カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職に必要な自問自答を解説!転職で後悔しないために何を問いかける?転職活動前に使いたい質問内容を紹介
  • 転職活動

転職に必要な自問自答を解説!転職で後悔しないために何を問いかける?転職活動前に使いたい質問内容を紹介

自分が納得のいく転職を成功させるためには本質に迫ることが大切です。そのためには自問自答を繰り返してみましょう。自問自答の質問内容を決めておけば後悔のない転職活動ができます。

ビジネス用ツールとデスクトップの画像

2020年11月30日

  • twitter
  • facebook

転職活動での自己PRのためにも自問自答をしてみる

 

鉛筆と消しゴムの画像

 

転職活動を始める際に明確にしておきたいのは転職という選択が自分にどう影響するのかということです。

転職とは人生で決断をする瞬間なので、当然その時点での最適解を選ばなくてはなりません。

目的が不明瞭なままではただ何となくの転職を繰り返してしまうだけです。

内定がなかなかもらえず何社も受け直す原因の1つは自分の本質が分かっていないまま転職活動をしている場合が考えられます。

そこでおすすめしたいのが自問自答による自己分析をすることです。

 

転職の自問自答は質問形式にするとよい

 

虫眼鏡の画像

 

自己分析を徹底して行なった転職者ほど理想的な仕事や職場へと採用されてスキルアップになるケースが目立ちます。

自己分析はとても大切な作業だといえるでしょう。

やり方には個人差もありますが、原則としては過去にさかのぼって洗い出し再び自分の価値に気づくことがオーソドックスな方法です。

自分の過去の経験を見つめ直すためには質問形式にして進めればよいでしょう。

質問の項目をあらかじめ考えて自問自答を繰り返せば自分像が浮き彫りになっていきます。

しかも回数を重ねればそれだけ分析の精度も高まり確実なところに近づけるのが特徴です。

 

自問自答をするとよい理由

 

黒板の画像

 

転職活動のために自問自答をするとよいのは、後悔することが少なくなるのが大きな理由です。

また他にも大切な理由はありますので、自問自答がよい理由について更に詳しく見てまいりましょう。

 

なぜ転職するのかが明確になる

 

自問自答をすることで自分がなぜ転職しようとしているのかを追求できます。転職をするには理由が必ずあります。

キャリアのステップアップでそうするという方いれば、余儀なく転職をせざるを得ない状況だからという方もいることでしょう。

職場の人間関係に問題があることも考えられます。

動機はどのような内容でも構いませんが、重要なことはその動機が次の転職先と明確に結びついているかどうかです。

新しい仕事や職場が思い描いている用件を満たしてくれれば、その転職は成功したといえるでしょう。

 

目的や得意分野が把握できる

 

看板の画像

 

自問自答すると転職したい目的が分かってきて自分の得意な分野も再確認できます。転職の動機があやふやなままでは基準が定まりません。

本心からそれてしまいかねず、応募書類を記入する時や面接を受ける際にマイナスの影響が出てしまいます。

転職の目的を理解してその通りに取り組めるからやる気や自信も出るはずです。得意分野が何かを自問自答して確認しましょう。

 

優先順位を決められる

 

転職をしようと試みるには条件の優先順位が必要です。その優先順位を決めて従うためにも自己分析をして自問自答をしておくと明確になります。

待遇面・仕事内容・収入など優先すべきポイントは必ずあるはずです。

それは単に数値や規模の問題だけではなく、自分がやりがいを感じる職場や環境であるかなども含まれています。

後々になってから転職しないほうがよかったかななどと後悔しなくて済むでしょう。

 

転職の自問自答での基本ポイント

 

本と黒板の画像

 

自己分析の為に自問自答をしようと思っても、あまりにも漠然とし過ぎてどこから考えればよいか分からない方もいらっしゃるはずです。

そこで自問自答する判断基準があらかじめあると分かりやすく進展します。

転職を一般的に考えた場合には次の5つのポイントから自問自答する材料を導くことをおすすめします。

 

収入面

 

仕事の成果が反映されるのは収入面です。転職希望先に示されている月収や年収の額は前職と比べてどうなのかなども気になります。

まずは自分がどのくらいの手取りをもらいたいのかも含めて自問自答するとよいでしょう。

他にも各種手当や福利厚生についても考えるポイントです。転職条件としてどんな待遇が自分にとって必要でしょうか?

