1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. とりあえず3年って本当?転職のタイミングとは
  • 転職準備

とりあえず3年って本当?転職のタイミングとは

誰でも1度は会社を辞めたいと思ったことがあるのではないでしょうか?会社を辞めるタイミングとして「とりあえず3年」と言われますが本当なのでしょうか。給料、業務時間、職場の人間関係、仕事内容など、転職を考える理由は色々あると思います。今回は転職を考えるタイミングはいつなのかについて詳しくご紹介させていただきます。

ギークリーはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです

まずは相談してみる

転職するなら3年目が最適?

 

 

転職は3年目と謳われる理由

 

今働いている会社を辞めたいと思った時に、「とりあえず3年は我慢して続けなさい」と言われることがあるかと思います。

ビジネス的な観点から見ても、3年あれば「業界の仕組み」や「携わっている業種の流れや技術」を得るのに十分な期間であると考えられています。

実際に各企業の求人の募集要項に実務経験3年以上と記載されているケースは多くみられます。

 

転職したくても3年は我慢するべき?

 

結論、3年と定めて我慢する必要はありません。

先ほど、求人の募集要項の中で実務経験3年以上と記載されているケースが多いということに触れましたが、実務経験の話です。

例えば、「法人営業としての実務経験3年以上」、「プロジェクトマネージャーとしての実務経験3年以上」などといったように経験職種の実務経験年数を3年以上と記載されています。

つまり、同じ企業に3年以上勤めていなければならないといったことではありません。

 

なので必ずしも3年に固執する必要はありません。

また、パワハラやモラハラ、自分のなりたい将来像と現在の仕事のズレ、など明確な理由がある場合であれば転職時にマイナスにはなりにくいです。

 

早期離職とはみなされる可能性は高い

 

勤務期間が短すぎる場合には早期離職とみなされる場合があります。

選考を受ける人事担当者などが勤務期間を見て早期離職かどうかを判断します。

しかし、早期離職であることが問題かというとそうではありません。

転職を決意した経緯をしっかり話せるかどうかが重要です。

 

何となくでは不利になる

入社1年目、2年目に「自分に合ってないかもしれない」と何となくで会社を辞めて転職する方も多くいます。

しかし、そうなると転職する際にどうしても不利になる場面が多いのです。

1~2年目でなんとなくで会社を辞めてしまうと「辛抱が足りない。どうせ長く続かない。」と評価されてしまう可能性があります。

 

「給料が低い」や「労働時間が長い」などの理由で辞めた場合であっても、「自分のスキルであればもっと貰えるはず」「労働時間が短くなった分どのように時間を使うか。

どのような働き方をしたいのか。」をしっかり考えるようにしましょう。

そう言った考えを持っているうちに、経験とスキルも付いてきます。

 

転職を考えた時に意識すべき事

 

 

転職の理由や目的を明確にする

 

今の会社を辞めたい理由を考えましょう。

「給料が低い」「人間関係が合わない」「労働時間が長い」など辞めたいと思う理由は人それぞれです。

会社を辞めたい理由を明確にすることで、転職の目的も明確になります。

 

このように理由と転職の目的を明確にして会社を辞めることで、転職活動もスムーズに進めやすくなります。

 

なんとなくこの会社が嫌だから辞めるのではなく、自分が今この会社の何が嫌でどういうことを改善したいかを事前に明確にしておくことで会社を辞める理由にもなりますし、転職の際にアピールできます。

 

転職理由の具体例

 

 

1位 やりたい仕事がしたい

 

自分の望んでいた仕事ではなかったというのが転職をする1番多い理由です。

会社に就職する前は自分のやりたい仕事ができると思って入社したのに実際に入社すると自分が思ってた仕事ではなかったという理由が多く見受けられます。

自分のやりたい仕事でなければモチベーションもあがりませんし、結果をだすのも遅くなります。

 

自分が興味のある仕事になると途端にモチベーションが上がり、以前の会社では考えられないぐらい結果がでた。というケースも多数あります。

この理由で転職をする場合は、「自分はどのような仕事がしたいのか」「今の会社では実現できないのか」について、面接の場でしっかりと話せるようにしましょう。その部分が明確ではないと、何となく辞めたと捉えられてしまう可能性があります。

 

2位 年収を上げたい

 

2番目に多いのは年収をあげたいという理由です。

今のお給料では生活がギリギリで自分に使うお金もない。というのは立派な転職理由です。

生きていくうえではお金は必須ですし、お金がなければなにも満足にできません。

 

今の会社のお給料に不満を感じている人が転職をするというのはとても多いんです。

この理由で転職をする場合は、「自分にはどのようなスキルがあるのか。どのような成果が出せるのか。」「現職と比較して、いくらもらいたいのか」について明確にしておきましょう。自分の経験やスキルを主張し、出せる成果をイメージさせられることでとでうまく年収を上げられるかもしれません。

 

3位 キャリアチェンジしてキャリアを積みたい

 

