カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【転職の基本】新卒採用と中途採用の違いを解説!メリット・デメリットも紹介!
  • 転職準備

【転職の基本】新卒採用と中途採用の違いを解説!メリット・デメリットも紹介!

転職が当たり前になりつつある現代。転職を考えている人は多いと思います。しかし、気軽に転職をすると就職活動の時に痛い目を見ます。新卒採用と中途採用には明確に違いがあるからです。この記事では新卒採用と中途採用の違いをわかりやすく解説します。

新卒、中途の定義

 

 

あなたは新卒、中途の違いをご存じですか?就職活動、あるいは転職活動をしたことがある方は耳慣れた言葉だと思いますが、明確な違いを知らない方も多いと思います。そこでここでは新卒、中途の定義をご紹介します。

 

新卒採用の定義

 

新卒とは「新規卒業者」の略称で、高校、専門学校、大学、大学院などの学校をその年度中に卒業する人のことをいいます。つまり社会人経験のない人たちです。

留年や浪人の経験があろうが、関係なく、その年度中に学校卒業するのであれば新卒に当てはまります。就職活動をする人の多くがこの新卒に該当するのではないでしょうか。この新卒の人材を採用することを新卒採用と呼びます。

 

中途採用の定義

 

中途採用とは、簡単に言ってしまうと社会人としての経験がある人を採用することです。最近では社会人経験が3年未満の人たちは第二新卒とよばれることもありますが、こちらも分類でいうと中途採用に当てはまります。

「キャリアアップをしたい」「給与を上げたい」「業務内容を変えたい」「労働環境を改善したい」「人間関係をリセットしたい」などの理由で会社を退職している人が多く、より自分に合った職場を求めています。

新卒採用と中途採用の違い

 

採用する企業の目線からすると、新卒と中途では受ける印象が大きく変わります。それは双方で求められるものが大きく異なるためです。ここでは新卒、中途採用で求められるものを見ていきましょう。

 

求められるものが違う

 

 

新卒採用ではその人のポテンシャルを重視していることが非常に多いです。それは年齢が若く、ポテンシャル次第でどのようなキャリアでも描けるためです。多くの場合、新卒採用で入社する場合は、実務未経験の状態で入社することになります。「今何ができるか」よりも、「今後何ができそうか」を期待し、採用可否を判断します。

具体的には、自分のキャリアに対しての熱意、やる気、素直さ、ロジカルさ、思考の深さ、コミュニケーション能力などです。数年先にその企業を支える人材になるための能力を兼ね備えているのかを見ています。

 

一方中途採用では企業の即戦力になれるかを重視して見ています。企業に不足している人材を補いたい、あるいはすぐに事業をグロースさせてほしい、と考えているためです。

新卒採用だと総合職、一般職の応募が多いのに対し、中途採用では営業、経理、法務、エンジニア、プログラマなどの特定の職種での応募が多くなります。前職で培ってきたスキルや経験がその企業にどのように貢献するのかを見られているためです。もちろん新卒同様、「今後何ができそうか」という観点で見られることもありますが、「今まで何をやってきたか」「今何をできるか」を重視されるケースがほとんどです。

 

採用のタイミングが違う

 

もう一つの違いとしては、新卒採用は一年に一度の一括採用であったのに対し、中途採用は通年であることが多いという点です。これまで、新卒採用のタイミングについては日本経済団体連合会(経団連)がいわゆる「就活ルール」を策定することで決められていました。大学4年生の〇月に面接を解禁する、といったものです。

しかし最近では、経団連側の方針として就活ルールを策定しないことが発表されています。中途採用と同様に、新卒採用も通年で選考を行う、ということです。新卒の方で、自分の年の選考時期が気になる方は、経団連のサイトで動向をチェックしましょう。

 

人事側からみる新卒採用のメリット

 

人事側からみる新卒採用のメリットを知っておくことで、それを生かして存分に自分をアピールしやすくなります。

 

将来性

 

