カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 志望動機ってどれくらいに重要視されているの?書くべきポイントとは!
  • 転職活動

志望動機ってどれくらいに重要視されているの?書くべきポイントとは!

転職で提出する書類に記入する志望動機欄。採用につながる書き方のポイントについてご存知でしょうか?こちらのページでは、採用担当者がどれくらい志望動機を重要視しているのか?また、評価が上がる志望動機の書き方について記載しております。第一志望の企業に転職できるように「志望動機」の書き方をチェックしておきましょう。

志望動機の重要性とは?採用担当者の本音とは

 

 

採用担当者は応募者の「志望動機」から何を読み取るのでしょうか?ここでは採用担当者が重要視するポイントについて次の3つを説明していきます。

・会社の売上UPに貢献できる人材かどうか
・会社の空気感にフィットするかどうか
・長く勤務してもらえるかどうか

 

会社の売上UPに貢献できる人材かどうか

 

応募先の採用担当者は、応募者の志望動機を読んで「会社の売上UPに貢献できる人材かどうか」を判断します。会社は売上げアップを目的に運営されています。お金を稼ぐことが大前提です。

応募者のキャリアアップを目的に採用活動を行っていません。企業が人を採用するのは、事業拡大による人員募集であったり、既存事業で退職者が出たため、その人員補充だったりします。その延長で志望動機を読んで、一緒に働けるかどうかを判断するわけです。どう、その会社に貢献できるかがポイントになってきます。

 

会社の空気感(文化)にフィットするかどうか

 

採用担当者は志望動機を読んで、「会社の空気感にフィットするかどうか」を判断します。例えば、SIerからWeb系の会社に転職するときであれば、次々に新しい仕事や企画を積極的に提案する姿勢が歓迎されます。また、Web系からSIerへ転職するのであれば、角が立たないコミュニケーションも大事になってくるかもしれません。

 

長く勤務してもらえるかどうか

 

企業は「採用する社員には、できるだけ長く勤めてもらいたい」と考えています。採用活動をして人を雇っても、すぐに退職してしまったら会社にとってはマイナスです。志望動機を読んで、長く続けてもらえるかどうかを判断します。そのうえで、長く続けてもらえそうという印象を与えられれば、採用される確率があがります。

 

志望動機を書くための準備

 

 

志望動機を書くにあたって、事前に準備をしておきたいことを次の2点に絞って説明をします。

・アピールできる経験を整理する

・応募する会社の社風を把握する

 

アピールできる経験を整理する

 

志望動機を記入するにあたって、企業で経験した業務について、詳細に経験を書き出します。

 

1つ例をあげると、

 

経験:JavaのWebプログラミング開発のサブリーダーとして従事して、部下3人をマネジメント。

成功体験:納期を守り、部下をマネジメントして製品を納品できた。

失敗体験:開発元との仕様に勘違いがあり、プログラムの修正で進捗が遅れた。進捗の遅れを、休日出勤をしてリカバリーをした。

学んだこと:仕様について、開発元とお互い納得したうえで開発を進めることが大事。

 

といった形で、いくつも詳細に経験を書き出します。このとき、具体的に数字で書き出しておく事が大事です。志望動機を書くとき、この経験の中から会社の社風に合うものを選びましょう。

 

応募する会社の社風を把握する

 

応募するにあたって、会社の社風を把握しておきましょう。

例えば、BtoBのSIerであれば、仕様書を確認して設計書通りにシステムを開発できるかであったり、BtoCのWeb系であれば、顧客のニーズを把握して新しいシステムを提案できるかであったり、必要とされる人材の特性が変わってきます。

会社の社風を把握するために、会社のホームページを読んだり、会社の関係者の方とミーティングの機会を作ったりして、社風を確認してみたりしましょう。特に、社長のメッセージや決算資料を確認すると、その会社の将来の展望について知れます。

会社の社風を把握して、それにあった志望動機を記入していきましょう。

 

これで選考通過!志望動機の書き方 4つのポイント

 

 

次に採用に繋がる志望動機の書き方のポイントを4つ紹介します。

・会社を志望する理由を伝える

・職場の空気感にフィットすることを伝える

・会社で活躍できる理由を記入する

・アピールする経験は具体的な経験・数字を交える

 

その会社を志望する理由を伝える

 

まず初めに、志望動機を記入するときは、「どうしてその会社を志望するのか?」・「どうしてその会社じゃないとダメなのか?」の理由を記入します。

例えば、システムエンジニアで「検証」の工程を中心に仕事をしていたテストエンジニアが、「製造」の工程に移りたいといった理由でプログラマーの仕事を応募したとします。

そのとき、採用担当者から、「どうして弊社でプログラミングをしたいの?他の会社でもプログラミングできるよね?」といった形で質問されますので、返答するような形で、一歩踏み込んで志望理由を記入すると良いです。

 

職場の空気感にフィットすることを伝える

 

次に、志望動機を記入するにあたって、「職場の空気感にフィットすること」を記入すると良いです。例えば、何かに新しく挑戦するWeb系企業であれば、個人で挑戦した経験を志望動機に記入して、職場の空気感に合う点をアピールします。

採用担当者は、チームのみんなと仲良くできる性格なのか?といった点を見ますので、その会社で働いている人と面接前にどこかで会っておくと、説得力が増します。

 

会社で活躍できる理由を記入する

 

次に、その会社で活躍できる理由を、過去の経験とリンクさせて記入します。

例えば、Web系会社の開発職を志望するのであれば、前職で勉強をしたWebアプリ・モバイルアプリの開発実績をアピールします。前職での実績がなければ、個人で開発をしてアプリのリリースをして収益をあげた経験を記入して、その会社でも同様に活躍できる理由を説明します。

教育コストが低かったり、売上につながったりするような、具体的な実績を記入すると尚良いです。

 

アピールする経験は具体的な経験・数字を交える

 

志望動機に書くときに記入する経験は、具体的な経験と数字を交えて説明すると説得力が増します。

例えば、個人で開発したアプリであれば、2020年1月ダウンロード数5万DL突破。ダウンロード数アップのため、広告やSEO対策を行い、2020年7月に10万DL突破。

といった形で、経験を具体的な数字に落とし込んで説明すると良いです。

 

絶対に避けたい!ダメな志望動機 3つ

 

 

最後に、志望動機を記入するにあたり、避けておきたい内容があります。次の3つに絞って説明します。

・近い将来退職する可能性があることを伝える

・教育制度が充実していることを書く

・具体的な数字でアピールできない

 

近い将来退職する可能性があることを伝える

 

企業は採用する人にはできるだけ長く居て欲しいものです。将来の起業や他社への転職を匂わすと、不採用になってしまうケースがあります。もし、将来起業したいという意思があったとしても、志望動機には書かないほうが無難です。

 

教育制度が充実していることを書く

 

志望動機に教育制度や福利厚生が充実している点をアピールするのは好ましくありません。リスクをかけて転職するわけですから、本音は給与や福利厚生面は大事ですよね。転職の志望動機は、給与や福利厚生はできるだけ記入しないほうが良いです。履歴書には、他の面をアピールしておきましょう。

 

具体的な数字でアピールできていない

 

志望動機を記入するにあたって、過去の実績・経験を数字ベースでアピールできないと、採用担当者からは、有能ではない印象を受け取ってしまいます。社会人は実績・数字が全てといっても過言ではありません。数字をベースにして、志望動機を記入してアピールしましょう。

 

まとめ

 

 

志望動機を記入するにあたって、採用担当者が重要視する点と、書くべきポイントについて説明してきました。

採用担当者は志望動機を読んで、会社の売上に貢献できるかを判断します。また、志望動機を記入するときは、自身の経験と応募先の社風に合わせた内容を記入しましょう。

また、対面の面接でも、志望動機について必ず聞かれますので、履歴書を記入する段階で、過去の経験を棚卸しをして、数字ベースで事細かにアピールできるようにしておくと良いでしょう。

島野

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。