カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. 転職活動
  4. 転職で4月入社を成功させる方法を解説!転職活動を始めるのに最適な時期とは?4月入社のメリットを紹介
  • 転職活動

転職で4月入社を成功させる方法を解説!転職活動を始めるのに最適な時期とは?4月入社のメリットを紹介

今回は転職にあたって、4月入社を目指す方々に向けて成功するための方法をお伝えします。また、4月入社のメリットや企業側がこの時期に求人を出す理由などもご紹介していきましょう。新年度に合わせて転職活動を行おうと考えている方は是非この記事を参考にしてください。

ビルディング

4月入社を成功させる方法

 

高層ビル

 

今回は、転職を考えている方が新年度の始まりである4月入社することを目指すにあたって、知っておくべき情報をご紹介します。

まずは4月入社を成功させるための方法を解説していきます。

どのようなことに気をつければ、4月入社を実現できるのでしょうか。

 

4月入社を明記している求人に応募する

 

4月入社を成功させるには、求人で4月が入社時期であるということを明記している企業の求人に応募することが1番確実です。

4月入社を狙って求人を選んでも、明記されていない場合には会社側の都合によって時期がずれ込むことがあります。

時期が早くなったり、遅くなったりしてしまうと、在籍している会社の退職時期にも影響してくる可能性があるでしょう。

そうした可能性を無くしたい方は、入社時期が明記されている求人を狙うことによって、確実性が増すと考えられます。

4月に入社するということを明確に意識している方は、こうした求人に応募するようにすると良いでしょう。

 

転職準備を早めに行う

 

また、そのような求人は2月あたりに出ることが多いため、その時期辺りが多忙となることを見越して行動しておくことが大切です。

職場での仕事の引継ぎや転職に向けた準備も行えるように、準備をしておくと良いでしょう。

また、年明けから転職活動の準備を始めたのでは4月入社には間に合わない可能性があります。

準備は済んだ状態で年明けを迎え、企業に対して応募できる状態にしておくとスムーズに転職活動が行えるでしょう。

どの時期に求人に応募するかをあらかじめ決めて、間に合うように準備を進めていくことが大切です。

職務経歴書や面接対策などの事前準備は、転職活動の結果を決めるといっても過言ではありません。

4月入社を実現するためにも、入念に取り組んでいきましょう。

スケジュールを週単位で作るなど、転職活動に向けて地道に準備をしていくことが大切です。

 

企業側が4月入社を求める理由

 

建築物

 

転職市場では、年度の切り替わりである4月入社の需要が高く、企業側もそれに合わせて求人を多く出していることがあります。

企業側はなぜ、転職者に対して4月入社を求めるのでしょうか。

その理由を紹介していきます。

 

新年度からの人員補充

 

4月入社の需要が高いのは3月末に退職者が出ることや、4月から新年度に変わることが関係しています。

これには新年度からの人材補充の意味も含まれているのです。

退職者が出たことで不足してしまった人材を、転職者の入社によって埋めようと考える企業が多いのだと考えられます。

また、新年度の人件費の計算を容易にすることにも繋がるのです。

企業側が4月入社で求人を出すのは、年度の切り替わりなどが大きく影響していると考えられます。

 

工数の削減

 

4月の入社となると、中途採用者も新入社員と同時期の入社ということになります。

そうすることで、福利厚生や社会保険などの手続きも同時に行うことできるのです。

そのため新入社員と中途採用者のスケジュールを一緒に組んでしまうことができるため、工数の削減をすることができます。

企業にとってはこの時期に転職者も入社してもらうことで、手続きの効率化を行う意図もあるのでしょう。

 

転職活動を始めるのに最適な時期

 

仕事場

 

次は4月入社を目指す上で最適と考えられる時期についてご紹介していきます。

事前準備が物をいう転職活動において、具体的に1年の内どの時期から始めるのが良いのでしょうか。

 

12月から始めると余裕を持って準備ができる

 

3月までは年度末ということもあり、勤めている職場も多忙となることが予想される時期です。

年明けから転職活動を始めるとなると、なかなか思ったように転職の時間を取ることができなくなってしまうかもしれません。

そのため、12月から転職準備を行っておくことで余裕を持って転職活動を行えることでしょう。

またこの時期からは、4月入社の採用を考えている企業の求人が2月に向けて多くなっていく傾向があります。

早めに求人をチェックしておくことによって、自分の理想となる条件の求人を見つけることができる確率も上がるでしょう。

また12月となると他の転職希望者はまだ動き出していない時期のため、早くから情報収集することが有利に働くと予想されます。

他の転職希望者から1歩リードするためにも、早めの準備が鍵となるでしょう。

 

遅くとも1月には転職活動を始める

 

4月入社を考えている場合には、遅くとも1月には転職活動を始めている必要があるでしょう。

複数の企業の面接を受けたり、内定までなかなか漕ぎ着けられない場合、4月に間に合わなくなってしまう可能性があります。

転職というのは準備や対策などで思った以上に時間が取られるものです。

4月入社の求人が1番多くなる2月に入ってから始めるとなると、現職も忙しくなり転職に時間を割けなくなってしまうかもしれません。

転職というのはその後のキャリアを決める上でもとても重要です。

バタバタしてしまって思っていたように転職活動を行えなかったとなると後悔することになります。

そうしたリスクを避けるためにも1月には転職活動を始めるようにしましょう。

 

