カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. キャリアチェンジって何?メリット・デメリットやポイントについて徹底解説
  • 転職準備

キャリアチェンジって何?メリット・デメリットやポイントについて徹底解説

キャリアチェンジとは、業界か業種のいずれかをこれまでのキャリアから変えることです。未経験の分野や職務内容に挑戦するのでリスクも伴い不安もあることでしょう。そこで、今回はキャリアチェンジが30代や40代でも可能なのかも踏まえて、全くの異業界・業種からIT業界にキャリアチェンジして転職を成功させる方法をご紹介します。

キャリアチェンジとキャリアアップの違い

 

 

キャリアチェンジとキャリアアップは異なる意味を持っています。まずはこの2つの違いについて解説します。

 

キャリアチェンジの意味

 

キャリアチェンジの意味は、これまでのキャリアとは異なる業界や職種に変えることです。どちらかひとつだけを変えた場合もキャリアチェンジとされます。つまり、これまでの仕事で経験してきたスキルや技術が活かされるとは限らない環境と仕事内容で仕事をするということです。

 

キャリアアップの意味

 

キャリアアップとは、キャリアチェンジとは異なり、これまでの仕事の経験やスキルを活かして更に職務内容や役職を現職よりレベルアップすることです。給料も含めた待遇面の条件も現職より良くなることが前提です。キャリアアップは、転職に限らず社内での昇格も含まれます。

 

キャリアチェンジは30代や40代では難しいのか?

 

 

キャリアチェンジは20代が最適な年齢層といえます。数年の社会経験を経て、基本的なビジネスマナーがあり、これからの成長が見込める20代は誰しもチャンスがあります。しかし、30代や40代のキャリアチェンジはできないのか?というと、そうではありません。

問題は業種や募集内容によって年齢制限があることです。年齢制限の範囲内であれば、キャリアチェンジすることは決して不可能ではありません。ただし、年齢によってキャリアチェンジのポイントは異なります

 

キャリアチェンジは何歳まで可能?

 

IT業界に限らず、本人がやる気さえあれば、何歳でもキャリアチェンジはできます。ただし、分野によっては年齢制限はあります。また、新しいことを習得したり、環境に順応したりするのが若い20代よりは難しくなる傾向があります。

IT業界のキャリアチェンジについては、一般的に20代であれば全くの未経験でもキャリアチェンジは意欲と適正さえあれば誰にでもチャンスがあります。30代前半であれば、20代より分野が限られてくるかもしれませんが、キャリアチェンジの可能性は決して低くはありません。

 

30代のキャリアチェンジのポイント

 

30代のキャリアチェンジは30代前半と後半で企業側が求めるものに違いがあります。いずれの年齢層でも共通する点は、これまでの業界や職種が違っていても、30代は「どんな人物像か」が重要視されます

30代前半で未経験の分野にチャレンジするには、これまでの経験で得てきた仕事におけるコミュニケーション能力や技術面におけるポテンシャルが求められます。つまり、スキル的に成長ができるかどうかの潜在能力と熱意が重要視されます。

30代後半は、これまでの経験で得たマネージメント能力が求められます。マネージメント経験が無くても、潜在能力としてマネージメント能力があるかどうかがポイントとなります。

 

40代のキャリアチェンジのポイント

 

40代のキャリアチェンジはリスクも高くなります。また、IT業界の中でも職種によって年齢制限があるので間口は狭くなります。例えば、これまで営業職だったのが、40代でWeb系のエンジニアになるのは難しいでしょう。

しかし、異業種での経験とはいえ、40代は社会経験が長いことからさまざまな状況への対応力があります。できることとできないこともわかる年齢です。自分が何を得意としているか分析して明確なキャリアビジョンを考えることができます。

職種によって年齢制限はありますが、これまでの社会経験があることはむしろ優位でもあるのです。40代のキャリアチェンジは、30代後半と同様に、マネージメント能力が重要視されます。更にプラスアルファで、どのような人脈を持っているかなどがポイントです。

IT業界ではなく異業種経験者だからこそ、これから働きたい企業に貢献できる人脈をあなたが持っている可能性があります。IT技術はあらゆる分野で必要とされています。IT分野ではない全く異なる知識や経験が重宝されてIT業界の中で活かせる可能性は高いということです。

 

キャリアチェンジのメリットとデメリット

 

 

キャンリアチェンジには、メリットもあればデメリットもつきものです。それぞれ解説します。

 

キャリアチェンジのメリット

 

