カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 転職でよく聞くミスマッチとは?転職者側と企業側の両方の視点から解説。ミスマッチを避ける方法についてもご紹介します
  • 転職準備

転職でよく聞くミスマッチとは?転職者側と企業側の両方の視点から解説。ミスマッチを避ける方法についてもご紹介します

「ミスマッチが多くて再転職したい」と考える方は多いのではないでしょうか?この記事ではミスマッチが起こってしまう原因とミスマッチを最小限に抑える方法について紹介していきます。

2020年11月29日

  • twitter
  • facebook

転職の際のミスマッチは完全に防げないモノ?

 

 

まず最初に転職の際のミスマッチをどう捉えるかを解説します。

そもそもミスマッチとは、「会社側の求める人材」と「転職者側の求めている環境や待遇」などにギャップが生まれている状態を指します。

ミスマッチは会社と転職者のどちらからも出てくる可能性があり、ミスマッチを完全に防ぐことは難しいのです。

転職の際には環境が新しくなれば理想を叶えられると考えますが、実際に働き始めるとイメージと異なる部分が目についてしまいます。

 

例えば、転職希望者が年収600万円の企業を選び、転職によってその理想を実現したとしても、働いているうちに「上司とのそりが合わない」、「もっと活躍できる環境を臨んでいた」といった別の問題が目につき始めます。

転職の際のミスマッチは、「企業側と転職者側の双方が納得しなくてはならない」「当初の希望が叶ってもミスマッチと感じる可能性がある」といった難しさがあるのです。

 

転職のミスマッチにはパターンがある?3つのミスマッチを紹介

 

 

転職のミスマッチは完全に防ぐことが難しいものです。

転職を考える段階で、ミスマッチのいくつかのパターンがあると理解しておくことでミスマッチを引き起こす可能性を減らせます。

ここからは、「人間関係」「仕事の難易度」「待遇」というミスマッチの3パターンを紹介していきます。

ミスマッチ1:人間関係

 

ミスマッチが起こりやすい1つ目のパターンが人間関係です。

転職を考えているみなさんも、職場の人間関係に悩まされている方が多いのではないでしょうか?

「上司とそりが合わない」「関係部署とのコミュニケーションがうまくいかない」といったケースが、人間関係に分類されるミスマッチです。

転職活動において人間関係におけるミスマッチがなくならない理由が、入社してみないと相性がわからないためです。

もちろん、多くの企業が「研修を手厚くする」「事前の顔合わせ」などの対策によって、ミスマッチをなくそうと努力しています。

しかし、実際に働き始めてみないと、転職者と会社の相性がわからないという難しさがあるのです。

 

ミスマッチ2:仕事の難易度

 

ミスマッチが起こりやすい2つ目のパターンが仕事の難易度です。

人間関係と同様に、仕事の難易度も定量的に知ることができず、入社後に付いていけないと感じミスマッチとなってしまう人が多いのです。

 

このパターンのミスマッチに関しては、転職する際に現職の仕事比較することで解消できるます。

仮に営業を希望する場合であれば、面接の場で「契約を取得するところまでを担当しております。現職ではその後のフォローは不要という考え方でしたが、御社ではいかがでしょう?」という問いかけをすることで、現職との違いを知り、難易度を推し量ることができるのです。

反対に作業量が少なく仕事が簡単すぎるといった不満も発生する場合があります。予め職務内容については把握しておくようにしましょう。

 

ミスマッチ3:待遇

 

入社後の待遇が入社前に聞いていたものと違うというミスマッチも起こりえるパターンの1つです。

規約違反となるため給与やポジションが面接に伝えてた内容と異なることはほとんどありません。

しかし、入社後に昇格や昇給が見込めないことを告げられるというパターンは珍しくありません。

昇給や昇格には景気の動向も関係するため、転職をする際には重視しすぎないというスタンスをもつことをおすすめします。

 

ミスマッチのない企業を知りたい方はこちら

 

ミスマッチが起こってしまう2つの原因

 

 

