カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【今更聞けない】第二新卒の定義とは!期間や既卒との違いについても紹介します!
  • 転職準備

【今更聞けない】第二新卒の定義とは!期間や既卒との違いについても紹介します!

「第二新卒ってなに?」「既卒とどう違うの?」このような疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?20代での転職を考えている人は第二新卒を理解しておくことで、転職活動を有利に進めることができるかもしれません。第二新卒の定義と既卒との違いについて解説していきます。

第二新卒とは

 

転職を考えている人は覚えておいた方が良い単語、第二新卒。第二新卒はどのような意味なのでしょうか。ここではそんな第二新卒についてご紹介します。

 

第二新卒の定義とは?

 

 

第二新卒とは、学校を卒業後に一度就職し、早期で退職した人のことを指します。そのような人たちは職場環境や、業務内容、人間関係などに違和感があり早期で退職を決断しています。

第二新卒と呼ばれる期間の長さは、一般的に3年以内と言われています。(厳密に言うと、企業によって機関の定義は異なる可能性はあります。)

厚生労働省の調査によると、企業で新卒として就職して3年以内に会社を退職する人の割合は30%ほどといわれており、この20年間で高い水準のまま横ばいになっています。そのためどの企業も若い層の人材が不足しており、第二新卒の人も積極的に採用活動をしている企業も多いです。

近年では転職も当たり前の時代になりつつあるため、第二新卒募集枠が増加すると考えられています。

 

既卒との違い

 

第二新卒と似たような言葉に既卒というものがあります。第二新卒と既卒の違いは何でしょうか。結論から述べると、社会人経験をしているか、していないかです。既卒は高校、短大、専門学校、大学、大学院を卒業し、社会人経験がない人たちのことをいいます。

例えば、新卒採用の際に就活を頑張ったけど、自分の結果に満足できずに浪人して就活を続けるといったいわゆる就活浪人の方などが該当します。既卒者は新卒採用枠で就職活動をすることになります。政府で、学校卒業後3年以内の人たちを新卒扱いすると定められているためです。

また、既卒者を採用した場合、政府から奨励金が採用した企業に支給される制度があるため、既卒を採用するメリットは企業側にもあります。しかし、既卒だと新卒と比較して内定率が下がってしまうため、安易に既卒を選択するべきではありません。

新卒を選ばないしっかりとした理由がないと就職活動が難航するでしょう。

 

第二新卒の転職事情

 

第二新卒のご説明をしました。そんな第二新卒ですが、転職事情はどうなのでしょうか。新卒採用の時とはまた違った転職事情をご紹介します。第二新卒での転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

 

面接で退職理由は必ず聞かれる

 

 

第二新卒の転職事情として、面接で退職理由を聞かれるというのが挙げられます。あなたがどのような理由で退職をしたのかによって、印象が大きく異なります。採用側が最も気になることの一つでしょう。

「給料が低かった」「上司と合わなかった」などのマイナスイメージでの退職理由だと採用側も、また早期に会社を辞めてしまうのではないかと不安になってしまいます。もちろんそのイメージが採用結果に直結します。

そうならないためにもネガティブイメージを与えないような退職理由をしっかり用意しておくのが良いでしょう。

 

第二新卒ならではのアピールポイントを

 

 

第二新卒ならではのアピールポイントも面接の際に求められます。先述の通り、新卒との違いは社会人経験があるか、ないかです。ここでどれだけ自分をアピールするかによって内定率も大きく変わってきます。

自分が前職で身に付けたスキル、経験したことを余すことなくアピールしましょう。それがあなたの強みになるため、アピールポイントをしっかり練っておくことがオススメです。

第二新卒採用の方は他の中途採用の方より、年齢も若く求められるハードルが低く設定されています。そのため一般的な中途採用枠よりも比較的有利に就職を進めることができます。採用側からしたら、若さというのは何よりもアピールポイントになるのかもしれません。

