カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 人材紹介のサービスについてご紹介!ハローワークとは何が違う?人材紹介おすすめする理由とは
  • 転職準備

人材紹介のサービスについてご紹介!ハローワークとは何が違う?人材紹介おすすめする理由とは

転職を支援し転職先の情報を提供するサービスは転職エージェントと呼ばれています。転職を有利にすすめられるこのサービスは、いったいどのようなものか気になりませんか?本記事では人材紹介のサービス紹介やハローワークとの相違点についてご紹介します。

人材紹介の仕組みとは

template, layout, website

人材紹介3つのタイプ

 

一般仲介・登録

基本的に多くの人材紹介サービス会社はこのタイプです。企業と求職者の間でお互いの条件に合致する人材紹介のサービスを行います。

一般的に求職者側からは転職エージェントと呼ばれることが多いです。

人材紹介サービスの会社は登録された求職者のデーターベースから候補を絞り、求人案件とマッチする企業と仲介します。

 

サーチ

CEOやCOOなど経営幹部、エグゼクティブと呼ばれる層の求人が多いタイプです。ヘッドハンティングとも呼ばれます。専門性の高いスキルを持つ求人が多いのも特徴でしょう。

SNSの活用や個人の人脈など、自社のデーターベースだけでなく幅広い手段で求人を集めます。

 

再就職支援

再就職支援(アウトプレースメント)は企業の経営状況の変化により、リストラや事業の縮小で退職になった社員をグループ系列やそれ以外への再就職をサポートするタイプです。

こういった人材紹介サービスの特徴は、企業と退職者両方を支援するところでしょう。

企業には労働組合への対処から退職者個々にいたる問題まで、トラブルなどに発展しないようにアドバイスします。

 

一方で退職者には早期に再就職が決まるよう、下記のような支援を行います。

 

人材紹介サービスの支援の例
  • 再就職に必要な専門的スキルや知識の情報提供
  • 求人の紹介
  • カウンセリング

 

これらのサービスにかかる費用は退職を促した企業側が支払います。

 

人材紹介サービスは無料で使える?

 

大抵の人材紹介サービスは基本的に無料で利用できます。

その理由はビジネスモデルにあります。

人材紹介サービスを行っている会社は、クライアント企業側から紹介手数料を受け取っているからです。

 

人材紹介サービスの魅力とは?

mark, marker, hand

転職のプロからアドバイスがもらえる

 

履歴書・職務経歴書といった求人応募に必要な書類の添削、面接対策など人材紹介サービス会社のキャリアアドバイザーからアドバイスがもらえます。

また、企業の特徴や社風、業界に合わせたノウハウも教えてくれます。

 

面接が苦手な人や初めての転職という方は、人材紹介サービスがおすすめでしょう。

面倒な面接の日程・時間調整から、希望条件の交渉といったことも代行しておこなってくれるためです。

 

非公開求人が魅力

 

非公開求人は企業がおおやけに掲載していない求人のことです。

ハローワークや転職サイト、企業の求人サイトにも掲載されておらず、企業名や募集要項なども公開されていません。

 

人材紹介サービスはその非公開求人を数多く抱えています。

企業は事業戦略的に求人の情報を公開できないケースがあります。

例えば市場拡大や新事業への進出、極秘に行われる大きなプロジェクトなどを立ち上げるとき、企業は競合他社に情報が漏れることを懸念します。

 

例えば飲食系の新規事業で立ち上げる新店舗があった場合、オープンスタッフを募集することもあるでしょう。そうなると求人へは新規事業に関わる情報も記載することになります。

そのため、求人を非公開にする企業があるのです。

 

人材紹介会社とハローワークの違いとは

businessman, selection, applicants

求人数の違い

 

ハローワークは国の職業紹介機関です。企業は無料で求人を出せますから、求人数は自然と多くなります。

人材紹介サービスはハローワークと違い、求人企業から紹介手数料を受け取ります。

 

そのため、人材紹介サービスを利用する企業はそれなりの費用がかかります。

ハローワークに比べて求人を出すハードルは高くなるため、ハローワークと比較すれば求人数は少ないです。

 

サポートの違い

 

ハローワークでは職業訓練が利用できます。

就職にあたってスキル不足を感じる方は、簿記やPCスキル、その他資格取得のための講座を基本無料(在職者・学卒者は異なる)で受講できます。

訓練の期間は数ヶ月で終了するものもあれば、1,2年と長期にわたるものもあります。

ただし、職業訓練には人数制限があります。そのためハローワークで申し込んだあと、筆記試験、書類審査や面接などが行われます。

 

人材紹介サービスのサポートでは、特に企業への面接対策が強みと言えるでしょう。

求人企業の傾向や過去に面接で出た質問例などをレクチャーしてくれます。

 

また、選考の一次審査で行われる書類審査で足切りされないように、専門のキャリアアドバイザーやコンサルタントが支援してくれます。

求人別に特徴をとらえた添削やアドバイスをしてくれるのは、人材紹介サービスの特色です。

 

人材紹介サービスの選び方とは?