 

勤務地

 

転職での重要項目の1つは勤務地です。自宅から通える範囲かどうかは生活に最も影響を与えます。

また成長企業や大手企業に転職する場合には人事異動に伴って転勤をすることも考えられるからです。

それらの勤務地に関する事情も自問自答した上で判断するようにしましょう。

 

環境や人間関係

 

環境とは職場の雰囲気のことを指します。面接にて顔を合わせるのは採用担当者や役員・経営者などの代表的な人物でしかありません。

しかし本来の職場となる配属先での相性こそ大切な判断材料です。ただし複数の人々が交流するためすべてがはっきりできる項目ではありません。

それでも自問自答してどのような職場環境が理想的なのかもあらかじめ決めておくとよいでしょう。

 

業務内容

 

転職をする業種・業界に興味があっても業務内容を客観的に判断しましょう。仕事とはストレスが想定以上に強いことがあります。

数字で成果を求めるシビアな場合や組織内に根強く残っている社風やルールなどが後になって重責になってしまうこともあり得るからです。

自分が転職をするにあたってどうしても譲れない業務上での条件は何かを自問自答しておくとよいでしょう。

 

評価や査定

 

転職するにあたって自分が持っているポテンシャルがどう評価されるのかは気になるところです。

そのバロメーターになるのが給与面はもちろんのこと、昇進なども含まれています。

自分が何のために転職をするのかを自問自答する際に上昇志向があるかどうかも判断する材料になるのです。

 

無料転職相談に登録してやりがいのある仕事を見つけよう

 

自分の信条についての自問自答集

 

5W1Hの画像

 

自分のベーシックな心の中を再確認するための自問自答です。

転職とは直接関係なくとも自分の人生という広範囲な見方をしたてみましょう。

その際のこだわりや信条に触れておくことで、本来の自分の姿が浮き彫りになっていきます。

 

5年後や10年後はどんな自分でいたいか?

 

転職とは仕事のあり方だけではなく人生そのものに大きな影響を与えます。

長いスパンで考えてビジョンを描く必要性があることは誰もが分かることでしょう。

今から5年後・10年後、あるいは20年経ったとしたら、自分がどういう生き方をしていたいのか考えるようにしましょう。

この質問の答えが明確にでればキャリアパスが十分に描けます。

 

自分がやりたいことを語れるか?

 

やりたいことと聞かされると仕事に限定しがちになります。

しかし時間やお金の心配を除いてみて自分がやりたいことが何かをつきとめてみましょう。

誰かに自分の好きなやりたいことを素直に語れるのでしょうか?

それは本心でなくてはなりません。心の底から愛しているこだわりのある対象を持っているのかを問いかける質問です。

 

自分がやりたくないことを語れるか?

 

今度は反対に自分がやりたくないことは何でしょうか?なぜ自分はそれを絶対にやりたくないのかを見つめ直してみてください。

別角度から自分が大切にしていきたい信条が見えてくるからです。

やりたくないことと仕事がリンクしている部分があれば、転職候補から真っ先に外したほうがよいでしょう。

 

好きなものを100個書きだせるか?

 

好きなものを意識することで人生の豊かさにも気づけます。誰しも嫌いなものには触れたくないけど、好きなものなら付き合っていけるはずです。

ところが自分が好きなものほど当たり前に考え過ぎて確認しません。

そこで好きなものを100個書き出せるのか実際にやってみることをおすすめします。意外と苦戦するはずです。

それを通り越して達成した時に各々の中から共通項が見えてきます。

 

キャリアやスキルに関する自問自答集

 

キーボードの画像

 

今までの自分の仕事ぶりを思い返してみながら、今回の転職活動にどう反映させるのかが最大のテーマです。

過去の経歴や出来事を通じての後悔や辛苦だけではなく、楽しい思い出や歓喜した事にも触れてみましょう。

そこには仕事に対する自分のポリシーがあるはずです。

 

なぜ今転職したいのか?

 

まずはシンプルにどうして転職したいと思い立ったのかを自問自答してみましょう。そもそもなぜそうしたのかは忘れがちです。

転職自体は悪いことではありませんが、時間や制約の中でリスクを伴うのも事実ではないでしょうか?

そこをもう1度考えてみることです。

 

今までで1番称えられる仕事は何だったか?

 

自分の経歴を振り返って最も印象的で自慢できるキャリアや功績のことです。

自分が胸を張って誇れる仕事を誰かに語れる気持ちがあるかを確認しましょう。

その内容は具体的であれば、自己PRにも生かせて面接などの時に説得力のある話し方ができます。

 

何を大切にしながら仕事をしてきたか?