3番目に多いのは今とは違い職に就いてみたいという理由です。

今の職種にもだいぶと慣れてきたので次に自分がやったことのない職種を体験して自分を成長させたいと思う方も多いようです。

 

色んな職種を体験するのは悪い事ではなく、むしろ新しい仕事をする上での、引き出しにもなり役立ちます。

この理由で転職をする場合は、「将来自分がどうなりたいか」を明確にしたうえで、何故その職種の経験を積みたいのかを明確にするのがよいかもしれません

 

4位 社風が合う会社に行きたい

 

4番目に多いのは、自分に合った社風の会社に行きたいという理由です。

社風が合う会社に就職することで自分の理想に近い環境で働ける為、仕事の効率化が上り結果が出やすくなります。

 

自分が働きやすい環境へ移ることにより、大きな結果を出せる可能性もあります。

この理由で転職をする場合は、「前職のどのような社風が合わなかったのか。どういう社風であれば成果をだせるのか。」を具体的に話せるようにしておきましょう。

 

5位 ワークライフバランスを見直したい

 

5番目に多いのはワークライフバランスを見直して、自分や家族に使う時間を確保したという理由です。

仕事も大事ですが、プライベートの時間も大事です仕事ばかりになってしまうと、視野が狭くなってしまったりストレスを抱えてしまう人も少なくありません。

ワークライフバランスがしっかりしている働き方の方が、メリハリをつけることができ、業務の品質向上が期待できます。

 

この理由で転職をする場合は、「どのような働き方がしたいのか。働き方が変わっても仕事では成果をだせるのか。」について具体的に話せるようにしておきましょう。

 

転職するタイミングはいつ?

 

 

まずは行動してみる

 

転職をする際に不安に思うことは「経験がないと転職できない」「今の仕事で成果をだしていないから転職に不利なんじゃないか」など様々なことを不安に思うことがあると思います。

 

確かに、好条件の企業に行くためには経験とスキルは重要です。しかし、実際に3年目で会社を辞めて以前よりも条件の良い会社に転職された方は多数存在します。

ではどうやって今よりも条件の良い会社に転職できたのでしょうか。それは実際に転職活動をしてみたからです。

 

今の会社に不満がある方は、1度どのような求人があるのか、どうのような企業から内定をもらう事ができるの把握するのが良いでしょう。

 

内定を得てから比較検討をするのも一つの手

内定を得た場合に現在の企業と比較して、良い条件か見るのも1つのてです。

良かった場合は実際に転職してもよいかもあしれません。良い企業に巡り合わなくても、自分に足りない部分や、現在の企業でどのように頑張るか等見えてくることあ多くあります。

 

「今の会社で大きな結果をだしてから」「しっかり経験を積んでから転職する」と考えている方はもちろんそれも大事ですが、まずは転職したい場合はとにかく行動してみるのも良い方法ではないかと思います。

 

ギークリー相談してみる

転職を悩んでいる方にアドバイス

 

 

誰かに相談してみましょう

 

転職を考えるている方は1人で悩むのではなく、誰かに相談することを強くオススメします。他者に相談すれば、客観的な意見が聞くことができ、色々な角度から物事を考えることができます。

例として、上司に相談するのも1つの手です。

 

自分よりも長くその会社に勤めており、マネジメントもしているため、「実力」「スキル」「性格」など良く知ってもらっているでしょう。そのため、会社視点も踏まえた上で適格なアドバイスをもらえることもあります。

 

また、転職エージェントに相談するのも良い方法です。

転職エージェントは、多くの求職者のキャリア相談をしています。

つまり、データもたくさん蓄積されており、転職のプロともいえるでしょう。

 

いま転職をするべきなのか、どのようなキャリアを進めべきなのか相談することで、最適のプランを提案してもらえるかもしれません。

転職を決意する前に誰かに相談して色んなアドバイスを貰い自分に合った職場を見つけましょう。

 

最後に

 

 

「転職をするなら、とりあえず3年」という考え方は理に適っていてるのかもしれません。

3年の間に社会の仕組みを把握し、経験やスキルを積むことが来ます。

そのため市場価値も高まります。

 

しかし、転職の目的が明確であるならば、3年経たずとも転職すべきだと思います。転職を機に大きくステッ

プアップされる方も多いので、自分に合っていないと思った場合は思い切って転職をしてみるもの1つの方法です。

 

転職すべきか悩んでおり一歩踏み出せない方は、転職エージェントを利用してみるのはいかがでしょうか?

過去の経験に基づき、最適なキャリアプランや、希望条件にマッチする企業を紹介させて頂きます。

 

無料転職相談に登録して自分に合う会社を聞いてみる

この記事の監修者

ギークリーメディア編集部

主にIT・Web・ゲーム業界の転職事情に関する有益な情報を発信するメディアの編集部です。転職者であれば転職市場や選考での対策、企業の採用担当者様であればIT人材の流れ等、「IT業界に携わる転職・採用」の事情を提供していきます。

  • twitter
  • facebook
GeeklyReview バナー