カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職が住宅ローンに与える影響を解説!借入前転職・返済中転職の注意点は?ライフプランを立てて転職しよう
  • 転職準備

転職が住宅ローンに与える影響を解説!借入前転職・返済中転職の注意点は?ライフプランを立てて転職しよう

転職を考えており尚且つこれから住宅ローンを組もうとしている方にとってそれらのタイミングをどのように決定するのかは、悩みの種であるといえます。これらは両方とも今後の人生を決める大きな出来事です。今回は転職が住宅ローンに及ぼす影響や、注意すべき点などをご紹介しましょう。

ワークスペース

転職と住宅ローンの関係性

 

ラップトップ

 

住宅ローンを受ける場合には収入や健康状態、勤続年数、年齢などの審査基準を満たしている必要があります。

その中でも仕事における勤続年数というのは比重が大きいため転職というのは住宅ローンに大きく関係してくるのです。

転職は住宅ローンに深く影響を及ぼすものであり、住宅ローンを受けることを考えている方は慎重にタイミングを考える必要があります。

審査基準を下回ってしまえば、住宅ローンを組むことができなくなってしまうことでしょう。

今回は転職と住宅ローンについて解説していきます。

 

転職が住宅ローンに与える影響

 

ネクタイ

 

住宅ローンが転職に与える影響とは具体的にどのような部分でしょうか。

まずは転職がどのような影響を与えるのかをご紹介していきます。

 

転職直後は住宅ローンが組みにくい

 

転職直後には相対的に住宅ローンが組みにくくなってしまいます。

それは先述したように勤続年数が大きく影響しているのです。

転職したばかりだとこの勤続年数が審査の条件から不足していると見做されてしまう場合があります。

このような場合には住宅ローンの審査が通らないケースもあるようです。

そのため、転職直後には住宅ローンの申請を一般的に避けた方が良いとされています。

このことからも転職というのは住宅ローンに多大な影響を与えるということがお分かりいただけるでしょう。

 

転職直後でも住宅ローンを組める場合がある

 

しかし場合によっては転職直後であっても住宅ローンを組むことができる場合もあるようです。

転職直後であっても住宅ローンの審査が通る場合、転職に至った経緯や労働条件が大きな鍵となります。

例えば転職が他社からのヘッドハンティングであったりキャリアアップを実現したものであったりした場合は有利に働くでしょう。

収入面での安定を示すことで住宅ローンを組む際に有利に働くと考えられます。

住宅ローンは長い間ローンの返済をし続けて行かなければなりません。

そのため長期的に収入の安定が見込まれる場合には転職直後であっても住宅ローンを組むことは可能でしょう。

住宅ローンを組む際に職歴書などの提出を求められた場合には自身の収入面で有利となる情報を積極的に記載することが重要です。

返済していく上で住宅ローンを組むタイミングというのも審査に大きく影響するといえるでしょう。

 

借入前転職の注意点

 

ライティング

 

借入前に転職を行った場合、先述したように住宅ローンの審査の時期が転職直後となってしまい審査で不利になってしまうことが考えられます。

不利になってしまっても必ず審査に通らないというわけではありません。

しかし転職後に収入が下がるケースなどは収入が不安定だと見做される可能性もあるでしょう。

そのため、そのような場合には借入前の転職は避けた方が良いと考えられます。

もし転職後に住宅ローンを組むことを考えているのであれば、数年間転職先で働いて勤続年数を増やしてから申請すると良いでしょう。

 

返済中転職の注意点

 

ブランディング

 

次は返済中に転職を行った場合の注意点をご紹介します。

具体的にどのようなことに気をつければ良いのかお伝えすることで安心してローン返済を行っていけることでしょう。

 

転職の届出

 

ローン返済中に転職した場合、その旨を届け出ることが契約書内で義務付けられていることが多くあります。

そのため、転職を届け出ることは必須だといえるでしょう。

転職して勤め先が変わったことを金融機関に届け出ることを忘れてはいけません。

もし転職したことを黙っていた場合には、後々トラブルへと発展することもあります。

事前にそうしたことを防ぐ意味でも必ず届け出るようにしましょう。

 

年収が減った場合

 

ファイナンス

 

次に転職によって年収が減ってしまい、今までのように返済をしていくことが難しくなった場合です。

この場合にも必ず金融機関に相談するようにしましょう。

こういった場合には返済期間を調整するなどの形で対応してもらえることがあります。

返済が滞ってしまうと信用にも傷が付いてしまうでしょう。

もし預金がある場合には繰上げ返済を行うことによって、月々の返済額を下げることも可能です。

まずは金融機関へ相談し、適切な対応策を考えましょう。

転職後には年収が減る可能性があるということも十分に考えておく必要があります。

 

無料転職相談に登録してキャリアアップを実現しよう

 

転職前に住宅ローンを組んだ場合のメリット

 

家

 

次は住宅ローンを組むタイミングについて考えていきましょう。

まずは転職前に住宅ローンを組んだ場合に考えられるメリットについてご紹介していきます。

具体的にどのようなメリットが考えられるのでしょうか。

 

勤続年数が評価される

 