ここからは、ミスマッチが起こってしまう2つの原因を解説してきます。

繰り返しとはなりますが、ミスマッチは転職者と企業の、どちらかの努力だけでは解消できない非常に難しいものです。

ただし、転職者の会社の選び方と、面接の場の活用の仕方で、ミスマッチを最小限に抑えることができるでしょう。

 

転職することを最優先にしてしまう

 

ミスマッチが起こってしまう1つ目の理由が、転職することを最優先にしてしまうからです。

言い換えれば、転職者は今の職場よりも条件が良ければいいという条件だけで転職を決めてしまうことが原因です。

仮に年収アップを希望した転職であっても、年収以外の人間関係や仕事の難易度などもチェックしておくべきポイントです

転職者の多くがすぐに転職したいという気持ちをもっていますが、長く身を置くことを想定できてないことが、ミスマッチが起こる大きな要因と言えます。

 

面接でお互いのことを理解できていない

 

面接の場で転職者と企業側が双方のことを理解できていないからです。

転職を経験している方であれば、面接の場で自分を表現することに苦戦した方も多いのではないでしょうか?

企業側は転職者の情報を把握したうえで合否を出します。その内容が正確でより明確であれば企業側も正しい判断を下すことができます。

面接を受ける前に必ず自己分析をして、より明確に伝えられる準備をするようにしましょう。

 

転職のミスマッチを最小限に抑える3つの対策

 

 

最後に、転職のミスマッチを最小限に抑える対策を紹介していきます。

繰り返しとはなりますが、少なくとも転職ではミスマッチを感じる部分があることを想定しておくことが重要です。

 

ミスマッチのリスクを抑える3つとして

・明確なゴールを見据える

・妥協できるポイントを明確にしておく

・転職エージェントを上手に活用する

という3つをご紹介します。

 

明確なゴールを見据える

 

転職することをゴールにしないことが、ミスマッチを最小限に抑える1つ目の対策です。

転職活動を始めると、早くいまの職場から離れることに目が向いてしまいますが、転職を通じてなにを実現したいのかを意識することが大切です。

転職をすることをゴールにすると、人間関係や仕事のスキル、待遇といったミスマッチが起こりやすいポイントを確認しないまま転職してしまう可能性が高まります。

転職することではなく、転職の職場への満足度を高めることに注力した転職活動を実践することがなにより大切です。

 

妥協できるポイントを明確にしておく

 

妥協できるポイントを明確にしておくことも、ミスマッチを最小限に抑える対策の1つです。

明確なゴール設定を行うことで、なにを実現するための転職かを明確にできるはずです。

まず転職で実現したいことを明確にしすることで、それ以外の部分については多少の不満があってもOKというスタンスを作れます。

そして、このスタンスがあれば、入社後の現実にも柔軟に対応することができます。

 

転職エージェントを上手に活用する

 

ミスマッチを最小限に抑える3つ目の対策が、転職エージェントを上手に活用するというものです。

転職エージェントであれば企業の情報を第3者の視点で教えてくれます。

中小エージェントや総合エージェントなど、依頼する企業によって、特徴や業界の強みなど違いがあります。自分のスタイルに合った転職エージェントを利用し、信頼できるコンサルタントについてもらうのが良いでしょう。

 

上手に活用できれば、転職先から直接聞きづらいような情報を教えてくれる力強い味方になるはずです。

また、コミュニケーションをとるなかで、転職者が叶えたい「転職の軸」や「キャリアプラン」を明確にするお手伝いをします。自分がなにを求めているかがいまいちわからないという方にもおすすめです

 

【簡単1分!】転職相談する

 

転職にはミスマッチがつきものと考えておこう

 

 

まず最初に、転職活動を始める際には、自分の望むすべての条件をかなえるのは難しいという事を念頭におきましょう。それを全部求めて転職をすると、どうしても条件に合わない部分が出てきてしまいミスマッチに繋がってしまいます。

 

ただし、今回紹介した「妥協できるポイントを明確する」「転職エージェントを上手に活用する」といった対策によって、ミスマッチのリスクを最小限に抑えることも可能です。

ぜひ、転職活動を始める前に、少しでもミスマッチを小さくする対策を講じておきましょう。

 

【簡単1分!】相談をする
PuG88

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。