カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. オウンドメディアとは?意味や導入のメリットについて徹底解説!
  • Web・ゲーム

オウンドメディアとは?意味や導入のメリットについて徹底解説!

オウンドメディアを運用することで、自社を自由に広告し、自社のイメージを作り上げることができます。そのためにはまず、HPやブログサービスなどのプラットフォーム構築が必要です。本記事では、オウンドメディアとは何なのか、そのメリットやデメリットを交えながらオウンドメディアの導入について解説します。

オウンドメディアとは

 

オウンドメディアとは

 

オウンドメディアとは英語で「Owned Media」と表記します。つまり独自の所有するメディアだということです。

実際、オウンドメディアは自社のHPに記事を掲載したり、宣伝広告ページを設けたりすることで、自由に運用していくものであり、広告媒体のように規則に従った形で掲載する必要もありません。

自社の好きなように運用できるメディアなので、自社のサービス紹介や業界に関するお役立ち情報、他社の商品を紹介して利益を期待することも自由です。

例えば、IT企業のメディアであればIT技術の紹介をどこよりも分かりやすく記事にすることで、頼れる企業というイメージを定着させることもできます。

このように、オウンドメディアはブランディングや広告を兼ねた自社のメディアという役割を果たすのです。

 

無料転職相談に登録してオウンドメディアに詳しいエンジニアになろう

 

オウンドメディアのメリット

 

オウンドメディアのメリット

 

オウンドメディアのメリットは、自社で自由に情報を発信し、見込み客や潜在的な顧客の発見、優良顧客へのアプローチができることです。

また、具体的には以下のようなメリットが挙げられます。

・広告費の削減
・自社のブランディング
・自社の自由な言葉でサービスを紹介できる

 

広告費の削減

 

自社を広告する手段には、チラシの作成やメディアへの広告掲載、テレビCMなどが考えられます。

しかし、どれも初期コストがかかる上、すぐに売上へ直結するかどうかは分かりません。

多くのコストをかけても期待通りの利益が得られないことは、珍しいことではないのです。

しかし、オウンドメディアを活用すれば、初期コストを抑えて自社の宣伝を始められます

HPなどのプラットフォームを構築するための工数はかかりますが、それでも初期投資はその他の広告に比べれば抑えられるでしょう。

 

自社のブランディング

 

役立つ情報発信や、魅力的なサービス紹介をすることで、同時に自社のブランディングにも効果的です。

「〇〇の情報なら△△株式会社の情報を見れば間違いない」

ユーザーがこのような印象を持つことが、企業のブランド力につながり、提供サービスへのコンバージョンはもちろん、人材獲得の手段としても有利に働きます。

 

自社の自由な言葉でサービスを紹介できる

 

チラシやテレビCMなどでは、サービスを紹介する紙の面積や放送時間などの制限があります。

自社サービスの良さをもっと伝えたいと思っても、自由にならない部分も多いのです。

しかし、オウンドメディアならば、伝えたいこと全てを自由な表現方法でネット上に公開できるのです。

表現の方法や幅に制限がないということが、オウンドメディアの大きなメリットだと言えるでしょう。

 

オウンドメディアのデメリット

 

オウンドメディアのデメリット

 

自由に自社を表現できるオウンドメディアですが、自由であるが故のデメリットも存在するのです。

オウンドメディアのデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

・不適切な発信でイメージダウン
・コンバージョンまでには時間がかかる

 

不適切な発信でイメージダウン

 

オウンドメディアで発信する情報は、全て自社の責任です。個人で発信するメディアも同じですね。

例えば、経済的な未来の予測を断言するような情報や、医療に関する間違った知識を発信してしまった場合、ユーザーを混乱させた責任は全てオウンドメディアを運営する自社が負うことになるのです。

それは、企業のイメージダウンと信頼性の低下に直結し、自社が扱う商品やサービスの売上に大きなダメージを与えるでしょう。

オウンドメディアでの情報発信や発言には、細心の注意を払わなければならないと言うことです。

 

コンバージョンまでには時間がかかる

 