IT業界にキャリアチェンジするメリットは、これから将来的に可能性がある分野で需要が高いことです。また、新卒のときは諦めていた業界や職種が、社会経験があることで信用ができて採用の可能性は高くなっています。

既に社会経験を経ているので、キャリアチェンジして新しいスキルを身に付ければ昇格も早い可能性があります。

 

キャリアチェンジのデメリット

 

キャリアチェンジする職種によっては、これまでの技術的なスキルが活かされないことがあります。また、給料面では全く新しい職種や業界の場合は現職より低くなる可能性が高いのがデメリットです。

業界が違えば、これまでの常識が通じないこともあるので順応性がないと慣れるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

 

接客業からIT業界へのキャリアチェンジはチャンスがある

 

 

アパレル販売員や接客業、営業職の経験がある人であれば、IT業界未経験者でもキャリアチェンジをして転職できるチャンスは十分にあります。

開発ソフトの営業、Web広告の営業など、ITに関わるサービスの販売や営業は需要が高く将来性もあります。

また、接客業経験者であれば、カスタマーサポートも人材不足なので非常に需要が高い職種です。接客業経験者にとってIT業界は売り手市場です。接客業の経験にプラスアルファでマネジメント経験があれば、まさに求められている人材といえるでしょう。

 

IT業界に転職!キャリアチェンジを成功させるための方法

 

 

全くの異業種や業界からIT業界にキャリアチェンジして成功させるためにはいくつかのことが必要です。その具体的な方法を解説します。

 

キャリアチェンジしたい理由と志望動機を明確にする

 

まず、なぜあなたはキャリアチェンジをしたいのでしょう?その理由や将来のビジョンがあやふやなものであれば、立ち止まって考え直した方が良いでしょう。

ぼんやりとした憧れ感や思いつきでキャリアチェンジしてしまうと、現実とイメージのギャップが大きく後悔してしまうかもしれません。前職のキャリアを捨てて、条件を下げてまで転職するのであれば、それなりに将来的なビジョンと具体的な理由があるはずです。

最も重要なポイントは、「IT業界」そのものよりも、数ある同業他社の中でなぜその企業を選んだのかという志望動機です。これから働くことを希望している企業にあなたがどのように貢献できるのかを具体的に伝えられるように準備しておきましょう。

よくある失敗例で、ものづくりに携わっていた人に見受けられるのが、「自分のものづくりへのこだわり」を主張してしまうことです。ひとりよがりのこだわりはどの世界でも通用しませんが、ITは特に数字や数値で表現することが多い世界です。

 

「自分のこだわり」ではなく「企業に求められていることにマッチングするか」に意識を向けた志望動機を論理的に伝えられることが大切です。

 

ITの基礎知識を身に付ける

 

IT業界はハードやソフトの開発、インターネットの情報サービス、アプリの開発など幅広いジャンルがあります。エンジニアになるわけではなくても、最低限のITの基礎知識を身に付けておく必要があります。

例えば、「プログラミング、IoT、AI、ビッグデータ、VR、AR」などという用語を聞いて全ての意味を説明できるでしょうか?業界経験者でなければ、正直わからないのはごく普通のことです。まずはITニュースに目を通すなど、IT用語に慣れたり、最近のトレンドの動向を把握することから始めましょう。

IT業界の中でもWebやインターネット業界では、マーケティングの基礎知識も必要とされます。デジタルマーケッターが希望職ではないにしても、基礎用語は理解しておくことをおすすめします。

 

学習意欲とモチベーションをアピールする

 

IT業界は半年〜1年位で新しい技術が出てきたりトレンドが変わったり、変化が激しい業界です。常に新しい技術やサービスに対する学習意欲がないと続けていくのは困難です。新しい技術やサービスを習得することがむしろ面白いと感じる人には向いている世界です。

スクールに通って勉強したことが必ずしも仕事の実践に伴うとは限りません。しかし、全くの業界未経験者の場合は、スクールに通っていることを伝えて学習意欲があることをアピールすると効果的です。例え趣味の範囲でも、実践的に何かやっていることがあれば、更に良いアピールとなります。

 

まとめ

 

今回は、「キャリアチェンジとは何か」とそのポイントについてご紹介しました。人材不足のIT業界へのキャリアチェンジはチャンスがあります。転職を成功させるためにアピールするポイントをしっかり押さえて、より良いキャリアチェンジになるよう、ぜひ、参考にしてみてください。

GeeklyはIT/Web/ゲーム業界専門の転職エージェントとして、求職者の方の転職活動をサポートしています。ぜひ、お気軽にご相談ください。

 

IT業界に転職するならGeekly☞

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。