カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. インバウンドマーケティングの事例を解説!基礎と成功法とは?施策のポイントをエージェントと確認しよう
  • 技術・テクノロジー

インバウンドマーケティングの事例を解説!基礎と成功法とは?施策のポイントをエージェントと確認しよう

顧客主体のマーケティングであるインバウンドマーケティングについて解説します。アウトバーンマーケティングとの違いやメリットについても紹介しますので転職活動のための知識として活用してください。

パソコンと資料

インバウンドマーケティングとは

 

パソコン作業をする人

 

10年ほど前から海外でも注目されてきたマーケティング手法がインバウンドマーケティングです。

これまでアウトバーンマーケティングが主流だった国内市場においてもインバウンドマーケティングが取り込まれています。

この記事ではインバウンドマーケティングの手法や具体的な内容について解説します。

インバウンドマーケティングでは顧客との有効な関係を長く継続することを目的とします。

有効な関係を築くためには相手の意図をくみ取り、支援を提供することを目指します。

顧客が成功することが企業の成功につながると考える点が特徴です。

価値のあるコンテンツを制作することで顧客に自ら自社を見つけてもらう点も特徴となります。

さらに顧客にあわせた体験を生み出すことで相手を自社にひきつけます。

インバウンドマーケティングでは顧客が現在抱えている課題に対して最適な解決策を提供します。

 

インバウンドマーケティングの戦略

 

タブレットを操作する人

 

インバウンドマーケティングでは顧客をひきつけ、信頼関係を築き、満足させるという過程を踏みます。

それぞれの段階で具体的にどのような戦略を行うことが求められるのかについて解説します。

 

ひきつけるための戦略

 

顧客をひきつけるための戦略としてはコンテンツの制作や開発がメインとなります。

顧客へのアプローチ手段としてはブログやコンテンツオファー、SNSなど価値を感じてもらえるコンテンツを作成して公開します。

具体的には製品ガイド、顧客からのコメント、キャンペーン・割引などの情報です。

コンテンツの制作にはSEO戦略に則って行われる必要があります。

SEO戦略は自社製品やサービス、課題解決策、ターゲットをサポートする方法と関連するキーワードやフレーズを絞り込みます。

こうした戦略により顧客が情報検索した場合、価値あるコンテンツや情報を検索結果に自然に表示することが可能です。

インバウンドマーケティングではこの自社情報を見つけてくれた人こそ理想的な顧客になると考えます。

 

信頼関係を築く戦略

 

パソコンデスク

 

信頼関係を築く段階での戦略は顧客に対して自社が提供できる価値ある情報を伝えることを行います。

できるだけ長くよい関係を築くための対話方法や対応を進めていく点が特徴です。

たとえば、自社製品に興味を持って電話をしてきた顧客がいたとします。

興味を持っている顧客に対してのアプローチとしては製品を販売するのではなくソリューションであることを常に意識します。

ここでは顧客と自社にとって双方メリットがある取引を行うことを目指します。

 

満足させるための戦略

 

顧客と長く関係を継続するためにはサポートする社員がアドバイザーや専門家となっていつでも顧客をサポートできるようにします。

顧客の行動を踏まえ、タイミングを考えてアンケートやチェットボットを表示することも戦略のひとつです。

このようにサポートやフィードバックを行うことで顧客の満足度を向上させます。

 

各段階で役立つツールについて

 

SEOの文字

 

インバウンドマーケティングでは顧客と信頼関係を築きながら継続して商品やサービスを利用してもらうことを目指します。

戦略を成功させるためにはさまざまなツールを用いることも必要です。

ここではそれぞれの段階で有効となるツールを紹介します。

 

ひきつけるための戦略

 

まずは顧客をひきつける段階です。

ひきつけるといっても誰でもよいというわけではありません。

最終的に顧客として満足させることができる訪問者を集めることが必要となります。

そのために活用できるツールは次のとおりです。

 

・広告

・動画

・ブログ

・SNS

・コンテンツ戦略

 

信頼関係を築く戦略

 

パソコン作業をする人

 

信頼関係を築く段階で使用するツールは次のとおりです。

 

・ポップアップフォーム

・Eメールマーケティング

・リード管理

・チャットボット

・マーケティングオートメーション

 

満足させるための戦略

 

顧客を満足させるための段階では適切な情報を適切なタイミングで提供することが求められます。

このタイミングで活用できるツールは次のとおりです。

 

・スマートコンテンツ

・Eメールマーケティング

・マーケティングオートメーション

・属性レポート

・コミュニケーションの受信レポート

 

無料転職相談に登録してスムーズに転職しよう

 

インバウンドマーケティングのメリット

 

表情のマーク

 

インバウンドマーケティングを行うことで得られるメリットについて解説します。

 

顧客からの人気を得る

 

他社との差別化を図るためにもインバウンドマーケティングは重要です。

インターネットやSNSで評判や信用がすぐに伝わる時代にあって顧客から批判されることは企業にとって大きなデメリットになります。

インバウンドマーケティングは顧客主体のマーケティング手法です。

そのため顧客にいかに満足してもらうかを考えて戦略を実行します。

満足度の高い顧客を多く保有することが企業のイメージアップにつながる点はメリットといえるでしょう。

 

