カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 技術・テクノロジー
  4. 【ハイブリッドクラウドとは】オンプレミス環境とクラウド環境の違いから徹底解説!
  • 技術・テクノロジー

【ハイブリッドクラウドとは】オンプレミス環境とクラウド環境の違いから徹底解説!

ITインフラを全て構築していた時代から、クラウドサービスを業務に導入するようになり、会社によって社内ITインフラとクラウドサービスを同時併用するハイブリットクラウドを利用する企業が増えてきました。本記事では、そんなハイブリットクラウドの特徴をオンプレミスとクラウド環境の違いを説明しながら紹介します。

ハイブリットクラウド

 

ハイブリットクラウドとは?

 

 

ハイブリットクラウドは、オンプレミスな環境やパブリックなクラウド、プライベートクラウドなど最適な環境を組み合わせて(ハイブリット)構築した環境のことを指します。

近年データ処理に必要な運用コストや理想的なIT基盤を構築するためにデータをインターネットに接続する環境でどこでも使用出来る様にするクラウドという技術に注目が集まっています。

しかし、企業の重要な情報・システムを全てクラウド化してしまうとセキュリティー面や資金面で不安が残ります。そう行った場合に、企業の根幹に関わるような情報は社内のサーバーで従来通り扱い、社内サポートのためのアプリケーションやデータについてはクラウドサービスを利用するといったように必要な部分のみを選択してクラウド化したい場合にハイブリットクラウド環境が選ばれています。

 

オンプレミス環境とクラウド環境をハイブリットクラウドと比較するために、それぞれの特徴や欠点を先に紹介します。

 

オンプレミス環境

 

オンプレミス環境とは?

 

 

オンプレミス環境とは自社でサーバーやストレージ、ソフトウェアなどの情報システムを構築し運用している環境の事です。

会社独自のシステム体制を自由に作成でき、強固なセキュリティー体制を構築できるメリットは有りますが、システムのアップグレードやメンテナンスなど拡張や運用保守に対する時間や金銭的な運用コストが非常に高いというデメリットが有ります。

 

オンプレミス環境の特徴

 

 

オンプレミス環境は高いセキュリティー環境の中で自由にシステムをカスタマイズし、既存の社内システムと連携を取ることが出来るという特徴が有ります

自社で運用している情報システムのため、欲しい機能や性能を自前で構築することができ非常に拡張性が高いです。また、パブリックなインターネットに繋がっていない環境でシステムの保守・運用を行うことができるためハッキングやサイバーテロのリスクを軽減させることが出来ます。

更に自社で環境構築・拡張を行うため、既に採用している社内システムとの連携を前提にシステムの作成ができます。

 

オンプレミス環境の欠点

 

 

オンプレミス環境の欠点は金銭や時間的な運用コストが非常に高い点です。

オンプレミス環境を整えるためには、自前でサーバーやストレージ、ソフトウェア、ネットワーク機器などを購入する必要がありそれらの初期投資にお金が掛かります

また運用するための電気代、運用保守を行ってくれる人の給料を支払う必要が有りますし、システムの購入から構築まで数ヶ月の期間を要する場合が有ります。

更に、システム障害などが発生したい場合は専門家や従業員が現地へ出向いて作業を行う必要があり、大企業などでシステム障害が起こってしまうと早朝でも深夜でも対応しなければならないという大変な事態が発生します。

 

クラウド環境

 

クラウド環境とは?

 

 

クラウド環境とはインターネットに接続されたサーバーの事を指しており、この環境を利用して提供するサービスのことをクラウドサービスと言います。

利用者はインターネットに接続できる環境さえあればどこからでもサービスを利用することが可能で、どこのサーバーと繋がっているのか意識する必要が有りません

スマートフォンやPCを個人利用している人は、知らないうちに使用しているということも多く、googleが提供しているGmailやgoogle Driveなどもクラウドサービスになります。

 

クラウド環境の特徴

 

 

クラウド環境は低コストで、利用したいサービスをすぐに使用することができるという特徴があります。

例えば社内でファイル共有や進捗管理などの営業ツールを利用したい場合、それを提供しているクラウドサービスを利用すれば、登録するだけですぐに使用することができるようになります。

これらのシステム運用は全てサービスの提供元が行ってくれるため、利用者はアップグレードや、システムの保守といった点に気を使う必要がなくなります。

 

クラウド環境の欠点

 

 

クラウドサービスの欠点はオンプレミス環境と比較してやセキュリティーやシステムの連携面で劣る点が挙げられます。

クラウドサービスは、プライベートネットワークを使用した接続を行なっているため基本的にセキュリティーは高いのですが、完全に閉鎖された環境ではないためハッキングや、そもそもサービス提供者が内容を閲覧できる環境下でないことの保証など不安が残る可能性が有ります。

またサービスによっては、競合対策として既に取り入れているシステムとの連携がとれなかったりする可能性があります。例えば既存の内部システムとしてメールはA社のアプリケーションを利用しているが、画像やファイルの保管用にB社のクラウドサービスを導入すると連携できず、B社のメールアプリケーションを利用しなければならないという感じです。

 

実際には上で挙げたようなことが発生することは考えにくいですが、あくまで可能性の話として捉えて頂けると幸いです。

 

オンプレミスとクラウド環境のいいとこ取り

 

 

オンプレミス環境と、クラウド環境について特徴や欠点について紹介しましたが、ハイブリットクラウドの最適な環境構築とは、それぞれの会社や個人にとって最適な環境を構築するために両者の良いところだけを集めて使いましょうということです。

例えばスタートアップ企業であれば、サーバーからミドルウェアといった自社サービスのほとんどの部分をクラウドで利用し、顧客データなど一部の情報保管のみ自社の小規模サーバーで管理するといった利用方法も考えられますし、既に大規模な社内ITインフラを整えている大企業などは、根幹部分はオンプレミス環境でそのまま運用し、徐々にクラウド化しながら業務とコストの効率を改善するといった利用方法が出来ます。

 

ハイブリットクラウドの将来性

 

IaaSの国際市場規模は2兆円越え

 

 

個人も企業も世界的にクラウドサービスを利用する傾向にあり、会社のサービスの一部をクラウドでカスタマイズできるIaaS(Internet as a service)の国際市場規模は2016年の時点で2兆4,310億円を超えています

日本でも多くの企業が会社のシステムにIaaSを組み込むようになっており、その市場規模は2022年頃に国内だけでも2兆円を超えるのではと言われています。

 

これから新たにサービスを始める人にとって社内のITインフラのみでサービスを運用しようと考える企業はほぼ0に近く、ほとんどの企業がまずはクラウドプラットフォームの検討から始まることでしょう。

そういった環境においては、ハイブリットクラウドの将来性は非常に高いように感じますし、まだまだ伸び代があるように思います。

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。今後ハイブリットクラウド環境でビジネスを行っていくことが一般的になってくるのではと思います。しかし、例えば銀行などユーザーの重要な個人情報を多く扱う企業が全てのシステムをクラウド化するような未来になるとは思えません。そういった企業がどこまで自社のサービスをクラウド化し、どこまでは自社の社内システムで運用していくのかは注目です。

日本では三菱東京UFJが社内の一部のシステムをクラウド化し、今後も順序クラウド化していくいくことを明言していました。

クラウド化の将来的な未来像が全てハイブリットモデルになるかどうかは分かりませんが、今後しばらくはハイブリットクラウドが最適解として実用されていくのではないでしょ。

とげみ

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
2+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。