カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職時の退職金の平均相場を紹介!勤続年数によってどう変わる?金額の変動要因を転職エージェントが解説!
  • 転職準備

転職時の退職金の平均相場を紹介!勤続年数によってどう変わる?金額の変動要因を転職エージェントが解説!

転職するとき、退職金の額が気になるという人も多いのではないでしょうか。本項では、退職金の平均相場や勤続年数によってどう変わるか、退職金の額の変動要因などを詳しく解説していきます。転職活動において、退職金の額を知ることもモチベーションのひとつになりますが、転職すると退職金はどう変動していくかについても見ていきます。退職金のことを詳しく知って、後悔のない転職活動を実現しましょう。

退職金の平均相場

転職時にもらえる退職金

 

退職金の平均相場

 

転職をするときは、前の会社を退職するということになります。

退職するときに気になるのが、退職金の額です。

本項では退職金についての基礎的な解説や、平均相場等を解説していきます。

また、勤続年数によって退職金がどう変わるのか、転職時の退職金の取り扱いについても見ていきます。

 

退職金とは何か

 

退職金の平均相場

 

退職金とは、会社を退職するときに受け取れるお金のことです。

退職金は大きくわけて2つに分けられます。

1つは退職一時金、2つは退職年金です。

また、退職金は法律で定められたものではないので、必ず貰えるものではありません。

それぞれについて、詳細を見ていきましょう。

 

退職一時金とは

 

退職一時金とは、退職時に一括して支給されるお金のことです。

一般的に退職金というと、こちらのお金を指すケースが多いです。

退職時にまとまってもらえるお金のため、今まで会社に貢献してきた報酬と捉える人も多いでしょう。

 

退職年金とは

 

退職年金とは、退職後何回かに分けて支給されるお金のことです。

退職年金は、企業年金と呼ばれることもあります。

国民年金とは別に企業が積み立てる年金のため、外部の機関に積み立てています。

従業員が将来貰える退職金から一部を積み立てていき、資産運用していくというメカニズムです。

 

退職金は必ず貰えるものではない?

 

退職金は多くの企業で導入していますが、そうではない場合もあります。

退職金制度は法律上定められているものではないためです。

平成30年度の国の調査によると、調査対象の企業のうち24.2%が「退職金制度がない」と回答しました。

また、「退職金制度がある」と回答した企業の20.6%が退職一時金と退職年金を併用していると回答しました。

すなわち、退職一時金と退職年金の片方しか貰えないということです。

退職金は将来の資産設計に大きく影響してきます。

将来退職金が貰えるかどうかについては、ご自身が勤めている会社の会社規則等を確認しておきましょう。

 

退職金の平均相場は?

 

退職金の平均相場

 

退職金の相場については、毎年国が調査しています。

以下に、中小企業を対象とした調査の結果を記します。

平成30年度の調査によると、以下のような結果になっています。

 

勤続年数が10年未満の場合

 

勤続年数が3年の場合は、20万円~25万円という金額が平均的です。

勤続年数が5年の場合は、35万円~40万円という金額が平均的です。

5年ほどの勤続年数である場合は、1年あたり6~7万円というケースが一般的です。

10年未満の勤続年数では長く勤めれば退職金が劇的に増えるとは言えないでしょう。

 

勤続年数10年以上の場合

 

勤続年数が10年の場合は、90万円~120万円という金額が平均的です。

1年あたりの金額に換算すると、10万円程度となります。

勤続年数が20年の場合は、250万円~400万円という金額が平均的です。

1年あたりの金額に換算すると、15万円程度となります。

勤続年数が25年の場合は、420万円~600万円という金額が平均的です。

1年あたりの金額に換算すると、20万円程度となります。

勤続年数が30年の場合は、600万円~800万円という金額が平均的です。

1年あたりの金額に換算すると、25万円程度となります。

5年を過ぎるごとに、1年あたりの金額がおよそ5万円増えるという計算になります。

 

長く勤めればお得?

 

勤続年数が10年の場合と30年の場合を比べると、1年あたりの退職金が2~3倍以上も差が開きます。

このように、退職金は長く務めるほど1年あたりの金額が増えていく制度だということが伺えます。

 

勤続年数によってどう変わる?

 

退職金の平均相場

 

退職金の額は、企業によって様々な算出の仕方があります。

代表的な算出方法を見ていきましょう。

 

勤続年数に応じた一定額

 

勤続年数に応じて一定額増えていく算出方法です。

例えば、5年間務めると25万円、10年間務めると50万円という具合に増えていきます。

この場合は、勤続年数のみが算出基準になるため、会社での貢献度などは考慮されません。

そのため、従業員のモチベーションを上げる制度に即しているとは言い難いです。

 

ポイント制による変動

 

ポイント制を導入している場合は、企業への貢献度成績に応じたポイントで評価されます。

この場合の退職金の金額は、退職金ポイント×ポイント単価といった具合に計算されます。

単に勤続年数のみで計算されないため、従業員の労働意欲を高めることのできる制度です。

成果報酬型の制度とも言えます。

 

基本給連動型

 

