カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. ボーナスの支給日はいつ?転職する際に損しない為にはどうすればいい?
  • 転職準備

ボーナスの支給日はいつ?転職する際に損しない為にはどうすればいい?

「ボーナスは貰っておきたいが転職もしたい」そんなジレンマに陥っている人はいませんか?一見都合の良い考えにも見えますが、これは当然の権利といえます。「ボーナスだけ貰ってすぐ辞めるのは申し訳ない」など後ろめたい気持にならず、ポジティブにあくまで最高のタイミングで転職をする方法として「ボーナス転職」を上手く活用しましょう。

ボーナスを貰ってすぐ転職するのは悪いことではない

 

 

経営者側から見たボーナス

 

経営者によっては、ボーナスが今後社員に頑張ってもらうための先行投資と考えている人もいます。しかし、貰う方からすればそう考える必要はありません。

ボーナスは毎日働いている事への後払い的な報酬だと、貰う方は割り切りましょう。

会社側からすると労働基準法の定めにより、経営者の勝手な都合で給与をいきなり下げたりできない側面があります。ボーナスが会社にとって都合が良い点は、支給金額も時期も会社の都合で勝手に与える事ができるところです。

そのため、決まっている給与は下げられないが、ボーナスは社員の働きにより大きく減らすことも支給しないこともできます。そうなれば、給与を減らさず人件費の削減ができます。ボーナスは会社にとっても都合の良い側面のあるシステムです。

 

社員側から見たボーナス

 

会社にとっても社員にとっても都合の良いのがボーナスです。これを貰わないで、転職しない手はありません。ボーナスは普段貰えるはずの給与の一部です。それなら貰ってから会社を辞めて転職しないと損です。

会社も絶対にボーナスを支払わなければならない義務もありませんし、貰える方も貰えるなら貰っておく程度の認識でいて良いのです。

 

ボーナスで損をしない転職をしよう

 

 

人間関係が悪化する貰い逃げに注意

 

ボーナスを貰って辞めるとイメージ的に悪くなる可能性は0ではありません。いわゆるもらい逃げという形は避けたいものです。

そこで辞めるタイミングに気をつける必要があります。後任への仕事引き継ぎに十分な期間(二週間~一ヶ月ほど)を設けるのも大事です。また、会社の就業規則もしっかり把握しておきましょう。多くの会社では「支給日在籍要件」という規定を設けているところが多いです。

ボーナス算定期間在籍日数と、ボーナスの支給日まで会社に在籍していることの2点は重要です。確実にボーナスを貰って辞めるには、会社が決めた査定期間までしっかり在籍しなければいけません。「査定対象期間」に欠勤している日があれば、ボーナスを満額受け取ることはできなくなります。

ボーナスを支給してもらえる日に在籍していなければボーナス0円という事態で転職になってしまいます。

 

退職する際の注意点

 

注意したい点として、会社の中には、ボーナス支給日前に退職届けを受理したケースだと、ボーナスは支給しないというところもあることです。

退職届を出すタイミングを僅か一日でも間違えると数十万円というボーナスが泡と消え、貰えないまま辞めないといけなくなります。ボーナスの規定は会社によって様々です。給与のように絶対に出さなければならないといったものではありません。そのため、損をしないためにも無難なのはボーナスが確実に出るまで、会社へ辞職の意思を伝えないことです。あくまで胸の内に支給日まで秘めておくのが良いでしょう。

 

ボーナスと転職の時期

 

 

ボーナス基準を把握

 

ボーナスをもらってすぐ辞め、新しい会社に務めるのは、労働基準法を守れば問題ある行為ではありません。転職するならボーナス支給日を目指して転職するいわゆるボーナス転職の方が得です。

企業の規模により、ボーナスの規定は様々ですが、中小企業ならボーナス支給日に合わせて転職活動するのが良いでしょう。

大手企業ですと、社内規則としてボーナス規定がはっきりしているところが明確になっていますので、事前にしっかりとボーナス基準を参考にして転職を考えましょう。

 

夏のボーナス時期

 

夏のボーナスが7月に出るとしたら、その2ヶ月前には転職活動を開始したいところです。その間に内定を貰えるかが勝負でしょう。また、中小企業はボーナス支給日前に転職の意思を伝えると、ボーナスの査定対象期間から、その後の日数が除かれて減額される可能性が高いです。

ですから、転職を会社側へ伝えるのはボーナス支給後にしましょう。しかし、ボーナスが支給される日に転職を伝えると、会社側も唐突すぎて、対処できないためトラブルに発展する可能性もあります。

