組み込みエンジニアの年収は?年代別の平均年収を大公開!

組み込みエンジニア

526万円
職種×年収図鑑MV-組み込みエンジニア
職種×年収図鑑MV年収割合-組み込みエンジニア
  • ~300万円
  • 301~400万円
  • 401~500万円
  • 501~600万円
  • 601~700万円
  • 701~800万円
  • 801万円

*2023年3月1日~2024年2月29日に面談を行った求職者様の登録データをもとに算出した数値です。

1組み込みエンジニアの年代別平均年収一覧

企業規模
99人以下
企業規模
100~999人
企業規模
1000人以上
25歳未満416万8333円332万円140万円
26~30歳426万7600円457万7073円325万円
31~35歳503万円506万円550万円
36~40歳-611万6667円-
41~45歳733万3333円616万6667円-
46~50歳483万3333円612万8571円766万6667円
51歳以上660万円671万2500円776万6667円
*2023年3月1日~2024年2月29日に面談を行った求職者様の登録データをもとに算出した数値です。

2組み込みエンジニアになるには?難易度は高い?

組み込みエンジニアは、電化製品や産業機械、通信機器等を実際に動かすプログラムである"組み込みソフトウェア"を開発する仕事です。リリースした後の修正は中々できないため、慎重な開発が求められるだけでなく、担当領域はシステム開発の中でも難易度が高いとされているため、専門的かつ高度なスキルが必要ですが、ニーズに対して人材が不足しているので、知識やスキルを身に付ければ有利な条件で転職できる職業ともいえます。

関連記事サムネイル画像
組み込みエンジニアへ転職する方法や必要なスキルを解説

3組み込みエンジニアはどんな人が向いている?

システム開発において専門的で高度なスキルが必要な組み込みエンジニア。主にどんな人が向いているのか3つ例をあげて紹介します。

ものづくりが好き
ものづくりが好き
最新の製品開発に携わることもできるので、プログラミングや機械の構築に興味のある方に適しているといえるでしょう。loT技術の発展に伴い組み込みエンジニアの需要も高まっているので、IoT開発に興味のある方は特におすすめの職業です。
好奇心が強く学習意欲がある
好奇心が強く学習意欲がある
IT業界はトレンドが移り変わりやすいので、日常的にインプットを怠らず、継続的な学習が必要です。そのため、最新技術や知識を吸収しながら、柔軟な発想で業務に活かすことのできる方は組み込みエンジニアとしても活躍できる可能性が高いです。
課題解決にやりがいを感じる
課題解決にやりがいを感じる
組み込みエンジニアは、製品に使われる部品のスペックや納期、コストなど、課題や制約条件が多い中で開発を進めていく仕事なので、さまざまな課題をどう解決していくか自ら考え、工夫して乗り越えていくことにやりがいを感じる方には適しているといえます。

希望にマッチする求人を厳選してご紹介

仕事タイプ診断

4組み込みエンジニアに必要なスキル・資格

製品のシステム開発をする上で、高い品質と性能を求められる組み込みエンジニア。どんなスキルや資格が必要か、例をあげて紹介します。

プログラミングスキル
プログラミングスキル
プログラミング言語の学習は必要不可欠ですが、さまざまな言語の基礎ともいえるC言語は、はじめに抑えておくべき言語です。その他、自由度が高いC++や、Googleが開発三大言語しているJava、機械の制御に使われるアセンブリなども習得しておくことをおすすめします。
コミュニケーションスキル
コミュニケーションスキル
チームで開発を進めていく場合が多いので、ある程度のコミュニケーション能力は必要です。ただし、「雑談の引き出しが豊富」など、営業職に求められるようなコミュニケーションスキルが求められるわけではないので、報告・連絡・相談をしっかり行うことができれば問題ありません。
トラブルシューティング
トラブルシューティング
制約が多い組み込みソフトウェアの開発過程ではさまざまな課題が生じるため、豊富な知識と柔軟な発想で応用を効かせて乗り越えていくためのスキルが必要です。そのためには、日ごろから自己学習に励むための向上心も必要不可欠といえるでしょう。
組み込みエンジニアに役立つ資格

組み込みエンジニアとして働く上で役立つ資格は複数あるので、中でも代表的な資格を紹介します。

ベンダー資格(民間資格)
  • ETEC(組込み技術者試験制度)
  • JSTQB認定テスト技術者資格
  • OCRES(OMG認定組み込み技術者資格試験)
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
関連記事サムネイル画像
組み込みエンジニアへ転職する方法や必要なスキルを解説

5組み込みエンジニアで年収1000万円稼げる可能性は?

組み込みエンジニアでも努力次第で年収1000万円を目指すことは可能です。ここからは年収を上げる方法について解説します。

スキルを磨く
スキルを磨く
スキルや経験によっても評価される職業なので、テクニカルスキルやマネジメントスキルを磨くことで年収アップを目指すことができます。特に、リーダーシップを発揮してチームを牽引できる方の場合、マネージャーポジションとして年収1000万円以上の高年収が提示されるケースもあります。また、lot開発など、需要の高い技術を習得しておくことも、年収アップへの近道といえるでしょう。
資格を取得する
資格を取得する
資格は必須ではありませんが、取得することで特定のスキルや知識の証明にもなります。今後のキャリアや担当したい領域を考慮して資格を取得することで、自身のスキルアップやキャリアアップに役立ちます。さらに、高難易度の資格を取得することができれば、即戦力としてもアピール材料になるでしょう。
転職を検討する
転職を検討する
組み込みエンジニアとして高いスキルや豊富な経験を持っていることが重要になりますが、転職で年収アップを目指すことも可能です。同じ組み込みエンジニアでも会社の規模感や業績の良さによって年収は変わるため、企業の特徴を加味して転職先を選ぶことも大切です。
関連記事サムネイル画像
組み込みエンジニアに必要なスキルを解説

簡単30秒で無料登録!まずはお気軽にご相談ください

簡単30秒で無料登録!

まずはお気軽にご相談ください

年収を上げるコツを聞いてみる

6組み込みエンジニアへの転職ならGeekly

組み込みエンジニアとして年収アップを目指すなら、転職エージェントの活用もおすすめです。ギークリーにはIT業界や職種を熟知した専門のキャリアアドバイザーが多く在籍しているため、あなたに合ったキャリアのご提案が可能です。すぐの転職は考えていない相談ベースからの利用も可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

このページの監修者

国家資格保有 キャリアアドバイザー 小峰涼平

5年間インフラエンジニアとして新規顧客提案や既存顧客への提案〜運用保守業務を経験。業務を行う中で人材業界へ興味を持ち、22年1月国家資格キャリアコンサルタントを取得。現在、資格を活かしキャリアアドバイザーとしてエンジニアの転職支援を行っております。

Geekly (ギークリー)は、
IT・Web・ゲーム業界特化の転職エージェントです。
リクナビNEXT 2023年度下半期
GOOD AGENT RANKING入賞 (IT・WEB部門ほか計7部門)
株式会社リクルート主催 リクナビNEXT GOOD AGENT RANKING IT・WEB部門 約450社中 第1位受賞(2023年度 下半期)

組み込みエンジニアの求人

こだわり条件で組み込みエンジニアの求人を探す

簡単30秒で無料登録!まずはお気軽にご相談ください

簡単30秒で無料登録!

まずはお気軽にご相談ください

希望に合う求人を紹介してもらう