基本給連動型は、基本給に応じて退職金が変動する制度です。

この場合の退職金の金額は、退職金算定基礎額×支給率といった具合に計算されます。

基本給も本人の能力に応じて変動するため、従業員の労働意欲を高めることのできる制度です。

また、基本給連動型の場合には、自己都合退職か会社都合であるかで退職金が異なる場合があります。

例えば、自己都合退職である場合は退職金が1割減になる、等の計算をされます。

 

自己都合退職か会社都合退職か

 

退職金の平均相場

 

退職には自己都合退職と会社都合退職の2種類があります。

それぞれについて、見ていきましょう。

 

自己都合退職とは

 

自己都合退職とは、社員の都合により退職することです。

例えば、社員の都合により転職する場合や、病気など私傷病で退職する場合があります。

 

会社都合退職とは

 

会社都合退職とは、会社の都合で退職する場合があります。

例えば、業績悪化によるリストラ等の事由で会社の都合で退職してもらうという場合があります。

 

自己都合退職で退職金が減額する?

 

自己都合退職によると退職金が減額されるという法的な規則はありません。

ただし、会社としては自己都合退職は避けてもらいたいものです。

そのため、自己都合退職の場合は会社都合退職に比べて退職金が減額されるというケースが少なくありません。

自己都合により退職される場合は、自分が損することがないかどうか、社内規則をあらかじめ確認しましょう。

 

転職すると退職金は減るか?

 

転職すると退職金は減る?

 

退職金の平均相場

 

転職すると退職金は減る、という説があります。

この説に対する回答としては、退職金の計算方法は企業によって異なるため、一概には言えません。

しかし、ほとんどの場合では、先の例で見たように勤続年数が長ければ長いほど退職金が増える傾向にあります。

会社にとっても、長く就労してくれたことを報いるためにこのような制度にしているのでしょう。

 

転職は損?退職金よりも給与で稼げるようになろう

 

転職すると退職金は減少してしまう傾向にあるということを紹介しました。

ただし、だからといって転職することが損であるということにはなりません。

退職金が減ってしまっても、転職をすることによって年収が上がるというケースは少なくありません。

むしろ、複数の会社を経験した人材だからこそ、より稼げる人材になれると言えます。

転職を検討されている方は、退職金の額だけにこだわるのは得策ではありません。

様々な条件を比較しながら、総合的に判断材料にしていきましょう。

 

無料転職相談に登録してデジタルトランスフォーメーションの波に乗ろう

 

退職金はいつ受け取れるか?

 

退職金の平均相場

 

退職金の支給時期については、企業によって変動します。

退職の時期が正式に決定してから退職金の計算に入るため、退職後すぐに支給されるというわけにはいきません。

それでも、おおよそ1か月~6か月の間に支給されるケースがほとんどです。

正式な退職金の支給時期を知るには、就業規則を確認することが重要です。

 

退職金は年々減少傾向にある?

 

退職金は年々減少傾向にあるのか?

 

退職金の平均相場

 

退職金の支給額は減少傾向にあるという話があります。

この背景には、景気の悪化に連動する企業年金の運用成績の悪化等が挙げられます。

景気が良かった頃には支払えていた退職金も、今は支払えるようなお金がなくなっています。

統計によると、ここ10年間で数百万円ほどの退職金の相場は下がっているとされています。

 

自分の資産は自分で形成する必要がある

 

かつて常識であった年功制度や終身雇用が崩壊し、年金制度の維持も安泰ではなくなってきています。

退職金に頼るのみではなく、ご自身で資産形成をして将来の資産を築いていくことが重要になってくるでしょう。

 

退職金と税金について

 

退職金と所得税

 

退職金の平均相場

 

退職金が支給された場合の金額は所得に該当するため、これについての所得税を払う必要があります。

ただし、退職金は将来の貯蓄に関わる重要な資金のため、税金の面で大きく優遇されています。

詳しい税金の計算について見ていきましょう。

 

退職所得控除とは

 

退職所得控除とは、退職所得に関わる所得から一定額を控除するものです。

源泉徴収前の退職金から退職所得控除を差し引いたものが税金の計算のベースになります。

退職所得の額は、20年以下であるかそうでないかによって計算が変わります。

20年以下の場合は、40万円に勤続年数をかけたものが退職所得になります。

20年を超える場合は、20年を超えた分が70万円として計算されます。

例えば、勤続年数が10年の場合は40万円の10年間なので、400万円が所得控除になります。

勤続年数が30年の場合は、40万円の期間が20年間、70万円の期間が10年間なので、

40万円×20年間+70万円×10年間=1500万円という計算式になります。

 

まとめ

 

退職金の平均相場

 

退職金についての事例や、平均相場などを見ていきました。

退職金の支給に共通して言えることは、退職金について法的規則はないため、会社規則によるものが多いということです。

退職金について、後で知らなかった、ということが無いようにしっかりと社内規則を確認しておきましょう。

退職や転職は人生の転機に関わる一大イベントです。

退職金の受給は、一度人生を区切りなおすという意味でも大きな意義があります。

後悔することのないように転職を進めていきしましょう。

 

無料転職相談に登録して後悔のない転職活動を進めよう

Geekly Media
ライター

退職金の平均相場

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。