カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. シニア世代は何歳の事を指す?転職成功させるために意識すべきポイントをについて紹介します。
  • 転職準備

シニア世代は何歳の事を指す?転職成功させるために意識すべきポイントをについて紹介します。

「人間関係で疲れた」「好きな仕事をしてみたい」などさまざまな理由で転職したいと思っている方はたくさんいらっしゃいます。いざ転職サイトを検索すると、「ミドル」「シニア」という言葉を見かけ、自分はどちらだろう?と疑問に思う方がいるのではないでしょうか。シニア世代は何歳なのか、また転職を成功させるためのポイントについてご紹介します。

シニア世代とは何歳を指すのか?

 

tie, necktie, adjust

 

「上司とそりが合わない」「仕事の幅を広げたい」とさまざまな理由で転職活動をしている方がたくさんいらっしゃいます。転職活動中によく聞くのが「シニアの転職」という言葉。このシニアとはそもそも何歳を指すのでしょうか?

実は転職市場において、シニアは明確な年齢の定義がありません。転職サイトによって定義が分かれておりますが、東京都が都民の方の雇用や就業を支援するために設置した東京しごとセンター(https://www.tokyoshigoto.jp/)ではシニアを「55歳以上」と定義しています。

しかしサイトによっては45歳以上をシニアと定義しているところもあります。そのため、45歳を超えて転職活動をする場合、ミドル向けだけではなくシニア向けの転職サイトにも登録するようにするのがおすすめです。

 

シニア世代転職の現状

 

growth, progress, graph

 

「シニア世代の転職活動は難しいのでは?」と心配になる方も多いのではないでしょうか。実はシニア世代の転職市場は年々拡大しています。

今までは、費用対効果などを考えて20代や30代の採用を積極的に優先していることが多かったですが、最近では40代や50代でも年齢を問わず良い条件で採用する企業が増えています。

この背景には労働人口が減っているという社会的な状況や、専門性が高い人(即戦力となる人材)が欲しいといったような状況があります。

単純に労働力が欲しいという場合は好条件での採用というわけにはいきませんが、専門性が求められている場合は好条件で採用されるということも増えてきています。

 

転職を成功させるために意識すべきポイント

 

business, businessman, male

 

シニア世代でも転職が可能であるということをお伝えしましたが、それでも厳しいといわれているシニア世代の転職。中途半端に転職活動をすると失敗してしまいます。ここではシニア世代の転職を成功させるために意識すべきポイントをご紹介します。

 

謙虚である

 

企業側は「シニア世代はプライドが高いのではないか?」と心配しています。

なぜなら、シニア世代は社会人経験が豊富な分、自身の成功体験ややり方に固執している方も多くいらっしゃるからです。

転職をするということは、今までとは全く違う環境(職場)で働くということです。その職場にもその職場なりの仕事のやり方がありますが、自分のやり方に固執する人は新しい仕事のやり方を受け付けません。そうなると職場に馴染めなくなり、仕事がうまく回らなくなります。

また仕事への適応力はあっても、プライドが高く自分の経歴を自慢するような人では、周りの人もコミュニケーションを取る気がなくなります。そうなるとやはり仕事がうまく回らなくなったり、孤立したりしてしまいます。

企業側はこのような状況を懸念しているので、謙虚な姿勢で臨むことが重要となります。新しい職場でも柔軟に対応でき、周囲の人間ともうまくやれそうだというイメージを持ってもらえるように努力しましょう。

 

自己分析を徹底する

 

とにかく自己分析を徹底しましょう。何となく「これが得意かな?」と思ってみても、今までの自分の経歴をしっかり掘り起こすことで違う側面が見えてきます。

何から始めたらいいのか分からないという方は、まずは時系列に自分のやってきた仕事などを書き起こしてみましょう。その際に異動歴も含めて書きます。思い出すのが難しいかもしれませんが、どんな目的の仕事でどういう仕事内容だったのか、とにかく詳細に書き起こしてみましょう。

そしてそれぞれの仕事に対して、どういうスキルが身に着いたのか、その仕事は得意だったのかそれとも不得意だったのかということを分析してみます。そうすることで、自分の得意なことと不得意なことが目で見て分かるようになります。

また、もしもその仕事に対して他者による評価があればそれも書き起こしてみましょう。例えば、同僚から褒められた仕事だったとか、賞をいただいた仕事だったなど、自己評価だけでなく他者評価も記載することでそのスキルに現実味が増します。

 

市場価値を正しく把握する

 

転職先を探す際に必要なことは、自分の市場価値を正しく把握することです。転職をするにあたって絶対譲れないポイントがあると思いますが、そのポイントは市場とマッチしているのかを考えなければなりません。