第二新卒のメリット

 

 

6割以上の企業が積極的に採用している第二新卒。積極的に採用活動をしているということは採用者側も価値を見出しているということです。そのメリットをここではご紹介します。

 

社会人経験があること

 

社会人経験があることがメリットとして捉えられています。新卒よりも育成コストがかからないためです。仕事の流れや、基本的なビジネスマナーを身に付けており、仕事に慣れるまでのスピードが早い、ということが期待されています。

即戦力枠と比較すると初期教育コストこそかかるものの、「社会人経験があることで素地はできていること×若さゆえのキャッチアップ力」が第二新卒にはあることから、第二新卒採用枠を設けている企業が多いのです。

 

中途にはない若々しさ

 

第二新卒は一般的な中途にはない若々しさが魅力です。第二新卒といっても新卒同様の活きの良さがあり、かつ社会人としての経験もしているため、それをメリットとして捉えているようです。

若ければ若いほど、会社の理念や社風を浸透させることが易く、採用を前向きに検討している企業が数多くあります。前職時代の新卒時代の気持ちを思い出して仕事に取り組みましょう。

 

第二新卒のデメリット

 

年齢的に若く、かつ社会人経験があるということでニーズがある第二新卒ですが、もちろんデメリットの部分も存在します。それでは見ていきましょう。

 

早期退職という事実

 

早期退職をしたことが採用のときに不利に働くことがあります。それは転職しても前職のときと同様に早期に会社を辞めてしまうのではないかという不安を拭えないためです。

やはり会社側としてもてきるだけ長期的に勤務してほしいと考えています。しっかり人材を育てたいという背景があるためです。自分の退職理由をしっかり面接の際に伝えて、採用側の不安を取り除いておくと良いでしょう。

スキルの乏しさ

 

第二新卒のデメリットとしてスキルの乏しさが挙げられます。即戦力になる人材を求めているような企業だとスキルの乏しさを痛感するかもしれません。第二新卒は3年以内で会社を退職しているため、専門のスキルや大きい案件での経験が少なくなりがちです。

大企業などは毎年、優秀な人材の応募が多いため就活の際はどうしてもやや不利になってしまいます。スキルや経験で対抗できないようでしたら、他のフレッシュさや熱意などをアピールすれば採用率も変わるでしょう。

 

第二新卒にベストな転職時期は

 

 

第二新卒は新卒と異なり、決まった入社日が設定されていないことが多いです。そこで第二新卒にベストな転職時期をご紹介します。

ちなみに第二新卒の転職活動は新卒の転職活動とは異なり、決まった就職時期がありません。そのため自ら希望する会社の求人応募を確認して行動する能力が求められます。

 

4

 

ベストな転職時期の一つ目は4です。新年度になり人事の異動や退職などが活発に行われる時期で、それを補うことができます。人の入れ替えが激しい時期ですので、比較的馴染みやすくなるでしょう。

また、4月は新卒採用者も多く入社するため研修なども同時に受けることができ、職場の輪を広げやすいのも良い点です。

 

10

 

10月も転職に良い時期です。7.8月はボーナスを受給して退職する人が多く、8.9月に求人募集が集中する傾向があり、10月に入社する人が多くなります。4月は新卒採用の方が多い可能性がありますが、10月は中途採用の方が多く幅広い年代の方と知り合うことができ、自分の知見が広がるでしょう。

また、4月のようにガッツリ研修を設けている企業は数少ないため、すぐに業務に取り掛かることができます。中途の知り合いを多く作りたい方は10月入社の方がオススメです。

まとめ

 

 

この記事では第二新卒の定義と既卒との違いについて解説してきました。会社を退職して第二新卒として行う転職活動は、新卒の就職活動とは少し異なります。

その分、苦労することも多くあるでしょうが、第二新卒ならではの強みを全面に押し出して、内定をグッと掴みとってください。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

大坂 健太

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。