についてはいくつかの種類があります。

今回はその種類についてご紹介します。

 

物販

 

Amazonや楽天で販売されているような商品の広告になります。

例えば「食品」「健康器具」「サプリ」「化粧品」などが挙げらます。扱う物は探せば無数に出てくると思いますので、自分の扱うサイトのターゲットを考えて決めると良いかもしれません。

例えば、ダイエットに関する記事を書いているサイトであれば、サプリや健康器具の広告は相性が良いかもしれませんね。

 

教材や商材

 

株や不動産投資などのお金の稼ぎ方といったような、「情報」を商材とした商品です。

そういった情報を、本や動画などにまとめて購入者に渡す形になります。

分かりやすい例えでいうと、「ビリーズブートキャンプのDVD」です。あれはダイエットの方法をDVDにした商品です。実際に形ある訳ではないものが、こちらにあたります。

 

資料請求

 

「保険」「ツール」「家」など、ネットですぐに売ることがでいないような商品の場合は、資料請求がアフィリエイト広告として出されるケースが多いです、

資料自体はお金にはなりませんが、大きな金額の商品に直結する可能性があります。

 

登録

 

会員サイトに登録されて初めて報酬に繋がるタイプです。

例えば、動画配信サイトなどが例に挙げられます。

広告をクリックして、会員登録まで完了して初めて報酬に繋がります。

 

ダウンロード

 

アプリがダウンロードされて初めて報酬に繋がるタイプです。

スマホのゲームをしている時によく出てくることはないでしょうか??

その広告に興味を持ち、ダウンロードされることで報酬に繋がります。

 

アフィリエイトの仕組み

 

 

アフィリエイトの概要についてはご理解いただけたと思いまが、以下のような疑問が生じると思います。

「その広告は勝手に出せばいいの?」

「どうやって自分のページから購入されたか分かるの?」

「報酬はどうやって支払われるの?」

この章では、アフィリエイト広告の仕組みや報酬が得られるまでの流れを解説していきます。

 

アフィリエイト広告を載せるためには?

 

 

登場人物としては基本的に「広告を出したい企業」「自分のページに広告を掲載して報酬を得たい人」の「仲介役」がいます

その仲介役のことを「ASP」といいます正式名称はアフィリエイトサービスプロバイダといいます。

「自分のページに広告を掲載して報酬を得たい人」は、このASPに登録することで、ASPに登録している「広告を出したい企業」の製品を紹介することができるようになります。

もちろん、その製品を取り扱えるかは審査がある場合があり、その審査に通らない限りはその製品を紹介することはできません。

 

識別はクッキーで

 

 

商品の成約が自分のページで紹介したものかどうか、どうやって識別しているのか?

横取りされてしまうことがあるのではないか?と心配になる方もいると思います。

でもそんなことはありません。

ASPで取得した企業広告のURLがあります。

このURLをアフィリエイトリンクといいます。

このアフィリエイトリンクにはパソコン内のクッキーに記録が残ります。

このクッキーで識別しているのです。

クッキーの説明については下記の記事をご覧ください!

 

【徹底比較】Cookie(クッキー)とキャッシュの違いとは!言葉の定義や削除方法を解説します!

 

この仕組みがあるから、アフィリエイト広告のビジネスが成立します。

 

報酬が発生するまでの流れ

 

実際に報酬が発生するまでの流れとして、下記の通りです。

 

[1]ASPで掲載する広告(商品)を選択する

[2]インターネット上の自分のページに広告(商品)を掲載する

[3]自分のページを訪問した第三者がその広告を見てクリックして製品を購入する

[4]掲載した広告(商品)の広告主の利益が発生する

[5]広告主からASP経由で報酬が支払われる

基本的には成果が上がることによって報酬が生まれるものが大多数ですが、中には『1クリック○円』というような広告もあります。

また、扱うものは、モノばかりではなく、ノウハウなどの情報系やスマホアプリなんかもあります。

 

アフィリエイトの活用 入門編

 

 

①準備

 

アフィリエイト広告は基本的にはインターネットの環境とパソコンさえあればできてしまいます。

感じ方によってはお手軽な感じに見えてしまうこともありますね。

しかし、始めるまでには入念な準備が必要になります。

準備するものは以下の通りです。

 

・パソコン

・インターネットの環境

 

まずはこの環境がなくては始まりません。

そうしたらソフト面での準備をしていきましょう。

 

・インターネット上の自分のページ

・ASPへの登録

 

ソフト面の準備はこれで大丈夫です。

「インターネット上の自分のページって何?」という質問が来そうですので先にお答えしておきます。

簡単に言うとブログなどのページです。

つまり、あなたの権限であなたの自由に情報を発信することができる場所です。

YouTubeだったり、SNSも「自分のページ」にあたります

※SNSでのアフィリエイトを禁止しているASPも多いので気を付けてください。

 

②自分のページの運営をする

 

ASPへの登録の前に、自分のページを運営し始めることから始めましょう。

実はASPへの登録についても、審査があります。

審査基準はわかりませんが、運営していないページでは審査しようがないため、審査が通らないということがあります。

まずは、何でも良いのでアフィリエイト用のページを運用するところから始めてください。

 

掲載する広告を選びページを更新

 

ASPの審査に通ったら、いよいよ広告を掲載していきます。

掲載する広告には様々な種類があることはお伝えしたと思います。

モノ、ノウハウなどの情報、スマホアプリなど様々な種類があります。

自分のページのターゲットなども考え、広告を選択し、掲載をしていきます。

 

④ページの運営

 

ただ広告を上げただけでは、多くの成果を上げることはできません。

ページをしっかりと運営して魅力的なものにしなければなりません。

例えばブログを例に挙げます。

単純にアカウントを作り広告を載せただけでは、そもそもアクセスしてくる人がほぼいない為、商品は売れません。

また、毎回広告の商品の紹介ばかりでは、閲覧する人も面白くないためアクセスは伸びません。

なので自分のページを運営することも非常に重要です。

 

最後に~アフィリエイト広告はネットビジネスの一種

 

 

今回はアフィリエイト広告の種類から、仕組から活用方法について紹介してきました。

アフィリエイト広告で収入を得るためには、特別なスキルはいらないのですが、そう簡単なものではありません。

相応の準備をして、様々な策を練り広告のCVを増やさないと収益には繋がりません。

始めるのであれば、「いくら稼ぐ」な目標を持ちやってみましょう!

もしかしたらアフィリエイトは、あなたに合ったビジネスかもしれません。

個人でも始めることができますので、興味がある方は今日からでも始めて見るといいのではないでしょうか?

Terrace Factory

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。