 

仕事に対する自分なりのモットーについて自問自答してみましょう。

例えばスピード感・約束を守る・こまめな連絡など仕事をする際の個人的な意識や注意点があったはずです。

それを具体的に語れれば面接でもアピールできる材料になります。

 

仕事で感謝されたことは何か?

 

会社員として仕事をする上では組織の一員に変わりはありません。

スキルや知識も大切ですが、内外問わず周囲とのかかわり方が問われてきます。

自分を振り返ってみて今まで従事してきた仕事の中で高評価を受けたエピソードを思い出してみましょう。

一体どのようなことで感謝されて喜ばれたのでしょうか?それはあなたの長所とも関係があるかもしれません。

 

応募企業についての自問自答集

 

オフィス内の画像

 

今までは直接個人的な内容が中心でした。

ここでは応募先企業についての自問自答をしながらその企業の考え方も取り入れて客観的な判断をしていきます。

自分は果してその会社に見合った人材なのかどうかを問うような感覚で考えてみましょう。

 

応募先企業が求める人物像は何か?

 

どのような企業でも求める人材のイメージがあるはずです。その基準に満たされた人材が内定を受けます。

自己PRでアピールする際のポイントも、求人の人物像が何かを明確に理解しておき見合ったアピールの方法が必要です。

応募先の求人イメージと自分は合致しているのでしょうか?

 

その企業が抱えている問題点は何か?

 

希望する企業が抱えている問題は何でしょうか?人材不足や管理能力の問題かもしれません。

入社していないので具体的に理解することは困難ですが、SNSやホームページを閲覧して想像することは可能です。

新入社員になったら自分が直面し解決すべき問題にもなります。

 

その企業でのキャリアプランは考えているか?

 

転職して新しい企業へ入るのですから、そこでの今後のプランを想像していくことは大切です。

企業の経営理念や風土を考慮しながら共通点がどのようなところにあるのか自問自答してみましょう。

自分がその企業へ入社したらぜひやってみたいことなども含めてアピールするべきポイントになります。

 

転職で自問自答する際の注意点

 

キーボードをたたく画像

 

転職での自問自答を事前に行なうのは転職成功が第一優先ではあります。しかしそれが必ずしもすべての理由ではないことも知っておくべきです。

これからの人生をどう暮らしていくのかが重要なポイントとなります。

自問自答をする際にぜひ気をつけておいて欲しいことを述べていきましょう。

 

本質を掘り下げなくては意味がない

 

自分の本質を理解するために自問自答をするのだと心得て行ないましょう。

基本的な問いに戻りますが、なぜ転職しようと思って前職を辞めたのかを考えなくてはなりません。

その上でなぜその会社への転職でなければならないのかを自問自答していくのが転職の本質に迫る行動です。

これらがあやふやなままでは理想の転職は実現せず納得いかない方向に傾いてしまいます。

 

理由と動機が一貫していなくてはならない

 

志望動機と退職理由は明確な一貫性を持たせ、双方につじつまが合い説得力を出せるようにして自問自答しておきましょう。

本当の退職理由が分かりにくいと、単なる条件面だけで会社選びをしていると思われてしまいます。

とくに前職にて不満があって辞めたのが本当の退職理由であれば、公言したくない心理が働き抽象的な表現でごまかしがちです。

強い意志が感じられず面接官に悪い印象を与えてしまいます。

 

面接のためのテクニックではない

 

転職の自問自答の目的はは自分を掘り下げて正しく理解するためであり、決して面接に合格する為ではありません

転職を成功させるために自問自答をすることは確かです。しかし単にツールとして安易に答えを決める方法ではありません。

特に転職活動での面接での発言では模範解答を丸暗記して臨んでしまいがちです。

もっともらしい言葉ばかり並べていては採用担当者に見抜かれてしまいます。

面接の際に生かすのはいいのですが、それのみの情報やテクニックではないことを自覚して行ないましょう。

 

まとめ

 

クエスチョンマークの画像

 

新しい自分の道を決めるのが転職です。今まで以上に本領を発揮できるフィールドを求めるから意義があります。

転職での自問自答は今後の自分が描くキャリアプランやキャリアパスのために行う方法です。

より納得できる豊かな人生を歩むために転職をして新しい環境で生きる選択をするためにあります。

転職サイトのノウハウの1つだけで考えてしまわないように取り組んでみましょう。

 

無料転職相談に登録して新しい環境にチャレンジしてみよう

Geekly Media
ライター

ビジネス用ツールとデスクトップの画像

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。