初期コストがほとんどかからないオウンドメディアは、手軽に始めやすい広告です。

しかし、オウンドメディアからのコンバージョンには時間がかかることを意識しておきましょう。

HPなどのプラットフォームを持っていない状態から始めるならば、まずはHPの存在をインターネット上(ほとんどの場合Google検索)で周知しなければなりません。

検索上位に上がっても、オウンドメディアの内容でユーザーが納得しなければ、それは一時的なものとなり、集客は期待できないでしょう。

多くのユーザーを集められるメディアに育っても、メディア内でユーザーが商品やサービスに興味を持たなければ、コンバージョンにはつながりません。

オウンドメディアで収益を上げる、あるいは企業イメージを向上させるには、優良なコンテンツを地道に時間をかけて蓄積しいていく必要があるのです。

 

オウンドメディアの導入手順

 

オウンドメディアの導入手順

 

ここからは、オウンドメディアの導入手順を見ていきましょう。

メディアの周知から集客、コンバージョンに至るまでには「メディアを育てる」必要があります。

 

事前準備:プラットフォームを作る

 

オウンドメディアを導入するためには、インターネット上にコンテンツを公開するためのプラットフォームが必要です。

それは、独自のHPを構築したり、無料のブログサービスを選択したりするなど、いくつかの手段があります。

おすすめなのは、やはり独自ドメインを利用できるサービスでしょう。

インターネット上のコンテンツは、Googleで上位検索されてこそ多くの人の目に止まります。

上位検索されるためにはSEOを意識したメディア作りが必須であり、そこにはドメインの力も含まれるのです。

良質なコンテンツを詰め込んだメディアを育てると、そのドメインにも力がつき、「このドメインのコンテンツは優良」という判断基準も影響してきます。

古くなったドメインが中古販売されているのもそのためです。

ですので、オウンドメディアを導入する際には、独自ドメインを育てることも意識してプラットフォームを選びましょう。

 

フェーズ1:記事を蓄積する

 

プラットフォームが整ったら、ようやくオウンドメディア導入のフェーズが始まります。

まずは、コンテンツを充実させることが先決です。記事数の少ないオウンドメディアは、情報量が少ないことはもちろん、信頼も獲得できません。

ですので、まずは多くの記事をメディアに蓄積し、「この分野なら自社のメディア」と言えるくらい網羅した豊富な記事を揃えましょう。

 

フェーズ2:記事の質を整える

 

自社が目標とする記事数が揃ったら、次は記事の質に注目しましょう。

「ただ単に記事数が多いメディア」では、Googleにもユーザーにも評価されることは難しく、検索上位に表示されることはありません。

数を集めるフェーズと並行して質の高い記事を蓄積していくことは大切ですが、数を増やしている段階ではどうしても細かな部分にまでは目が届かないことが多いのです。

自社のオウンドメディアとして「質」の基準を決め、整えていくことが大切です。

今後制作する記事を含めたコンテンツは質にこだわり、自社が発信したい情報を余すことなく伝えましょう。

 

フェーズ3:定期的なメンテナンス・更新を続ける

 

オウンドメディアにある程度質の高いコンテンツが蓄積されたら、定期的なメンテナンスと更新を続けましょう

情報は古くなりますし、急にアクセスが減ってしまうコンテンツも出てくるはずです。

アクセス数やコンバージョン率を常に確認しながら、既存の記事を現時点の最新情報に書き換えるなどのメンテナンス・更新を怠らないよう運用することが大切です。

ある程度のアクセス数をキープしていても、せっかく作ったメディアを放置するのは非常にもったいないことですし、完成したメディアは自社の資産だと認識することで利用の幅も広がります。

 

コンテンツ制作の外注

 

オウンドメディアに掲載するコンテンツ制作を外注する方法もあります。

特に上記のフェーズ1は、どうしてもマンパワーが必要になりますので、自社では工数を賄いきれないといった場合に便利です。

例えば、記事を量産しなければならないときには、記事制作を専門とする業者へ依頼したり、クラウドソーシングで個人に記事制作を外注したりすることで、まずはオウンドメディアの基礎を作るというのも1つの手段となります。

 

まとめ

まとめ

 

オウンドメディアは、企業や個人が独自に制作するメディアです。

結果が出るまでには時間を要しますが、初期コストを抑えて広告を打つには良い方法だと言えるでしょう。

コストをかけたその場限りの広告よりも、時間をかけて質の高いコンテンツを作り、集客に効果があるメディアを制作することができれば、それは将来的にも大きな資産となるのです。

無料転職相談に登録してオウンドメディアの知識を活かせる会社に転職しよう

 

佐久森

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。