カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 職種・ポジション
  4. ITコンサルタントの面接対策!事前に準備すべき内容や合格率を上げるためのポイントについて徹底解説
  • 職種・ポジション

ITコンサルタントの面接対策!事前に準備すべき内容や合格率を上げるためのポイントについて徹底解説

本記事ではITコンサルタントの面接対策について説明します。とはいえITコンサルタントの業務について、漠然とした印象しかない人も多いのではないでしょうか?本記事では、ITコンサルタントの仕事内容や求められる能力、そして面接対策について紹介します。未経験の方だけでなく、経験者でも見落としていることがあるかもしれません。是非閲覧ください。

ITコンサルタントの仕事内容とは

 

そもそもITコンサルタントはどのような仕事内容なのでしょうか。まず最初に業務内容について説明します。

 

1つに特化した技能ではなく全般的な広い知識が求められる

 

 

ITコンサルタントとは、IT技術を通じて企業の経営や業務体系を改善することを目的とした職業です。

具体的には企画・立案・改善から経営や業務の効率化に至るまで、ITの導入によってさまざまな課題をクリアしていくのが主な仕事内容になります。

 

特に顧客が抱えている問題を俯瞰して把握し、分析・解決することがなによりも重要です。

そのため、何か特定の業務に特化したプロフェッショナルというよりは、IT全般からクライアントの業界についての広い知識が求められます。

 

外部との折衝やプロジェクトメンバーを統率する能力が求められる

 

システムの改善や構築には莫大な費用がかかります。

それだけに、抽出した問題点が本当に改善する必要かどうかを見極め、コストを検討しつつ最大限の効果を発揮する方法を考え出さなければなりません。

そして、その提案を顧客に対して上手に伝えるコミュニケーション能力やプレゼン能力。納得させるための論理的な思考力の高さが重要視されます。

 

ITコンサルタントという仕事は、多くの人と関わります。幅広い部署や役職の人と関わりながら成し遂げていく職種なのです。

 

ITコンサルタントに求められる能力と人間像

次にITコンサルタントに求められる能力について説明します。

 

資格は必要?

 

 

ITコンサルタントになるために必須の資格はありません。

もちろん知識が求められる職種でもあるため、関連する資格を持っていればアピールはできます。しかし、それ以上に実務能力が注目されます。

 

ITコンサルタントの現場は案件によって変わります。

つまり、さまざまなケースに合わせた解決策を提案することができる柔軟な手腕が求められます。

 

資格以上に、「突発的な問題に対処できるノウハウ」「滞りなく現場を回せる実務能力」の方が、より重要視されます。

 

技術的な経験は見られている?

 

ITコンサルタントになるにあたっては、エンジニア等の実務経験が有利にはたらくのは事実です。

ただし、実務経験ないからといってITコンサルタントになれないわけではありません。

前述したように、ITコンサルタントの業務は「顧客企業が抱える問題点の分析」や「解決するために必要な提案」などの開発前段階の業務が多くを占めているためです。

 

技術的な課題については、プロジェクトに参加しているSEやプログラマーなどに相談して解決していくことで対処できます。それら人員の配備や分担などを切り盛りするマネジメント能力の方が評価の対象になります。

 

大事なのは人を動かす力

 

ITコンサルタントは、顧客と直接対面することが多い仕事です。

顧客のITに関する知識や興味のレベルはマチマチです。場合によっては、丁寧に根気よく説明する必要も出てくるでしょう。

その点をきちんと納得してもらった上で、仕事に取り組む必要があります。

 

また、ITコンサルティングで扱うプロジェクトは、各分野のスペシャリストでチームを編成して業務に取り組みます。そのため、関わる人数もそれなりになります。

チームを統率しつつ、顧客企業の要望に応えていかなければならない内外の折衝やチームワークを取るバランサーとしての役目を果たす必要があります。

 

ITコンサルタントに必要な能力とは、「IT全般に対しての知識」「人を動かすマネジメント能力」に尽きると言えるでしょう。

 

年齢よりも経験重視

 

 

なお、ITコンサルタントの募集において年齢的な線引きをしている企業はそれほど多くありません。

30代であれば即戦力として現場での活躍が期待されます。40代以上であれば、それまでに培った専門性や経営面での知識が求められるでしょう。

ITコンサルタントへの転職は、IT全般の知識とコミュニケーション能力があれば、年齢に関わらず採用される可能性は十分にある職種です。

 

面接を受ける上で気をつけたいことは?

 

一緒に働きたいと思わせることを念頭に置く

 

すでに説明しているように、ITコンサルタントは自ら顧客の問題点を見つけて、改善策を提案することが主な仕事内容です。

面接の際も面接官の質問に対して、理路整然と論理的に答えられるかどうかが見られています。

特に、要点を押さえて無駄なく結論を述べるトークスキル、問われたことに対するレスポンスのスピードや内容の正確さは重要なポイントです。

 

その際には、早口や慌ただしくならないように気をつけて、プレゼンをする時と同じ心持ちで挑むようにしましょう。

面接にあたっては面接官を顧客の一人と想定して、どうすれば「この人と一緒に働きたい」と思わせられるかを意識しながら応答することを忘れないでください。

 

常識のある身だしなみと、上手な会話

 

IT業界は比較的ラフな格好で働いても問題のない職場が多くあります。

しかし、ITコンサルタントは顧客と接するのがメイン業務であり、客先に出向くことがほとんどです。

そのため、面接時の身だしなみは重要な評価基準の1つである場合が多いです。

WEBディレクターやSEなどから志望されるのでしたら、普段の業務はスーツでないことも多いだけに注意するようにしてください。

 

また、身だしなや清潔感はもちろんのこと。話すときや聞くとき、相槌を打つときの「表情」にも気を付けるようにしましょう。

相手の目を見ながら、緩急織り交ぜて対処をするように心がけて下さい。

話術は口先だけの技術ではありません。

上記のことをよく念頭に置いて、面接に挑むようにしましょう。

 

資格はあればアピールできる

 

 

先にITコンサルタントになるために必須となる資格は特に無いと書きましたが無意味ではありません。持っていることで有利になることは当然あります。

その資格の一例としては、

ITコーディネータ

ITストラテジスト

・PMP(Project Management Professional)

・中小企業診断士

などがあります。

上2つについては、それまでに関わっていた業種によっては取得している人もいるでしょう。

下2つの資格に関しては、コンサルタント向けの資格になります。

繰り返しになりますが必ずしも必要なものではありません。

ただ、自身のスキルを箔付けするという意味では有利にはたらきます。

もし取得する機会があるのでしたら、前向きにチャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

まとめ

 

 

ITコンサルタントの職種を応募をするにあたって、まずは仕事内容をしっかりと把握しておきましょう。

 

ITコンサルタント経験のない人でしたら、それまでに培ってきた技能や得意なことを強調しがちになるからです。

その点を見誤ってアピールしてしまうと、ITコンサルタントとしての興味や適性がないと判断されかねません。

 

ITコンサルタントに求められることとは「顧客が抱える問題点の見極め」や「コストを抑えつつ最大限な効果を生み出す提案」、そして「人を動かすマネジメント能力」です。

是非本記事を参考に、志望動機と自己PRを考えるようにしてください。

 

ITコンサルタントの仕事について詳しく聞いてみる

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。