新型コロナウィルスへの対応について

  • 17LIVE株式会社 イメージ画像1
  • 17LIVE株式会社 イメージ画像2
  • 17LIVE株式会社 イメージ画像3

マーケティングマネージャー

求人要項求人ID:173672

年収
1,500〜2,300 万円
勤務地
外苑前(銀座線)
雇用形態
正社員

仕事内容

マーケティングチームのディレクターとして、マーケティングの全体戦略やターゲット戦略、チームマネジメントに重点を置いて、アプリ「17LIVE」の認知向上や新規ユーザー獲得/Retentionのためのあらゆる業務を担当していただきます。

【具体的には】
・Marketing部門の戦略策定・実行
・マネージャー、メンバーの人材育成
・サービスの現状分析、問題提起、解決策実行
・実施した施策の効果分析、仮説構築及び検証
・部署横断の連携及びマネジメント

保険
健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険
諸手当
通勤手当
休日休暇
慶弔休暇 年末年始 夏期休暇 有給休暇 週休2日制(土曜日・日曜日)-祝日 バースデー休暇 リフレッシュ休暇(勤続2年で17日の休暇日を付与)

この求人のおすすめポイント

担当コンサルタント
稲垣雄也

【世界的にも注目を浴びるライブ配信事業】
ライブ配信元年は2016年と言われており、SNS運営各社がライブ配信に参入(Line Live/Facebook Live/Instagram Stories...)、世界的にも注目を浴びる市場となっております。またライブ配信市場において最も人気が出ている国は中国と台湾。

 ・ライブ動画をストリーミングできるプラットホーム
 ・市場規模は今や13億ドル(1300億円)
 ・ネット利用者の半数にあたる3億1200万人がライブ動画配信を視聴する

などのデータもございます。また、有名なライブ配信企業「Momo」は2014年にナスダック上場で時価総額70億ドルとLIXILや住友化学と同水準で評価されております。

【競合との差別化】
(1)本社である台湾の17はエンジニアが在籍
⇒ライブ配信系のエンジニアを70名抱えている企業は間違いなく同社だけ。ライブ配信ではタイムラグがすごく重要であり、優秀なエンジニアが多く在籍していることが競合との差別化になります。
(2)台湾で成功を収めており、グローバルに配信可能
⇒競合サービスはありますが、まだサービスとして確立しきれていないフェーズかと思います。ただ同社はアジアで【 44億円 】も資金調達を実施しており、文化的に似ている台湾で成功を収めております。またライブ配信の魅力は全世界に配信をできること。既に全世界に配信動線があることは競合他社にはない強みになります。

企業情報

会社名
17LIVE株式会社
事業内容
【将来の推定市場規模はゲーム業界と同等と言われている『ライブ配信事業』を行っております】
同社は、「17LIVE」というライブ配信プラットフォームを運営しております。現在、台湾、中国、香港、マカオ、マレーシア、インドネシアのユーザーに利用されております。

【ビジネスモデル】
今流行っている「インフルエンサーマーケティング」に事業構造は近く、ライバーと視聴者(以下、ファンと呼ぶ)を繋ぐプラットフォームが「17 Media」であると考えるとわかりやすいです。ただビジネスモデルが少々異なり、ライバーに向けてファンがバーチャル・プレゼントを贈ることよる収益となります。例えばファンは数百円を支払えばバーチャルのバラをライバーに贈ることができ、バーチャル・プレゼントの売り上げの半分は同社の収入となり残りの半分をライバーと分ける形が多いです。あるライブ配信プラットフォームではファンは支払う金額によって28段階にランク付けされており、最高ランクになるためには7000〜8000円が必要など、ランクによってライバーに目をかけてもらえる、などファンはモチベーションが上がる仕組みになっております。
業種
インターネット
従業員数
206名
売上高
非公開
資本金
非公開
所在地
東京都港区
設立
2015年1月

この企業の別の求人情報

IT業界の転職ならGeekly

業界特化だから実現した、
トップクラスの求人数と情報量。
あなた専任のキャリアアドバイザーが、
希望条件や 経験スキルなどを理解した上で、
IT転職をサポートします。

\ お気軽にご相談ください ! /

▶ まずは相談してみる

同じカテゴリーの求人を探す

事業内容から探す

この求人に似ている求人情報

求人特集から探す

転職情報

業界特化だから実現した、
トップクラスの求人数と情報量。
あなた専任のキャリアアドバイザーが、
希望条件や経験スキルなどを理解した上で、
IT転職をサポートします。

\ お気軽にご相談ください ! /

▶ まずは相談してみる