マーケティング資産が蓄積される

 

パソコンの画面

 

インバウンドマーケティングのメリットとしてコンテンツが資産として蓄積されていく点があげられます。

Facebook広告やリスティング広告は顧客の印象には残るものの広告をやめてしまうと流入もストップします。

これに対してブログやSNSのコンテンツはWeb上に半永久的に資産が積み上がっていく点が大きなメリットといえるでしょう。

 

顧客データが豊富に得られる

 

Webサイト上に掲載する広告やコンテンツはどのような人が情報にアクセスしているのかを簡単に調べることができます。

アクセス履歴だけでなく行動履歴も分析できるため顧客のニーズを洞察することが可能です。

顧客データが豊富に得られるため精度の高いマーケティング施策を取ることができる点はメリットといえるでしょう。

 

アウトバーンマーケティングとは

 

SUCCESSの文字

 

インバウンドマーケティングを理解する上で欠かせないのがアウトバーンマーケティングについての知識です。

アウトバーンマーケティングは見込み客に対して商品を売ることを目的にアプローチをかける手法を指します。

具体的には訪問、電話、ダイレクトメール、メールマガジンなどの一方的なアプローチがあげられます。

インバウンドマーケティングと異なる点は顧客主体かどうかという点です。

アウトバーンマーケティングは企業からの一方的なアプローチがメインとなる点が特徴となります。

 

アウトバーンマーケティングからインバウンドへ

 

SEOの文字

 

アウトバーンマーケティングに対してあまりよい印象を持たない顧客が増えています。

具体的にどのような点が顧客に対してマイナスイメージを持たせてしまっているのかについて解説します。

 

interrupiton marketingの限界

 

顧客は企業からの一方的なアプローチに嫌気が指している可能性が高くなっています。

消費者を邪魔するマーケティングをinterrupiton marketingと呼びます。

たとえばダイレクトメールや広告などへの信頼性も低下しているといえるでしょう。

一方的なアプローチの信頼が低下するなかで、知り合いからのおすすめや第三者の口コミへの信頼度が高まっています。

このような顧客行動からは一方的なアウトバーンマーケティングが顧客に嫌煙される背景が見えるでしょう。

 

情報過剰の時代

 

デバイスと資料

 

インターネットの普及によって世間に提供される情報が爆発的に増えています。

顧客が消費できる情報量をはるかに越える量の情報が常に変化しながら顧客の周りを流通しています。

このような状態では一方的に企業が顧客に情報を送るアウトバーンマーケティングはあまり効果を発揮しな区なるでしょう。

伝えたいメッセージを顧客に対してどのように伝えるか企業は戦略を練り直す必要があるということです。

 

インターネットの普及による情報行動の変化

 

インターネットの普及で変化したのは情報量だけではありません。

情報を受け取る側の顧客の行動にも大きな変化があります。

SNSの広がりでネット上で知り合いや第三者からの口コミを知ることができ自らも口コミを投稿するという行動が常となっています。

自分で必要な情報を見つけることができるようになった顧客に対して一方的なマーケティングはあまり効果を得られません。

顧客は必要な情報を自由に選別できます。

アウトバーンマーケティングが有効なケースももちろんありますが顧客主体のマーケティングが好まれる傾向にあるのも事実です。

 

インバウンドマーケティングの成功事例

 

Marketingの文字

 

インバウンドマーケティングの成功事例について紹介します。

 

LISKUL

 

東証マザーズに上場している中小ベンチャー企業のWebマーケティング支援を行うソウルドアウト株式会社の事例です。

自社社員が執筆するコンテンツ「LISKUL」の運用を2014年1月からスタートしています。

3年間で月間70万PVを誇るメディアに成長し月に600〜800件の資料ダウンロード、150〜200件の問い合わせを獲得しました。

新規顧客の獲得はテレアポをメインとしていた企業でしたが、新たな施策によってインバウンドマーケティングを成功させています。

 

経営ハッカー

 

クラウド会計ソフトのfreeeが運営する「経営ハッカー」もインバウンドマーケティングの成功事例です。

数百万PVを達成しており中小企業や経営者・フリーランスにとって有益な情報を発信し続けています。

従来はインターネット検索をうまく活用できず情報提供の方法に苦心していた企業です。

インバウンドマーケティングの考え方をうまく取り入れたことで会計ソフトfreeeの認知拡大やリード獲得に貢献しています。

 

マーケティング業界に転職しよう

 

パソコンの画面

 

マーケティングにはさまざまな手法があります。

今回はそのなかでも特に注目されているインバウンドマーケティングについて解説しました。

顧客主体のマーケティングであるインバウンドは顧客にとっても企業にとってもメリットの大きい手法です。

マーケティング業界への転職を検討している人は転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

企業によってマーケティングの手法は異なります。

自分が求める手法を展開している企業をみつけるには転職エージェントの力や情報量を利用するとスムーズです。

 

無料転職相談に登録してキャリアアップしよう

Geekly Media
ライター

パソコンと資料

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。