無料転職相談に登録して入念な転職準備を行おう

 

4月入社のメリット

 

ファイナンス

 

具体的にどの時期に転職活動をすれば良いか分かったところで、4月入社の転職者側のメリットをご紹介していきます。

企業が4月入社で求人を出すことにメリットがあるのと同じように、転職者側にも様々なメリットがあります。

ここではそのメリットについて具体的に解説していきましょう。

 

求人数が多い

 

企業側も中途採用者の4月入社を望んでいるため、この時期は求人が多くなります。

これは転職希望者にとっても大きなメリットであるといえるでしょう。

求人数が多くなると、必然的にそれだけ内定を貰うチャンスが増えるということを意味します。

また、それだけでなく求人が増えることによって転職者にとって理想の条件で転職を成功させられる確率も上がります。

これは自分に合った企業と出会える機会も増えるということです。

そのため、4月入社を目指しての転職には大きな意味があるといえるでしょう。

 

新年度からの入社になるため職場に馴染み易い

 

カンファレンスルーム

 

年度中での入社となると、プロジェクトなどが進行している中での入社となります。

こうした時期だと周囲とコミュニケーションを取るきっかけもなかなかやってきません。

そのため、人事異動や新しいプロジェクトが立ち上がる時期である新年度を迎えたタイミングでの入社は、職場に馴染むのにも最適な時期です。

また、繁忙期などに入社した場合は、職務上の分からない点などを周囲に聞くことが躊躇われてしまう場合もあります。

忙しさが比較的落ち着いていることの多い4月に入社すれば、そうした心理的なストレスを軽減することもできるでしょう。

 

前職の退職時期にも最適

 

会議室

 

繁忙期となることの多い年度末での退職となると、現職の会社にも迷惑をかけてしまう場合があります。

3月末の退職となる4月入社では、繁忙期を避けて円満に退職することができるでしょう。

会社側も新年度となる4月に向けて、欠員補充に時間を割くことができます。

企業側にとってもタイミングが良いため、引き留められてしまうといったことも少ないと考えられるでしょう。

退職時期としても最適なのが4月入社だといえます。

 

4月入社の注意点

 

チェックリスト

 

ここまでのことから、4月入社には多くのメリットがあるということがお分かりいただけたことでしょう。

しかしながら、この入社時期にはメリットがあるのと同様にデメリットも存在しています。

そのため、ここでは4月入社を考えている方に注意点をお伝えしていきましょう。

 

ライバルが多い

 

4月入社を目指して転職活動を行っているのは、自分だけではありません。

多くの転職者が先述したようなメリットを理由として、新年度の入社を目指しているのです。

そのため、必然的にライバルが多くなります。

ライバルが多くなることで、応募する人材に求められるスキルや能力のレベルも高くなるのです。

このことから、必然的に内定を得るためのハードルも高くなることが予想されます。

倍率が上がるということを念頭に置き、入念な転職準備を欠かさないようにしましょう。

 

転職活動が年度末のため多忙になる

 

年度末というのは繁忙期となる会社も多いため、この時期に転職活動をするとなると、多忙を極める可能性もあります。

そしてそうした事態を見越して、事前にスケジュールを組んでおくと良いでしょう。

転職に際して、面接などに赴く機会も出てくる可能性があるため、会社側にも話を通しておくとスムーズだと考えられます。

 

退職を伝えるタイミング

 

ミーティング

 

4月入社を目指して会社に在籍しながら転職活動を行うにあたって、退職に関して疑問が生じることでしょう。

それは会社にはどのタイミングで退職することを告げれば良いのかということです。

就業規則によってその時期も変わりますが、多くの企業で「1〜3ヶ月前」には退職を事前に会社に伝えることが義務付けられています。

そのため内定が決まってから伝えるのではなく、転職活動を始める際などに会社に対して伝えると良いでしょう。

4月入社の場合、同時期に企業側も新年度に向けて中途採用者の募集をかける可能性があります。

そのため、年明け辺りを目処に会社に退職の意向を伝えておくと良いでしょう。

在籍している会社と円満な関係を保ち退職するためにも、就業規則に則ってタイミングを考えることが大切です。

 

この時期に求人を出さない企業もある

 

字を書く人

 

企業によっては、4月入社で中途採用者を採っていない可能性もあります。

もし自分が志望したい企業が求人を出していなかった場合には、4月入社を断念するか、他の企業への転職を考える必要があるでしょう。

そうしたことも念頭に置いて、普段から情報収集をしておくことが大切です。

また、この時期は競争率が上がることが多いため、万全の準備を経て臨むと良いでしょう。

この時期の入社を目指すあまり、焦った決断をしてしまい後悔することの無いように、時間をかけて転職活動をしていきましょう。

 

まとめ

 

反射するビル

 

今回は4月入社を目指した転職を成功させるための方法や、4月入社のメリットなどをご紹介しました。

転職というのは、今後のキャリア形成のためにも重要なステップです。

人生のことを考えて、慎重に選択していきましょう。

また、転職というのは入念な準備が鍵となります。

自身のこれまでの経験などを振り返る時間なども取りながら、余裕を持った転職活動を行っていきましょう。

 

無料転職相談に登録して転職を成功させよう

Geekly Media
ライター

ビルディング

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。