カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. WEBデザイナーの面接対策!事前に準備すべき内容や合格率を上げるためのポイントについて徹底解説
  • 職種・ポジション

WEBデザイナーの面接対策!事前に準備すべき内容や合格率を上げるためのポイントについて徹底解説

本記事ではWEBデザイナーの面接対策について解説します。デザイナーは技術職でありクリエーターです。具体的な制作事例を交えて伝えることが重要なポイントになります。充実した内容のポートフォリオ作成はもちろんのこと、面接での受け答えなど事前準備をしっかりと行って、万全の体制で挑むようにして下さい。

面接前に準備することについて

 

WEBデザイナーへの転職で、少しでも有利にするためには事前準備は欠かせません。

まずは面接にあたって必要なものや、心構えなどについて解説します。

 

ポートフォリオを準備する

 

 

WEBデザイナーの転職活動において、それまでの制作実績をまとめた「ポートフォリオ」の用意は必須事項です。


業務内容的にも、履歴書や職務経歴書などの文字情報だけで能力を説明するには限界があります。

必ずポートフォリオを制作するようにして下さい。

 

なお、WEBデザイナーの面接では、面接官もWEBデザインに対しての知識がある場合がほとんどです。
それだけに、ポートフォリオが持つ役割は単なる自身の作品目録というだけではありません。

デザイナーとしての能力を見られる、最初の評価基準にもなっています。

 

あなたのWEBデザイナーとしてのセンス・経験を総動員された作品を選出、もしくは制作しましょう。
また、完成したポートフォリオはサーバーにアップロードするなどして、書類選考の際に見てもらえるようにしておくことも忘れないで下さい。

 

応募した企業について調べる

 

応募した企業は、縁があれば実際に働くことになる場所です。

当たり前のことですが、面接を受ける前にその企業のことを下調べしておくようにしてください。
会社の概要や沿革はもちろん、希望職種であるデザインに関する業務のことは重点的にチェックしておきましょう。


その企業が手掛けた仕事内容もWEBサイトに上がっていることが多くあります。

「どういう傾向の仕事を多く請けて、どのように仕上げているのか。」ということをしっかり把握しておくことです。

面接では、その企業の制作事例についての感想や改善案などを尋ねられることが多々あります。

上記のような質問をされたとしても返せるように、話す内容を考えておくようにしてください。

 

志望動機は応募企業に合わせて考えること

 

志望動機は、応募する企業に合わせてを考えましょう。


企業側は「あなたが会社に対してどれだけ興味を持っているか」ということや「技能面においても業務内容にマッチする人材であるか」を見ています。

その企業にしっかり向き合って考えましょう。またスキルの説明についても募集要項に沿ったことから伝えるようにして下さい。


自分の持っているスキルを多く伝えるのも大事ですが、まずは相手が望んでいることから順に答えるようにしましょう。

コーダー寄りの募集内容であればHTMLやCSS、Javascriptなどのコーディング技術について。デザイナーを欲しがっているのであればIllustratorやPhotoshopなどのアプリケーションの使いこなしをアピールする。という具合です。

その他付帯業務のスキルは、会話の流れに合わせて伝えるようにしましょう。
求めていない返答をダラダラと伝えても内容が伝わりません。簡潔かつ的確に答えることを心がけて下さい。

 

長所だけではなく短所についても考える

 

あなたのこれまでの経験・スキル・強み・弱みをしっかりと答えられるように、話す内容を考えておきましょう。


特に面接では自分の長所を強調しがちですが、短所や弱点についても包み隠さず伝えましょう。

自分自身の何が課題なのか把握しておくことは非常に重要です。

また、あえて短所を言うことで、長所が強調される利点もあります。

短所や弱点については「どういう風に克服するか」ということもセットで伝えてください。

そうすれば、前向きな性格であることも同時にアピールすることができます。

 

面接のときに聞かれる代表的な質問例

 

WEBデザイナーの面接においてよく聞かれる質問内容の紹介です。

ご紹介した質問を投げかけられた際に、どう答えるのかを自分なりに考えてみましょう。

 

なぜ当社を選んだのか?

