カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!
  • 転職準備

【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

成功させる転職のコツは入念な準備から

 

準備をして万全の態勢で転職活動をする

 

 

「転職したい」と思い、本格的に転職活動を始めるとなったときに、多くの人たちが転職情報サイトで求人の情報を集め始めます。

転職活動にとっては大事なことですが、実は一番最初にすべきことはそこではありません。

実は一番最初にすべきことは、入念な準備です。

 

「求人情報サイトで情報を集めることも準備じゃないか」と言われるかもしれませんが、それよりも先にしなければならない準備があります。

 

あなたは自分のことをどこまで理解していますか?

あなたは応募に必要な書類作成はできていますか?

あなたは転職するにあたってのあなた自身の軸や希望が明確になっていますか?

あなたは求人情報を収集する術を把握していますか?

 

こういった準備が整っているのであれば今回の記事は読む必要ありません。

「えっ!?そんなことがあるの?」と思った方は今回の記事を読んで入念な準備をしてください。

 

成功させる転職のコツ 診断で自分を知る

 

 

まずは『自分を知る』ところから始めたいと思います。

『自分を知る』というのが実は一番難しい作業になります。

自分を客観視できるのであれば問題なくできるのでしょうが、これが中々に困難なことです。

ではどのようにして自分を知っていくのでしょうか?

紹介してきます。

 

自己分析で自分を知る

 

転職活動をしていて、インターネットで関連するようなワードを検索していると『自己分析』というワードをよく目にすると思います。

この自己分析が転職活動にどう関連しているのでしょうか。

 

就職活動全般に言えることなのですが、応募先企業に対して「自分はこういった人間です。きっとあなたの会社の役に立ちますよ」というアピールをしていくことが重要になります。

そういったアピールをするために自分のことを理解し、強みを発見、理解していくことで、転職活動を有利に進められるようになります。

 

では、自己分析はどこで行えばばいいのでしょうか?

インターネットの大手転職情報サイトで無料で行えますので、これを活用していきましょう。

 

適職診断で可能性を探る

 

次に適職診断です。これもなぜ必要なのでしょうか?

理由は二つあります。

 

一つ目は、自分の天職を知るためです。

もう一つは、自分の可能性を探るチャンスになります。

 

適職診断は自分の性格特性に合った職業を提示してくれます。

中には突拍子もない職種を提示してくることもありますが、複数の職種を提示してくれるため、自分自身が気付かなかった可能性を示してくれる場合もあります。

 

一例ではありますが、営業職経験者が制作関係の職種についたりするキャリアチェンジという方もいらっしゃいます。

営業職として、ご自身が伸び悩んでいた際に、転職を考えだしたとのこと。

その際に適職診断を受け、制作職の適性もあると診断結果に出たため、思い切ってキャリアチェンジをすることに決めたそうです。

 

ただし、制作職の経験はなかったため、転職活動は苦労したとのことでしたが、制作としてキャリアを積んだことにより、自分の可能性が拡がったと感じることができたそうです。

 

上記の方のように、適職診断を受けることによって、自身の可能性が拡がることがあります。

このような例もありますので転職活動には欠かせない診断の一つになります。

 

無料転職相談に登録して転職のコツを専門家に聞いてみよう

 

成功させる転職のコツ 応募書類作成の重要性

 

 

診断が終わったら、いよいよ応募のための書類の準備に入ります。

転職活動を始めると書類選考でまず壁にぶつかる方がいらっしゃいます。

書類選考は応募した企業の方に「この人、会ってみたいな」と思わせるための書類になります。

 

企業の方は忙しい中、求職者に会う時間を何とか確保しているため、応募者全員とお会いするといくら時間があっても足りなくなってしまいます。

そのため、応募してきた際の書類で最初の選考を行うのです。

 

応募書類は一番最初に応募者を判断する書類のため、非常に重要な役割を持っています。

それだけに、入念な準備をして、「会ってみたい」と思ってもらえるような書類を作成する必要があります。

 

履歴書で熱意をアピール

 

 

まずは履歴書の作成についてからです。

履歴書の役割は『自身の経歴を理解してもらうこと』、『応募企業に対するあなたの熱意をアピールすること』の2つになります。

 

特に重要なのが、あなたがその企業で働きたい理由・熱意を伝えることができるのが、履歴書の志望動機です。

これは『応募企業に対するあなたの熱意をアピールする』という重要な役割を持っています。

 

これは企業研究、業界研究にもつながります。

例えば、その企業がどの程度の規模で、どういった製品を扱っている会社なのか。

業界の中での位置づけはどの程度なのか。

それらをどの程度理解した上で、その会社であなたは何をしたいのかを伝えていく必要があります。

 

履歴書の中でも志望動機の項目はこの後に紹介する内容にも大きくかかわってきます。

あなたの考えるキャリアプラン。

あなたが転職で解決したいこと。

志望動機にはこれらが大きくかかわってきますので、じっくり考えて熱意を伝えていただければと思います。

 

職務経歴書で自分のスキルをアピール

 

 

次に職務経歴書になります。

職務経歴書は、今までの自信の仕事の成果や自身の持っているスキルや資格、強みをアピールする書類になります。

役割は『私はこういった成果を上げてきました』、『こういうスキルを保有しています』と理解してもらうことで『私は貴社でも活躍できる人材ですよ』とアピールする書類になります。

 

そこで重要になるのが、実際に成果を数字で現わしたり、自身の強みをエピソードを交えてアピールしたりすることです。

職務経歴書は書式が自由なので、その点をアピールするために工夫も可能です。

説得力のある書類を作成して行くことが、何よりも重要になります。

 

