カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 未経験で異業界に転職って可能?書類の書き方や面接でのアピール方法について解説します
  • 転職準備

未経験で異業界に転職って可能?書類の書き方や面接でのアピール方法について解説します

未経験から異業界へ転職したいと考える人も少なくないかと思います。新しい業界に挑戦してみたいと思う人は多いでしょう。では、本当に異なる業界へ転職することは可能なのででしょうか。選考ではどのようにアピールしていけばよいのか徹底解説します。

未経験で異業種に転職は可能?

 

 

未経験で異業界転職は可能?

 

未経験から異業界へ転職については、募集要件に満たす職歴があれば可能です。

もちろん採用選考を進める企業・選考官との相性も影響します。選考官自身が「異業界への転職経験」がある場合は、挑戦する姿勢を好意的に受け止められる可能性もあります。

現在は、「終身雇用」よりも「成果主義」という考えを持つ企業も多いです。例え未経験の業界であっても、これまでの業界で結果を残しているという事実があれば、「入社後に活躍する可能性がある」と書類選考を通過させることもあるでしょう。

 

職種を変える場合はハードルが上がる

 

業界だけでなく職種も変える異業界異職種への転職はハードルが上がります。職種が同一の場合は、「一貫した職種でキャリア経験がある」と判断する企業・面接官も多いでしょう。一方で、職種も変える場合は、「なぜ職種も変えるのか。本当に戦力になってくれるのか。」と判断されて、選考のハードルが上がることも考えられます。

 

ステータスや経歴によってもハードルは上がる

 

転職回数が多い、1社の在籍年数が短い、応募時の年齢が高いといった場合も、異業界への転職ハードルが上がります。

企業としても、「新しい業界に馴染めずすぐやめてしまうのではないか。」「新しい業界でもアグレッシブに成果をだしてくれるのか」気になるところです。しかし、今までの企業での経験が浅い場合や、年齢が高い場合は懸念されてしまう可能性が高いのです。

 

業界の慣習を理解する必要性もある

 

異業界に転職する場合は、転職を希望する業界・企業の慣習を理解することも大切です。同一職種で転職したとしても、仕事の進め方や営業方法が異なる場合もあります。未経験での異業界転職で「入社後に業務遂行可能か」と候補者自らが考える必要もあります。業界の慣習と相性が合致しない場合は、体調・精神面での負担が発生する可能性もあります。そのような状況下で、人間関係を構築することも入社後に求められます。

未経験で異業界へ転職することは前向きな転職理由です。一方で、これまでと異なる業界への挑戦となり、リスクを伴うことも事実です。未経験で異業界に転職することが、自らのキャリアを築いていく上で本当にベストなのか冷静に判断することも大事になります。

 

異業界へ転職①:職務経歴の書き方は?

 

 

転職活動を進める場合は、まず最初に「履歴書」「職務経歴書」を企業に提出して、選考を進めることが一般的です。職務経歴の書き方として、編年体式・逆編年体式・キャリア式と大きく3つの書き方があります。

 

一般的には編年体式で書く

 

未経験で異業種へ転職する場合は、編年体式で職務経歴書を作成することがおススメです。

時系列に所属企業・部門・業務内容を示します。職務経歴書と一緒に履歴書の提出を求められることがあります。採用担当者へキャリアを積んできた過程を伝えやすいという特徴があります。一般的に異業界へ転職する場合は、この形式で作成しましょう。

 

職種経験が長い場合はキャリア式も選択肢

 

異業界への転職で職種が同一である場合は、キャリア式で職務経歴を書くことも一つの手です。キャリア式は、職務内容や分野ごとに職務経歴を書いていく書き方です。職務分野を軸にしてまとめます。どんな経験・スキルを積んできたか、得意分野は何かが伝わりやすい書き方です。1社あたりに在籍年数が短い、転職回数が多い場合も、一貫性がある場合は、異業界へ転職したとしても活躍できると企業に判断される可能性があります。一貫したキャリアを積んでいる場合は、この形式で作成しましょう。

 

異業界へ転職②:自己PRの書き方は?

