カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 外資系企業とは?定義や働くメリットデメリットについてご紹介します
  • 転職準備

外資系企業とは?定義や働くメリットデメリットについてご紹介します

あなたは外資系企業と聞いてどんなイメージをもちますか?かっこいい、給料が良さそう、英語をバリバリ使っていそう、など様々なイメージがあると思います。しかし、外資系企業の定義を知っている人はどれほどいますか?今回は、外資系企業とは、をメインにお伝えしていきます。

外資系企業とは

 

student, typing, keyboard

 

「外資系企業は外国の企業と取引している会社」と思っている方は多いのではないでしょうか。

実はそれは大きな間違いなんです。

外資系企業とは、海外の投資家や企業が一定以上の出資をする日本の企業の事を指します。

しかし、この「一定」の割合が明確でないこともあり曖昧になっていることも事実です。

 

一般的に、外資系企業は大きく分けて以下の3つに区分することができます

 

・外国でできた会社の日本支社

・外国の会社が買収

・外国の会社と日本の会社の共同出資

 

外国でできた会社の日本支社

 

例えば、Googleが特にわかりやすいかと思います。

アメリカで生まれた会社が日本にも会社を建てている、このケースは大抵外資系企業です。

日本の支社が海外にできても、日系企業とよばれるのと同じことです。

非常にイメージしやすいパターンではないでしょうか。

 

外国の会社が買収した企業

 

海外の会社が日本の会社を買収した場合、所属は外国の会社になり出資も海外ですので、これも外資系企業にあたります。

実は、あのSHARPは外資系企業に当たるんです。知っていましたか?

 

外国の会社と日本の会社の共同出資

 

会社を作るにあたり、日本と外国の両方からお金を出して作るケースです。

外国の割合が多いときに外資系と呼ばれますが、どちらが多く出したか、なんて言う経営者もなかなかいませんので、このあたりはグレーです。

ちなみに、外資系企業としてマクドナルドがこれにあたります。

 

外資系企業のメリット

 

woman, people, coffee

 

なぜ多くの人が外資系企業に憧れを抱くのかを順番に見ていきましょう。

 

給与が高い

 

いわゆる日系企業は、年功序列終身雇用など昔ながらの会社もまだまだ残っているのが現状です。

それが悪いこととは言いません。

しかし、外資系企業は若い人でも高い給与をもらえる可能性が非常に高いことが人気の理由です。

どうしても日系企業だと、役職についたり、上の人が抜けないと給与が高くならない傾向があります。
外資系企業の場合、良くも悪くも実力主義。実力がある人には、どれだけ若くても高い給与が払われます。

最近では日系企業でも、そういった思考の企業も増えてきましたが、外資系企業には見劣りする部分があります。年齢に問われず働きたい人には非常に向いているかもしれませんね。

 

成果の評価

 

実績を出せば給与や役職が上がるのが外資系の特徴です。
年齢を重ねれば、役職が上がる日系企業とは違い、若くても評価される可能性を秘めています。

その分、努力をしなければならないですが、その経験からさらに活躍していける可能性があり、外資系企業でもがきながらも活躍することで更なる成長と結果に繋がります。

同期とも競い合うことになりますので、そういった切磋琢磨できる同僚ができることは今後の糧になること間違いなしです。仕事に熱意を持っている人はもってこいです。

 

裁量がある

 

日系企業で、特に大手の場合、マニュアルが完備されており、営業の仕方から応対の仕方まで整備されている会社が多いです。
新人の頃はそれで非常に助かるかもしれませんが、ある程度経験をしてくるとその環境に物足らなさを感じ、転職する人が増える傾向にあります。

外資系企業は、良くも悪くもマニュアルがありません。
実績さえ出せば、ある程度はやり方を自由にさせてくれる会社が多いです。努力は必要ですが、自分なりのやり方をみつけてください。

 

他言語を使う機会がある

 

日本でも最近、英語のビジネス経験を聞いてくる中途面接があります。
それくらいビジネスでの英語経験の需要が高まっています。日系企業だと意図しない限り、英語やその他の言語での取引はありませんが、外資系企業の場合、社内公用語が英語であることも珍しくありません。その経験は、なかなかつめるものではなく、就業中はもちろん、転職する際にも非常に有利に働きます。
英語のブラッシュアップや海外勤務の可能性も広がります。

英語ができる人はチャンスです。

 

外資系企業のデメリット

 

man, woman, composing

 

どうしてもかっこいいイメージばかりが先行しがちな外資系企業ですが、もちろんデメリットも存在します。

 

結果が出せなければ解雇

 

もちろんこれは極端な例ですが、外資系企業に終身雇用はありません

社員の入退社の循環は激しいです。海外では、それが当たり前ですし、むしろ同じ会社に長年勤務することで、バカにされることもあります。

自由に働かせてくれるということは、会社があなたの能力に期待しているということになります。そこで結果が出せなければ、会社にとって必要のない人材になりますから、当然クビになります。

「裁量がある」とは安定していないとも取れるのです。

 

日本の常識を学べない

 

日系企業の場合、先輩より早く帰ってはいけないことが当たり前のような風習があります。

また名刺の出し方、電話の応対の仕方など、独自の文化があります。

そういった日本ならではの風習や文化は、日系企業でしか身に付けることはできません。

外資系企業の場合、「残業=仕事ができない人」という認識になります。日系企業の取引先ならまだしも、対外資系企業だと名刺を使わないことや、笑い話から始まる商談などもあります。

あなたが今後も外資系企業に在籍しているのなら別ですが、そのまま日系企業に転職した場合、白い目で見られる可能性があります。

 

聞いているだけではだめ

 

日本人はとにかく自分の主張をしない傾向にあります。

「学校教育のせいだ」なんていう人もいますが、主張しないのは事実です。

日系企業では上司の意見を素直に聞いておくことで褒められるかもしれませんが、外資系企業はそうはいきません。

仮にあなたが外資系企業の社員で、会議で意見を求められたときに何も主張しないのであれば、何も考えていない人というように思われてしまいます。

新人やベテラン関係なく、自分の考えを前面に出していかないといけないのです。そこで遠慮をしてしまうようであれば、外資系企業で生きていくことはできません。

 

なぜ外資系企業は人気があるのか

 

 

結論は、給与が高く、自由に仕事ができるからです。

給与が高くなるためには、実績を出さねばならず、中には非常に苦しんだ挙句、退職していく人も珍しくありません。それでも外資系企業に勤めているというステータスや日系企業にはない自由さは、魅力的に見えるのでしょう。

業界業種をある程度経験した方なら非常にやりやすいとは思いますし、結果も出しやすいですが、新卒で入社した人は苦戦する可能性があることを肝に銘じておきましょう。

 

まとめ

 

adult, bald, beard

 

外資系企業へ勤めてるというと確かにカッコよく聞こえます。

しかしそれは、日本人ならではの外国への憧れから来るものかもしれません。

外資系企業が偉いわけではなく、日系企業が劣っているわけでもありません。

 

あなたは今回のメリットやデメリットをみて、どう感じましたか?自分から行動し、人前で積極的に発言する人は間違いなく向いています。

逆に、決められたルールをしっかりと守れる人は向いていません。自分に合っているかどうかをよく考えた上で、ぜひあなたに合う会社を見つけてください。

 

自分ではどうしても視野が狭くなってしまったり、自分の良さを客観的に見えないこともあります。

そういう時は、人材紹介会社に相談することもひとつの手です。是非ご活用ください!

 

【簡単1分!】相談をする

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。