また、この書類には先に行った自己分析、適職診断などの結果で、自分の強みなど、知りえた情報を活かすことができます。

 

応募書類に関しては、汎用性のある部分が多くあります。

そのため、企業に合わせて記載をする履歴書の志望動機、職務経歴書の自己PR以外の部分は事前にある程度作成しておくことで、応募後の書類提出がスムーズにいきます。

早く書類を提出することで応募した企業にも熱意が伝わります。

 

成功させる転職のコツ 『軸』を考える

 

 

『軸』を考えるとしていますが、簡単に言うと『どんな仕事がしたいのか』、『転職で解決したい問題はどんなことなのか』を明確にしていくことです。

 

「転職できればどこでもいい」と考えていると、転職した後にまた同じ問題に直面して、また「転職したい」と思うようになってしまいます。

それではせっかく転職した意味がなくなってしまいます。

 

どんな仕事がしたい?自分のキャリアを考える

 

では、仕事から見ていきましょう。

あなたは現状の仕事に不満を抱えていますか?

転職するならばどんな仕事がしたいですか?

 

先に説明しました適職診断において新たな可能性が示された今、新たなキャリアを積んでいくこともありだと思います。

しかし、自分の今の仕事の内容が合っていると思っているのであれば、同じような仕事をすることも方法の一つです。

 

先ほど紹介した営業職から制作職にキャリアチェンジされた方は、適職診断を受けてその結果制作職としてキャリアを積むことを軸にして転職活動を行っていました。

ぶれることのない意志があることで、ある企業にて採用され、制作職としてのキャリアを積んでいくことができているそうです。

このように、自分がしたい仕事を明確にすることも転職活動を本当の意味で成功させるためのコツといえます。

 

転職で解決したい問題は?自分の希望を考える

 

転職したいと思っている方には、転職したい理由があるはずです。

先ほどの項目では、それが仕事の内容に由来したものでした。

 

しかし、仕事の内容には満足しているが、その他の環境に不満を抱いて転職したいという方は案外いらっしゃるのではないでしょうか?

これも一例です。

人事として主に採用を担当していた方ですが、この方は自分の考えやアイデアを上長の方に横取りされて、その方法がうまくいった際に上長の成果にされてしまっていたという方がいました。

まるでドラマのような話ですね。

 

この方は、自分で発信して、周りを巻き込みながら採用を成功に導きたいと考えていました。

失敗することもあるだろうが成果を上げて政党に評価をしてもらいたいと考えていたのでしょう。

 

しかしながら、この環境下では自分らしく仕事ができないと悩んでいたため、仕事の内容は同じでも、裁量を与えていただき、正当に評価していただける環境に身を置きたいと転職を決めました。

自分のキャリアは活かしながら、職場の環境を変えたいと考えての転職ですね。

この方は転職活動の『軸』を以下のように決めました。

 

・人事として採用をメインにする仕事

・裁量を与えてもらえる環境

・正当に評価していただける明確な人事制度がある会社

 

これらを決めてからは軸がぶれることなく転職活動をしていくことができたそうです。

転職後は環境に満足して、認めてもらえるように精一杯仕事に邁進しているとのことです。

このように、ご自身の『軸』を決めることで、満足度の高い転職ができます。

 

成功させる転職のコツ 企業選定を行うために

 

 

ハローワークや転職情報サイトを活用して自分で検索

 

さて、様々な準備をしてきましたがいよいよ準備の最終章です。

応募したい企業を選定していきます。

 

方法はいくつかあります。

一般的なものは自分で検索し応募する方法と紹介してもらう方法の2つです。

 

まずは自分で検索して応募する方法から紹介していきます。

 

自分で検索する方法にはハローワークに行き検索する方法と、転職情報サイトで検索する方法、企業ホームページで調べて応募する方法とあります。

 

ハローワークは何といっても求人数の多さが最大の魅力です。

企業が求人を掲載するにあたって費用が掛からないメリットがあるため、求人募集を出しやすいため、求人数がけた違いにあります。

 

次に転職情報サイトです。

こちらは情報量の多さや詳細に検索できる点が魅力です。

また、企業が費用を出して求人広告を掲載するため、採用に対する企業の本気度も図れます。

 

最後に企業ホームページから応募する方法です。

少し手間がかかりますが、採用情報だけでなく、企業情報も一度に取得できるメリットもあります。

 

すべての方法を活用していくことで、様々な情報を取得することができます。

できることならばすべての情報を活用していくことをお勧めします。

 

エージェントという味方をつける

 

もう一つの方法ですが、転職エージェントを味方につけるという方法です。

転職エージェントはアドバイザーがキャリア面談を行ってくれます。

あなたの希望を考慮した上であなたに合うだろうと思われる求人を紹介してくれます。

 

また、企業の情報も十分取得しているため、面接となった際には心強い味方になってくれます。

転職エージェントを味方につけるということは、転職活動の良きアドバイザーを得るということになります。

 

沢山ありますが、転職エージェントは一般的に求職者向けには費用は掛からないとされていますので、ぜひ頼ってみるのもいいと思います。

 

最後に~入念な準備が転職成功への最短ルート

 

 

さて、ここまで成功させる転職には入念な準備が必要不可欠だと解説させていただきました。

一見遠回りに見えるこれらの準備ですが、実は満足度の高い転職には重要なことになります。

 

自分を知ることや、自分が転職活動で何を解決したいのか、応募書類を充実させた形で完成させること、自分に合った企業を選ぶこと、これらを一つ一つクリアしていくことで、あなたが満足できる転職が実現できると思います。

 

満足度の高い転職が本当の意味での転職成功と言えるのではないでしょうか。

無料転職相談に登録してGeeklyで転職しよう

 

Terrace Factory

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。