1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職前にライフプランを決める重要性を解説!転職成功に繋がるプランの立て方は?IT業界で長く活躍しよう
  • 転職準備

転職前にライフプランを決める重要性を解説!転職成功に繋がるプランの立て方は?IT業界で長く活躍しよう

あなたは何のために転職をしますか?転職をすること自体が目的ではなく、自分の人生をさらに充実させるために転職するのではないでしょうか?そのためには、転職前にライフプランを決めてライフプランを軸に転職活動を進めていくことが大事です。今回はライフプランの立て方や重要性、確認すべきポイントも解説します。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した
転職エージェントです

まずは年収診断をしてみる

転職の「成功」とは何?

 

「転職に成功する」とはどういうことでしょうか?

希望の職種に転職できれば成功でしょうか?それとも、今より年収の高い企業に転職できれば成功でしょうか?

もちろんそれも転職の成功といえます。

しかし、今回のテーマである「ライフプラン」を考える前に、転職に成功するという意味を深く捉え直しておくべきでしょう。

 

転職はゴールではない

 

砂で書かれたSuccessの文字

 

よく、転職がゴールになってしまう人がいます。それは転職すること自体を目的にしてしまっているからです。

でもよく考えてみてください。果たして転職することが目的なのでしょうか?

 

人生が良くなってこその転職成功

 

太陽に向かってガッツポーズする男性の後ろ姿

 

たとえば、あなたは次のような目的があるから転職したいのではないですか?

 

・もっとやりがいのある仕事がしたい

・キャリアアップして、さらなる高みを目指したい(自己実現

・今よりも収入を増やして良い生活がしたい・家族を楽させたい

・家族と過ごす時間を増やしたい

・将来に備えて貯蓄したい

 

もちろん、仕事が人生の目的だという人もいるでしょう。しかし多くの人にとって仕事とは、より良い人生を送るための手段のはずです。

たとえ希望の職種に転職できたとしても、人生が充実したものにならなければ虚しいものです。

転職後に人生の質が上がってこそ、転職に成功したといえるのではないでしょうか?

 

 

無料転職相談に登録して理想の仕事・理想の人生を手に入れよう

 

転職する前にライフプランを決めよう

 

ノートに書かれた電球の絵の上に丸められた青い紙

 

転職で人生の質をあげることが成功だと解説しました。

そのためにはライフプランを決めておくことが大事です。ライフプランとは人生設計お金の計画です。

自分が人生で大事にしたいもの・実現させたいことや、その時に必要な資金が分かっていれば転職に失敗しなくなるでしょう。

ライフプランを疎かにすれば、人生の重要なイベントを中止したり延期しなければならないことも出てきます。

自分の理想どおりの人生を送るには、転職前にライフプランを決めておくべきなのです。

ここで、転職前にライフプランを決めるメリットをまとめておきます。

 

・自分の人生で大事にしている価値観が明確になる

・人生のタイミングで必要な収入について、具体的にイメージできる

・転職先を選ぶ基準が明確になるので、ブレない転職活動が可能になる

・予期せぬ出来事でライフプランが狂ったときでも、軌道修正しやすい

 

転職前にライフプランを決める重要性(男性編)

 

男性は特に金銭面において、ライフプランを詳細に決めておく必要があります。

 

独身男性はタイミング、既婚男性は家族

 

白と黒のチェックマスとSTARTの文字

 

男性の転職意欲・チャレンジ精神は、結婚前がピークといわれています。転職するなら結婚前がベストです。

たとえば、給料が下がってでも自分のやりたい仕事なので転職する。勤務地が県外になるけど理想の仕事なので転職する。

これは独身だからこその特権であり、結婚後はこのような転職は難しくなります。家族への影響を考えて慎重になるからです。

独身男性は転職のリミットを明確にした方が良いですし、既婚男性が転職するには「家族の未来を考える必要があります。

転職前にライフプランを決めておくことで、転職のベストタイミングや家族に及ぼす影響が見えてくるのです。

 

自分一人の稼ぎで家族を養うことも想定する

 

繋いだ手で子供用の靴を持つ夫婦

 