 

会社に対する熱意や長く働いてくれるかどうかの見極め、そして事業内容やサービスへの共感があるのかを確認する目的で聞かれることが多いようです。


返答内容において特に重視されるのが「企業研究をどこまでしているか?」という点です。
企業からすると、熱意は重要なことです。その会社ならではの志望動機を伝えるようにしてください。


汎用的な志望動機では「それなら別の会社でもよいのでは?」と返されかねません。

応募する企業の特徴や方向性をよく把握した上で、回答できるようにしましょう。

 

デザインとコーディングのどちらをやりたいか?

 

この質問をされた時は、自分の得意・不得意なこと、そしてやりたいことを正直に伝えるようにしましょう。


例えばコーディングが不得意なのに、できることを強弁しても、入社後に苦しむだけです。

ただし、得手不得手を伝えるだけでは、ベスト回答と言えません。

一番いいのは、自分が制作したものを第三者がどのように評価したかを伝えることです。


特に受賞歴などがあるのでしたら、そのことを軸に話すようにしましょう。

ちなみに不得意であることについては、今後どのように克服していくのかを伝えるようにしましょう。

 

日常的にチェックしている情報媒体はあるか?

 

WEBデザイナーとして成長し続けるためには、前向きに情報収集を行うことも重要な仕事。
このような質問を投げかけるのは、あなたのデザイナーとしての向上心や取り組む姿勢を見るのが目的としてあります。
模範的な回答は、

 

・○○のデザイン専門誌を購読してトレンドを研究している

・定期的にデザインセミナーに通っている

・競合他社のサイトの検証や解析は怠らない

 

など、具体性のある取り組みを伝えることです。

WEBデザインのセンスと技術は日進月歩。その両面を満遍なく学んでいる姿勢を伝えるようにしましょう。

 

WEBデザイナーとして取り組んでいる努力や工夫は?

 

先の質問にも通じますが、こちらの真意は「成長性があるかどうか」の見極める目的です。


経験者として入社する以上、仕事ができることは前提条件です。

しかし、その後の成長については、個々の努力によって左右されますので、その素養を確認するために聞かれることが多くあります。

これに対しては上手く返答できるようにしましょう。この質問に悩んでしまうと、普段から創意工夫をしていない人であると取られかねません。


クリエイティブな仕事に携わる以上は、普段の心がけとして大事なことでもあります。

日常的に意識しておくようにしましょう。

 

クライアントから全面的な修正指示をされた場合の対処法は?

 

 

クライアントからの全面的な修正依頼は、WEBデザイナーに限らずクリエイティブの現場ではよくあるシチュエーションの一つです。これに対する対処能力は問われる部分でもあります。


有事の際の上司やチームメンバーへのホウレンソウ、クライアントとの折衝力など、デザイナー以前に社内外における社会人としてのマナーや振る舞いができるかどうかが注目されます。
特に難しく考えず、これまでの経験を振り返って答えるようにしましょう。

 

将来どういう働き方をしたいのか?それを実現するための方法は?

 

 

こちらも「成長性」についての質問ではありますが、目先の対処や技術のことだけではなく、先々を見据えた返答を用意するようにしてください。


その企業に入社後はWEBディレクターを目指すのか、それともデザイナーとしての道を極めるのかなど、あなたが描いているキャリアを率直に伝えましょう。

ただ、注意したいのが「なりたい」というだけの漠然としたものではなく、「どうやって実現するか」という具体性のあるビジョンを語ることです。


そこを見失っては明確なキャリアプランがないと思われかねません。道筋の立てた返答を心がけるようにして下さい。

 

まとめ

 

 

WEBデザイナーの仕事は、業務の大部分において1人で取り組む時間のほうが長くあります。


しかし、クリエイターとしての能力値がいくら高くても、それだけを評価基準として見られることはまずありません。
他者との円滑なコミュニケーション能力や、そのポジションに留まるだけで満足しない向上心なども、当然重要視されます。
制作技術やセンスだけではなく、広い視野で業務に取り組んでいることを上手に伝えるようにして下さい。

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。