タイプで選ぶ

 

一般的に人材紹介サービスは転職エージェントと呼ばれていますが、大別して総合型特化型があります。

総合型:求人数の種類や量が多いため、幅広い求人から自分の希望条件に合致したものを絞り込みやすい

特化型:業界に精通したプロのキャリアアドバイザーがおり、特徴を掴んだアドバイスがもらえる

総合型には大手人材紹介サービス会社が多く、求人数も豊富です。

まだ自分が働きたい業界や職種などが明確ではない人は、総合型がおすすめでしょう。

キャリア相談において、自分の適正にマッチする新しいタイプの求人をみつける機会になるかもしれません。

 

特化型の求人数はある一定の業界に特定しているため、総合型と比較した場合劣ります。

しかし、業界に特化しているからこそできる支援を行ってくれます。

その業界に精通していないと分からないような転職情報や採用されやすい人材など、特化型のキャリアアドバイザーからレクチャーしてもらえます。

 

また、若年層やハイクラス層、第二新卒向けなど求職者のキャリアにあった人材紹介サービスもあります。

外資やIT・WEB系などの転職を目指す場合は、特化型の人材紹介サービスをおすすめします。

そういった業界は、特殊な募集要項やスキルが必要とされることがあるからです。

 

時間に余裕がない人

 

ハローワークの施設開庁は基本平日8:30から17:15 までとなっています。そのため、多忙で忙しい人は利用するタイミングが難しい面もあるでしょう。

人材紹介サービスの場合は面談の予約も電話やメールで可能です。

 

人材紹介サービス会社の多くは、シフト制で求職者をサポートしているため、土日も対応をしてくれます。

なぜかというと、転職を志す人の多くは平日に仕事をしている人が多いからです。

近年ではZOOMやSkypeといったWEB面談に対応した人材紹介サービスもあり、距離的にエージェントと会うことが難しい遠方に住んでいる人には大きなメリットでしょう。

 

ハローワークと人材紹介サービス転職に有利なのは?

 

scale, question, importance

 

それぞれの特徴を把握して利用する

 

ハローワークと人材紹介サービスは共に特徴が異なり、自分の状況にあったサービスを選択するのがベストです。

退職済みの方は就業している方より時間的に余裕があります。

ケースによっては長期の職業訓練も受講できますから、ハローワークの利用が向いているともいえます。

また地元企業に転職希望の方も、近隣の中小企業求人が多いハローワークは魅力でしょう。

 

企業に自分を売り込むことが苦手な方は、人材紹介サービスを利用してみてください。

キャリアアドバイザーが自己分析や自己アピールといった要素を、客観的に掘り起こしてくれるでしょう。

また、入社時期や年収などの希望条件交渉も、転職のプロが代行してくれますのでスムーズに進みます。これは高待遇の転職を目指し、キャリアアップを目指している方には魅力的でしょう。

 

人材紹介サービスは人事だけではなく、企業の現場にいる担当やマネージャーといったリーダーとも繋がりをもっていることがあり、リアルな社風や現場の空気を知ることが可能です。

現場のリアルな情報は応募する企業選びや面接でも役立ちます。

人材紹介サービス、ハローワークは共に自分の現状や希望、キャリアにあったサービスを選択しましょう。

 

転職支援サービスは併用するのがベスト

 

人材紹介サービスとハローワークは併用できる転職ツールです。

地元の求人を中心に、求人数が豊富なハローワークに通いながら人材紹介サービスにも登録して自分にマッチしそうな求人を紹介してもらいましょう。

そうすることで、より効率的に転職活動が行えます。

 

最後に

 

contact us, contact, email

 

ハローワークには企業が求人掲載を無料で出せるため、自然と求人数が多くなります。中には質の低い求人も存在します。

企業が出す求人審査のハードルが低いことも要因の1つといわれています。

 

一方で人材紹介サービスは、企業が紹介手数料を支払って優秀な人材を採用しようとしています。

人材紹介サービスには質の高い求人が集まりやすい傾向がありますから、転職活動の強い味方になってくれるはずです。

 

人材紹介サービスを使ってみる!
カズ・ライティングP

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。