独身の間は自分の生活だけ考えれば良いのですが、結婚すれば自分一人の稼ぎで家族を養う必要もでてくるでしょう。

未来のパートナーや子供のことを考えずに、独身の状況だけで転職を決めてしまうのは金銭面で大きなリスクがあります。

予定よりも早く結婚して子供ができ、気がつけば「生活費が足りない」なんてことにもなりかねません。

だからこそ、結婚時期を含めたライフプランをしっかり決めておくことで転職後に焦ることもなくなります。

 

転職前にライフプランを決める重要性(女性編)

 

女性は男性以上に、転職前にライフプランを深く考えておく必要があります。

 

女性の転職は、男性以上にタイミングが大事

 

黄色い花のついた赤ちゃんの足を握る母親の手

 

女性の場合、結婚・出産・育児といった女性特有のライフイベントが仕事に与える影響が大きいです。

ライフプランを決めて転職のタイミングを間違わないようにしましょう。

女性の場合も転職は結婚前がベストです。新婚・既婚の場合、出産を懸念されて転職がうまくいかないケースもあるからです。

せっかく採用したのに、採用後すぐ育児休暇に入られては企業側も困るでしょう。

転職後すぐに出産し、育児休暇が取れずに泣く泣く退職したという話も耳にします。

一年以上勤務しないと育児休暇を取れないところもありますので、注意が必要です。

また、女性が転職してすぐに結婚・出産するのが申し訳なくて、ライフイベントを先延ばしするケースもあります。

そうならないためにも、結婚・出産・育児のライフプランをしっかり考えたなかで転職を進めるべきでしょう。

 

女性のライフイベントには期限がある

 

金の置き時計とピンクの砂時計

 

女性の結婚・出産には期限(適齢期)があります。

ライフプランを無視した無計画な転職により、一大ライフイベントが後ろ倒しになったり期を逃してしまうかもしれません。

また、育児がひと段落して職場復帰するかどうかも考えて転職先を選ぶべきです。転職前にライフプランを決めておきましょう。

 

ライフプランの立て方

 

ノートのMy Planと書く女性の手

 

まずは思いつくままに紙に書き出しましょう。重要なライフイベントだけでなく、やりたいこと・かなえたいこと・なども書き出します。

この時のポイントは、より具体的にイメージして書くことです。たとえば家を買うなら、場所や一戸建て・マンションなのかどうかまで。

家族なら奥さんは何歳で子供は何人なのか。旅行に行きたいのなら、どの国のどこへ誰と何日間行くのか。

仕事についてなら、どんな役職でどんな仕事をしたいのか。

これらを自分が何歳の時に実現したいのか、現在から老後まで全て書き出しましょう。

次はそれを年表にしましょう。年代ごとにライフイベント・やりたいことの欄を作って書いていきます。

奥さんやお子さんの欄も忘れずに作りましょう。

最後は各ライフイベントに必要な費用を書き込んでいきます。たとえば、家を買うのであればいくらかかるのかなど。

ここは一番大事なポイントです。お金の計算を入れることで、単なる人生設計ではなくライフプランになるのです。

そうやってライフイベントごとに必要なお金が分かれば、何歳の時にどれくらいの収入・貯蓄が必要かまで見えてきます。

ライフプランを決めれば、今まで漠然としていた転職先のイメージが具体的になることでしょう。

 

それぞれのライフイベントでどれくらいお金が必要?

 

人生の大きなライフイベントにおいて、どれくらいお金が必要なのかをまとめておきます。

個人差はありますが、大体の目安としてライフプランの作成に役立ててください。

 

結婚にかかる費用

 

ブーケを持つ女性の手に自分の手を重ねる男性

 

今の時代は婚約指輪を買わなかったり新婚旅行は行かないという夫婦も多いので、もう少し費用は低くなる可能性はあります。

 

・婚約指輪 40万円

・結婚指輪 20万円(2人分)

・結婚式 300万円(約100人規模の披露宴です)

・新婚旅行 50万円

・新生活準備  100万円(家電・家具など)

 

出産にかかる費用

 

赤ちゃん用のベッドに手を添える妊娠中の女性

 

子供が2人目であればお下がりを使ったりできますので、多少の個人差はありますが概ね費用はこれくらいでしょう。

 

・出産準備 20万円(通院代やマタニティ用品にかかる費用です)

・出産 50万円

・出産後 20万円(ベビーグッズの用意です)

 

教育にかかる費用

 

市立大学の校舎

 

