カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 面接に必要な持ち物って何?「必要なもの」と「あると便利なもの」を紹介します!
  • 転職活動

面接に必要な持ち物って何?「必要なもの」と「あると便利なもの」を紹介します!

面接の日程が決まり、面接の連取をしっかりしていても面接に必要なモノの準備を忘れてしまっては意味がありません。この記事では面接に必要な持ち物と面接の日程が決まり、面接の連取をしっかりしていても面接に必要なモノの準備を忘れてしまっては意味がありません。面接に必要な持ち物とあると便利なモノをご紹介させていただきます。面接へ行く前にこの記事を読んで頂き、必要な持ち物などの対策をして頂けると幸いです。

2020年3月29日

  • twitter
  • facebook

面接に必要な持ち物

 

イメージ画像-歩く人

 

履歴書などA4サイズの書類が入るバッグ

 

面接では「履歴書」など「企業の資料」など様々な持ち物を持っていきます。手ぶらで面接に行くことはまずないでしょう。

履歴書を手に抱えたまま面接に行くのは、非常識と思われてしまいます。また、企業側から書類を渡される場合もあります。面接を受ける際には、最低限A4サイズの書類がはいるようなバッグを持っていきましょう。

面接では些細な部分も見られ評価されます。どのようなバッグを持ってきているかも見られている可能性がありますので、企業のイメージに合わせたバッグを選びましょう。どのようなバッグを選べば良いか分からない方は、派手すぎずオフィスカジュアルに合うようなバッグを選べば間違いないでしょう。

 

履歴書や求人票のコピー

 

履歴書や求人票のコピーは必ず持っていきましょう。

面接では提出した書類を元に質問をされることが非常に多いです。企業に提出するものとは別で、自分でも目を通すためのものをコピーしておきましょう。

緊張して考えていた話す内容が飛んでしまう可能性も十分考えられるので、面接までの待ち時間に履歴書もう一度自分の目で確認しておきましょう。

また、求人票は企業がどのような人材を求めているかがわかります。企業の求める人物像と自分を照らし合わせて話すため、直前にもしっかりと目を通してきましょう。備えあれば憂いなしです。

 

筆記用具

 

面接は質疑応答だけではありません。アンケート用紙の記入などがあり、思わぬところで筆記用具を使用することがあります。

面接官に借りるのは非常識になりますので事前にしっかりと準備をしておきましょう。

えんぴつ(シャーペン)、ボールペン、消しゴム。この3点は最低でも必ず用意しておきましょう。

また、筆記用具類をそのままカバンに放り込んでおくのは印象が悪いのペンケースにしまっておきましょう。

ペンケースを普段使わない方は、100均でも大丈夫ですので、購入して準備しておきましょう。間違っても筆記用具をそのままむき出しの状態でカバンに入れておくのはやめましょう。

 

面接先の電話番号がわかるメモ

 

面接へ行く際に時間厳守はもちろんですが、やむを得ない場合で遅れてしまうこともあります。

その際に到着してから言い訳をするのではなく、時間に遅れてしまうことが分かった時点で電話をして送れる旨を伝えましょう。

基本的には面接で遅刻はNGですが、電車の大幅な遅延や自身の体調の悪化などやむを得ない状況に陥ることもあります。仮に寝坊などの場合でも、嘘をつくのは絶対にNGです。

そういった場合には誤魔化すのではなく、事実をしっかりと説明することが大事です。

事前にどれだけ準備をしていても予測できない事態に陥る可能性はあります。その場合は電話をして、焦らずに落ち着いて自分が置かれている状況を相手に明確に伝えましょう。

 

現金

 

今の時代はスマホやICカードなどキャッシュレスが主流で、現金を持ち歩く人が少ないですが、面接に行く場合に限っては現金は必ず持ち歩くようにしましょう。

公共交通機関を利用する際にICカードが磁気不良などで使用できないなど、予想だにしていないトラブルに巻き込まれることも考えられます。また、面接会場へ間に合わずタクシーを使う可能性があります。そういった場合にも対応できるよう、必ず現金を持ち歩くようにしましょう。

金額としては、3000円程度持っておけば問題ないでしょう。

 

面接にあると便利なモノ

 

イメージ画像_クレヨン

面接会場への行き方がわかる地図

 

面接会場までの道順が分かる地図があると非常に便利です。

ほとんどの方が面接会場まで行く場合にスマホのマップアプリで道順を検索していくと思います。

しかし、面接当日にスマホの充電がなくなったり、スマホをどこかに落としたりしてしまう可能性は0ではありません。

そうなった場合に備えて、事前に地図を用意しておくと万が一の事態でも大活躍してくれます。

前日までにコンビニや自宅のプリンターで道順をA4サイズでコピーしておきましょう。持っていて損はありません。

 

身分証明書(免許所や保険証)

 

免許所や保険証など身元が分かるものがあると便利です。

大きな会社などになると、会社に入る段階で警備員の方が身分証明書の提示を求めてくる場合もあります。

万が一の場合は用件を伝えれば問題ないと思いますが、身分証明書を持っていれば問題なく通ることができるでしょう。

また、面接会場に行くまでに不測のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。そういった際に、身分証明書を提示することでスムーズに解決しますので、る身分証明書はあると便利です。

面接の日に限ってトラブルが起きるということもありますので万が一に備えて身分証明書を持っておくことをおすすめします。

 

コンパクトな手鏡

 

手鏡は自分の身だしなみをチェックできるので、持っていると非常に便利です。

大きすぎず、カバンに入るサイズの手鏡を持っていると面接直前に自分の身だしなみをしっかりとチェックすることができます。面接では身だしなみは必ず見られます。寝ぐせはついていないか。エリは立っていないか。等、身だしなみは社会人の基本ですので常にチェックすることを心がけましょう。

また、手鏡を持つ理由は面接会場まで行く道中にトイレなどで全身チェックできれば問題ないのですが、時間がなくギリギリに到着してしまう可能性もあるでしょう。そういった場合に大活躍します。

 

面接での持ち物「特になし」の場合

 

イメージ画像_考える人

 

持ち物無し=手ぶらではない

 

求人誌などを見ていると面接時に持ち物「特になし」と書かれている場合があります。

「特になし」の場合でも真に受けてはいけません。履歴書や筆記用具は必ず持っていきましょう。

「特になし」=「手ぶら」ではなく【最低限のもの】という認識をしていると良いと思います。

履歴書がなければどのような経歴があるのかわかりません。

筆記用具がなければ、何かを記入する必要がある場合に面接官にペンなどを借りなければなりません。”特になし”と書かれている場合でも上記に書いてる必要なモノは必ず持っていくようにしましょう。

万が一、手ぶらで面接へ行って印象が悪くなることはあっても、しっかりと準備して面接へ行き印象が悪くなることはありません。どのような面接でも必要最低限の持ち物は忘れずに持っていくようにしましょう。

 

最後に

 

イメージ画像-ポイント

 

面接の際は、話す内容の準備などに時間をかけ、持ち物の準備を疎かにしてしまう場合があります。

話す内容や履歴書の書き方などはもちろんみられる部分ですが、持っているバッグや身だしなみも面接官はチェックしているかもしれません。

前日になり慌てて準備するのではなく、前もって準備をして忘れ物のないようにしましょう。とは言っても、どれだけ準備していても忘れる可能性はあります。そうならないためにも、面接当日はいつもより少し早く起きて、不備が無いように家を出る前にも十分に持ち物の確認することをおススメします。

万全の準備で面接に臨み、最大限に自分をアピールしていきましょう!しっかりと準備をしておくことで面接への自信にも繋がって良い結果が見込めるかもしれません。

 

Geeklyに話を聞いてみる☞

おーちゃん

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。