人事側はとにかく将来性を期待して新卒採用をしています。そのため即戦力となるスキルは求められないことが多いです。配属先でスキル学び、経験を積むことで、会社を支える人材になり得るからです。

新卒のような若さであれば、その人の頑張りや上司の育て方によっては、いかようにもなるため採用側は将来性を大きなメリットに感じています。

 

新しい発想

 

新卒の若い世代ならではの、新しい発想をメリットに感じています。会社で多くの時間を過ごしていると、考え方や、仕組みが凝り固まることが多いためです。

社会経験が未熟な若い世代ならではの新しい発想や、思い込みがないことによって、会社に新しい空気を取り込もうと考えています。職場での自分の気になったポイントやアイデアを、どんどん上司にアウトプットすることで少しずつ変化が見られるでしょう。

 

無料転職相談に登録して希望の条件の会社へ就職しよう

 

人事側からみる新卒採用のデメリット

 

 

もちろん新卒ならではのデメリットもあります。両方を踏まえたうえで、それらを生かしていきましょう。

 

戦力になるまで時間がかる

 

新卒採用の人たちは即戦力になるまで時間がかかります。若いゆえのスキル、経験不足が影響しているためです。もちろんそれは承知のうえで人事も採用をしています。

学生より、社会人こそ勉強が命。自分で業務に関する情報収集を行ったり、配属先の先輩や社内での研修などを上手に利用して、1日でも早く戦力になれるよう手を尽くしましょう。

 

ミスマッチが起きやすい

 

新卒採用でのデメリットは業務内容や、チーム、社風とのミスマッチが生じやすいことです。初めての社会人生活で違和感を覚える人は多いです。実際に厚生労働省の調査によると、この20年間、入社3年未満の離職率は30%以上に及んでいるとう結果が出ています。

自分の思い描いていた理想と現実の違いを思い知ったり、会社説明会で話していた内容と異なっていたり、そもそも自分のやりたい仕事ではなかったり。さまざまな理由でミスマッチが生じるので、それをデメリットに感じているようです。

 

人事側からみる中途採用のメリット

 

 

即戦力になり得ること

 

中途採用のメリットは会社の即戦力になり得ることです。これが一番の魅力です。会社が求人応募をするのは人手不足を補うため、というのが大半になっています。

退職者が出てしまい欠員が出たり、新しい事業に挑戦したいが、ノウハウを持っている社員がいなかったりといった理由があって人を集めています。求人票に記載されている、求められるスキルに見合う人材だと評価され、内定が決まりやすいです。自分にどのようなスキル、経験があるのかしっかり考えておくと良いでしょう。

 

新しいノウハウを持っている

 

中途採用者は新しいノウハウを持っていることがメリットになります。会社によって業務のやり方や内容が全く異なるためです。その会社では当たり前なことが、他の会社だと当たり前ではないことが多くあります。前職のキャリアを存分に生かして、あなたの魅力を発揮しましょう。

 

人事側からみる中途採用のデメリット

 

 

中途採用者は前職のキャリアが強みになりますが、同時にデメリットにもなり得ます。

 

上手く順応できない

 

上手く順応できないのではないかといったことを懸念されるというデメリットもあります。前職での経験があるばかりに、それに固執して新しい職場に慣れない可能性もあるためです。エンジニアなどの技術者の場合、特定の環境でのみの経験しか持っていないと、あたらな技術環境になかなか適応できないのではないかと判断されてしまうこともゼロではありません。

また、変なプライドを持っていたりすると、チームの中でも扱いづらく煙たがられることも。そうならないためにも、「前職は」「前職では」という言葉を控え、新しい環境に合わせていくといった考えも重要です。

 

まとめ

 

この記事では新卒採用と中途採用の違いを解説しました。新卒、中途に違いはあるものの、それぞれにメリット、デメリットがあります。自分がどのような能力を求められているのかを考え、自分の強みを全面に押し出すことが共に大切です。それを意識して実行することで内定がグッと近づくかもしれません。

無料転職相談に登録して自分に合う会社を聞いてみる

 

大坂 健太

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。