カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職準備
  4. 【転職】非公開求人を徹底解説!転職の可能性の幅を広げるなら非公開求人を使うべし!
  • 転職準備

【転職】非公開求人を徹底解説!転職の可能性の幅を広げるなら非公開求人を使うべし!

転職活動をしていると、「転職するなら非公開求人が良い!」といった話を聞くこともあると思います。一方、そもそも非公開求人が何なのか、よく分からないという方は、案外多いのではないでしょうか。ですが非公開求人には、多数のメリットがありますので、転職するなら知っておいて損はありません。ここからは非公開求人の特徴とメリット、応募の仕方などを解説していきます。

2019年2月4日

  • twitter
  • facebook

非公開求人とは?

 

 

転職で非公開求人という言葉を聞く機会は多数ありますが、「そもそも非公開求人って何?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

まずは転職における非公開求人について、知っていきましょう。

 

非公開求人とは、限られた人しか応募できない求人

 

求人、と言うと企業の公式サイトやハローワーク、転職サイトで公開されている求人のことを思い浮かべる方が多いでしょう。

しかしこれらは、非公開求人ではなく「公開求人」と呼ばれるもの。

企業HPを見れば、ハローワークに行けば、だれでも見ることが出来る求人なので「公開」扱いなのです。

一方、非公開求人は主に転職エージェントに登録しないとチェックできない求人のことを指します。

非公開求人が企業の公式HPに載ることは無いので、非公開求人をチェックしたい場合転職エージェントへの登録が必要になります。

 

企業が求人を非公開にする理由

 

 

非公開求人が、あまり知られていない求人だということは分かりましたが、なぜ企業や転職エージェントは求人を多くの人に見せないのか、気になる方も多いでしょう。

企業があえて求人を非公開にするのか、ここから解説しますのでぜひ転職に役立ててくださいね。

 

大勢の人が応募するのを防ぎたい

 

大企業や有名な企業の場合、好待遇の求人を出すと募集人員よりはるかに多い転職希望者からの応募が来てしまい、処理が大変になることがあります。

企業にとって、人を雇うためのコストはなるべく低く抑えたいもの

求人をたくさんの人に公開すれば、その分応募者が増え書類審査、面接にも時間がかかってしまいます。

企業は好条件の求人を限られた人にだけ公開し、採用コストを下げているのです。

 

求人を他社に見られたくない

 

企業が新しい社員を求める理由は様々。

単に「人員が足りてないから」という理由で求人を公開するなら問題ありませんが、例えば「新規プロジェクトに参加してくれる人を雇いたい」など、会社の今後の方針に関わる求人であれば、「他社の人に見られたくない」と考える企業も多いです。

 

特に未発表の新規プロジェクトに関する採用や、会社役員の採用については同業他社などに情報が漏れると今後の経営に悪影響が出る可能性もあります。

一方非公開求人であれば、求人内容を他社に見られず採用活動を進められるので、会社内部の重要なポストも募集しやすくなります。

 

有能な人だけ採用したい

 

求人を公開するとその企業に到底合わないような人や、求めるスキルを持っていない人まで応募してくることも少なくありません。

しかし、一度応募してきた人を「見込みが全くないから」という理由でチェックもせず、門前払いにすることは不可能です。

一度求人を公開してしまった以上、会社に合わない人であっても、一応書類を審査し、合否を伝えなければいけません。

そのため企業は、特定のスキルを持った、有能な人にだけ求人を紹介するよう転職エージェントに頼み、採用コストを減らしているのです。

 

非公開求人応募のメリット①好待遇な求人が多い

 

 

前述したように採用コストを減らすため、好待遇な求人を非公開にする企業は多数あります。

そのため転職の際は自分に合った非公開求人を探すことで、よりハイクラスな求人に出会える可能性が高まるでしょう。

年収高めや残業少なめ、などの細かい希望も非公開求人なら見つかるかもしれません。

もちろん自分がその企業に役立つ人材であることが前提となりますが、非公開求人を中心に転職活動をすればより短期間で自分の希望にあう好待遇求人が見つかる可能性は高いです。

 

大企業が非公開求人を使うケースも多い

 

応募者が殺到するのを避けるため、大企業が非公開求人を利用するケースは少なくありません。

そのため企業公式サイトに求人が出ていない場合でも諦めず、転職エージェントに相談すれば志望企業の求人を紹介してもらえる可能性があります

また、大企業への転職を狙っている人も、企業の公式HPだけでなく非公開求人をチェックすることで多数の求人を比較・検討できるでしょう。

 