転職直後の場合、勤続年数が足りないと見做されてローンの審査が通らない可能性があります。

その場合転職前に住宅ローンを組めば審査に通る可能性が高くなるでしょう。

もしすぐにでも住宅ローンを組みたい事情がある場合には、転職前に住宅ローンを組むことで審査を遠りやすくなります。

勤続年数の面では転職前の方が審査の上で有利になるといえるでしょう。

これは転職前にローンを組んだ場合の明確なメリットの1つといえます。

 

転職後の収入に審査が左右されない

 

もし転職後に収入が以前の勤め先よりも下がってしまった場合、ローン審査に通らない場合もあります。

そのため転職前に住宅ローンの審査を通っておけばそうしたことを心配する必要がなくなるでしょう。

もし転職後の収入を気にしているのであれば、転職前に住宅ローンを組んでしまうのも手ではないでしょうか。

転職後の収入によって審査に落とされてしまうということが無くなることもメリットの1つといえるでしょう。

 

転職前に住宅ローンを組むデメリット

 

スタートアップ

 

次は反対にデメリットについてご紹介します。

転職前に住宅ローンを組むことによって考えられるデメリットについて具体的に解説していきましょう。

 

転職後に収入が下がる可能性がある

 

転職後の収入が下がる場合には転職前に組んでおけば審査には遠りやすくなります。

しかしながらその分、返済自体が難しくなってしまう可能性があるのです。

そのため極端に収入が下がってしまった場合にはその対応に追われることになります。

事前にそうした場合にはどうするかといったことをしっかりと考えておく必要があるでしょう。

住宅ローンは長期的に返済していく必要があるのだということを忘れてはいけません。

 

金融機関へ報告する必要がある

 

転職前に住宅ローンを組んだ場合には金融機関へその旨を届け出る必要があります。

そのため転職に伴って手続きをすることが面倒な場合にはこれもデメリットの1つであるといえるでしょう。

もし届け出るのを忘れてしまった場合には後々問題となってしまう可能性もあります。

報告を必ず忘れないようにしましょう。

 

転職後に住宅ローンを組む場合のメリット

 

ビジネス

 

次は転職後に住宅ローンを組む場合です。

転職前とは違ったメリットがあるため、それについて具体的にご紹介していきましょう。

 

転職後の労働条件によっては審査に通りやすくなる

 

もし好条件で転職をすることができた場合には収入面での安定を審査でもアピールすることができます。

そのため審査にも有利に働くことが期待できるでしょう。

転職直後であれば勤続年数の面で不安要素はありますが、1年ほど経ってからのローンを申請すればそれほどマイナス要素でもありません。

そのため、転職後に収入アップが見込まれる場合には転職後に住宅ローンを組むのも手でしょう。

 

転職後の条件で審査をしてもらえる

 

転職前にローンを申請した場合には、転職後に金融機関へ転職した旨を届け出る必要があります。

しかし転職後であればそうした届け出をする必要もありません。

もし収入が転職前よりも下がったとしても申請が通った場合には安心することができます。

そういった意味で転職後に住宅ローンを組むことにメリットがあるといえるでしょう。

 

転職後に住宅ローンを組む場合のデメリット

 

ホームオフィス

 

転職後に事前に想像していた会社でなかった場合には住宅ローンを組むこと自体が難しくなってしまうケースもあるでしょう。

例えば転職した企業が自身に合っていなかったり、給与面で不満があったりした場合には住宅ローンを組むことが出来なくなってしまいます。

そうしたデメリットがあることを見越して、転職する際には転職先の企業を吟味する必要があるでしょう。

不測の事態も事前に予期しておくことで住宅ローンに転職がもたらす影響についても予想の範囲内に留めることが出来ます。

リスク管理をきちんとすることが重要だといえるでしょう。

 

ライフプランを立てることが大切

 

高層ビル

 

以上のことから転職と住宅ローンというのは大きく関係するということを分かっていただけたでしょう。

もし転職を検討している場合には住宅ローンを組むタイミングなども考慮する必要があります。

自身の仕事面だけでなくプライベートにも気を配ってライフプランを立てていくことが重要です。

特に住宅ローンというのは長期的に返済していく必要があるものであり、今後の人生にも大きく影響を与えます。

そのため転職をする際には住宅ローンとの兼ね合いも十分に考慮しながら企業に求める条件なども設定していく必要があるでしょう。

転職の際にどういった条件を優先するかを決める際にローンも関わってくるからです。

自身のライフプランについて事前によく考えることで転職に伴った不慮の事態にも柔軟に対応することができるでしょう。

 

まとめ

 

ドキュメント

 

今回は転職が住宅ローンに与える影響などを中心に、住宅ローンを組むタイミングなどをご紹介してきました。

自身のライフプランに大きく影響する転職と住宅ローン。

この2つは密接に関わっているため、自身に合ったタイミングをよく考えることが大切です。

転職をお考えの方は自身のライフプランを見直して、自身に合った転職先を選ぶようにしましょう。

そうすれば住宅ローンの返済に困ることなく、自身に合った生活を送っていくことができます。

今回の記事を参考に、自身に合った転職活動を行っていただければ嬉しいです。

 

無料転職相談に登録して自分に合った転職先を探そう

Geekly Media
ライター

ワークスペース

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。