幼稚園から大学生まで、1人分の学費は1000万円程度が相場です。

児童手当の相場は子供が中学を卒業するまでの15年間で平均200万円ほどです。

 

・公立 500万円(幼小中高まで通った場合です)

・私立 1800万円(幼小中高が一貫校の場合です)

・公立大学 250万円(4年制)

・私立大学 600万円(理系/4年制)

・私立大学 400万円(文系/4年制)

 

住宅購入にかかる費用

 

家の設計図とタブレットに映った一戸建ての家

 

最近は賃貸を選択する夫婦も多いですが、購入した場合の相場は以下です。

 

・頭金 800万円(4000万円の家の場合)

・諸経費 100万円(登記など)

・税金 20万円/年(固定資産税)

・管理費 3万円/月(マンションの場合)

・ローン 9万円/月(35年払い)

 

老後の生活費

 

公園のベンチに座る老夫婦

 

老後は高齢者2人で月に平均27万円の生活費がかかるといわれています。

年金支給の開始時期によっては、無収入でも2人が5年間は暮らせるくらいの貯蓄が必要でしょう。

 

転職を成功させるためのチェックポイント

 

ライフプランが決まれば、以下のポイントをチェックしましょう。

ライフプランに沿って転職を見直すことで、希望の転職先が変わったり転職しないという選択肢もでてくるかもしれません。

 

その転職先で本当にライフプランを実現できるのか

 

空に浮かんだDREAMSの雲

 

希望の転職先でライフプランを実現できそうか、問い直してみましょう。

ここを突き詰めず転職してしまったら、ライフプランに大幅な遅れが生じたり大きく狂ってしまいかねません。

特に、「給料面で見通しが甘かったために大事な時にお金が足りない」という事態は絶対に避けなければいけません。

ライフプランに沿って転職先を決めることは、とても大事なのです。

 

社内でキャリアアップする選択肢は?

 

白い矢印とBE A BOSSと書く手

 

再度、今の職場でのキャリアアップでライフプランの実現が可能かどうかも考えてみるべきです。

また、社内での職種を変えることによるライフプランの実現可能性も探るべきでしょう。

どうしても隣の芝生は青く見えてしまいますが、今の職場が嫌だからという理由だけで転職するのはおすすめしません。

最初から転職一択ではなく、今の会社でライフプラン通りに人生を進めることは本当に無理なのか検討してみましょう。

 

転職先の条件・制度の利用実績

 

親の人差し指を握る赤ちゃんの小さな手

 

特に女性にとって大事な確認ポイントです。

転職先の企業で、出産・育児の支援制度を女性が活用した実績があるかどうかを確認しましょう。

制度があることが大事なのではありません。制度があっても、それを活用しにくい環境であれば意味がないのです。

転職先の「現場の声」を聞けない場合も多いでしょうから、経験豊富な転職エージェントに相談してみるのも良いでしょう。

 

自分の消費期限を冷静に見る

 

海辺に座って対岸の都市を見つめる男性のセピア写真

 

転職先で「自分はずっと第一線で活躍できるのか」、「順調にキャリアアップしていけるのか」を冷静に見極めましょう。

たとえば、一説によるとエンジニアが第一線で活躍できるのは35歳〜40歳くらいまでともいわれています。

ライフプランにおいて一番大切な時期に、もしリストラ配置換えをされて収入が激減してしまったら?

取り返しがつきません。

もし第一線を退かなければいけなくなった時、方向転換できる職種なのか・企業に受け皿があるのかなども考慮して転職を決めましょう。

 

ライフプランに沿って転職エージェントにアドバイスをもらおう

 

企業のビルをバックに握手する転職エージェントと求職者

 

転職を成功させるということはその後の人生の質をあげること。

今回はこの視点でライプランを決める重要性を解説しました。

転職を考えた時に、あなたの周りにこの角度でアドバイスをしてくれる同僚や先輩は少ないかもしれません。

転職もライフプランにおける一大イベントです。あなたの人生を真剣に考えてアドバイスをくれる人と二人三脚で進めていくべきです。

転職エージェントであれば、きっとあなたの人生に寄り添って最適なアドバイスをくれることでしょう。

ぜひIT業界での転職を成功させて理想のライフプランを実現させてください。

 

無料転職相談に登録してIT業界で活躍しよう

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー