新型コロナウィルスへの対応について

  • Sansan株式会社 イメージ画像1
  • Sansan株式会社 イメージ画像2
  • Sansan株式会社 イメージ画像3

新規事業開発室 BizDevマネジャー

求人要項求人ID:122184

年収
720〜1,100 万円
勤務地
表参道(銀座線)
雇用形態
正社員

仕事内容

当社の新規事業開発室において、ビジネス企画・プロダクト企画・マーケティング・セールスまでを一貫して担当ただ来ます。
パートナービジネス・M&Aの検討を含め、当社の非連続な成長を推進していただきます。

【具体的には】
・事業戦略の立案、実行とその後の管理運用
・マーケティング戦略の立案・実行
・企業アライアンス構築、M&A・出資などの投資検討・実行
・必要に応じた、関係者チームの立ち上げとマネジメント

保険
健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険
諸手当
通勤手当 昇給(年2回) 賞与(年2回)
休日休暇
慶弔休暇 年末年始 夏期休暇 有給休暇 完全週休2日制(土・日) 祝日 特別休暇

この求人のおすすめポイント

担当コンサルタント
中嶋信幸

【年間100億枚流通すると言われる「名刺」を 深堀り する事業戦略。「手広く」より「一点集中戦略」へ】
「世界を変える新たな価値を生み出す」というビジョンを元にした事業展開を行う同社。それを可能にするために「名刺管理」というサービスを深堀りする戦略を企てています。あの有名な『facebook社』には世界中にエンジニアが2500名程度在籍しておりますが、全員がfacebookの開発をしているのと同じように、同社も名刺管理において「手広く」ではなく、「一点集中」の戦略を世界に向けて展開しております。
※国外(世界)での実績:
・アメリカ大使館より アントレプレナー アワード ジャパン を受賞
・ヨーロッパにて International Diamond Prize for Excellence in Quality を受賞

【同市場では圧倒的な実績。ブルーオーシャンの市場で世界を目指しています】
同社は、「名刺管理」の市場において日本No.1であり、同市場に特化した企業は世界でも1社もありません。現状4800社に導入されておりますが、日本国内の全企業(約100万社)がターゲットとなりますので、ブルーオーシャンの市場と言えます。同分野のパイオニアとして世界における新しい市場の創造を目指しており、同サービスを模倣する企業も出てきておりますが、 約6年のノウハウが他社の追随を許しておりません。

【安定性が高いビジネスモデル】
同社の主力サービス「Sansan」の収益モデルとしては、アカウントにつき月額で課金されますので、ストック型の収益モデルが確立できており、健全な経営を実現。一方で名刺の組織活用についてはまだまだ認知度が低く、ブルーオーシャンの中で市場の創出に向けてチャレンジを続けています。

企業情報

会社名
Sansan株式会社
事業内容
【「名刺管理」という切り口で世界に向けて事業展開をしております】
世界中で年間100億枚もの名刺が交換されることに注目した同社。貯まっていくだけの単なる紙の名刺から「新しいビジネスチャンス」が生まれる可能性に着目し事業立ち上げを行っております。

(1)『sansan』事業:
「sansan」とは、法人企業向けの名刺管理サービスで、7000社に導入されており、業界シェア82%を獲得しております。2013年8月にテレビCMを開始し、2014年1月よりアメリカにも展開を開始。ユーザが名刺をスキャンするだけで、入力オペレータが名刺情報を人力で正確にデータ化。クラウド型アプリケーションを通して組織内で人脈情報を共有するサービスです。

(2)『Eight(エイト)』事業:
「Eight(エイト)」は、スマートフォン(iPhone、Android)向けの名刺管理アプリです。
業種
インターネット
従業員数
610名
売上高
102億6,000万円
資本金
28億1,250万円
所在地
東京都渋谷区
設立
2007年6月

この企業の別の求人情報

IT業界の転職ならGeekly

業界特化だから実現した、
トップクラスの求人数と情報量。
あなた専任のキャリアアドバイザーが、
希望条件や 経験スキルなどを理解した上で、
IT転職をサポートします。

\ お気軽にご相談ください ! /

▶ まずは相談してみる

同じカテゴリーの求人を探す

事業内容から探す

この求人に似ている求人情報

求人特集から探す

転職情報

業界特化だから実現した、
トップクラスの求人数と情報量。
あなた専任のキャリアアドバイザーが、
希望条件や経験スキルなどを理解した上で、
IT転職をサポートします。

\ お気軽にご相談ください ! /

▶ まずは相談してみる