幹部クラスの求人もチェックできる

 

 

他者に幹部クラスの求人を見られてしまうと、経営上不利になることもあります。

そのため非公開求人を利用し、幹部クラスの人材を採用しようと考える企業は多いです。

管理職の経験がある方や、キャリアアップを考えている方は、非公開求人を中心にチェックするとよいでしょう。

 

非公開求人応募のメリット②自分のスキルを求める企業に出会える

 

 

非公開求人は、限られた人しかチェックできない求人。

転職エージェントは企業の要望に合わせ、求人を紹介する対象を絞っています。

そのためあなたに紹介された非公開求人は、ほとんどすべてあなたのスキルや経歴に適したものだと言えるでしょう。

自分一人でやみくもに応募を繰り返すと、本当にあなたの力を求めている企業がどこなのか分からず、転職活動に苦戦することも十分あり得ます。

しかし転職エージェントが厳選してくれた非公開求人であれば、すでにあなたのスキルに合ったものなので大きなミスマッチが起こりづらく、転職活動をスムーズに進めることが出来るでしょう。

 

自分の価値に気づけることも

 

転職に詳しいアドバイザーから求人を紹介してもらうことで、自分が今まで気づかなかった長所を発見することが出来るかもしれません。

いらないだろうと思っていた資格が役立ったり、無駄だと思っていた業務経験が評価されたり、自分の価値を改めて見直し、可能性を広げることが出来るのも大きなメリットです。

 

非公開求人応募のメリット③競争率が低い

 

 

非公開求人をチェックするには、対象の転職エージェントに登録し、アドバイザーと相談しつつスキルに合った求人を紹介してもらわなければいけません。

そのため数多くいる転職希望者の中で、あなたが紹介してもらった非公開求人をチェックできる人は少ないと言えるでしょう。

公開求人の場合、求人内容を誰でもチェックできるうえ応募も自由なので、競争率が上がりタイミングが悪ければ書類だけで落とされてしまうこともあります。

しかしあなたに紹介された非公開求人であれば、公開求人に比べ他の応募者が少ないと考えられるので選考に通りやすくなるでしょう。

 

非公開求人に応募するには?

 

 

非公開求人には、数多くのメリットがあります。

少しでも好待遇な求人を見つけたい方、自分のスキルに合った企業にだけ応募したい方は、非公開求人をチェックしておいて損はありません。

しかし具体的にどのような手順で非公開求人を紹介してもらうのか、分からない方も多いでしょう。

ここからはあなたに合った非公開求人に出会う方法について、解説していきますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

まずは転職エージェントに登録

 

非公開求人を保有しているのは、転職エージェントです。

しかし転職エージェントならどこでもたくさんの非公開求人を持っている、と考えるのは危険

求人の80%以上が非公開求人、というエージェントもいれば非公開求人をほとんど持っていないエージェントもいます。

今後非公開求人を中心に転職活動を進めていきたいのであれば、非公開求人をたくさん持っているエージェントに登録することが大切です。

そして登録後、エージェントに属するアドバイザー(コンサルタントとも言われます)に相談し、自分に合った非公開求人を紹介してもらいましょう。

 

自ら希望を伝えることが大切

 

転職活動に慣れていない場合、「転職エージェントに登録して、アドバイザーと話しさえすれば勝手に非公開求人を紹介してくれるはず…」と考えてしまう人は多いでしょう。

しかし転職エージェントやアドバイザーは超能力者ではないので、あなたの方からどんな企業に行きたいか、どんな条件の非公開求人を紹介してもらいたいか伝えなければ、あなたのスキルに合った企業は見つかりません。

「○○の会社で営業の仕事がしたい!」「管理職のポジションを探しています!」とはっきり自己主張することで、転職後のミスマッチを防ぐことにも繋がります。

 

まとめ

 

 

非公開求人には好待遇のものが多く、転職を考えている人ならチェックしておいて損はありません。しかしただ転職活動をするだけでは、あなたに合った企業を見つけるのが難しくなります。

転職の可能性を広げるため、自分の希望ははっきりとアドバイザーに伝え、主体的に転職活動を進めていきましょう。

oume

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
3+

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。