例えば、「給与はこれだけ欲しい」と思った時に、別の企業でも自分のスキルがその給与をいただけるほどのスキルなのかといったことを考える必要があります。

また、自分の得意なスキルは転職市場でどれだけ求められているのかということ考えることも重要です。その際に、例えばITスキルを活かした仕事をしたいと考えた時に、IT企業だけを探すのではなく、全くITとは関係ない業界でもこれからITを導入したいという企業があります。このように幅を広げながら転職先を探すことが必要です。

このような自身の市場価値の判断は自分でおこなうことが難しいです。人は他者の判断は正確にできても、自分自身の判断は誤ることが多いです。そのため転職エージェントなどに転職のプロに相談しながら把握すると良いでしょう。

 

転職活動準備(履歴書・面接)を人に手伝ってもらう

 

自己分析や市場価値の判断ができたら、履歴書の作成や面接の準備をします。この際に大事なことは、人に見てもらう・聞いてもらうということです。

どんなに素晴らしいスキル・経歴があっても、それをうまく表現できないシニア世代が多いです。真面目過ぎるがゆえにたくさん話そうとして面接官を疲れさせたり、言いたいことが伝わらなかったりします。

そのため、履歴書は人に見てもらって言いたいことが伝わるか判断してもらい、面接の練習をして簡潔に言いたいことが伝わるかを聞いてもらいましょう。

このような準備は家族や友人に手伝ってもらっても良いですが、やはりここでも転職エージェントなどプロに相談するのがおすすめです。

 

シニアが転職に失敗しないための注意点

 

business, businessman, male

 

シニア世代の転職活動は適当に準備すると苦戦してしまいます。そのために成功するためのポイントは意識して実行しましょう。さらに、成功するポイントだけではなく失敗しないための注意点もご紹介します。

 

健康管理を徹底する

 

歳を重ねるごとに、体調が思わしくないこともあるでしょう。企業側もシニア世代の健康管理は懸念事項の1つです。「職場で急に倒れられたら」「体調不良で長期間休まれたら」など、仕方ないとは分かっていても、できるだけ健康な人を雇いたいと思っています。

そのため、転職するための前提条件として健康管理は徹底しましょう。もし持病がある場合は、面接の際に伝え、配慮が必要な場合はそれも伝えましょう。

 

条件にこだわりすぎない

 

せっかく転職するなら好条件が良いと考える方は多いでしょう。しかし、こだわりが強すぎるとせっかくのチャンスも逃してしまいます。

今までの環境よりもっと良いところで働きたい、と思う気持ちがあるのは当然ですが、自分の条件で転職ができるのかを一度振り返ってみることが重要です。

しかし、自分の条件が適切なのかは自分で判断できないものです。また、もっと良い条件でもいいのにと周りが思ってしまうほどに条件を下げる人もいます。このように判断が難しいので、転職のプロに相談することがおすすめです。

 

転職について家族に理解を得る

 

転職するぞ!と決意したものの、家族に相談せずに転職される方がいらっしゃいます。転職が成功し、明らかに誰の目で見ても前の職場よりも良い環境で働くことができるなら、転職活動が終わってから家族に話すのも良いかもしれません。

しかし、必ずしもそのような状況になるとも限りませんので、家族の理解を得てから転職活動をするようにしましょう。家族に心配をかけて自分の立場がなくならないようにしなければ、せっかく転職できても仕事がしにくくなってしまいます。

家族関係を良好にするためにも、家族の理解を得てから転職活動をするようにしましょう。

 

初心を忘れない

 

謙虚であることが転職の成功のポイントだと説明しましたが、面接の時だけ謙虚・転職してすぐの時だけ謙虚という方がいらっしゃいます。

自分の上司が年下でありプライドが傷つくことがあるかもしれません。しかし、そのような環境の変化は事前に心の準備をしてから臨まなければなりません。

いつまでも謙虚の姿勢を忘れずに、転職しようと思った時の気持ちを忘れずに仕事をするようにしましょう。

 

シニア世代の転職は転職エージェントの活用が必須

 

business, lady, woman

 

シニア世代の転職市場は年々拡大していますが、厳しい状況であることも間違いありません。成功するために意識するポイントをご紹介しましたが、自分1人で全てやろうとするのは難しいです。

自分だけでやろうとすると、独りよがりな判断になってしまいがちです。また相手に自分の意図が伝わるかどうかは、やはり他人でなければ判断できません。そのためぜひ転職エージェントなどを活用することをおすすめします。プロに相談することで、プロの視点でサポートをしてくれます。上手に転職エージェントを活用し、転職成功を目指しましょう。

 

【簡単1分!】転職エージェントを活用して転職を優位に進める

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。