 

 

異業界への転職を決断した人の自己PRはどのように書けばよいのでしょうか?

これまでの会社で実績を残した業務がある場合はしっかり記載するようにしましょう。前向きな自己PRを作成することが大切です。異業界への転職の場合は、候補者ポテンシャルを重視して、入社後に活躍ができるかという未来志向が重視されます。

異業界への転職の場合も、業界経験者との競争です。熱意が伝わらない場合は、書類選考で落とされる可能性もあります。他の候補者と差別化する自己PRを書くことが大切なポイントです。

 

異業界へ転職③:面接でのアピール方法

 

 

異業界へ転職を目指す人は、面接でどのようにアピールすればよいのでしょうか。

 

異業界へ転職したいと思った理由を説明する

 

未経験から異業界へ転職する理由についてしっかり明確にしたうえで企業選考に臨むことが大切です。異業界で転職するということは、これまでキャリアを築いてきた業界から離れることです。なぜ、今までのキャリアから離れてでも異業界に転職したいのか、採用選考時に企業・面接官に伝える必要があります。

例を挙げると食品業界からIT業界へ転職するとします。おそらく必要な知識も業務内容もほとんど異なるでしょう。どういう経緯で食品業界を離れようと思ったのか、なぜ異業界であるIT業界への転職を決断したのかという理由を明確に伝えることが大切です。

 

業界への関わりを伝える

 

面接官への質問は的確に答える必要があります。面接前に異業界へ転職する理由について、整理して臨むようにしましょう。

異業界といえど、その業界に少しでも関わりがあることで、企業・選考官が候補者へ親近感が湧くこともあります。例を挙げると、食品業界からIT業界へ転職するとします。食品業界に所属していた際に使用していたシステムなどについての関心を触れます。そのシステムの運用実績があり、食品業界に所属しつつもITの側面に多く接していた場合は、面接選考時に加点されるかもしれません。もし受ける企業が食品業界をターゲットに展開を行っている企業であれば、面接官に「現場目線も持ち合わせている。入社後に活かせそう。」と魅力が伝わります。

副業として目指す業界に関わった経験があることを伝えることも一つです。ただし、副業を推奨していない企業もあります。その場合は、「入社後の副業は控えます」と伝えたほうが、企業側に不信感を抱かれずに面接選考の進めることができます。

 

社風・文化の共感も伝える

 

未経験で異業種へ転職をしたとしても「社内の人間関係を大切にすること」が入社後に活躍する鍵を握ります。面接時に「社風・文化」への共感も伝えるようにしましょう。

異業界転職の場合は、業界経験者と競争することになりますが、社風への共感で差をつけることができる可能性もあります。配属された部署の上司・同僚の信頼を得ることも大切です。自社業務のノウハウを早期にキャッチアップすることが、転職先で活躍の鍵を握ります。

 

まとめ~異業界転職を成功するために~

 

 

本記事では異業界への転職の進め方や、書類の書き方や面接でのアピール方法を解説してきました。

転職活動を進めていくと、多くの求人情報に触れる機会があります。転職エージェントなどを利用した場合は、魅力のある求人も紹介されることもあります。異業界へ転職したときには、これまでの在籍してきた業界と慣習が異なることもあります。「入社後に業務遂行ができるか」という事を冷静に判断することが大事です。その上で求人応募の決断を下すようにしましょう。

職務経歴や自己PRの作成に関しては、業界への関わり、入社後の学習意欲が伝わることが大切なポイントです。面接時には、社風や文化、経営理念などへの共感も伝えるようにしましょう。

職務経歴や面接アピール方法については、客観的な意見を聞くことが大切です。1人で進めず第三者と一緒に進めることで異業種への転職成功が近づきます。「転職活動のプロである」である転職エージェントに相談しながら進めてはいかがでしょうか。

 

相談してみる☞
MIKIRURI

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。