最低でも2~3週間前には伝えておくべきですし、引き継ぎがあるなら1ヶ月前には伝えるようにしましょう。つまり、7月にボーナスが支給されると逆算して、5月には転職活動をスタートさせるのがベストなタイミングです。

そして、転職活動中にボーナス支給日を迎え、他の、会社の内定が貰えるとすると、ボーナスを貰った翌月の8月に会社へ転職意思を伝えましょう。

後任へ引き継ぎを行い、有給も全部使ってしまうのが良いです。その後9月に新しい会社へ入社できるのが理想です。

 

冬のボーナス時期

 

これが冬のボーナスを貰って転職する場合なら、どういうスケジュールを組めば良いのかですが、おおよそ10月頭に転職先の企業へエントリーまたは採用試験を受けます。

 次の12月の中頃にはボーナスが支給され、転職先から内定を貰います。12月末には退職の申し出をし、1月に引き継ぎをしっかりしてから、2月には新しい会社に勤務できるのが良パターンといえます。

 

無料転職相談に登録してボーナス支給後に転職しよう

 

引き継ぎと有給消化

 

 

引き継ぎの期間

 

引き継ぎに一ヶ月かかる会社もあれば、二ヶ月かかる場合もあります。自分が持っている業務をあらかじめ洗い出して把握しましょう。また、その業務内容を明確にすることでスムーズに引き継ぐことが可能です。

 

有給は全部消化できるか

 

転職先によっては退職後に、すぐ働いて欲しいといったところもあり、全ての有給を消化できないといったケースも出てきます。

損をしないボーナス転職をしたい方は、事前に有給日数を確認し、現職の会社と転職先の会社との兼ね合いを十分考慮して計画をたてましょう。

 

転職先と現職どちらのボーナスも貰えるのか

 

 

転職先のことを優先してボーナスを貰う計画を立てる

 

ボーナス転職をするからには、退職した会社のボーナスだけを貰うだけではなく、新しい会社でもボーナスを貰えるようにしたいものです。しかし、ボーナス転職にありがちなのが、辞める会社のボーナスを貰うことばかり考え、新しい会社でのボーナスが少ししかもらえないというケースです。

ボーナス転職は転職先のボーナス査定期間も十分考慮して転職活動しましょう。退職先のボーナスと転職先のボーナス両方を満額で貰おうと考えると、これはかなり難しいです。

そのため、ここで考えておきたいポイントは、転職先の試用期間までボーナス査定として考慮されているかです。

 

転職先のボーナスで注意したい点とは

 

試用期間までボーナス査定の期間として考慮してもらえる転職先なら、現職のボーナスは諦めて転職先のボーナス一本を狙ったボーナス転職をするのも1つの手でしょう。そういった場合は、早めに転職して転職先の会社で満額のボーナスを貰えるようにするのもおすすめです。

ただ、注意したいところは転職先の、会社でのボーナス算定期間です。

これが僅かな期間だけの場合になると、初年度の転職先ボーナスは僅かか、まったくもらえない可能性すら出てきます。ボーナス算定期間を見誤る事なく現職を退職しないと、一気に収入が減って転職してから生活が苦しくなる人もいますので気をつけましょう。

 

ボーナス転職を意識しすぎないように注意

 

 

ボーナスを意識しすぎた転職は失敗するケースが多い

 

損をしないように転職する方法についてお伝えさせて頂きましたが、目的はあくまで自分にマッチした企業で働くことです。転職は退職してから新しい会社へ転職するまで、無理のない計画を立てましょう。

ボーナスは魅力的ですが、ボーナス退職を狙いすぎて、肝心の転職先へ移籍する機会を逸してしまうと本末転倒です。

面接の際に入社時期を聞かれますが、あくまでその時の参考程度にとどめるようにしましょう。

 

最後に~十分な収入を得て転職することで精神的に落ち着く~

 

 

ボーナスを得て転職することで、心にも余裕ができます。懐が寂しい状態ですと、どうしても焦りが生じてしまう人が多いのです。転職先で余裕をもって仕事をするためにも、ボーナスをきちんと全額貰い、経済状態の良い余裕のある形で新天地へ向かうことをおすすめします。

 

まとめ

 

ボーナス転職は、転職するための保険ぐらいに考え、転職の目的自体を見失わないようにしましょう。ボーナスはあくまで転職を上手く行うためのエッセンスです。

キャリアアップのためなどプラス思考で、人間的成長をまずは優先したほうが良いですし、そういった転職の補助輪的役割がボーナスなのです。

転職のタイミングや入社時期に迷った場合は、本記事を参考の1つにしていただけますと幸いです。

無料転職相談に登録して損をしないように転職しよう

 

カズ・ライティングP

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。